コーヒーで霜害から農作物を守る新しい対策方法!費用も労力も抑えられる?

近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期待できる、新しい防霜資材「フロストバスター」を試用した農家さんに、その結果や手間についてお聞きしました。


霜害

出典:PIXTA
霜害は、移動性高気圧に日本列島が覆われて、よく晴れた春先や晩秋に起こります。夜間まで晴れて風が弱いと地表の熱が上空に抜けていく放射冷却が起こるからです。
特に4~5月の晩霜は、農家にとって悩ましい問題。果樹の花が咲く時期、茶の新芽が出る時期、露地野菜の定植直後で活着していない時期に霜が降りることで、過去にも大きな被害が出たことがありました。

従来の防霜対策は…

防霜ファン
撮影:藤原 恵里
今までにも、固形燃料や灯油を燃やして温度を高くする「燃焼法」や樹上から放水して植物体温を0℃以下にしないようにする「散水氷結法」、防霜ファンで風を送って地表の冷たい空気と比較的暖かい上層部の空気をかくはんする「送風法」など、いろいろな対策が取られてきています。ただ、いずれもコストが高くついたり、大変な労力になったりというデメリットがありました。

新たな防霜資材「フロストバスター」が誕生

2018年から実証実験を行っている新しい防霜資材「フロストバスター」は、降霜時期に合わせて散布するだけの防霜対策エキス。ほかの対策に比べて、効果や散布の手間はどうなのか、実際に試験を行った「福井りんご園」さんでお話を伺いました。

「フロストバスター」開発の経緯はこちらから。

長野県小諸市では毎年開花してから2~4回の降霜が

福井英行さん
撮影:藤原 恵里
長野県小諸市にある福井りんご園はりんごとプルーンを育てています。昼夜の寒暖差の大きな地域で、その天候ゆえにりんごやプルーンは甘みを増すというメリットがあります。
でも、小諸市は毎年開花してから3~4回の降霜があるため、その対策は楽なものではありませんでした。福井りんご園では防霜ファンを設置していますが、りんご80a、プルーン30aの畑すべてをカバーするのは難しいようです。

福井りんご園は、摘果時期などの繁忙期を除き、オーナーの福井英行さんご夫婦で作業を行っているため、大がかりな防霜対策の作業ができません。2019年5月8日の降霜では、プルーンの花がかなり枯れてしまいました。被害は、2つの畑のうち1つは80%、もう1つは30%ほどの被害だったといいます。

コーヒーを使った防霜資材「フロストバスター」を試用

コーヒー
出典:写真AC
福井さんが何かいい防霜対策はないかと考えていたところ、2019年2月に、アサヒクオリティーアンドイノベーションズから新しい防霜対策エキスの試験の話を受けました。
「フロストバスター」はコーヒー粕で作られたエキスで、成分的には飲んでも体に害がないもの。福井りんご園では低農薬をうたっているため、それならと早速試してみることにしたのです。

アサヒクオリティーアンドイノベーションズはアサヒ飲料、アサヒビールなどと同じアサヒグループの企業。関連企業のコーヒー飲料から出る、捨てるだけだったコーヒー粕が有効活用されています。

コーヒー粕が霜対策になるメカニズムはこちらでチェック!

2019年の福井りんご園での試験状況

効果を調べるために、試験をしたのはりんご畑の一部だけ。りんごが開花してから降霜予報が出た3~4回、試験区域に散布しました。
「予報が出てもそこまで気温が下がらないこともあって、実際にひどかったのは5月8日だけでした」と福井さん。
この1日の降霜で、プルーンは被害を受けてしまったのですが、りんごはどうだったのでしょうか?

エキスの効果は一目瞭然!

降霜後、花の状態は?

フロストバスターを散布したリンゴの樹としていない樹の着花状況比較
提供:アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社
2019年5月8日の前日午後、テレビの天気予報で降霜予報を見た福井さんは「フロストバスター」を散布しました。この日の気温はマイナス2℃まで下がったそうです。
降霜後、エキスを撒かなかった樹(写真右)は多くの花が褐変して落下。それに対してエキスをまいた樹の花(左)は、わずかに褐変は見られたものの花が落ちることはありませんでした。

りんごの収穫量の違いは?

エキスを使った樹と使わなかった樹のりんご
撮影:藤原 恵里
そして、取材に伺った11月下旬。樹になるりんごの実の数の差でエキスの効果が目に見えてわかります。上の写真は、エキスをまいた木(左)とまかなかった木(右)。この2本の木の距離は5m程度で、日当たりや防霜ファンからの距離などの条件は同じです。

散布方法は簡単で安心!

スピードスプレイヤー
撮影:藤原 恵里
「フロストバスター」は原液を500倍に希釈して、降霜が予想される日の前日に散布するのがおすすめ。福井さんはスピードスプレイヤーや動力噴霧器を使っています。エキスが天然成分のため「防塵マスクなどの装備がいらないもいいよね」と福井さん。液体だから粉末と違って希釈するのも楽だったそう。
メーカー推奨の使用量は、10a当たり250L。アサヒクオリティーアンドイノベーションズによると、試験販売時の価格は1Lで20,000円となります。
福井さんに費用対効果はあると感じられるか率直なところをお聞きしたら「今回の試験では、その効果はあると実感できました」と太鼓判を押してくれました。

2020年のシーズンはプルーンにも!

プルーン
出典:写真AC
2019年、試験の対象としなかったプルーンに大きな被害が出てしまったので、2020年はプルーン畑でも使ってみたいと福井さんは意気込みを語ってくれました。
仲間にも使ってみるといいよ、と勧めてみたいということです。

「フロストバスター」の試験販売情報をチェック

防霜資材フロストバスター
撮影:AGRI PICK編集部
「フロストバスター」は、2021年の発売に向け、試験販売を行っています。りんごなどバラ科の花芽のほか、キャベツなどアブラナ科の苗の霜害対策に効果が期待できるエキスです。
詳細をチェックして問い合わせてみてください!

適用植物

・バラ科植物:リンゴ、梨、ビワ、桃、プルーンなど
・カキノキ科植物:柿

使用方法

凍害、霜害が予想される月の1カ月前から使用。霜が予想される前日の散布が推奨されています。展着剤の使用有無は自由です。

取材協力

信州小諸 福井りんご園(長野県)

撮影:藤原 恵里
浅間山を望む標高650mに位置する福井りんご園。昼夜の寒暖差が激しく、プルーンやりんごの栽培に適した地域です。
化学肥料は使わずに、有機肥料に炭と木酢液を混ぜて育てたプルーンとりんごは全国に直接販売。摘果体験込みのりんごの木のオーナー制度も大人気です。
福井りんご園:http://fukui-ringo.com/

お問い合わせ

販売者:アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社

アサヒクオリティーアンドイノベーションズロゴ

Webからのお問い合わせ

フロストバスターWEB受付フォーム

お電話でのお問い合わせ

フロストバスター専用お問い合わせ先
06-4400-5292(土日祝日を除く9:00-19:00)

チラシの閲覧・ダウンロードはこちら

フロストバスター販売チラシ

次回の記事では、長野県下條村で伺った、村役場と農家が連携して「フロストバスター」を使用した話をお伝えします!
<取材>小林 由弥

Sponsored by アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社

関連する記事

福井英行さん
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード