症状からわかるカボチャの病気

カボチャの生育が思わしくない、葉に斑点が出たり、果実にカビが生えたりしている場合は病気に感染しているかもしれません。圃場でよくみられるカボチャの茎葉や果実に出ている症状から病気を推測できるように、茎葉、果実に発症する病気の順に紹介します。


カボチャ栽培のイラスト

Illustration:rie
栽培しているカボチャの生育が思わしくない、葉に斑点が出たり、果実にカビが生えたりしている、そんな場合は病気に感染しているかもしれません。病気は早期に発見し対策をとれば重症化を防ぐことができます。
本記事では、圃場でよくみられる茎葉や果実に出ている症状から病気を推測できるように、茎葉、果実に発症する病気の順に紹介します。

▼カボチャの栽培方法についてはこちらをご覧ください。

▼植物の病気についてはこちらもご覧ください。

カボチャの茎葉に発症する病気

カボチャの葉や茎の症状から推測できる病気を紹介します。

カボチャの茎葉に病斑(斑点やカビ)

カボチャの茎葉に斑点やカビが出ている場合、病気に感染している可能性があります。まずは病斑の形、色、特徴を確認しましょう。

うどんこ病

うどんこ病におかされたカボチャの葉
Illustration:rie
 円形~不整形
 白色
特徴 葉に、白い小麦粉のような菌が生える

【症状】
葉に最初はぼんやりとした白い病斑がぽつぽつと現れます。やがて病斑が拡大し、葉全体が「白い粉」のようなカビに覆われます。
【予防と対策】
うどんこ病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「ベニカXファインスプレー」「ポリオキシンAL水溶剤」はカボチャには使用できません


疫病

疫病におかされたカボチャの茎葉
Illustration:rie
 円形~不整形
 褐色~黒褐色
特徴 水浸状の病斑

【症状】
葉や茎に不整形の水が浸みたような褐色~黒褐色の病斑が生じます。湿度が高い状態では、白い霜のようなカビが生えることもあります。
茎に暗緑色のやや凹んだ大型の病斑ができることで、株の上部へ水を送れなくなるため、株が萎(しお)れてしまいます。
【予防と対策】
疫病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「STダコニール1000」には、カボチャにおいて疫病の適用はありません。また「ホライズンドライフロアブル」はカボチャには使用できません


炭疽病

炭疽病におかされたカボチャの茎葉
Illustration:rie
 円形~不整形
 灰色~褐色
特徴 褐色で縁取られた破れやすい斑点

【症状】
葉に針の先で突いたような斑点ができると、次第に拡大して暗褐色で円形の病斑になります。これらが融合すると褐色の不整形の病斑となって、次第に穴があきやすくなります。茎では黒色のやや凹んだ病斑が現れます。
湿度が高くなると病斑の中に小さな黒点を生じたり、サーモンピンク色の胞子塊が現れたりします。
【予防と対策】
炭疽病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「アントラコール顆粒水和剤」「ゲッター水和剤」「アミスター20フロアブル」はカボチャには使用できません


べと病

べと病におかされたカボチャの葉
Illustration:rie
 円形〜不整形
 淡黄色〜褐色
特徴 多湿で裏面にカビが生える

【症状】
はじめ淡黄色のぼんやりとした斑点が現れた後、徐々に病斑が拡大します。葉は下葉から枯れ上がります。
湿度が高いときには病斑の裏面に暗紫色のカビが生じます。
【予防と対策】
べと病|防除方法とおすすめの使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「Zボルドー」にはカボチャにおいてべと病の適用はありません。また「ユニフォーム粒剤」「アミスター20フロアブル」はカボチャには使用できません


カボチャの葉が萎凋する

カボチャの葉の一部が縮れるようになって生育が抑制されている場合、病気に感染している可能性があります。

モザイク病

モザイク病におかされたカボチャの株
Illustration:rie

【症状】
葉が緑の濃淡のモザイク症状になり、被害が進むと葉の縮れなどもみられます。株の生育は抑制されます。
【予防と対策】
モザイク病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「モスピラン・トップジンMスプレー」はカボチャには使用できません


カボチャの果実に発症する病気

カボチャの果実の症状から推測できる病気を紹介します。

カボチャの果実に病斑、カビ

カボチャの果実に病斑が出ていたり、カビが生えている場合は病気の可能性があります。

疫病

疫病におかされたカボチャの果実
Illustration:rie

【症状】
果実に白色で粉状のカビが生えて、やがて灰色ビロード状となります。内部は柔らかく腐敗します。
【予防と対策】
疫病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「STダコニール1000」には、カボチャにおいて疫病の適用はありません。また「ホライズンドライフロアブル」はカボチャには使用できません


炭疽病

炭疽病におかされたカボチャの果実
Illustration:rie

【症状】
やや凹んだ黒色で丸を重ねたような模様の病斑ができます。病斑内部には黒い粒(胞子の塊)や、黒褐色の剛毛がみられます。
【予防と対策】
炭疽病の原因と対策|防除方法と使用薬剤(農薬)
※上記リンク先の記事で紹介されている「アントラコール顆粒水和剤」「ゲッター水和剤」「アミスター20フロアブル」はカボチャには使用できません


病気以外の生理障害・害虫などの要因も併せて対策

カボチャの調子が悪い原因は病気だけとは限りません。曇天が続いたことから起る日照不足、雨や台風などの荒天、肥料や水の過不足などが要因で引き起こす生理障害でも元気を無くしてしまいます。
また、アブラムシ類やアザミウマ類、ハムシ類といった害虫の被害を受けても生育が悪くなります。
上記の病気を一例として、生理障害や害虫被害などそのほかの要因も併せて考えながら対策を行いましょう。
※生理障害とは、育てる植物に適さない温度、光、土壌の状態によって生長が阻害されること。

生理障害のまとめ

カボチャで発生しやすい要素障害

生理障害の中でもカボチャの栽培で起こりやすい要素障害について紹介します。

窒素過剰(つるぼけ)

窒素成分が多いとつるや葉が育ちすぎる「つるぼけ」を起こします。つるぼけ症状になると、花がつきにくかったり、落果したりします。圃場に窒素肥料が多く残っている場合や、窒素を多量に与えることが原因なので適量施肥を心掛けましょう。

▼土壌の窒素分計測についてはこちらをご覧ください。

症状から病気を推測し早めの対策を

カボチャは比較的病気にかかりにくく、育てやすい作物ですが、雨が続き湿度が高い時期や、水はけの悪い土壌では病気が発生する可能性があります。カボチャに生じる特徴的な症状から病気を早期に発見し、手遅れになる前の早めの対策を行い、水はけの良い土づくりを行いましょう。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
rinko
rinko

農学部大学院にて植物病理学の修士号を取得。 農協、農業資材メーカーで合わせて約10年間、農家へ栽培技術指導、病害虫診断業務を担当。現場で得た経験と知識で正確な情報をお伝えします。

育て方・病害虫を一発検索