観葉植物のプロに聞く「アガベ」の種類と育て方

ロゼット状に広がる葉が特徴の多肉植物「アガベ」。種類も多く、中でも「チタノタ」や「アテナータ」「アメリカーナ」などが特に人気の品種となっています。この記事では観葉植物のプロが、インテリアグリーンにおすすめのアガベの種類や育て方について詳しく解説します。


アガベ 笹の雪

出典:写真AC
個性的な葉姿で人気の多肉植物「アガベ」。肉厚の葉が放射状に広がり、どっしりとした存在感を感じさせます。
今回は、そんなアガベについて種類や育て方などを観葉植物のプロに詳しく話を聞きました!

アガベについて教えてくれたのは

白田 仁さん

白田仁さん
撮影:AGRI PICK編集部
ボタニカルショップ「NEO GREEN 渋谷」オーナー。
NHK「趣味の園芸」テキストで、園芸ダイアリーの観葉植物を担当し、執筆・監修を2年間務める。そのほか、インテリアグリーンに関する本の監修も多数。店舗で扱う植物は、全て自身の目で厳選し、鉢合わせしたもの。植物とかわいらしいネコ達との暮らしが垣間見れるインスタグラムは必見!

HP:http://www.neogreen.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/neo_green/

NEO GREEN 渋谷

NEOGREEN渋谷
画像提供:白田仁
あわただしい現代生活を送る都市生活者に向け、グリーンポットを提供。観葉植物をよりインテリアに取り入れやすいよう、「景色をつくる」鉢合わせを追求しています。
「NEO GREEN 渋谷」では、 ほっこりかわいらしい「どんぐりポット」から、マニアックな多肉・観葉植物まで、さまざまな植物に出合うことができます。

ADDRESS:東京都渋谷区神山町1番5号グリーンヒルズ神山 1階
OPEN:12:00-20:00
TEL/FAX:03-3467-0788
E-MAIL:shibuya@neogreen.co.jp
定休日:月曜日(祝祭日にあたる場合は火曜日)

白田さんがレクチャーする「観葉植物の選び方」も要チェック!


アガベの魅力とは?

アガベ
出典:PIXTA
存在感ある個性的なルックスで、男性にも人気の多肉植物「アガベ」。その魅力は、何といっても美しく放射線状に広がる葉姿にあります。また、種類も豊富なので、樹木のように大きく育つタイプや、葉とトゲとの色合いのコントラストが楽しめるものなど、バリエーション豊かな葉姿も魅力です。

アガベの加工品|テキーラやアガベシロップ

アガベ
出典:Flickr(Photo by sergio niebla
アガベは、蒸留酒「テキーラ」の原料となっていることでも知られます。使われるのは園芸品種ではなく、「アガベ・アスール・テキラーナ」という、メキシコが主産地のアガベの一種です。糖質が多いことから、「アガベシロップ」の原料にも利用されます。
「アガベ・アスール・テキラーナ」は、大きく生長した株でないとテキーラやシロップに使えませんが、加工に使用できる大きさになるまで、数年~十数年もの歳月がかかります。

アガベの花

アガベの花
出典:PIXTA
アガベの花芽が上がるのは、十数年~100年にたった一度きりと、非常にまれなことです。アガベの開花は世代交代のサインであり、花が咲き終わると株自体が枯れてしまいます。
一株につき、上がってくる花芽は一つだけ。花茎を長く伸ばし、小花が連なるように咲く姿は美しく印象的です。

アガベの基本情報

基本情報

学名  Agave
英語名  Agave
科名  キジカクシ科
属名  リュウゼツラン属

原産地

アガベ 原産地 地図
図:AGRI PICK編集部

特徴

草丈

10cm~2m

耐寒性

強い

耐暑性

強い

アガベの種類と品種



ここからはおすすめのアガベの品種を紹介していきます。それぞれの栽培難易度は、星の数(☆~☆☆☆☆☆)で表示していますので、育てる際の参考にしてください。星の数が少ないほど育てやすい品種になります。

アガベ・ストリクタ

アガベ・ストリクタ 吹上
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
針のように細くとがった葉が、シャープな印象をもたらす「ストリクタ」。まるで水が吹き上がるように、葉が上に向かって生えることから「吹上(フキアゲ)」という和名でも呼ばれます。画像は、根をいじめて盆栽仕立てにしたもの。和のインテリアにも合う、おしゃれな雰囲気に仕上がっています。

アガベ・アメリカーナ

アガベ・アメリカーナ
画像提供:白田仁
栽培難易度
アガベの中でも特に大型の品種「アメリカーナ」。幅が広くマットな質感の葉が特徴で、縁にはトゲが下向きに生えています。寒さに強く、東京以南の地域であれば屋外での越冬も可能。画像は、通常のアメリカーナより葉の色が青白い「エクスパンサ」という種類になります。

アガベ・パリー

アガベ・パリ―
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
青白い葉を縁取る、赤茶色のトゲがおしゃれな「パリー」。「パリー」には種類がたくさんありますが、特に人気なのは、葉の幅が広くて形に丸みがあり、とりわけ青白い葉色のタイプ。生長が遅いこともあり、大型の株はかなりの高値で販売されています。

アガベ・アッテナータ(アテナータ)

アガベ・アッテナータ
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
柔らかい葉でトゲがなく、優しい見た目の「アッテナータ(アテナータ)」は人気の品種。他の品種より耐陰性が高いので、室内で育てやすいのも魅力です。画像はまだ子株ですが、生長するにつれ茎が立ち上がって伸びていき、樹木のような姿が楽しめます。

アガベ・ビクトリア・レギナエ(笹の雪)

アガベ・ビクトリアレギナエ 笹の雪
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
白い柄が濃緑の葉に映える「ビクトリア・レギナエ」。まるで雪が降り積もっているように見えることから、「笹の雪」という優雅な和名がついています。生長は遅く、大株になるほど高価になります。

アガベ・ゲミニフローラ

アガベ・ゲミニフローラ
画像提供:白田仁
栽培難易度 ☆☆
放射線状に広がる細葉に、白い糸がからまっているように見える姿がユニークな「ゲミニフローラ」。葉の縁が自然にめくれ、そのまままとわりついているのが糸状のものの正体です。生長すると幹が立ち上がり、樹木のような姿に。垂れた古葉を切除し、スッと立ち上がる新たな株姿を楽しむのもおすすめです。

アガベ|基本の育て方

アガベ
出典:写真AC

栽培カレンダー

アガベ 栽培カレンダー
図:AGRI PICK編集部

適した置き場所

アガベのほとんどの品種は、11~4月は室内の日当たりの良い場所、5~10月の生育期は屋外の日なたで管理します。「アッテナータ(アテナータ)」に関しては、年間を通して室内の日当たりの良い場所が適しています。
快晴の酷暑日以外は、できるだけ長時間日に当てて管理すると生育が良くなり、株の姿も整いやすくなります。最低でも5時間は日光浴をさせてあげると良いでしょう。
白田仁さん
白田仁さん
アガベのほとんどの品種は、強い日差しを長時間浴びても葉焼けの心配はありませんが、「パリー」や「アッテナータ」などの白っぽい葉の品種は、真夏の快晴日に朝から夕まで強い日に当て続けると、葉が部分的に変色することがあるため注意しましょう。

水やり

12~3月の厳寒期、気温5℃を下回る環境下で管理している場合は、アガベが休眠するため断水します。もしくは、鉢土が湿る程度の水やりを行うと良いでしょう。ただし、冬でも暖かい室内で管理する場合は、2週間~1カ月に1回の水やりが必要です。
白田仁さん
白田仁さん
乾燥地が原産のアガベは、乾燥に耐えるため、水が少ないほど生長が遅くなるという性質があります。早く大きくしたいという場合は、根腐れしない程度の頻度で水やりをすると生長が早くなります。ただし、根腐れを起こさないように、水はけの良い用土を使うことが必須条件です。

肥料

アガベは、それほど養分を必要としないため無肥料でもOKですが、基本的に1カ月に1度、液体肥料を与えましょう。水分で溶ける置き肥は、水やりの頻度が少ないアガベにはあまり適していません。

温度

アガベの生育に適した気温は、20~35℃です。
暑さにはとても強く、40℃ほどの高温下でも耐えられる性質を持っています。また、アガベが耐えうる最低気温は5℃が目安ですが、「アメリカーナ」や「パリ―」など、気温2℃まで耐えうる寒さに強い品種もあります。

夏越しの注意点

アガベは暑さに強い植物なので、夏越しに必要な処置は特にありません。ただし、酷暑日の直射日光は避けるようにしましょう。品種によっては葉焼けを起こしてしまう場合があります。
白田仁さん
白田仁さん
白っぽい葉の品種は、真夏に長時間直射日光を浴びると葉焼けしやすくなるので注意が必要です。葉の変色を防ぐためには、鉢全体を覆うように、ガーゼを一枚掛けると20%程度の遮光になります。

冬越しの注意点

地植えの場合は、冬でも地面の温度が高いため冬越しやすくなりますが、鉢植えではどうしても寒さに弱くなります。そのため、冬の間は日当たりの良い場所で管理することが大切。できるだけ、日中と夜間で大きな気温差がでないよう注意してください。

用土

市販されている多肉植物用の配合土がおすすめです。
アガベは乾燥に強い多肉植物なので、水はけの良い用土が適しています。草花用の培養土では保水性が高く、根腐れの原因になるため使用しないようにしましょう。

日頃の手入れ・管理

アガベの古葉は自然に抜け落ちないため、はさみで切って取り除きましょう。葉にトゲがある品種は、ケガをしないように軍手をしてから行ってください。
また、葉のホコリを取るときは、流水で洗い落とします。トゲに注意し、株元には水がかからないようにしましょう。

アガベの生長速度

全般的にアガベの生長スピードはゆっくりです。株の高さや葉の広がりなどの変化を感じるには、5~10年はかかります。ただし、環境によって大きく変わるため一概にはいえません。日当たりの良い場所で水やり頻度を高めれば、生育は早くなります。

アガベの植え替え方法



アガベ
出典:写真AC
アガベは葉の厚みがある分、だんだん上に持ち上がるように株が生長していきます。さらに大きく育つと、鉢の土が見えなくなるほど株が広がり、水やりがしにくくなる場合があります。そのような状態になったら植え替えのタイミングです。
株を鉢から抜き取り、古い根を半分くらい切除し、新しい土に深く植え直しましょう。この際、鉢増しをしてもOK。徐々に鉢を大きくしていくと株はどんどん大きくなっていきますが、生長スピードはとてもゆっくり。「パリ―」でいうと、直径1mほどの大きさになるには50年はかかります。

アガベの切り戻し・剪定

アガベ
出典:写真AC
アガベは数年単位で少しずつ生長していく植物なので、姿を整えるために切り戻しや剪定を行う必要はありません。例外としては、病気になってしまった場合、胴切りをして株を再生させるという処置を行うことがあります。

アガベの増やし方|子株の移植

アガベ
出典:Flickr(Photo by stephen boisvert

子株

アガベは株元に吹いた子株を外し、移植することで増やすことができます。手では取れないため、剪定ばさみを使って子株を付け根部分から切り離しましょう。なるべく根がついた状態で取り外すと、失敗が少なくなります。
その後1週間ほど風通しの良い場所に放置し、切り口が乾いたら多肉植物用の土に植え付けてください。

アガベの病気・害虫

アガベ
出典:写真AC

病気

アガベの葉が黒く変色してきたら、「炭疽(たんそ)病」の疑いがあります。炭疽病はウィルスによって起こる病気で、梅雨などで雨が続き、湿度が高くなるとかかりやすくなります。
一度この病気にかかると元の状態には戻らず、ほかの株にもうつってしまう危険性があります。対処方法は、部分的であれば感染した葉を切除するか、症状が進行している場合は株元だけ残して胴切りし、子株が吹くのを待って再生させましょう。

害虫

アガベに害虫がつくことはほとんどありませんが、屋外で管理している場合、まれに「アザミウマ」がつくことがあります。アザミウマは「スリップス」とも呼ばれる吸汁性の害虫で、アガベの若葉中心部分に寄生します。吸汁された葉はキズがつき、変色してしまいますが、特に生育に影響が出ることはありません。ただ美しい見た目が損なわれてしまうため、早めに薬剤を散布し、駆除しましょう。

詳しいアザミウマ対策はこちらの記事で!

アガベによくある質問とトラブル|Q&A

アガベ
出典:Flickr(Photo by Laura Wolf
アガベを育てているとよくあるトラブルや疑問について、白田さんにお話しを聞きました。

Q. アガベがしわしわになってしまった!原因は?

白田仁さん
白田仁さん
葉がしわしわになるのは、水のやり過ぎで根腐れを起こしたか、生長期に水が足りなかったことが考えられます。原因を調べるには、株を掘り上げて根の状態を確認するしかありません。
もし根腐れしていても、生長部分が残っていれば大丈夫!根腐れした部分を切除し、水はけの良い土に植え替えてください。しわしわになった葉は元には戻らないので、切り取りましょう。

Q. アガベは地植えにできる?

白田仁さん
白田仁さん
「アメリカーナ」や「パリー」といった耐寒性が強い品種であれば可能です。ただ「パリー」はとても高価なので、比較的購入しやすい価格の「アメリカーナ」のほうが、地植えしやすいかもしれませんね。

Q. アガベが徒長する原因は?

白田仁さん
白田仁さん
日光不足が原因です。日当たりの良い場所に移してあげましょう。徒長してしまった葉は元には戻りませんが、古くなるにつれ外側に展開し、株の中心から若葉が出てきます。何年か経ち、美しい株姿に更新されるのを待ちましょう。

Q. アガベの葉が黄色に!これは葉焼けなの?

白田仁さん
白田仁さん
理由はいろいろ考えられます。真夏に室外で管理し、直射日光に長時間当たって葉焼けすることもありますが、極度の寒さによる霜焼けも葉の変色の原因です。適した置き場所で管理することが、葉の変色を防ぐ一番の対策になります。

アガベのある暮らし|インテリア実例

存在感抜群!「アッテナータ(アテナータ)」の大株仕立て

アガベ・アッテナータの大株
画像提供:白田仁
茎が立ち上がる性質を利用して、樹木のような見た目に仕立てた「アッテナータ(アテナータ)」の大株。茎は上へと伸びますが、1.5mほどの高さを越えると自重で倒れてくるため、画像のような動きのある雰囲気に。アッテナータは、ほかのアガベのように葉にトゲがないので、子どものいる家庭でも安心です。

個性的な葉姿をオブジェのように楽しむ

棚の上に置かれたアガベ・ゲミニフローラ
画像提供:白田仁
放射線状に広がる葉姿が個性的な「ゲミニフローラ」は、お部屋にアクセントを加えるインテリアグリーンにぴったり!モダンな家具にもよく合います。

アガベを育ててみよう!

アガベ
出典:PIXTA
乾燥に強く、ほかの観葉植物よりも水やりの回数が少なくて済むアガベは、忙しい人にもぴったり。生長スピードが遅いため、姿が乱れにくく、剪定の必要がないのもうれしいポイントです。日当たりと過湿に注意して、元気に育ててくださいね!

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索