【家庭菜園のプロ監修】チンゲンサイの育て方|プランター栽培のポイントも!

チンゲンサイの栽培方法のコツを、家庭菜園のプロが丁寧に解説!イラストカレンダーで、栽培時期や期間もわかりやすく紹介します。また、プランターでチンゲンサイを育てる際のポイントや害虫対策についてもアドバイス。おすすめの品種も要チェックです!


収穫されたチンゲンサイ

画像提供:福田俊
くせのない味と、シャキシャキとした食感が魅力の中国野菜「チンゲンサイ(チンゲン菜・青梗菜)」。炒め物やスープの具材など、幅広い料理に使いやすく、台所に常備しておきたい野菜の一つです。
今回は、そんなチンゲンサイの栽培方法について、家庭菜園のプロ・福田先生に詳しくお話しをうかかいました。プランターでの育て方のポイントや、おすすめの品種も紹介します!

家庭菜園歴40年!福田俊先生にチンゲンサイについてお話をうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

チンゲンサイの栽培時期と期間

栽培カレンダー

・種まき:2~11月
・植え付け:3~12月
・収穫:4月~翌1月

栽培適温

15~20℃

栽培期間

チンゲンサイは、種まきから収穫まで50~60日ほどかかります。

チンゲンサイはハクサイとの混植がおすすめ!

チンゲンサイとほかの野菜の混植
画像提供:福田俊
チンゲンサイを定植する際は、ハクサイの隣に植えると菜園のスペースの有効活用になります。
福田先生
福田先生
ハクサイは収穫までに時間がかかります。チンゲンサイが収穫されたあとに、ハクサイが畝いっぱいに生長し、時間差で収穫ができますよ!

ハクサイの詳しい栽培方法はこちらの記事で!


チンゲンサイの栽培方法|畑・プランター



シュンギク畑
画像提供:福田俊
ここからは、チンゲンサイの栽培方法をステップごとに解説していきます!

Step1. 土作り(元肥)

チンゲンサイ畑の土作り
画像提供:福田俊
土作りはどの野菜も一緒ですが、有機物が豊富に含まれ、それを分解する微生物がいっぱい活動しているふかふかの土が理想です。畝たてのときに、ぼかし肥料を1平米あたり200~300gと草木灰を少々漉き込むと良いでしょう。

福田先生直伝!ぼかし肥料の作り方


草木灰の詳しい情報はこちらの記事で


福田先生解説!「有機質たっぷりの土づくり」


Step2. 種まき

チンゲンサイの種
画像提供:福田俊
チンゲンサイはポット育苗と直まきどちらも可能です。
福田先生
福田先生
育苗は何かと手間が掛かるため、初心者には直まきをおすすめします。

直まきの方法

チンゲンサイの直まき
画像提供:福田俊
直まきに適しているのは、3~6月と9~10月の暖かい時期。畝に穴あきマルチを張り、点まきします。
マルチは雨による泥はねを防ぎ、病気にかかりにくくする効果があります。ほかにも、雨で土が固まらずふかふかの状態を維持してくれたり、保温効果や雑草を防ぐというメリットも。あらかじめ穴が開いているマルチは、間隔を計らなくても良いので効率良く種まきができます。チンゲンサイにおすすめの穴あきマルチは、9515マルチです。
福田先生
福田先生
左手の手のひらに種を持ち、右手人差し指と親指で種をつまみ、中指で種をまく穴を深さ5mmほどに開けます。つまんだ種を3粒落としたら、人差し指と中指で覆土鎮圧しましょう。

ITEM
9515 マルチ イワタニ
高い保温性で、作物の育成を助けるマルチシート。土壌水分を適度に保ち、雑草も抑制します。雨天時の肥料の流出防止効果も。

・サイズ:幅95cm×長さ50m×厚さ0.02mm、45mm孔×5列

ポット育苗の方法

チンゲンサイのポット育苗
画像提供:福田俊
12cmポットに、20粒ほど種まきします。
芽出し後本葉が出てきたら、6cmまたは7.5cmポットに1本ずつ移植しましょう。その後ポットの底から、白い根が見えてきたら畑に定植します。苗を放置しているとモンシロチョウに産卵されてしまうことがあるため、すぐに植えるようにしましょう。
福田先生
福田先生
まだ季節の低い2~3月は、必ず25℃の温床育苗にしてください。桜の開花以降の時期であれば、常温管理でOKです。


「家庭用育苗器」はこちらの記事でチェック!

必要な栽培スペース

チンゲンサイの栽培スペース
図:AGRI PICK編集部
・A:畝幅/70cm
・B:畝の高さ/10cm
・C:株の間隔/15cm
・D:条間/15cm(5条)

Step3. 保温トンネルの設置

チンゲンサイ畑に掛けた保温トンネル
画像提供:福田俊
2~3月まきや晩秋まきなど、気温が低い時期に栽培する場合は保温トンネルを設置します。種まきの直後から収穫まで、外さずにかけておきましょう。

Step4. 防虫トンネルの設置

チンゲンサイ畑に掛けた防虫トンネル
画像提供:福田俊
厳寒期以外すべての期間は、防虫トンネルが必須です。種をまいた直後から収穫まで、ずっと張りっぱなしにしておきます。

Step5. 間引き

チンゲンサイの間引き
画像提供:福田俊
直まきで3粒の点まきにした場合は、本葉が出るころに1本に間引きましょう。
福田先生
福田先生
間引いた苗は、捨てずに移植すれば時間差で収穫できますよ!

Step6. 追肥

土作りの際、元肥としてぼかし肥料を漉き込んでいれば追肥は不要です。追肥する場合は、ぼかし液肥を散水しましょう。

ぼかし液肥の作り方
・1Lの空ペットボトルに、ぼかし肥料を一掴み入れる
・水を満たしたらよく混ぜ、2~3日置く
・使うときは、原液(上澄み液)を100倍程度に薄めて散水する


Step7. 収穫

チンゲンサイの収穫
画像提供:福田俊
ミニチンゲンサイは15cmほど、普通種のチンゲンサイであれば、20cmほどの草丈になったら収穫します。または、そのまま置いて大株にしてからの収穫も可能です。収穫は、株元に包丁やはさみを差し込んで、スパッと切り取り収穫します。

チンゲンサイのプランター栽培



チンゲンサイはプランター栽培もOK!べランダなどの狭いスペースしかないという人も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

プランターのサイズ

一般的な60cmプランターでOKです。栽培可能な株数は、ミニチンゲンサイなら10株、普通種であれば4~5株が目安になります。
ITEM
楽々菜園 深型600
水やりの手間が軽減される、貯水機能付きの野菜用プランター。支柱フレーム付きで、さまざまな野菜の栽培に使えます。

・サイズ:幅60×奥行32.4×高さ32.4cm
・容量:22L
・材質:ポリプロピレン

プランター選びに困ったらこちらの記事をチェック!

用土

市販のプランター用培養土で育てられます。
ITEM
ハイポネックス培養土 鉢・プランター用
元肥として緩効性肥料マグァンプKを配合した、プランター栽培に最適な培養土。適度な排水性と通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。

・内容量:14L

肥料

種まきをする前に、ぼかし肥料と草木灰を少々土に振り入れ、よく漉き込みます。

種まき

プランターの用土に直まきします。
ミニチンゲンサイの場合、1穴に2~3粒ずつの点まきにし、5株の2条植えにします。普通種は10cm間隔で1条、2~3粒ずつの点まきにします。本葉が出てきたら1本に間引きましょう。

水やり

露地栽培とは異なり、プランター栽培は頻繁な水やりが必要です。雨の日以外は、毎日水やりをしましょう。

収穫

ミニチンゲンサイは約15cm、普通種のチンゲンサイは20cmほどの草丈になったら採れどきです。包丁かはさみを使い、株元から切り離し収穫しましょう。

チンゲンサイの害虫・病気対策

畑のチンゲンサイ
画像提供:福田俊
チンゲンサイは、土作りさえしっかりできていれば、病気の心配はほとんどありません。
しかし、アブラナ科の野菜であるため、害虫がとてもつきやすい野菜です。主な害虫は、「アオムシ」「カブラハバチ」「ヨトウムシ」「ナガメ」「アブラムシ」などが見られます。成虫が飛来して産卵するのを防ぐため、定植後から収穫まで防虫ネットを必ず掛けておくようにしましょう。

上記の害虫の詳しい対策はこちらの記事で!


おすすめのチンゲンサイの品種

ここからは福田先生おすすめのチンゲンサイの品種を紹介します!

春~冬まきOK!プランター栽培に最適のミニ品種|シャオパオ

ITEM
シャオパオ ミニチンゲンサイ
草丈10~15cmのミニチンゲンサイです。耐暑性があり、病気にも強いためほぼ通年の栽培が可能。スジがないため、丸ごと食べるのもおすすめです!

・内容量:3ml

トウ立ちが遅く低温下でも生育旺盛|青帝(せいてい)

ITEM
青帝(せいてい)
生育旺盛で強健な育てやすい早生種です。トウ立ちが遅く、低温下でもよく生育するため、秋の遅まきから春まきに最適。茎・葉共に繊維が少なく、柔らかい食感です。

・内容:小袋

晩抽性に優れたくさん収穫できる|武帝(ぶてい)

ITEM
武帝(ぶてい)
病気に強く、耐暑・耐寒性にも優れる「武帝」。やや大型で、首のしまった株が収穫できます。「青帝」よりもさらにトウ立ちが遅く、 カッピングなども極めて少ない育てやすい品種です。

・内容量:20ml

家庭菜園でおいしいチンゲンサイを育てよう!

採れたてのチンゲンサイ
画像提供:福田俊
病気に強く、育てやすいチンゲンサイは、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜です。防虫ネットなどで害虫対策をしっかり行い、おいしいチンゲンサイをたくさん収穫しましょう!

紹介されたアイテム

9515 マルチ イワタニ
楽々菜園 深型600
ハイポネックス培養土 鉢・プランター用
シャオパオ ミニチンゲンサイ
青帝(せいてい)
武帝(ぶてい)

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索