春も秋もできる!ジャガイモの上手な栽培方法|連作や病気についても知ろう

家庭菜園で失敗知らずの人気野菜のジャガイモ。なんと春と秋の年に2回も栽培が可能です。具体的な植え付け時期や連作障害、追肥や病気、水やりのことなど基本的なジャガイモの栽培方法を、動画も交えながら紹介!プランターなどでベランダ栽培も可能ですよ。


ジャガイモ栽培

出典:写真AC
ジャガイモは、家庭菜園でもプランターでもポイントさえ押さえれば失敗しにくく、たくさん収穫することができる初心者におすすめの野菜です。春植えと秋植えができ、年に2回の栽培も可能。ベランダ菜園もOKです!


連作に注意して育てよう!ジャガイモの栽培時期

新じゃが
出典:写真AC
春と夏の年2回栽培できると書きましたが、ジャガイモは涼しい気候を好みます。春植えと秋植えで、育て方にさほど違いはありませんが、暑さが残る秋植えよりも、初心者には春植えの方が育てやすいかもしれません。
ジャガイモはナス科の野菜で連作障害が出やすいので、春と秋、両方の時期に栽培する場合は植える場所を変えましょう。

栽培適温と連作障害

栽培適温:15~24℃
連作障害:2~3年あける

栽培カレンダー

カレンダー
図:まつたかずき

初心者でも育てやすい!時期別おすすめのジャガイモの品種

ジャガイモ
出典:写真AC
ジャガイモには、ホクホク系やしっとり系などいろいろな品種があります。どのジャガイモでも基本的に育てやすいですが、珍しい品種に挑戦するのも家庭菜園ならではの特権ですよ。

春植え向きのジャガイモの品種

ジャガイモといったらこれ!「男爵」

ホクホクタイプの代表といったら男爵です。国内の栽培面積も1位で、日本で最もポピュラーな品種といってもいいかもしれません。栽培可能地域が広く、肥大するまで早いのが特徴なので、元肥だけで十分育ち、どんな環境でもよく育つジャガイモです。煮崩れしやすいため、カレーやシチューではなくコロッケや炒め物におすすめ。
ITEM
男爵 種芋
・内容量:1kg

カレーやシチューに「メークイン」

ねっとりとした食感で、煮崩れしないのが特徴。カレーやシチュー、肉じゃがなどの煮物におすすめです。あっさりとした味わいで煮物の味を邪魔しません。収穫量は多いですが、形にばらつきが出ます。株間を狭くしてしまうと小さな芋が多くなるので、40cm程度あけましょう。
ITEM
メークイン 種芋
・内容量:1kg

まるで栗のようなジャガイモ「インカのめざめ」

栗じゃがとも呼ばれるほど、甘みが強いのが特徴で、黄色くしっとりとした肉質です。店頭にはあまり並ばない品種ですが、小ぶりで味も良く、収穫までが早いので家庭菜園向きですよ。土づくりに早めに取り掛かり、元肥をしっかり加えましょう。
ITEM
インカのめざめ 種芋
・内容量:1kg

秋植えができるジャガイモの品種

秋じゃがといったら「デジマ」

秋植えで栽培できる品種は少なく、デジマは代表的な品種ともいえます。春植えもできますよ。青臭さが少ないのが特徴。元肥を少なめにして栽培するのがポイントです。
ITEM
デジマ 種芋
・内容量:1kg

ホクホク甘みが強い!「キタアカリ」

果肉は黄色く甘味が強いジャガイモです。じゃがバターやポテトフライなどにすると、よりキタアカリのおいしさが味わえますよ。乾燥を好む性質がありますが、はじめは低めの畝にして、土寄せで高畝のようにしていきましょう。土寄せが遅れると茎が痛むので、芽が出て茎が15cmになったら、10cm土寄せをすることを覚えておいてくださいね。
ITEM
キタアカリ 種芋
・内容量:1kg

ジャガイモの種類について詳しくはこちら

水やりには要注意!ジャガイモの栽培ポイント

ジャガイモ
写真:出典AC

Point1. 専門店で「種芋」を購入しよう

店頭で売られている食べるジャガイモと種芋は、見た目はほとんど同じですが、別のものです。栽培用のジャガイモは、土の中で育つ過程で病気にならないよう、ウイルス検査がしっかりされている種芋を使いましょう。春や秋の植え付け時期になると、ホームセンターや園芸店、ネット販売などで売られています。

Point2. 植え付け前に日光浴

種芋は、植え付けの2~3週間前から日光浴させましょう。朝から夕方くらいまで、太陽光に当てます。2週間くらい続けると芽が出てきます。事前に芽出しをしておくと生育良く育ち、ウィルス系の病気にかかりにくくなります。

Point3. 水やりに要注意!水はけの良い土で育てよう

ジャガイモは乾燥に強く加湿を嫌うので、水を与え過ぎるとジャガイモが大きくならなかったり、病気になる可能性があります。水はけの良い土壌に植え付けて、水やりは控えめに。水はけが悪い畑なら高畝にしましょう。
プランター栽培の場合は、雨が当たらない場所に置き、表面が乾いたら水を与えましょう。

地植えでもプランターでもできる!ジャガイモの基本の栽培方法

ジャガイモの収穫
出典:写真AC
畑の準備は早め早めに行い、植え付けに備えておきましょう。最初のうちは、ジャガイモ自体にある養分を使って生長し、その後は元肥を使って育ちます。置き施肥という、ジャガイモならではの方法で肥料を与えます。

Step1. ジャガイモ栽培の準備

土づくりや栽培に必要な道具を用意しましょう。

Step2. 畝づくり&植え付け準備

撮影:まつたかずき

畑・地植え

1. 高さ10~15cm、畝幅60~70cmの畝を作成します。
2. 鍬を使って、深さ15cmの溝を作ります。
3. 株間は30cmになるように、ジャガイモを置く位置を決めておきます。

畝の作り方はこちら

プランター

1. プランターは、幅60cm、奥行30cm、深さ30cm以上のものを準備しましょう。
2. 根腐れを防止するため、鉢底石を底に敷き、野菜用培養土を縁から2cm下の高さまで入れます。

素材も形もいろいろ!プランターの種類はこちら


袋で育てる方法も

Step3. 種芋を準備する

種芋
撮影:まつたかずき
種芋は1片が30g程度になるように、1/2〜1/3にカットします。芽が傷つかない位置を、ナイフやカッターで切断しましょう。切った表面から腐ってしまうことがあるため、草木灰をつけると病気になりにくいですよ。60g以下の種芋や秋植えの場合は、カットせずに植え付けましょう。

おすすめの草木灰

ITEM
草木灰 朝日工業
・内容量:100g

Step4. 植え付け

ジャガイモの植え付け
出典:写真AC

畑・地植え

1. 種芋を溝に置いていきます。30~40cmの株間にしましょう。
2. 種芋は、まるごとのものもカットしたものも、芽が上になるように置いていきます。
3. 堆肥200g(移植ゴテ2杯分)と化成肥料を30gを混ぜたものを、種芋と種芋の間に置きます。
4. 植え付けが終わったら土をかぶせます。
5. 植え付け直後に水をたっぷり与えます。

プランター

1. プランターの土に、株間を15cm確保して、手や移植ゴテを使って穴を開けます。
2. 深さ20cmになるまで、種芋を押し込むようにして植え付けます。
3. 植え付け直後に水をたっぷり与えます。

Step5. 芽かきを忘れずに

ジャガイモの芽
出典:写真AC
種芋から出た芽が15~25センチくらいに伸びたら、芽かきをおこないます。芽の数が多いと、ジャガイモが大きくなりません。大きなジャガイモを収穫したい場合は、芽は1本。収量を増やしたい場合は芽を2本残しましょう。
芽を抜くときに注意しないと種芋ごと抜けてしまいます。種芋を指で確認し押さえながら抜くか、はさみで切るようにしましょう。

Step6. 1回目の追肥と土寄せ

芽かき後に1回目の追肥を行います。株と株の間に化成肥料を30g土に混ぜ込んでいきます。しっかり混ぜ込んでから、まわりの土を鍬や移植ゴテを使って株元に土寄せします。
プランターの場合、株と株の間に5gの化成肥料を混ぜ込みます。畑と同様に、しっかり混ぜ込んだ後に土寄せしましょう。

Step7. 花が咲き始めたら、2回目の追肥

ジャガイモの花
出典:写真AC
追肥の2回目のタイミングは、ジャガイモの花が咲いたころに行います。1回目の追肥と同様、株と株の間に30gの追肥をし、しっかり混ぜ込んでから、鍬や移植ゴテを使って株元に土寄せします。
プランターの場合、株と株の間に5gの化成肥料を混ぜ込みます。

花が咲いたら摘み取ります
花が咲いたら実がつきます。実は食べられないうえに、ジャガイモが大きくなるための栄養分を使ってしまいます。花は早めに取り除くようにしましょう。


Step7. 収穫

ジャガイモ
出典:写真AC
株元から5cmのところで、茎をはさみで切ります。株元から20cm程度離れた場所から、鍬やシャベルを入れて土を柔らかくすると、ジャガイモが掘り起こしやすいですよ。茎を持ってジャガイモを採ったあとは、採り忘れがないように土の中を手で丁寧に探りましょう。

ジャガイモの植え方を動画で確認しよう

Step4.の植え付けを、動画で説明します。より具体的にジャガイモの植え付け方がわかりますよ!

ジャガイモを長く保管する!追熟させておいしくする方法とは?

ジャガイモの保管
出典:写真AC
収穫後すぐのジャガイモは、新じゃがのジューシーな食感を味わえますが、2週間ほど保存&追熟させるとデンプン質が糖分に変化し、甘いジャガイモになりますよ!うまく保存すれば、さらに長期保管もできます。

Step1. 乾燥させる

収穫直後、2時間ほど天日干しします。その後、1週間ほど雨が当たらない場所に広げて乾燥させます。その際、日光が当たると緑化してしまうので、遮光ネットを被せましょう。

Step.2 日の当らない場所で保存する

乾燥させたジャガイモの土を、ある程度落としておきます。ジャガイモの保管に適している気温と場所は、10℃前後の湿度の低い冷暗所です。なので、寒い地域ではダンボールに入れて日の当たらない場所に置いておきましょう。気温が高い場合は、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れておくのがベストです。

プロが実践するジャガイモの保存方法など

ジャガイモの害虫対策

葉につくてんとう虫
出典:写真AC

アブラムシ

アブラムシは、一度発生すると被害が拡大します。葉から養分を吸ってジャガイモを弱らせます。肥料を与え過ぎたり、土の表面にまいたままにすると発生の原因となります。肥料は適量を土にしっかり混ぜ込みましょう。アブラムシが原因でウィルス性の病気を発症することもあるので、要注意です。
アブラムシについて詳しくはこちら

テントウムシダマシ

てんとう虫に似た害虫です。黒い斑点が多いのと、全体がオレンジ色なのが特徴です。成虫だけでなく幼虫も葉を食害するため、成虫が卵を産み付けて幼虫が食害すると、更に葉がボロボロになってしまいます。見つけ次第、捕殺しましょう。

早めに収穫!新鮮なジャガイモを味わおう

ジャガイモ料理
出典:写真AC
ジャガイモは一度の植え付けで、たくさん収穫ができます。うまく保存すれば、長い間食べることもできて便利!収穫が遅くなると、不必要な芽が出てきてしまうので、早めに収穫しましょう。

関連する記事

じゃがいも栽培
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます! facebook→https://www.facebook.com/kazuki.matsuta.18                         Twitter→https://twitter.com/matsuta__k