ホクホクのさつまいもを家庭菜園で育てよう!失敗しない栽培方法とは?

家庭菜園で定番のさつまいもは、地植えでもプランターでも手軽に栽培できます!できるだけ失敗せずにおいしいさつまいもを収穫するために、植え付けの時期、水やりや肥料など、栽培方法を市民農園スタッフが詳しく解説します。種芋から苗を作るコツや袋栽培の方法も紹介。


さつまいも

出典:写真AC
子どもから大人まで人気のホクホクと甘いさつまいもは、秋の味覚の代表ですね。栽培時の手入れも少なく、収穫後に長期保存もできるため、家庭菜園におすすめの野菜です。栽培のコツを知って、収穫の喜びを味わってみてください!

さつまいも栽培|植え付けや収穫時期は?

さつまいもの収穫
出典:写真AC
さつまいもは、アサガオや空芯菜などと同じヒルガオ科の野菜です。根の肥大化した食用部分の塊根(かいこん)を食べます。春先の植え付け作業から数カ月かけて太り、秋の終わりから冬にかけて収穫を迎えます。

さつまいもの名前の由来って?

さつまいもという和名は、現在の沖縄が琉球王国のころに薩摩(さつま)に伝来したことが名前のきっかけになりました。元々、中国から伝来したこともあり、唐芋(からいも)と呼ばれることもあったようです。

さつまいもの栽培カレンダー

さつまいも栽培カレンダー
図:まつたかずき

生育適温と連作期間は?

生育適温:22~30℃
連作障害:なし

家庭菜園向きの定番のさつまいも品種

紅あずま|収穫量が抜群!

紅あずま
出典:写真AC
関東中心で栽培されている、なじみ深いポピュラーなさつまいも。実がしっかりと太り、深い甘みがあります。収量も多いですよ!

安納芋(あんのういも)|大人気の小ぶりのさつまいも

安納芋
出典:写真AC
焼き芋にしてもスイーツにしても蜜をかけたような甘みが特徴で、商標登録されてまだ数十年ほどですが、すでに大人気!冷えてもねっとりとクリーミーな食感もたまりません。

パープルスイートロード|鮮やかな紫いも

パープルスイートロード
出典:写真AC
アントシアニンの色素により、濃い紫色のさつまいもです。いくつかある紫いもの中では甘みが強く、栽培もしやすい品種です。

さつまいもの品種について詳しくはこちら!

押さえておきたい!失敗しないさつまいも栽培のコツ

さつまいも栽培
出典:写真AC
おいしくて大きいさつまいもを収穫するためには、以下の3つの栽培ポイントを押さえておきましょう!

Point1. 元肥は最小限に!つるボケ防止が肥大のポイント

窒素過多の土地で栽培すると「つるボケ」という症状が発生します。つるボケとはつるばかりが茂って、芋が大きくならないことをいいます。元肥の量を控えめにすることが肝心です。

Point2. つる返しで茂りを防止

さつまいもは、植え付けした株元から伸びたつるの節間から、根が出て実を付けます。ただし、7月初旬〜9月初旬の暑い時期になると急激に地上部のつるが茂り出し、四方へと広がり土に着くことで、そこから余分な根も張り始めます。
この根を放っておくと葉が過剰に茂ったり、芋が大きくならないつるボケが発生するので、つるを進行方向と反対側に反転させる「つる返し」を定期的に行ってください。伸び出した根を切ることが目的なので、真反対でなくても問題ありません。

Point3. 水はけが良い高畝で、収量アップ!

さつまいもの産地の多くは火山灰土や砂地。一般的な畑では、通気性が良く水はけのいい土で、高さ30cmの高畝にしましょう。そうすることで、さつまいももすくすく育ち、収穫量のアップにつながります。

種芋から挿し苗を作る方法

さつまいも
出典:写真AC
自分で好きなさつまいもの品種の苗を作ることもできます。苗を作るための種芋は、スーパーなどで購入した物でOK!余ったものや気になるさつまいもの種類で、1つからでもチャレンジしてみてくださいね。

苗づくりの開始時期とは?

苗づるができるまで1カ月半かかるため、苗づくりは3月下旬〜4月初旬が最適です。

1. まず殺菌消毒する

購入した芋にウィルスや細菌などが付いている場合があるため、48℃のお湯に40分間つけます。消毒が終わったさつまいもは、表面の水分を乾いた布で拭き取り乾かします。

2. 苗床を準備しよう

表面の水分が乾ききったさつまいもを、新聞紙に包みます。発泡スチロールに入れて蓋をするか、暗くて暖かい場所において苗床にします。温度25℃、湿度80%以上を維持しすると、2〜3週間で芽が出始めます。根気強く面倒をみていきましょう。

外で苗床を作る場合

発泡スチロールにもみ殻を入れて種芋を埋めておくと、自然な発酵熱で芽出しすることができます。低温の地域ではビニールトンネルを使って、温度を上昇させましょう。

気温と湿度管理に注意!
種芋から芽出しするためには温度25℃、湿度80%以上に保つ必要があります。温度計と湿度計を準備して、必要に応じて場所を移動したり、ビニールトンネルを活用しましょう。湿度に関しては霧吹きで調整すると便利です。


3. つるをカットしてから苗に

サツマイモの苗
図:まつたかずき
葉が7~8枚以上になったら、苗として使用できます。つるの株元から葉を2枚残した状態でカットして、そのつるを苗として使います。

【畑や地面に植える】さつまいもの基本の栽培方法



サツマイモ植え付け
出典:写真AC
地植えの場合は、栽培スペースに応じて大量収穫が目指せます。水はけのいい高畝をしっかり作りましょう!

Step1. 土を準備する

1. 植え付けの1週間前までに、1平方メートルあたり1kgの堆肥と50gの化成肥料を土に混ぜ込みます。
2. 高さ25~30cm、畝幅30~40cmの畝を作成しましょう。
3. 黒マルチを畝全体に張ります。

マルチシートの目的と張り方のポイントなど、詳しくはこちら!

Step2. 苗の植え付け準備

植え付ける前日にバケツに水を入れて、つるの切り口をつけておきます。つるは枯れている葉を摘み取るなどして、5~7枚ほど葉が残った状態にしておいてください。

Step3. 植え付け

切り口から2~3節が、最もさつまいもが育ちやすいので、しっかり土の中に埋め込みます。それ以外の先端の方の葉は、外に出すようにします。黒マルチに深さ5~10cmの溝をつくり、苗を水平に植え付ける「水平植え」が一般的です。

収穫数が多くなる「水平植え」

さつまいもの植え方、水平植え
図:まつたかずき
節がしっかり土の中に入る水平植えは、さつまいもの収穫量が多くなります。数を多く収穫したい場合は、この植え付け方法がおすすめです!

大きな芋を収穫するなら「斜め植え」

さつまいもの植え方、斜め植え
図:まつたかずき
節が土に入っている面積が少ないので、できるさつまいもの本数は少なくなります。その分、一つ一つに栄養分が集中するので、大きなさつまいもが収穫できますよ。

Step4. 水やり

植え付け直後の1週間は、水やりを毎日行うと根がうまく活着します。2週間目までは土の状況をみて、乾燥している場合には軽く水を与えましょう。その後は、雨が長期間降らない時の水やりだけで大丈夫です。

Step5. つる返し

栽培のポイントとなるつる返しですが、8月ごろからは2週間に一度実施しましょう。四方に伸びているつるを、畝の上に集めるようにひっくり返してかぶせます。

Step6. 収穫

葉の色が変わり始めたら収穫適期です!まずは伸びたつるをカットして、株の根元を見つけましょう。株を引き抜くようにしながら手で掘り起こすか、土が硬ければスコップを使い、土をほぐしながら収穫していきます。さつまいもをスコップで傷つけないように注意してくださいね。

【プランターや培養土袋でも】手軽にできる!さつまいもの栽培方法

ピンク色が鮮やかな土の中のさつまいもとつる
出典:PIXTA
畑で栽培できない場合でも、プランターや培養土の袋を生かして、ベランダや軒先のちょっとしたスペースでも栽培できますよ。ぜひ気軽に試してみてくださいね!苗の植え付けの準備方法は、地植えと同じです。

Step1. 土を準備する

1. プランターは、幅70cm、奥行30cm、深さ30cm程度の物を準備しましょう。
2. 根腐れを防止するため、鉢底石を底に敷き、プランター用の土を縁から2cm下の高さまで入れます。

培養土を袋ごと活用する方法も!

土の袋
出典:写真AC
  1. 1. 25L以上のプランター用の培養土を用意します。
    2. 培養土の中身はそのままで、袋の底に数箇所の小さな穴をあけます。
    3. 袋の上部だけを開封して、倒れない用に固定します。コンテナBOXにいれると風でも倒れにくくなります。

Step2. 植え付け

苗はプランターや培養土の袋に対して、1つだけ植えるようにしましょう。切り口から2〜3節を土に埋め込み、それ以外の葉は外に出すようにします。スペースが狭いですが、畑や地植えと同じく、水平植え・斜め植え、どちらの植え方でも大丈夫ですよ!

Step3. 追肥

2週間ごとに、1株あたり10gの追肥を実施します。

Step4. 水やり

植え付け直後から1週間は、水やりを毎日行うと根がうまく活着します。プランターや培養土の袋の場合は乾燥も早いため、定期的に乾燥状態をチェックし、土がカラカラに乾いていたら軽く水を与えましょう。

Step5. つる返し

畑と同じく、つる返しをします。つるは、プランターや袋の上に被せます。

Step6. 収穫

さつまいもの収穫
出典:写真AC
葉の色が変わり始めたら収穫適期です。株にかぶさったつるを切って株元を見つけたら、さつまいもを傷付けないように、ていねいに土の中から掘り起こして収穫しましょう。

さつまいもの甘みを、最大限に引き出す保存方法

焼き芋
出典:写真AC
さつまいもは、収穫直後から寝かせることで、甘みが増していきます。すぐ食べたくなる気持ちを抑えて、1日程度は新聞紙の上などに置いて、風通しが良い場所で乾燥させます。その後一つひとつを新聞紙でくるみ、冷暗所に置くといいですよ。2~3週間ほどで甘みが増して食べごろに。

さつまいもの詳しい保存方法や冷凍保存の仕方などは、こちら!

この記事に関連するタグ

関連する記事

さつまいもの収穫
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます!