農薬散布後の散布液はどうするの?散布器具の洗浄や空容器の廃棄

農作物への農薬散布が終わった後は、使用した器具や空の容器には少量であっても農薬が付着しているため、洗浄や廃棄の取り扱いには厳重な注意が不可欠です。農薬散布後の基本的な散布液の扱い方と、散布器具の洗浄について注意点を紹介します。


農薬散布

出典:写真AC
農作物への農薬散布が終わった後は、使用した散布器具や薬剤の容器の片づけをしっかり行う必要があります。というのも、使用した器具や空の容器には少量であっても農薬が付着しているため、洗浄や廃棄の取り扱いには厳重な注意が不可欠なのです。本記事では、農薬散布後の基本的な散布液の扱い方と、散布器具の洗浄について注意点、使用済の空容器の廃棄方法などについて紹介します。

農薬散布後の基本的な散布液の取り扱い

散布
出典:写真AC
農薬を散布した後でも、散布液の処理の際には必ず保護具を着用しましょう。

▼農薬使用の安全確認のことならこちらをご覧ください。

基本的に散布液は使いきる!

農薬は計画的に購入し、圃場面積に合った農薬の必要量を正しく量り散布液を作ります。希釈した散布液は、残らないように使いきることが大前提なので、丁寧に作物の新芽や葉の裏までかけるようにしましょう。

▼散布液の正しい希釈方法のことならこちらをご覧ください。

もし農薬の散布液が余ってしまったら?

薬剤がかかりにくそうな場所や、散布がムラになりやすい縮んでいる葉、新芽・側芽を散布液で洗うようにかけ直します。
ハダニやアザミウマ、アブラムシ、コナジラミなどが多発している場合は、支柱やマルチ、ビニールなどの資材にも散布しましょう。

▼ハダニやアザミウマ、アブラムシ、コナジラミのことならこちらをご覧ください。

間違って多く散布液を作ってしまったときはどうしたらいいの?

一度希釈してしまった散布液は、時間の経過とともに農薬としての効果が落ちてしまいます。たとえ間違って散布液を多く作り過ぎてしまっても、容器などで保管するのはやめましょう。
余った散布液は、周辺環境や今後の栽培に影響しないように作物が植え付けされていない土壌に散布します。近くに住宅地があるような場所は避け、河川や池などに流入することがないように注意が必要です。

散布器具の洗浄や点検、整備

噴霧器洗浄
出典:写真AC
散布に使用したタンクやホース、散布ノズルなどの器具を洗浄する際、油断して素手で作業を行うと、思わぬところに濃度の高い農薬が残っていることがあります。直接手で触れることのないように引き続き保護具を着用して作業しましょう。
また、ほかの作物の周りや、近くに住宅地がある場所での洗浄はやめて、排水が河川や池などに流入しないよう注意してください。

散布が終わったら散布器具の洗浄を!

農薬散布に使用した噴霧器のストレーナーやタンク、ホースなどには農薬や残りカスが付いています。散布後にしっかり器具を洗浄しなければ、次に散布する際に残った農薬が影響し、残留基準を超えてしまう恐れがあるので、散布器具の洗浄は毎回必ず行いましょう。
※ストレーナーとは液体と固体の混合物を分離させたり、薬液中のゴミなどをろ過する役割を果たすものです。

ストレーナー

ストレーナーは取り外した後、ブラシなどを使用して水できれいに洗浄しましょう。

薬液タンク

タンクの側面や底に残った農薬を水で洗い流します。水がきれいになるまで「水をためては捨てる」を繰り返しましょう。
持ち上げなくても残った液を排出でき、四輪・テーラーに横積み可能なタンクもあります。

ITEM
スイコー スカットローリータンク
農作業における散水・防除用として、洗浄の手間いらずの完全液出し型。
発泡スチロール製の受け台で横滑りしません。

・容量:500L

ホース、散布ノズル

洗浄し終わった薬液タンクにきれいな水を入れ、噴霧器を作動させてホースや散布ノズル内を洗浄します。散水ノズルの先から詰まりなく、きれいな水が出てくるまで行いましょう。

点検と整備

散布の後に散布器具を洗浄しながら点検、整備を行います。各部位のネジやボルトの緩み、脱落はないか確認し、変形や損傷部分があれば修理に出しましょう。

ストレーナー

破損しているものや、長期間使用していて洗浄しても汚れが目立つストレーナーは新しいものに交換します。

薬液タンク

薬液タンクに水分が残っているとタンクに負担がかかるため、よく洗った後は直射日光のあたらない場所に置いて乾かしましょう。

ホース

劣化していないか、ネジ部やパッキンの損傷がないかを確認します。

動力噴霧器、エンジン

規定量のオイルがあるか、オイルもれがないかを確認します。オイルが汚れている場合は交換しましょう。

▼噴霧器のことならこちらもご覧ください。


空容器に付着している農薬除去の方法

農薬
出典:写真AC
使用済みの空容器を廃棄する前に、必ず農薬が残っていない状態にします。容器に残った農薬の除去方法は、形状や性質によって異なるため確認しておきましょう。

容器が紙袋の場合

散布液を作成する際、紙袋に入っている薬剤を使い切る場合は、袋をたたいて袋内部に付着した農薬が残らないように注意しましょう。
中が洗える加工のしてある袋は、希釈用の水を少し入れ、ゆすぐようにして残った農薬を取り除きます。
農薬を取り除いた紙袋は一般のごみと混ざってしまわないように、農薬保管庫などに入れておくとよいでしょう。

容器が瓶や缶、プラスチックの場合

農薬を使い切る際は、瓶や缶、プラスチックの容器内に1/4程度の水を入れてふたをし、よく振り混ぜて洗うように取り除きます。3回ほど繰り返したら水気を切って廃棄に出すまで安全に保管しておきます。

揮発性農薬(クロルピクリンなど)が入った缶

揮発性農薬(クロルピクリンなど)が入った缶の場合は、残った液の処理だけでなく、臭いを抜く作業が必要です。

▼クロルピクリンを使った土壌消毒のことならこちらをご覧ください。

1. 缶に残った液の処理

周囲に臭気の影響を及ぼさない場所を選んで小さなくぼみを作ります。 使用済みの缶の口栓をはずしたら、缶の中の残った液が出やすいようにまっすぐ逆さにしてくぼみに立て、倒れないように缶の周りに土を寄せておきます。

2. 残臭処理

1~2日で缶に残った液は無くなりますが、そのまま缶を立てて中の臭気も抜いていきます。 1カ月後、缶をひっくり返して上向きにし、臭いを確認します。まだ臭いが残っていれば、さらに1週間缶を逆さにして完全に臭いがなくなるまで待ちましょう。 臭いが無くなったら残臭がないことを業者が確認できるように口栓を外したまま産業廃棄物として廃棄します。

エアゾール缶

必ず火気のない風通しがよい屋外で作業します。中身が残ったままゴミに出すと、火災や破裂事故につながることがあるため、必ず中身を空にして処分しましょう。

1. 残った中身の処理

近くに火気がある場所、静電気によって引火することがあるので、必ず火気のない風通しがよい屋外で噴射音がなくなるまで中身を出して空にします。このとき、周囲に飛散しないようティッシュや新聞紙などに吹き付けましょう。

2. 缶が空になったか確認

中身が空になっているかどうか缶を振って確認します。中身が残っているとチャプチャプと液体が残っているような音がします。

3. ガス抜きをする

エアゾール缶、ガス抜き
撮影:AGRI PICK編集部
ガス抜きキャップが装着されているものは、使用方法に従ってガス抜きをします。キャップが装着されていない場合は、容器に不用意に穴をあけると内容物が噴出して危険なので、ボタンを押してガスを完全に出し切りましょう。

空容器の廃棄

廃棄
出典:写真AC
廃棄する農薬の空容器の処理が事業系一般廃棄物なのか、それとも産業廃棄物になるのかを把握して、市町村または都道府県知事などの許可を持った業者に委託しなければ、生産者自身が無許可、不法投棄となってしまい懲役や罰金が発生する可能性があります。
※家庭園芸用農薬の空容器は処分方法が異なる場合があるため、それぞれの市町村に確認し処分を行ってください。

素材ごとの廃棄物の処理

農薬を除去した空容器は素材によって処理方法が異なります。

紙の場合

紙の場合は事業系一般廃棄物として処理します。
紙をベースにアルミなどが貼り付けてある場合ははがしてそれぞれ廃棄するか、素材の大半を占める方(紙類またはプラスチック類)に分別しましょう。エアゾール缶の中身を処理する際に飛散防止で使用したティッシュや新聞紙も、紙と同様に処理しましょう。

プラスチック類、缶などの金属類、ガラスの場合

容器がプラスチック類、缶などの金属類、ガラスは産業廃棄物として処理します。

廃棄の依頼先

地域によって廃棄を依頼する先も違うため必ず確認しておきましょう。

市町村や地域共同で回収している場合

農薬の使用済み空容器を市町村や地域共同で回収・処分している場合は、定められた方法に従って処分します。

事業者自身(農家など)が処理を委託する場合

農薬の使用済み空容器は許可を受けた廃棄物処理業者に処理を委託します。

産業廃棄物処理業者は全国産業資源循環連合会のHPから確認できます。
https://www.zensanpairen.or.jp/federation/about/member/(出典:全国産業資源循環連合会 )

農薬散布の作業後は正しい処理を!

確認
出典:写真AC
農薬は扱い方を誤ると中毒事故を引き起こしたり、水産動植物へ悪影響を及ぼしたりしてしまいます。そのため農薬を使用する場合は、散布が終わった後の片づけまでしっかりと責任を持って行う必要があります。
残った農薬の扱いや取り除き方、空容器の廃棄には薬剤の性質や容器の形状によって異なるため、それぞれに合った処理や廃棄の仕方をしっかりと把握し、安全に配慮して行いましょう。

紹介されたアイテム

スイコー スカットローリータンク

関連する記事

農薬散布
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

umi
umi

農業資材メーカと農協にて6年間勤務。農家への栽培技術(農薬・肥料・栽培システムなど)の普及を担当。役立つ情報を初心者の方にもわかりやすくお伝えします。