【家庭菜園のプロ監修】シュンギク(春菊)栽培のコツ|プランターでも育ててみよう!

鍋の具材やおひたしなどに欠かせない香味野菜「シュンギク(春菊)」。この記事では、シュンギクの栽培方法を家庭菜園のプロ・福田俊先生が解説しています。種まきの時期や種類、プランター栽培のポイント、おすすめの品種も紹介!


シュンギク

画像提供:福田俊
爽やかな香りと程よい苦みが楽しめる「シュンギク(春菊)」。シュンギクは育てやすく、たくさん収穫も楽しめるので家庭菜園にはぴったりの野菜です。
今回は、そんなシュンギクの栽培方法について、家庭菜園のプロ・福田先生にお話しを聞きました。育てる際の参考にしてくださいね!

家庭菜園歴40年!福田俊先生にシュンギク栽培のコツをうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

シュンギクの栽培時期や特徴

畑にマルチを張る様子
画像提供:福田俊

栽培カレンダー

栽培カレンダー シュンギク
イラスト:rie
・種まき:4~9月
・収穫:6~12月

栽培適温

10~20℃

栽培期間

種まきから収穫まで約3カ月かかります。

シュンギクの花

シュンギクの花
画像提供:福田俊
菊の花に似た黄色い花を咲かせます。この花の見た目から、日本では「春菊(シュンギク)」と呼ばれるようになりました。
シュンギクの花はとてもきれいですが、開花すると筋が固くなってしまうため、食用には適さなくなってしまいます。

品種について

シュンギクは、葉の切れ込みの程度により、大葉品種・中葉品種・小葉品種に分類されます。
大葉品種は主茎を収穫するタイプで、大ぶりで切れ込みの浅い葉が特徴。関西で多く栽培されている品種です。関東では、葉の切れ込みが多い中葉品種が主に栽培されています。中葉品種は、主茎の下を数cm残せば側枝がたくさん収穫することが可能です。小葉品種は、切れ込みの深い小ぶりな葉が特徴。収穫量が少ないため、現在はあまり栽培されていません。

シュンギクの栽培方法|畑・プランター

シュンギクの苗
画像提供:福田俊

Step1. 土作り

畑の土作りの様子
画像提供:福田俊
土作りはどの野菜も一緒ですが、有機物が豊富に含まれ、それを分解する微生物がいっぱい活動しているふかふかの土が理想です。畝たてのときに、ぼかし肥料を1平米あたり200gと草木灰を70gほど漉き込むと良いでしょう。

福田先生解説!「有機質たっぷりの土づくり」


福田先生直伝!有機ぼかし肥料の作り方


草木灰の詳しい情報はこちらの記事で


Step2. 種まき

シュンギクの種と種まきの様子
画像提供:福田俊
穴あきマルチを張り、1穴に3~4粒の点まきにします。シュンギクは、発芽するために光を必要とする「好光性種子(こうこうせいしゅし)」のため、覆土は5mm以下の薄めにするのがポイントです。
福田先生
福田先生
マルチは雨による泥はねを防ぎ、病気にかかりにくくする効果があります。ほかにも、雨で土が固まらずふかふかの状態を維持してくれたり、保温効果や雑草を防ぐというメリットも。収穫が終わるまでマルチは張りっぱなしにしておきます。

ITEM
9515 マルチ イワタニ
高い保温性で、作物の育成を助けるマルチシート。土壌水分を適度に保ち、雑草も抑制します。雨天時の肥料の流出防止効果も。

・サイズ:幅95cm×長さ50m×厚さ0.02mm、45mm孔×5列

必要な栽培スペース

シュンギクの畝サイズ
図:AGRI PICK編集部
・A:畝幅/70cm
・B:畝の高さ/10cm
・C:種まきの間隔/15cm
・D:条間/15cm(5条)

Step3.防虫トンネルの設置

種をまいたら、すぐに防虫トンネルを設置します。収穫が終わるまで、そのまま外さずに掛けておきましょう。

防虫ネットについてはこちらの記事で!


Step4. 間引き

シュンギクの苗の間引き
画像提供:福田俊
本葉が出始めた頃、間引いて1本にします。大きい苗を残し、生長の遅い小さい苗を間引きましょう。
福田先生
福田先生
間引いた苗を捨てずに移植すれば、時間差で収穫できますよ!

Step5. 収穫

シュンギクの収穫
画像提供:福田俊
主茎が20cmぐらいに伸びたら収穫のタイミングです。
中葉品種は、地表から5cmほどの長さになるように主茎を残し、はさみで切って収穫しましょう。主茎を採った後は、側枝が収穫できるようになります。
大葉春菊は、主茎取りが多いので地際から切り取ってください。

シュンギクのプランター栽培

シュンギクはプランターでも栽培可能!ベランダなどの狭いスペースしかないという人も、ぜひ挑戦してみてください。

プランターのサイズ

一般的な60cmプランターでOKです。栽培可能な株数は10株になります。
ITEM
楽々菜園 深型600
水やりの手間が軽減される、貯水機能付きの野菜用プランター。支柱フレーム付きで、さまざまな野菜の栽培に使えます。

・サイズ:幅60×奥行32.4×高さ32.4cm
・容量:22L
・材質:ポリプロピレン


プランター選びについてはこちらの記事で!

用土

市販の野菜用培養土で育てることができます。鉢底ネット、鉢底石の順にプランターの底に敷いたら、プランターのフチから3cmほど下まで培養土を入れましょう。

種まき

土に指で深さ1cmほどの穴を開け、1穴に3~4粒ずつ、10cm間隔の千鳥植え※にします。シュンギクは好光性種子のため、土は5mm程度に薄く被せましょう。
※2条以上で植える際、株を千鳥の足跡のように交互に植えること

水やり

基本的に毎日行います。土の表面が乾いたら、鉢底穴から流れ出るまでたっぷり水やりしましょう。

間引き

本葉が出たら、1箇所につき1本になるよう間引きます。

収穫

主茎が20cmぐらいに伸びたら収穫します。

シュンギクの病気と害虫

シュンギク
出典:写真AC
シュンギクは、良い土作りができていれば病気にはかかりません。ただ、アブラムシがつきやすいため、防虫トンネルを設置して害虫対策をすることが必要です。種まきの直後から収穫が終わるまで、必ず設置しておきましょう。

「アブラムシ」の詳しい対策方法はこちら!


防虫ネットの種類や設置方法はこちらの記事で!


家庭菜園におすすめのシュンギクの品種

シュンギク
画像提供:福田俊
ここからは、福田先生おすすめのシュンギクの品種を紹介していきます!

大葉春菊

ITEM
大葉春菊
耐寒・耐暑性があり、栽培しやすい品種です。葉は大きく肉厚なのが特徴。関西似西で好んで栽培されています。

・内容:小袋

中葉春菊

ITEM
中葉春菊
生長が早く病気にも強い、家庭菜園におすすめの品種です。側枝が次々に伸びてくるので、たくさん収穫ができます。

・内容量:40ml

菊之助

ITEM
菊之助
肉厚の葉で、シュンギク特有の苦味がとても少なく、香りもまろやかなおいしい品種。生でもおいしく食べられ、何よりも発芽率が高いので初心者にもおすすめです。

・内容量:25ml

スティックシュンギク

ITEM
スティックシュンギク
上部に集まる葉姿がユニークな「スティックシュンギク」。柔らかな葉質で、香りもマイルドなので、サラダなどの生食も可能です。

・内容:小袋

サラダシュンギク

ITEM
サラダシュンギク
えぐみや苦味が少ないので、サラダなどの生食に最適。焼き肉を巻いて食べたり、しゃぶしゃぶのように湯にくぐらせて食べたりするのもおすすめです。

・内容:小袋

サラダやおひたしに!シュンギクを育ててみよう

シュンギク
画像提供:福田俊
病気に強く育てやすいシュンギクは、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜。品種も豊富なので、鍋の具材やサラダ用など、料理に合わせていろいろ栽培するのもおすすめです!

紹介されたアイテム

9515 マルチ イワタニ
楽々菜園 深型600
大葉春菊
スティックシュンギク
サラダシュンギク

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索