農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農業資材 > 今注目の防霜資材「フロストバスター」で被害大幅減!りんご王国・青森で実証された効果とは?

今注目の防霜資材「フロストバスター」で被害大幅減!りんご王国・青森で実証された効果とは?

近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期待できる、新しい防霜資材「フロストバスター」を試用した農家さんに、その結果や手間についてお聞きしました。


りんご園地

撮影:大志田啓
霜害とは、春や秋に急に気温が低下し、霜が降りるような気象条件の中、新芽やつぼみが凍結することで発生する被害のことです。特に4〜5月の晩霜は果樹の花が咲く時期に当たり、作物の生育に深刻な影響を及ぼすことから、品質的にも経済的にも農家に大きな損失を与えています。

決定的な有効打がなく農家を悩ませてきた霜害

霜が降りた葉っぱ
出典:PIXTA
とはいえ、農家としても黙って手をこまねいているわけではありません。作物を熱伝導率の低いシートで覆う被覆法、防霜ファンで上空の暖かい空気を作物に吹き付ける送風法、薪などの可燃物を燃やして地面を温める燃焼法、水が凍る時に放出される潜熱を利用して霜を防ぐ散水氷結法など、これまでにもさまざまな防霜対策が講じられてきました。しかし、いずれの方法も多くの費用と労力を必要とし、いまだ決定的な対策法が確立されていないのが現状です。

新たな防霜資材「フロストバスター」が誕生

こうした状況を打開すべく、関西大学発のベンチャー企業KUREi(カレイ)と、飲料メーカーのアサヒクオリティーアンドイノベーションズが共同開発した新しい防霜資材が「フロストバスター」です。コーヒーの副産物を利用した天然成分由来のエキスで、霜の降りる前日に作物に散布するだけで高い防霜効果が期待できます。

フロストバスターの開発者インタビューについてはこちらの記事で紹介しています。


2018年から全国で実証試験を実施!

地図
提供:AGRI PICK編集部
その効果を確かめるため、2018年から全国の農家の協力を得て実証試験を実施しているフロストバスター。ほかの対策に比べて、効果や散布の手間はどうなのか、今回は2021年に実証試験に参加した青森県のりんご農家・アルファームさんに、具体的な効果や使用感を伺いました。

フロストバスターの試験結果はこちらの記事でも紹介しています。


購入希望・製品に関する問い合わせはこちら

フロストバスターWEB受付フォーム

実証試験に参加した会津さんにインタビュー

りんごの入ったかごを抱える会津さん
撮影:大志田啓
全国の生産量の半数以上を占める日本一のりんご王国・青森県。冷涼で昼夜の温度差が大きい気候はりんご栽培に適しており、実の引き締まった糖度の高いりんごが多く作られています。今回お話を伺ったりんご農家のアルファームは、県西部の津軽地方に位置し、弘前市に1ha、板柳町に1.4ha、合計2.4haの園地を展開。22歳で祖父の跡を継いでから今年で就農14年目を迎えた農園主の会津宏樹さんと、そのお母さんの2人で作業を行っているそうで、現在は約20品種のりんごを栽培しています。

就農2年目に霜被害で大打撃

収穫されたりんご
撮影:大志田啓
アルファームが霜害で過去一番の損失を受けたのは12年前、会津さんが就農して2年目の年。当時の園地は現在の1/3程度の広さでしたが、そのうち約7割にも及ぶ50aが霜害に遭い、胸の高さよりも下の位置についていた花が結実せずにすべて落下。少なく見積もっても木箱(20kgのコンテナ)200箱分のりんごがなくなり、100万円単位の損失を被ったそう。樹の上の方は霜の被害が少なかったものの、不運なことに残ったりんごも雹害(ひょうがい)に見舞われるという悲惨な状況だったといいます。さらに、その年はりんごの価格が例年より安かったこともあり、正確な被害金額を計算できないほどの大損害が出てしまいました。

これだけの被害が生じたのは、園地の周辺を土手や住宅に囲まれて風が弱まり、霜がたまりやすい立地だったことも影響していると考えられます。被害を受けた園地よりさらに標高の低いところにも園地があるそうですが、そちらは近くを岩木川という大きな川が流れ、風が生じるおかげなのか、これまで霜の被害はほとんどなし。同じ土手の近くでも、川のあるなしで気温も被害状況も雲泥の差が出るといいます。

さらに、例年と比較して春先の冷え込みが厳しかった今春(2021年)にも霜害が発生。特に霜害に弱い「王林」という品種では、3割程度で中心花の枯死や蔓元(つるもと)のサビなどの被害を受けました。アルファームでは側果である程度の収量を確保できたものの、サビなしの中心果と比較すると価格の差は1箱3,000円以上。周辺の農家も大きな被害を受け、ひどいケースでは何十万個単位でりんごを失い、売上げ的にも大きな損失を被ったそうです。

従来の対策方法と問題点

ロガーで計測した今春の気温推移
写真提供:会津宏樹/2021年4月の気温を計測した実際のロガー画面
就農初期の経験に学び、これまでも複数の霜害対策に取り組んできた会津さん。霜注意報を参考にしつつ、ロガーでも15時ごろから夕方までの気温を計測。風の有無も考慮し、翌日に霜が降りそうな日には春に剪定(せんてい)したりんごの枝を燃やす燃焼法を実施していました。火を燃やすのは、午前2〜3時から朝日が登るまでの間、気温の低くなる園地のみ。風ですぐに火が消えてしまうため、寒さの中3時間以上もぶっ通しで作業し続けなければならないという大変な重労働でした。コスト的にも、灯油代がかさむことから負担が大きかったといいます。

燃焼法以外では、霜ガードという防霜資材を使用。スピードスプレイヤーを利用するため燃焼法に比べると作業負担は軽減されるものの、散布後は機体が真っ白に汚れてしまい、掃除の手間がかかるという課題がありました。

燃焼法に代わる防霜対策として実証試験に参加

会津さんがフロストバスターの存在を知ったのは知人の紹介がきっかけでした。ちょうど燃焼法に代わる有効な防霜対策を探していた時期。以前は50aの被害で済んだものの、現在はそこに隣接する園地も購入していたため、再び霜害が発生すれば被害金額も倍増してしまうことが予想されていました。そこで霜被害を軽減する一つの手段として試してみようと、実証試験への参加を決めたそうです。

散布方法は?

散布の様子
撮影:大志田啓
散布日 2021年4月11日、4月26日
散布作物 りんご(つがる)
散布方法 背負式の動力噴霧器で散布
散布面積 20a
散布時間 各1時間
散布回数 各1回
今回の試験対象は、霜害によって蔓元(つるもと)にサビが出やすい「つがる」という品種。新芽が出始めた4月の中旬と下旬に1回ずつ、背負式の動力噴霧器で霜害に遭いやすい下枝を中心にエキスを散布していきました。散布面積は20aで、1人で合計30Lを散布するのに要した時間は1時間程度。「いろいろな農業資材を使用していますが、大半は色が濃くてドロドロしているものです。フロストバスターはコーヒーを水で薄めたような透明なエキスで、正直、本当に効くのだろうかという不安がありました」と会津さん。

被害の差は歴然!実証試験で驚きの成果が

無散布区域の花 中心花が失われたりんごの花
写真提供:会津宏樹/無散布区の花はめしべが褐変(左)、中心花が失われたりんごの花(右)
 フロストバスター散布区フロストバスター無散布区
評価基準%評価基準   %
 A:障害なし80 A:障害なし17
 B:障害あり10 B:障害あり14
 C:枯死10 C:枯死69
上の表は4月にフロストバスターを散布し、5月14日に散布区と無散布区を観測した比較結果です。被害の差は歴然でした。無散布区の花は7割程度が枯死し、残りも中心花がなかったり、めしべやおしべが褐変したりと半数近くの花が被害を受けています。りんごは一つの蕾から5〜6個の花が咲き、中心花に受粉したものだけが大きく形のよい果実に育つため、中心花が失われてしまうのは品質的にも経済的にも大きな痛手です。それに対してフロストバスターの散布区では、8割程度の花が褐変や枯死といった被害を回避。通常であれば−2℃以下の低温が1時間以上続くと霜害が起きるはずのところ、−2.1℃に3時間以上さらされ、−4.1℃まで下がる時間帯があったにもかかわらず、ほとんどの花が守られる結果となりました。
 

購入希望・製品に関する問い合わせはこちら

フロストバスターWEB受付フォーム

散布方法のコツは?

りんごの下枝
撮影:大志田啓
今回の試験で効果が得られた理由について、会津さんに心当たりをお聞きしたところ、「動力噴霧器で下枝を重点的に散布したことが大きいのかもしれません。ほかの薬剤をスピードスプレイヤーで散布するときはサッとかける程度ですが、今回は枝がビショビショになるくらいまで、かなり多めにまきました」とのこと。また、丸葉栽培では枝が入り組んでいるため、スピードスプレイヤーよりも動力噴霧器で狙ったところだけピンポイントで散布していく方がロスが少なく、効率化できると教えてくれました。

一方で、全面的に高密植栽培を導入している農家であればスピードスプレイヤーの方がおすすめだそう。高密植栽培とは、10aあたりに植える苗木を通常の倍以上に増やし、面積あたりの収穫量を増やす新しい栽培方法のこと。丸葉栽培と違って丈の低い樹が等間隔に並ぶため、スピードスプレイヤーでも無駄を抑えて散布できるといいます。

使用した感想は?

りんご農家さん
撮影:大志田啓
従来の防霜対策と比較しての感想を会津さんに伺うと「安価な資材ではない分、上手く使えば大きな費用対効果が期待できそうです。エキスが透明なので、スピードスプレイヤーで散布する場合も機体が汚れずに済むのは助かります」と評価していただきました。

次のシーズンにも期待

枝に実ったりんご
撮影:大志田啓
今回は一部の区画のみの使用でしたが、来年も霜被害が予想されるようであれば、すべての園地に散布したいと意気込みを語ってくれた会津さん。品種や散布方法、散布量による効果の違いも自分なりに試してみて、知り合いの農家とも情報を共有していきたいとのことでした。

「フロストバスター」の販売情報をチェック

防霜資材フロストバスター
撮影:AGRI PICK編集部
「フロストバスター」は2020年に販売開始され、りんごなどバラ科の花芽のほか、茶などの霜害対策に効果が期待できるエキスです。霜害にお悩みの農家さんは、ぜひ詳細をチェックして問い合わせてみてください!

 

購入希望・製品に関する問い合わせはこちら

フロストバスターWEB受付フォーム

適用植物

・バラ科植物:リンゴ、梨、ビワ、桃、プルーンなど
・カキノキ科植物:柿
・ツバキ科植物:茶

使用量の目安と価格

メーカー推奨の使用量は、10a当たり250L。アサヒクオリティーアンドイノベーションズによると、試験販売時の価格は1Lで22,000円(税込)となり、500倍希釈で使用します。

使用方法

霜降が予想される前日の散布が推奨されています。展着剤の使用有無は自由です。

取材協力

アルファーム・会津さん
撮影:大志田啓

アルファーム(青森県)

青森県津軽地方に位置するりんご農家・アルファーム。なるべく化学肥料を使わず有機肥料を使用し、減農薬にも取り組んでいます。卸売のほか、収量の2割ほどを産地直送や直売所、ネットショップなどで消費者に直接販売。県外大学生のファームステイ受け入れや、青森県内ではまだ実施している農家が少ない高密植栽培にも積極的に挑戦中です!
アルファーム:http://alfarm.blog.fc2.com/

お問い合わせ

販売者:アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社

アサヒクオリティーアンドイノベーションズロゴ

Webからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせは下記のフォームよりお願いいたします。
フロストバスターWEB受付フォーム

チラシの閲覧・ダウンロードはこちら



フロストバスター関連記事はこちら


Sponsored by アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
kiko

出版社にて雑誌編集に3年間に携わった後、現在はWebライターとして活動中。多肉植物・観葉植物の魅力にはまり、鉢が増えていく日々。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農業資材 > 今注目の防霜資材「フロストバスター」で被害大幅減!りんご王国・青森で実証された効果とは?