記事広告のまとめ

有料広告用(広告表示なし)

# 記事広告8件

究極のシャインマスカットの見分け方とは?|ぶどうの匠2人による夢の対談が実現!【後編】
シャインマスカットの見分け方、選び方のコツをプロの生産者が伝授!おいしい食べ方や保存方法をはじめ、皮ごと食べて農薬は大丈夫?など、シャインマスカットに関する疑問に答えるQ&Aや春にもおいしい旬の味が楽しめるニュー…
細川理恵AD
旬のシャインマスカットを堪能しよう|ぶどうの匠2人による夢の対談が実現!【前編】
果粒が大きくて糖度が高く、種を気にせず皮ごと食べられるぶどうとして大人気のシャインマスカット。旬の時期や特長、おいしいものの選び方や見分け方など、たくさん情報が出回っているなか、東西のぶどうの匠に「究極のシャイン…
細川理恵AD
最新の実験結果から解説!アミノ酸オンラインセミナー実施レポート
2月に開催し、大好評だったアミノ酸セミナー。アミノ酸とはどういったものなのか。そもそもアミノ酸で植物は育つのか?などアミノ酸に関する疑問にお答えしました。セミナーをまだ視聴していない方も、復習のために再度チェック…
AGRI PICK 編集部AD
霜が付いた植物
今注目の防霜資材「フロストバスター」は関西大学とアサヒのコラボが生み出した!
3~5年に一度の頻度で大規模な被害が報告されている凍霜害。従来、ファン、スプリンクラーといった設備や被覆資材、焚火などの対策がなされていましたが、このたび新しい資材「フロストバスター」が開発されました。コーヒー粕…
AGRI PICK ADAD
福井英行さん
コーヒーで霜害から農作物を守る新しい対策方法「フロストバスター」!費用も労力も抑えられる?
近年の温暖化により発芽や開花時期が早まり、それによって霜害被害は増加傾向にあるといわれています。従来の「燃焼法」や「散水氷結法」による対策は農家に大きな負担を強いられるものでした。費用や労力に対して効果が高いと期…
AGRI PICK ADAD
下條村
村全体で取り組む霜害対策 「フロストバスター」で果樹の被害はどう変わった?
霜の道に当たる土地柄、2年に一度は大きな霜害被害を受けている長野県の下條村。農家1軒ごとの問題ではなく、村全体で取り組む必要があるのではないか―そんな声があがるなか、防霜資材「フロストバスター」の実証試験の話を受…
AGRI PICK ADAD
ぶどうの旬が春に!? 1年で2回の旬を味わえる贅沢な「極旬ぶどう」とは?
シャインマスカットの兄弟品種で、市場に出回っていない稀少なぶどう「バイオレットキング」。 三井不動産グループのベンチャー企業「GREENCOLLAR」は、日本とニュージーランドとの二カ国で、この貴重なぶどうの栽…
YumiYamashitaAD
【無料オンライン】アミノ酸セミナー| アミノ酸資材の効果や収量アップのメカニズムについて
【無料オンライン】アミノ酸セミナーを開催します。最近、目にする機会が増えてきたアミノ酸資材。そもそもアミノ酸ってどんなもの?アミノ酸資材にはどんな効果があるの?といった疑問に応えるべく、植物への有機態窒素(アミノ…
atsuhisa.emoriAD

育て方・病害虫を一発検索