# 果樹46件

密集したフェイジョアの葉と枝
【保存版】フェイジョアの剪定時期と方法|切り戻しのコツを紹介!
フェイジョアの剪定時期は新芽が伸びる前の、3月上旬~4月中旬ごろがおすすめ!8~9月は翌年の花の芽が育つ時期なので、剪定はしないようにしましょう。きれいな樹形の整え方や、花や実が良く付くための、剪定方法や切り戻し…
MitsuyaNao
実がなっているオリーブの木
【図解】オリーブの木の剪定方法|時期はいつ?どこを切る??失敗しないための枝の見分け方も
オリーブの木の剪定について、適した時期や剪定方法を詳しく解説します。図解による、樹形を美しく保つために切るべき枝の見分け方や、実付きを良くする強剪定のやり方は必見!また、剪定で出た枝で挿し木にする方法もお届けしま…
MitsuyaNao
レモンの苗木
レモンの苗木の選び方|育てやすいおすすめの品種は?販売時期や入手方法、良い苗木の見分け方も!
レモンの苗木の選び方や、初心者でも育てやすいおすすめの品種をプロに聞きました!また、販売時期や入手方法など気になる情報もお届け。さらに、レモンの苗木を鉢植えと地植えにする、植え方の手順や水やりのコツも紹介します。…
AGRI PICK 編集部
日差しを浴びる若いレモンの木
【図解】レモンの木の剪定方法|時期はいつ?どこを切る??実をつけるコツを知ろう!
レモンの木の剪定方法を紹介します。剪定に適した時期や、収穫量をアップするコツなどプロがアドバイス!わかりやすい図解で、どこを切るか、不要な枝はどれか、どんな樹形が良いかも確認できますよ。また「実がならない」「レモ…
AGRI PICK 編集部
永友辰樹さん
お茶農家の凍霜害対策に!コーヒー粕由来の「フロストバスター」は実証試験でも手応えを実感
気候変動が激しくなるなか、温暖化によって萌芽や開花時期が早まることで、霜害の被害も増加しています。これまで行われてきた燃焼法や送風法、散水氷結法などによる対策は、労力やコスト面でも課題となっています。費用対効果の…
細川理恵AD
福井英行さん
コーヒーで霜害から農作物を守る新しい対策方法「フロストバスター」!費用も労力も抑えられる?
近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期…
AGRI PICK ADAD
今注目の防霜資材「フロストバスター」で被害大幅減!りんご王国・青森で実証された効果とは?
近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期…
kikoAD
下條村
村全体で取り組む霜害対策 「フロストバスター」で果樹の被害はどう変わった?
霜の道に当たる土地柄、2年に一度は大きな霜害被害を受けている長野県の下條村。農家1軒ごとの問題ではなく、村全体で取り組む必要があるのではないか―そんな声があがるなか、防霜資材「フロストバスター」の実証試験の話を受…
AGRI PICK ADAD

育て方・病害虫を一発検索