キャリアアップ助成金とは|農業事業体の正社員雇用や待遇改善などにも活用可能

近年は、働き方改革など従業員の働く環境の改善が求められています。また、農業においても「従業員にとって働きやすい環境」を作り、労働者不足の中、雇用を継続していく必要があります。正社員の雇用や、待遇の改善を実施したときに活用できるキャリアアップ助成金について、特に農業経営に使える助成金コースや、その内容を説明します。


キャリアアップ助成金

出典:PIXTA
キャリアアップ助成金とは、一時的または期限付きで雇用している従業員や、パート従業員などいわゆる非正規社員の雇用形態を、正社員に切り替えた場合に受けられる助成金です。また、従業員の処遇改善に対しても助成を受けられます。意欲があり優秀な従業員を正社員として雇用したい時に、検討したい助成金です。

キャリアアップ助成金の基本要綱|正社員雇用や賃金規定等改定、健康診断の制度にも

キャリアアップ助成金
出典:写真AC
従業員のキャリアアップを支援したり、待遇の改善を図ったりすることは、安定的な雇用や従業員の定着に繋がります。キャリアアップ助成金は、農業経営体でも活用できる助成金です。ここでは、主に農業従事者の利用要件や助成金のコースについて説明します。

利用できる事業主

キャリアアップ助成金を受けることができる事業主は、以下に該当していることが条件です。
雇用保険適用事業所の事業主
・雇用保険適用事業所ごとに、キャリアアップ管理者を設置している
・雇用保険適用事業所ごとに、対象労働者に対してキャリアアップ計画書を作成し、管轄労働局長の受給資格の認定を受ける
・対象労働者の労働条件や勤務状況、賃金の支払い状況などを明らかにする書類を整備し、賃金の算出方法を明示できる
・キャリアアップ計画期間内にキャリアアップに取り組んだことがある

キャリアアップ助成金のコース

キャリアアップ助成金のコースの中で、主に農業従事者に関係する内容について説明します。
コース名内容
正社員化コース期限を定めた雇用労働者などを正規雇用労働者などに雇用形態を変更、もしくは直接雇用した場合
賃金規定等改定コースすべてまたは一部の期限を定めた雇用労働者などの基本給の賃金規定を増額改定し、昇給した場合
健康診断制度コース期限を定めた雇用労働者などを対象とする「法廷外の健康診断制度」を新たに規定し、のべ4名以上実施した場合
短時間労働者労働時間延長コース短時間労働者の週における所定労働時間を延長し、新たに保険に加入した場合
参考:キャリアアップ助成金パンフレット(厚生労働省)

正社員を雇用するときは「正社員化コース」

キャリアアップ助成金
出典:写真AC
正社員化コースは、契約期限が決まっている有期契約労働者や、パートなどの短時間労働者、派遣労働者などを正規雇用労働者に雇用形態を変更した場合に助成金が支払われます。また、直接正社員を雇用をした場合にも適用されます。具体的な支給額(中小企業の場合)は以下の通りです。
 雇用形態 助成金※ 生産性の向上が認められる場合※
 有期→正規 57万円 72万円
 有期→無期 28万5,000円 36万円
 無期→正規 28万5,000円 36万円
※一人当たり
参考:キャリアアップ助成金パンフレット(厚生労働省)

注意すること

基本的には上記の通り助成されますが、いくつか留意点があります。
・中小企業以外の場合は助成額が異なります。
・1年度につき、1事業所あたりの支給申請の上限は20名までです。

その他、対象者や詳細がそれぞれ異なるので、詳細はキャリアアップ助成金パンフレット(厚生労働省)をご確認ください。


従業員の昇給には「賃金規定等改定コース」

キャリアアップ助成金
出典:Pixabay
賃金規定等改定コースとは、有期で雇用している従業員の基本給の賃金規定などを増額し、昇給した場合に助成金が支払われます。

すべて雇用者が昇給した場合

すべての有期雇用労働者の賃金規定を2%以上増額改定した場合の助成額です。
対象労働者数助成金※生産性の向上が認められる場合※
 1〜3名 95,000円 12万円
 4〜6名 19万円 24万円
 7〜10名 28万5,000円 36万円
 11〜100名 28,500円(※1名あたり) 36,000円(※1名あたり)
※1事業所あたり

一部の雇用者が昇給した場合

一部の有期雇用労働者の賃金規定を2%以上増額改定した場合の助成額です。
 対象労働者数 助成金※ 生産性の向上が認められる場合※
 1〜3名 47,500円 60,000円
 4〜6名 95,000円 12万円
 7〜10名 14万2,500円 18万円
 11〜100名 14,250円(※1名あたり) 18,000円(※1名あたり)
※1事業所あたり

対象人数や申請回数など条件があるので詳細はキャリアアップ助成金パンフレット(厚生労働省)をご確認ください。

従業員の健康を守る「健康診断制度コース」

キャリアアップ助成金
出典:Pixabay
健康診断コースとは、有期で雇用している従業員を対象に「法廷外の健康診断制度」を新たに規定し、のべ4名以上が実施した場合に助成を受けることができます。1事業所あたり1回のみ申請ができ、38万円(生産性の向上が認められる場合は48万円)が支払われます。

経営者にも従業員にも働きやすい環境を

キャリアアップ助成金
出典:PIXTA
経営規模、作目、作型によっては、農業経営を継続するために従業員の雇用が不可欠です。しかし、国内では労働力不足が進む中で、従業員にとって良い環境でなければ安定的な雇用は難しくなります。そのため、必要に応じて正社員の雇用や従業員の労働規定の改善などが行われています。
計画書の作成や支給申請手続きなどについては、都道府県の労働局やハローワークの専門アドバイザーによるサポートを受けることができます。
キャリアアップ助成金は、農業経営においても活用できるため、従業員のキャリアアップや労働条件の改善を考えている場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED TAGS関連するタグ

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
紀平 真理子

オランダ大学院にて、開発学(農村部におけるイノベーション・コミュニケーション専攻)修士卒業。農業・食コミュニケーターとして、農業関連事業サポートやイベントコーディネートなどを行うmaru communicate代表。 食の6次産業化プロデュ ーサーレベル3認定。日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格。 農業専門誌など、他メディアでも執筆中。

育て方・病害虫を一発検索