【鹿沼土とは?】粒の大きさがミソ!使い方をマスターしよう!!

鹿沼土は赤玉土とはどう違う?鹿沼土の使い方や相性のいい植物について紹介しています。ブルーベリー栽培で気になるpHは、鹿沼土とピートモスどちらが適しているのか、気になる大粒~細粒それぞれの特徴や気になる配合割合も、栽培する植物に合わせて解説!これであなたも鹿沼土マスター!?


鹿沼土をガーデニングで使う

出典:写真AC
ガーデニングや農業でおなじみの「鹿沼土」。どうしてこういう名前なの?使いどころは?相性のいい植物は?赤玉土との違いは?…などなど、疑問に思いやすいポイントを網羅!鹿沼土の特徴と使い方をマスターして、より有効に活用しちゃいましょう!

鹿沼土とは?

鹿沼土と赤玉土を混ぜて使う
出典:写真AC
鹿沼土はガーデニングや農業では、枝の切り口から発根させる「挿し木」で植物を増やすときによく使われます。また、粒子が大きいので、園芸用培養土や腐葉土に混ぜることで排水性や通気性をアップさせることができるのも特長です。

鹿沼土の読み方、由来や産地は?

鹿沼土は「かぬまつち」と読み、「土」という名前こそ付いていますが、有機質や肥料分はほとんど含まれていない軽石の仲間です。栃木県の鹿沼市にある関東ローム層で、群馬県の赤城山が噴火したときの火山灰がたまって風化したものが「鹿沼土」です。

特徴と種類

鹿沼土は細かい孔がたくさん空いているので、通気性や保水性に富み、酸性なのが特長です。さまざまな粒の大きさが売られていて、大粒から中粒、小粒、細粒まであります。より硬い「硬質鹿沼土」は粒が崩れにくいので長持ち!やや高価ですが、あまり植え替えをしない植物、成長の遅い観葉植物にはとてもおすすめです。

成分

ケイ酸とアルミが豊富です。ほかにも鉄、マグネシウム、カルシウム、マンガン等を含んでいます。

鹿沼土のpHと相性のいい植物は?

ブルーベリー栽培にも鹿沼土を混ぜて
出典:Pixabay
鹿沼土のpHは4~5で酸性です。以下のような植物と相性が良いですよ。

観葉植物

鹿沼土は水に塗れると、白っぽい色から黄色っぽい色へと変化します。土材として使えるのはもちろんですが、観葉植物の鉢表面に敷いておくと、水やりのタイミングが分かりやすいですよ。見た目もおしゃれです。


多肉植物



鹿沼膣は多肉植物にも向いている
出典:Pixabay
乾いた環境が好きな多肉植物。排水性、通気性に優れた鹿沼土は、多肉植物の栽培に適しています。


ブルーベリー

ブルーベリーは酸性を好む植物です。酸度が合わないとうまく栽培できません。同じく酸性のピートモスをメインに、鹿沼土を混ぜて栽培しましょう。赤玉土より、鹿沼土のほうが酸度が強いのでおすすめです。


挿し木

植物の枝や茎を採取し、土に挿して発根させる増やし方を「挿し木」と言います。鹿沼土は雑菌を含んでいないので、挿し木用の土におすすめです。


バラ

鹿沼土はバラの栽培にもよく使われる
出典:Pixabay
バラは水はけと水もちのよいパラパラした土が好き。鹿沼土は赤玉土と並んで、バラの栽培にもよく使われます。

鹿沼土と赤玉土の違い

出典:PIXTA
鹿沼土と同じく、排水性を上げたいときや、挿し木に使われる赤玉土。鹿沼土はベージュ寄りの白ですが、赤玉土は赤褐色をしています。非常に似た性質を持つ両者ですが、以下のような微妙な違いがあります。

・鹿沼土は酸性ですが、赤玉土は弱酸性です。酸性土壌を嫌う植物には、赤玉土の方が影響が出ないでしょう。
・鹿沼土は排水性・通気性に優れ、赤玉土は保水性・保肥力が優秀です。ジメジメした環境が苦手な植物には、どちらかというと鹿沼土が向いているでしょう。

鹿沼土の粒の大きさでどんな違いがある?おすすめを紹介!

鹿沼土を選ぶときは、粒の大きさに注目!鉢底石、多肉植物など、それぞれに向いている用途があります。使っているうちにだんだん削れて小さくなってしまうので、この形崩れが起きにくい「硬質」のものがおすすめです!

大粒

大粒の鹿沼土は鉢底石として使えます。鉢の底が見えなくなるくらいまで敷くことで、水はけが向上し、土が漏れたり虫が侵入したりするのを防ぐ効果がありますよ。

 

【鹿沼土の大粒】崩れにくい硬質!

ITEM
選別硬質 鹿沼土
普通の鹿沼土より硬い硬質品です。大粒だけを選別してあります。形が崩れにくいこだわりの商品!

・容量:14L

紫陽花の植え替えに、赤玉や腐葉土と混ぜて使用します。粒がそろっていて扱いやすいです。


中粒

中粒の鹿沼土は樹木や盆栽、観葉植物など、普通の草花より根の太い植物に適しています。

 

【鹿沼土の中粒】希少な「超硬質」鹿沼土

ITEM
超硬質鹿沼土 中粒
観葉植物や樹木に!鹿沼北部の限られた地層からしか取れない、希少な超硬質鹿沼土です。崩れにくいので、生長がゆっくりであまり植え替えしない鉢物に超おすすめ。

・容量:14L

5号鉢ツツジの植え替えに単用で。
近所では硬質鹿沼土の取り扱いはなかったので通販で買うなら超硬質を試してみようと購入。

粒度はとても満足。
耐久性はこれから期待。


小粒

花、野菜全般におすすめな使いやすいサイズです。酸性を好む山野草との相性も◎

 

【鹿沼土の小粒】園芸で使いやすい人気サイズ

ITEM
選別鹿沼土 小粒
用途多彩で使いやすい小粒タイプ。花の土材として使ったり、鉢の表面に敷いたり、使い方いろいろ!粒が崩れてしまったら新しいものに交換しましょう。

・容量:18L

一般的な鹿沼です。基礎用土として使用しました。 


細粒(微粒)

挿し木や種まき用に使われる、一番粒の細かいタイプ。手のひらサイズの小さな観葉植物や、サボテン、多肉植物の土に最適です!

 

【鹿沼土の細粒(微粒)】挿し木やミニ鉢、多肉植物

ITEM
硬質鹿沼土 微粒
粒が揃っていて扱いやすい微粒タイプ。粒子が小さいと形崩れも早いですが、この鹿沼土は硬質なので、長く愛用できます!

・容量:17L

バラの挿し木などに使うので買ったのですが粒がそろっているので扱いやすいので再購入しました。
ホームセンターでも鹿沼土は売っていますが粒が不揃いなのが気に入りませんでした。
また買うと思います。


鹿沼土の使い方!配合割合はどれくらいがいい?

野菜栽培の場合の鹿沼土の配合
出典:写真AC
「赤玉土と鹿沼土、どっちを使おう?」と迷ったら、「酸性を好む植物には鹿沼土、それ以外は赤玉土」と使い分けるのがおすすめ。両方をブレンドすることでバランスよく仕上がる場合もあります。

ブルーベリー

ブルーベリー栽培に欠かせないピートモスと5:5くらいの割合で混ぜます。ブルーベリー栽培の場合、酸性であることが重要なので、赤玉土はほとんど使用しません。


ピートモスと組み合わせる

市販のピートモスは乾いており、水を吸いにくいことが多いので、鹿沼土を混ぜることで保水性アップが期待できます。割合は5割くらいがおすすめです。

観葉植物

赤玉土4:鹿沼土2の土に、ピートモスや腐葉土、バーミキュライトなどを配合するのがおすすめです。

多肉植物

出典:Pixabay
赤玉土3~4:細粒の鹿沼土3:腐葉土3~4くらいの割合で配合します。

野菜

赤玉土や鹿沼土6:腐葉土4くらいの割合で配合します。大粒の鹿沼土は鉢底石として使うこともできます。酸性を嫌う野菜の場合は赤玉土を使い、植え付け2週間くらい前から石灰で中和しましょう。牛ふんを土壌改良材として使うのも良いでしょう。


鹿沼土の価格はどれくらいが目安?どこで購入するのがおすすめ?

出典:Pixabay
鹿沼土の価格は赤玉土とほとんど変わりません。コストではなく、用途で使い分けるのがおすすめですよ。

鹿沼土の販売価格

ホームセンターでの販売価格は約15Lで300円前後です。形崩れしにくい硬質のものは100円くらい高く価格設定されています。3L程度の小容量であれば、200円以下で購入できますよ。

購入するのはどこがいい?

大量の鹿沼土を運ぶのは大変ですよね。コメリやカインズといったホームセンターでも購入できますが、ネット通販なら、自宅まで届けてくれるので楽!鉢植え向けの小容量商品なら、100均でも売られています。

鹿沼土を使いこなせば園芸の幅が広がる!

鹿沼土は酸性土を好むブルーベリーや、水はけのいい土が好きな多肉植物との相性バッチリ!雑菌を含んでいないので、挿し木にも最適です。赤玉土とは植物の好む酸度や、保水性、保肥性を考えて使い分けてくださいね。鹿沼土を使いこなして、園芸の幅を広げましょう!

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

鹿沼土をガーデニングで使う!
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。