芝生だけじゃない!庭をおしゃれに魅せるグランドカバープランツ おすすめ18選

芝生やセダムだけじゃない!グランドカバープランツにおすすめの多年草を紹介。クローバーなど定番の常緑種から、タイムなどのハーブ、クラピアなど花が咲くものも。それぞれの植え付け時期や日陰への強さなども解説します!


出典:PIXTA 国営ひたち海浜公園みはらしの丘
パンジー、ビオラ、サクラソウ……春の草花の苗がお店に並び始めると、今年はどんな植物を植えようかな、とワクワクしてきますよね!春のガーデニングプランにぜひ取り入れたいのが、庭をおしゃれに美しく魅せてくれる「グランドカバープランツ」。グランドカバーに向く植物や、ほかの植物とのコーディネートのコツ、お手入れのポイントなどをお伝えします!

1. グランドカバープランツって何だろう?


庭づくりをしていると気になるのが、植物と植物のちょっとしたすき間や、むき出しの地面。ほうっておくと雑草が生えたりして見た目もよくないので、できればきれいに隠したいですよね。そこで活躍するのが、グランドカバープランツ。名前の通り、ground(地面)をcover(覆う)する植物のことで、芝生などもその一つになります。ほかにも、丈夫な多年草の草花やハーブなど、いろいろな植物をグランドカバーとして利用することができます。可憐な花を咲かせるものや、冬も枯れない常緑のものなどもあるので、庭のテイストや目的に合わせてコーディネートを考えてみましょう!

2. グランドカバーに向く植物はどれ?

Photo by iyoupapa
グランドカバープランツに利用できるのは、どんな植物なのでしょうか?その条件は主に次の5つです。

(1)背丈が低く、地面を覆うように横に広がる
(2)適度に繁殖力が強い
(3)多少踏まれても大丈夫
(4)暑さや寒さ、乾燥に強く、手入れが楽
(5)常緑、またはできるだけ長い間緑の葉をつけている

これらの条件に合った植物のなかから、さらに「香りを楽しむ」「彩りを楽しむ」など、ガーデニングのテーマに合わせて選ぶのがポイントです。次から、グラウンドカバーに向く植物をテーマごとに紹介しますので、ぜひご自宅の庭にぴったりのものを見つけてくださいね!

グランドカバープランツを植えるときのポイントは、成長したときにどのくらい広がるかを考えて、適度な間隔をあけること。また、まったく土作りをしていない場所に植える場合は、あらかじめ肥料などを入れて、土に栄養分を補給しておきましょう。

3. 香りを楽しむグランドカバープランツ

足元からふんわりと立ち上る芳香……そんな癒し系の庭をめざすなら、ハーブがおすすめです!
ハーブの多くは丈夫で生育も旺盛ですが、そのなかでも、背丈の高くならないタイプや、地面を這うように広がるタイプがグランドカバー向き。人が歩いて適度な圧がかかると、茂りすぎが抑えられ、ほどよく成長します。

レイタータイム

タイムにはたくさんの種類がありますが、こちらは細かい葉を密生してつける、ほふく性のタイム。グランドカバー用に改良された品種なので成長が早く、踏まれても次々に新しい根を伸ばすほど丈夫。初夏から夏には、薄いピンク色の可愛らしい花を咲かせます。タイムの仲間は過湿が苦手なので、水はけのよい場所が向いています。

・植え付け時期:4~6月、9~10月
・開花時期: 5~8月
・好む環境:日当たりがよく乾燥した場所
・耐寒性:常緑(地域によっては冬に地上部が枯れる)

レイタータイム 3号ポット 2株セット

ITEM
ハーブの苗/タイム(ほふく性):レイタータイム3号ポット2株セット
・草丈:5~10cm

フォックスリータイム

こちらもほふく性のタイムで、濃いグリーンにクリーム色の斑入りの葉が美しく、寄せ植えなどにも人気があります。成長はゆっくりめですが、丈夫で、刈り取っても新しい茎葉をどんどん伸ばします。真冬になると、鮮やかな赤やピンクに紅葉した姿も見られますよ。

・植え付け時期:4~6月、9~10月
・開花時期: 5~8月
・好む環境:日当たりがよく乾燥した場所
・耐寒性:常緑(地域によっては冬に地上部が枯れる)

フォックスリータイム 3号ポット

ITEM
フォックスリータイム
・内容:3号ポット

レモンタイム(ゴールデンタイム)

細かな黄色い葉っぱと、レモンそっくりの香りが特徴のタイム。摘み取ってお湯を注げば、すっきりさわやかなハーブティーが楽しめます!ほかのタイムと同じく過湿が苦手で、夏場は茶色く枯れこむことがありますが、一度短く刈り込んでお手入れすれば、また新しい葉が出てきます。

・植え付け時期:4~6月、9~10月
・開花時期: 5~8月
・好む環境:日当たりがよく乾燥した場所
・耐寒性:常緑(地域によっては冬に地上部が枯れる)

レモンタイム 3号ポット

ITEM
レモンタイム
・内容:3号ポット

ペニーロイヤルミント

丈夫でどんどんふえることで知られるミントですが、ペニーロイヤルミントはそのなかでもやや生育が比較的おだやかなタイプ。広がりすぎたら刈り込むなど、適宜お手入れをすれば、さわやかな香りのグランドカバープランツとして楽しめます。アリやカメムシなどの虫除け効果もあると言われています。ただし、食用ではないので、口にしないように気をつけてください。

・植え付け時期:3~5月
・開花時期:5~6月
・好む環境:半日陰
・耐寒性:冬は地上部が枯れる

ペニーロイヤルミント 9cmポット

ITEM
ハーブの苗 ペニーロイヤルミント
・内容:3号ポット

ローマンカモミール

茎や葉、花など全体からりんごのような甘い香りを放つカモミール。ハーブティーなどに使われるのは一年草の「ジャーマンカモミール」ですが、グランドカバーとして楽しむなら、多年草で背丈の低い「ローマンカモミール」が向いています。夏の暑さで蒸れると枯れることがあるので、梅雨前に一度刈り込んで風通しをよくしておくと、その後も元気に育ちます。

・植え付け時期:3~5月
・開花時期:6~7月
・好む環境:半日陰で水はけのよい場所
・耐寒性:常緑

ローマンカモミール 3号ポット

ITEM
ハーブ苗 ローマンカモミール
・内容:3号ポット

ノンフラワーカモミール

ローマンカモミールの一種で、こちらは高さ10cmほどと、よりコンパクトなタイプ。花が咲きにくい品種ですが、りんごのような芳香はしっかり楽しめます。葉は細くやわらかで、ヨーロッパなどでは「香りの芝生」として利用されることも。水はけのよい場所に植え、梅雨時から夏は蒸れに気をつけて育ててください。

・植え付け時期:3~5月
・好む環境:半日陰で水はけのよい場所
・耐寒性:常緑

ノンフラワーカモミール 3号ポット

ITEM
ノンフラワーカモミール 宿根草 ハーブ
・内容:3号ポット

4. 幸運を呼び込む!クローバーでグランドカバー


古くから幸運のしるしとして愛されているクローバーも、グランドカバープランツの定番。グリーンの三つ葉がスタンダードですが、最近は、赤やピンク、ミックスカラーなどカラフル品種もいろいろあります。葉の数も、五つ葉、七つ葉などバラエティ豊富!色の組み合わせを工夫して数種類植えたり、寄せ植えのワンポイントにしたりと、アイデア次第で楽しみが広がります。

では、クローバーのイチ押し品種を一挙に紹介しましょう。

植える時期など、栽培のポイントは下のとおりで、どの品種も共通です。真夏の暑い時期に一時的に弱る場合もありますが、基本的には暑さ・寒さに強い丈夫な植物です。

・植え付け時期:11~2月
・開花時期:3~6月
・好む環境:日当たりのよい場所
・耐寒性:常緑

ティント ワイン

深みのあるワインレッドが美しい品種。春にはローズピンクのかわいらしい花をつけます。

ティント セピア

グリーンにチョコレートカラーのスプレーをかけたような葉がおしゃれ。四つ葉もできやすい品種です。

ITEM
草花の苗 ティントセピア2.5号ポット
・内容:3株セット

ティント ルージュ

グリーンの濃淡に、さりげない赤のワンポイント。ほかのカラーとミックス植えしてもすてきですね!

ITEM
草花の苗 ティントルージュ2.5号ポット
・内容:3株セット

エンジェルクローバー オープンハート

(出典・発売元リンク)http://mimoto.shop-pro.jp/?pid=44020689
葉の白い模様がつながって、きれいなリング形に見えるクローバー。こちらも四つ葉が多くできる品種です。

エンジェルクローバー フォーエバー

(出典・発売元リンク)http://www.mimoto-shop.com/?pid=44021238
花びらのように重なった葉は、なんと7枚!たくさんの幸せを呼び込んでくれそうですね。

エンジェルクローバー ジュエル

(出典・発売元リンク)http://mimoto.shop-pro.jp/?pid=44021134
めずらしい5枚葉のクローバー。深みのある赤は、春から初夏にかけていっそう鮮やかさを増します。

カトレアクローバー

クローバーの中では最もきれいな花を咲かせる多年草です。庭を華やかに彩ってくれそうですね。

ITEM
カトレアクローバー 3号ポット

5. かわいい花が楽しめるグランドカバープランツ


庭を一面のお花畑にしたい!そんな夢が広がるあなたにぴったりのグランドカバープランツがこちらです。
色のグラデーションを楽しんだり、ピンク系、白系、ブルー系など、エリアごとにテーマカラーを変決めたりと、アイデアを生かしたコーディネートを楽しんでくださいね。

クラピア

日本在来のイワダレソウの改良品種で、成長が早く、広い地面のカバーに向いているので、緑化などにもよく利用されている植物です。細かい葉が密生して地面を覆い、庭がきれいな緑のじゅうたん!初夏には薄ピンクのかわいい花も咲きます。花が終わったら、花がらをこまめに摘み取ると、きれいな状態をキープできます。

・植え付け時期:4~9月
・開花時期:5~6月
・好む環境:日当たりのよい場所
・耐寒性:常緑(地域によっては冬に地上部が枯れる)

スーパーイワダレソウ(クラピア) 薄桃系統 10ポットセット

ITEM
クラピア 花苗 K5 薄ピンク花
・内容:10株

スーパーイワダレソウ(クラピア) ピンク系統S2

ITEM
スーパーイワダレソウ クラピア ピンク系統S2



ヒメツルソバ(ポリゴナム)

暑さや乾燥に強く、庭の石積みなどにもよく植えられる多年草。春から秋の長い期間、丸いピンク色の花がポンポンと咲いて、庭全体を明るい雰囲気にしてくれます。ただし、茎を横に伸ばしてどんどんふえ、ほかの植物の成長を邪魔してしまうことがあるので気をつけてください。あまり広げたくない場合は、石やレンガで囲むなど工夫しましょう。

・植え付け時期:3~5月
・開花時期:4~11月
・好む環境:日当たりのよい場所
・耐寒性:冬は地上部が枯れる

ポリゴナム(ヒメツルソバ)3~3.5号ポット

ITEM
花苗 ポリゴナム ヒメツルソバ 3.5号ポリポット
・内容:2株

アジュガ

赤紫色や白い斑入りなどの美しい葉色と、紫やピンク色の花の両方が楽しめるシソ科の草花。丈夫で半日陰でもよく育つので、和風ガーデン、シェードガーデンのグランドカバーにもぴったりです。あまり手がかかりませんが、開花後は花がらをこまめに摘み取り、広がりすぎたら適宜刈り取るようにすると、綺麗な状態をキープできます。

・植え付け時期:3~5月、9~10月
・開花時期:4~6月
・好む環境:半日陰
・耐寒性:常緑(地域によって冬に地上部が枯れる)

アジュガ バーガンディグロー

ITEM
アジュガ バーガンディグロー
内容:3号ポット(Amazon ・Yahoo2株、楽天市場 3株)

アジュガ チョコレートチップ

ITEM
アジュガ チョコレートチップ苗
・内容:9cmポット

シバザクラ

桜に似た形のかわいらしい花が特徴で、色のバリエーションも豊富。シバザクラの名所も全国各地にあり、ガーデニング植物としてはすっかりおなじみですね。芝のような茎が地面をはうように広がり、1株で50cmほどの範囲をカバーできます。多年草ですが、植えて数年たつと茎がかたくなり、花の数も減ってくるので、長く楽しむには植え替えが必要です。株分けしてふやすこともできます。

・植え付け時期:3~5月、10~11月
・開花時期:4~5月
・好む環境:日当たりのよい場所
・耐寒性:常緑

芝桜 オータムローズ

ITEM
花苗 芝桜 オータムローズ
・内容: 3株

芝桜 キャンディキャンディ

ITEM
キャンディキャンディ 3号ポット

芝桜 オーキントンブルーアイ

ITEM
花苗 芝桜(しばざくら )オーキントンブルーアイ
・内容:3号ポット

芝桜 品種が選べる60株セット

ITEM
シバザクラ(芝桜)【ロンスドルファーピンク】 たっぷり60株セット

ネモフィラ

春に可憐なブルーの花をいっせいに咲かせるネモフィラ。国営ひたち海浜公園の景観がSNSやTVで話題となり、一躍有名になりました。一年草ですが、寒さに強いので、前年の秋に苗を植えて冬越しさせると株が大きく育ち、花もたくさん咲きます。1株で20cmほどの範囲をカバーできます。ただし、踏みつけには弱いので、通路などには植えないようにしてください。

・植え付け時期:10~11月、2~3月
・開花時期:4~5月
・好む環境:日当たりのよい場所
・耐寒性:寒さに強い

ネモフィラ 10ml日光種苗のタネ

ITEM
【種子】ネモフィラ 10ml日光種苗のタネ

ネモフィラ インシグニスブルー 1デシリットル

ITEM
ネモフィラ インシグニスブルー 1デシリットル

6. グランドカバープランツは、美しい庭づくりの強い味方!

Photo by jayscratch
きれいな庭をずっとキープするのは、かなりの手間がかかるもの。丈夫で雑草対策にもなり、ビジュアルもすてきなグランドカバープランツは、きっとあなたのお庭を美しくキープしてくれます。丈夫でさわやかな香りが楽しめるハーブ、庭の主役になりそうな華やかなクローバー、可憐な花が風に揺れるナチュラルガーデン……アイデアはあなた次第です。

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Akiko Isono
Akiko Isono

編集者兼ライター。家庭菜園・ガーデニング専門誌の編集に8年間携わり、現在は雑誌やムック、WEBを中心に、植物、農業、環境、食などをテーマとした記事を執筆。好きな野菜はケールとにんじん。