【ハーブで猫よけ】タンジーやミントで寄せ付けない!ルーやローズマリーも?

家庭菜園でせっかく育てた果物を猫にいたずらされるってことありませんか。また糞尿などのスポットになっていて困っている人もいると思います。そんなときハーブを植えてみてはいかがでしょうか。猫よけに効果的ともいわれているハーブだけに植えてみる価値あるかもしれませんよ。


 

出典:写真AC
家庭菜園でせっかく育てた果物を猫にいたずらされるってことありませんか。また糞尿などのスポットになっていて困っている人もいると思います。そんなときは、ハーブを植えてみてはいかがでしょうか。猫よけに効果的ともいわれているハーブだけに、植えてみる価値ありかもしれませんよ。

猫よけにハーブって効果ある?

出典:Pixabay
猫は柑橘系やミントの臭いが苦手とされていることから、猫よけとして使われるのがハーブ。ハーブは丈夫な品種が多く、植えておくだけで比較的手間のかからない植物のため、猫に近づかれたくないエリアにハーブを植える人が多いのです。プランターや鉢であれば、猫の行動に合わせて移動できるので便利ですよ。

猫よけに理想的なおすすめハーブがコレ


ミント

ミントは多年草のシソ科の植物。別名「ハッカ」としても知られている、ハーブを代表するもっともポピュラーな植物といえます。草丈は50cmから80cm程度。人体にはリラックス効果があるとされ、ハーブティーなどで楽しまれますね。

猫が嫌う香りの代表でもあるミントは、蚊よけとしても利用される人気の種。ミントといってもその種類は多く200種を超えるともいわれています。比較的暑さにも寒さにも強いのですが半日陰で風通しの良いところが理想的。

ただし、ミントは非常に強い植物。囲いなどをせずに直植えすると、どんどん広がってしまうので気を付けて!

ITEM
ペパー ミント
ポットサイズ:9cm

タンジー

ハーブの中でも香りの強い部類に入るタンジー。英名ではジンジャープランツやビターボタンなどとも言われています。その香りはミント同様防虫効果があるとされ、それを目的として育てる人も多くいます。夏にも冬にも強く、とても育てやすいハーブの一つ。草丈は50cmから120cm程度まで育ちます。半日陰の場所に植えてあげてください。

ITEM
タンジー
ポットサイズ:9cm

庭に野良猫が来るので猫よけ効果があると聞き購入しました。
季節柄か花はありませんでしたが、きれいな葉のものが届きました。
花も猫よけ効果もこれからですが楽しみです。


ルー(ヘンルーダ―)

猫よけとして有名なハーブで、「ネヨコラズ」として売られているほどの植物になります。ルーは別名「ヘンルーダ―」と言われ、ミカン科の常緑多年草です。臭いが強いことから猫よけとしても、また虫除けとしても利用されているハーブ。

乾燥には強いのですが湿気に弱いため、風通しの良い場所で育てます。梅雨時などは腐りやすいので注意してください。

ITEM
ルー ( ヘンルーダ )
ポットサイズ:9cm

寄せ植え用に購入。生き生きして季節には大きくなりました


ローズマリー

とても強いミントだけに日本でも馴染みの深い品種の一つ。香りが強く、猫が嫌がることでも知られています。

ローズマリーには大きく分けて3種類があり、まっすぐ伸びる「木立性」と横に伸びる「半立ち性」、そして地面に伸びる「ほふく性」になります。どれも育て方に大きな違いはありません。日当たりのよい場所で育て、湿気に弱いため水のやり過ぎに気をつけましょう。

ITEM
ローズマリー
ポットサイズ:9cm

箱を開けた時にスッキリとした匂いが広がったのでスッゴク嬉しい気持ちになりました。
写真では、花が咲いてたので花が咲くとは知らなかったので、家でも挑戦してみたいです。色々な料理にも使わせて頂きます。


カニナハイブリッド

日本ではあまり馴染みのないドイツ生まれのコリウスの一種である「カニナハイブリッド」。最近ではホームセンターなどで猫よけとして売られていることから、ハーブよりも猫よけのイメージの方が強い人も多いかもしれません。

このハーブは猫以外にも犬にも効果的とされ、動物の忌避植物として人気です。多年草のため、育てやすく乾燥にも暑さにも強いのですが、水のやりすぎには気をつけてください。

ハーブで猫よけのワンポイント

出典:写真AC

猫は場所に執着する

猫は一度決めた場所に執着する習慣が強いため、トイレの場所などを決めたらずっとそこを使い続けてしまいます。そのため、ハーブを置くにもできるだけピンスポットに設置することをおすすめします。

いくつもの種類を組み合わせる

猫によって嫌がるハーブの種類が違うとも言われています。そのためいくつかの種類のハーブを組み合わせて設置するといいかもしれません。効かないと思ったらハーブそのものの種類を変えることもお忘れなく。

ハーブがダメならこんな商品もおすすめ

ハーブで効果が上がらなければ、猫よけグッズとして人気の高い超音波やスプレーなどを試してみるのもいいかもしれません。物理的に猫の侵入を防ぐネットやマットなども発売されています。ハーブでダメなら試してみる価値ありですよ。


タンジーやミントなどのハーブを猫よけに試してみる

出典:写真AC
猫が嫌がる臭いを持つことから猫よけとして利用されるハーブ。「ミント」や「ルー」などいくつもの種類があります。どれも植物だけに、過度な期待は禁物です。効果があればラッキー程度の気持ちで植えてみてはいかがでしょうか。猫が寄り付かずハーブも楽しめたら最高だと思いませんか。猫の糞尿などで困っているなら、ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう