ピートモスで土作りをしよう!ブルーベリー以外の用途も知りたい人へ

ピートモスとは何か、と聞かれた時にブルーベリー栽培用の土というイメージはないでしょうか?実はブルーベリー以外の用途でも活躍してくれる土なんです。ピートモスの使い方や、どれくらいの価格で販売されているのか、さらに自分でできるpHの調整方法まで紹介します。


おすすめのピートモス

ふかふかで軽いピートモスは、酸性土壌を好む植物との相性抜群!ブルーベリーの土材として有名ですが、山野草やツツジ、アジサイなどにも利用できます。ピートモスの長所や短所、効果的な植物、pHを意識した使い方を紹介します。

【基本知識】ピートモスとは?

ピートモスとは?
出典:PIXTA
ピートモスとは、コケ類などが蓄積してできた泥炭(ピート)を乾燥させた土材です。最大の特徴として、「酸性である」ことが挙げられます。ブルーベリーを始めとした、酸性土壌でなければうまく育たない植物の栽培に欠かせない存在です。

原材料・産地

ピートモスの原材料はミズゴケ、ヤナギ、ヌマガヤ、ヨシ、スゲなどです。日本では北欧やカナダ、北海道産のピートモスが流通しています。なかでも高品質とされているのは、カナダ産のピートモスです。使われている植物の種類によって多少性質が異なり、ミズゴケを主成分としたものは分解に時間が掛かるため、効果が長持ちします。

特徴と用途|腐葉土との違いは?

ピートモスは土材の中でも値段が高めです。海外産の商品が多いので、流通コストが上乗せされているのです。加えて、酸性土壌を嫌う野菜や草花は多いので、園芸や農業では腐葉土の方がよく使われます。また、黒ずんでいる土材が多い中、ピートモスは赤っぽく明るい褐色をしているのが特徴です。

ピートモスの効果と長所

ピートモスは、ハンギングバスケットにも適しています。
出典:Pixabay
酸性土壌を好む植物にぴったりなピートモス。吸水力の高さや軽さが長所です。

土を酸性にしたいとき便利

ピートモスの利用シーンで一番多いのは、「土を酸性にしたいとき」でしょう。土壌の酸度で花色が変わるアジサイや、土が酸性でなければあっさり枯れることも多いブルーベリーの植え付けに使われます。

水をたくさん吸う

水をたっぷり蓄えることができる土材です。ただし、保水に関しては欠点もあります。

軽くて扱いやすい

ピートモスは容量のわりに軽く、ふかふかしています。触ったとき手がジメジメする不快な感覚もほとんどなく、扱いやすい土材です。ハンギングバスケットにも適しています。

ピートモスやほかの土材を使った土壌改良については、こちらの記事を参考にしてください。


ピートモスの短所



ピートモスの短所は? 有機質に富んだふかふかのピートモスですが、次のような短所もあります。

水に浸すのが面倒

市販のピートモスは乾燥していることが多く、水を掛けてもはじいてしまい、なかなか吸水してくれません。あらかじめバケツに入れ、水と混ぜておくのですが、これが少し面倒です。

吸水性は高いが、一度乾かすと大変

最初は乾燥しているものの、水となじませればたくさん水分を吸収してくれるピートモス。ですが植え付け後に乾燥させてしまうと、また水をはじくようになってしまいます。本当は保水性があるのに、乾いていると水分とのなじみが悪くなる難しい土材です。できるだけ乾燥させたくないなら、粒が細かいピートモスを選びましょう。

値段が高い

鶏糞、牛糞などローコストで入手できる土材に比べて、輸入品が多いピートモスはお高め。購入するときは大容量の商品がお買い得です。

ピートモスの使い方

ピートモスをブルーベリーやツツジなどに使いたい
出典:Pixabay
忘れてはいけないのが、水と混ぜて湿らせる作業です!鉢植えや畑の土材としてだけではなく、種まき用の土としても最適です。上手な使い方のコツは、酸度未調整のものと調整済みのものの使い分け!

酸度未調整かどうかを確認

石灰などで酸性度を調整したピートモスも売られています。ブルーベリーやツツジなど、酸性土を好む植物の土材として使いたいなら、「酸度未調整」のピートモスかどうか確認しましょう。

十分に湿らせる

ピートモスは、バケツなどで水にしっかり浸す
出典:Pixabay
先述した通り、ピートモスは乾いていると水をうまく吸い取ってくれません。大きなバケツを用意し、中にピートモスと、鹿沼土などの混ぜたい土材を入れて手でかき混ぜます。

自分でpH調整する方法

酸度無調整のピートモスは、当然ながら酸性です。この酸を中和したいときは、消石灰や苦土石灰を使いましょう。植え付け数週間前のピートモス1Lに対して、消石灰か苦土石灰を3~4gほど混ぜます。ただし!pH調整は繊細な作業なので、酸度計がない状態で行うのはリスクを伴います。

 

おすすめの酸度計

ITEM
シンワ測定 土壌酸度計 A 72724
何かと酸度が重要な園芸・農業では、土壌酸度計を1本持っておくと便利。シンワの土壌酸度計は、土に1分間挿しておくだけで測定が完了する人気商品です。

・長さ:160mm
・重量:100g
・測定範囲::ph3~ph7

3~4年前に、測定棒が2本ついているタイプの酸度計を最寄りのJAの展示会で購入したのですが、最近はそれでどこを測ってもPH7以上を示しているのに作物の育ちが悪いので、これはちょっと酸度計がおかしいのではないかと思い、この酸度計を追加購入しました。結果はPH6.5以下で、最近作物がよく育たない一つの理由が判明しました。今までの物よりも、使用感が良く堅固な形なのが良いです。購入して良かったと思います。


そのほかのおすすめ酸度計は、こちらの記事でご紹介しています。


ピートモスは種まきにも!

ピートモスは種まき用の土としても使える
出典:PIXTA
ピートモスは種まき用の土としても使えます。手のひらサイズのポリポットやセルトレーに8分目くらいまでピートモスを入れ、土が完全に乾かないように管理しましょう。酸度調整済みのものが適しています。

ピートモスが効果を発揮する植物



ピートモスは青アジサイにもおすすめ
出典:Pixabay

ブルーベリーには欠かせない!ブルーベリー用土の作り方

酸性土壌を好むブルーベリーの栽培では、ピートモスと鹿沼土が5:5くらいの混合土を使います。酸度が狂うと枯れる原因になるので、十分気を付けましょう。


ツツジや青アジサイにもおすすめ

ピートモスはツツジにもおすすめ
出典:Pixabay
ツツジも酸性土を好みます。ピートモスや鹿沼土で育てましょう。また、アジサイの花を青くしたいときにも使えます。アジサイは土の酸度によって花色が変わり、赤くしたいときはアルカリ性、青くしたいときは酸性の土が必要です。

山野草

山野草は昔から日本に自生している植物たちです。日本の土はもともと酸性寄りなので、ピートモスと相性が良いですよ。

観葉植物

ほぼ無菌で清潔なピートモスは、室内栽培等に向いています。赤玉土3:バーミキュライト3:ピートモス2:パーライト2くらいの配合がおすすめ!

ピートモスはバラにも使えるの?

バラにピートモスを使うと、根張りが良くなります。ただし調整済みのものを使用しましょう。

ピートモスの価格はどれくらい?販売場所は?

小袋であれば、ダイソーをはじめとした100均の園芸コーナーでも購入できるピートモス。コメリやカインズホームなどのホームセンターでは、3Lなら200円、18Lなら500円くらいの値段で販売されています。海外産のピートモスは高めですが、圧縮されているものをほぐすと量が多く感じられますよ。

おすすめのピートモス5選紹介!

おすすめのピートモスを5種類ピックアップしました。上質なカナダ産や、土に還るピートモスの育苗ポットも!

1. ブルーベリー用の配合

ITEM
花ごころ ブルーベリーのピートモス
ブルーベリー栽培で欠乏しがちな鉄分やマグネシウム、酸性にする効果を高めるイオウ成分などが配合されています。小容量なので1~2株の栽培におすすめ。

・容量:5L

おかげで美味しいブルーベリーを収穫しています。来年も購入すると思います。


2. ミズゴケ豊富なカナダ産

ITEM
メインリバー エクストラコース
ピートモスといえば、やっぱりカナダ産。ミズゴケ繊維が豊富なので、長持ちします。酸度未調整でツツジやブルーベリーにおすすめ。

・容量:6キュービックフィート(約170L)

3. ピートモスでできた育苗ポット



ITEM
水でふくらむタネまき土ポット
ピートモスを主原料にした種まき・育苗ポットです。ポットから抜かずにそのまま植え付けできるので、根を傷めません。大量に必要なときにおすすめな業務用パックです。

・容量:2,000個入り

水を吸って膨らむのが面白いし、周りから根が出てくるので植え替え時期が分かりやすいです。この商品の前はプラグトレーを使っていましたが、こちらは1株ずつの状態に合わせ管理ができるので便利です。


4. 数少ない酸度調整済みピートモス

ITEM
PH調整済みピートモス
天然のカキ殻苦土石灰で酸度を中性(pH6.5程度)に整えてあります。ハンギングバスケットや種まき、バラにおすすめ!

・容量:20L

畑の固い土壌改良に初めて利用しました。体力が無かったので広範囲を耕せず部分的に使ったのですが、ガチガチに固まった土(使っていない場所)と、良い感じでほぐれやすい土(ピートモス使用)とに見事に別れました。またぜひ購入したいです。畑は時間をかけて改善していきたいです。


5. 使い切りに便利な小容量

ITEM
瀬戸ヶ原花苑 ピートモス
少しだけ買いたい人、余らせたくない人におすすめ!草花や野菜のプランター栽培、観葉植物、ハンギングバスケットなどに最適なミニサイズです。

・容量:3L

観葉植物の植え替えに。コンパクトサイズで手軽に使えて便利です。 


ピートモスを活用して趣味を楽しもう!

酸度未調整のピートモスはブルーベリーやツツジ、山野草の栽培に、酸度調整済みピートモスは種まきや観葉植物に適しています。活用の幅が広いとは言えないものの、酸性土壌が好きな植物にとってはなくてはならない存在!園芸や盆栽などの趣味に役立ててくださいね。

編集部おすすめ記事


関連する記事

ピートモスとは?
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

ブルーベリー畑やってます。農業、ガーデニング、アイテム紹介系中心のライター。