症状からわかるトウモロコシの害虫

トウモロコシの葉や果実(子実)を食害したり、ウイルスを媒介して病気を発症させたりする害虫。加害部位とそこに現れる被害症状から、害虫そのものは見えなくても原因を判別できるよう、現れる部位ごとのトウモロコシの被害・症状を説明します。


トウモロコシ

出典:Pixabay
トウモロコシは日当たりや風通し、排水性の良い環境を好んで生育します。トウモロコシの収穫時期は主に夏で、実の先端部分が丸みを帯びて鮮やかな黄色となります。その実は糖度が高く、害虫に食害されやすいので注意が必要です。
本記事では被害を受けた各部位の様子から、原因となる害虫を特定できるように、それぞれの被害の特徴を示しました。

本記事は教育機関で講師を勤められ、数多くの病害虫についての書籍を執筆されている草間先生に監修いただきました。

▼トウモロコシの育て方ならこちらをご覧ください。

監修者 草間祐輔(くさまゆうすけ)先生のプロフィール

草間先生
画像提供:草間祐輔先生

主な経歴:
・長野県松本市生まれ
・千葉大学園芸学部卒業
・米国ロサンゼルス郊外のナーセリー&ガーデンセンター(観賞植物生産・小売業)に勤務後、家庭園芸農薬肥料メーカーに在職。
〜植物の病害虫防除や肥料ついて研鑽(けんさん)を積み、講習会などで広く実践的な指導を行っている。
・千葉大学園芸学部非常勤講師。千葉県立農業大学校非常勤講師。東京農業大学グリーンアカデミー非常勤講師。テクノ・ホルティ園芸専門学校非常勤講師。日本ガーデンデザイン専門学校非常勤講師。
〜業界では農薬の安全・適正使用の普及や指導を行う(公社)緑の安全推進協会認定・緑の安全管理士、及び同協会講師としても活動する。
〜趣味は植物の病気、害虫の写真撮影。身近に出くわす被害症状にこだわり、20年来、撮影している。

主な著書:
「だれでもわかる 病害虫防除対策」(万来舎)
「野菜・果樹の病害虫防除」(誠文堂新光社)
「症状と原因が写真でわかる 野菜の病害虫ハンドブック」(家の光協会)
「症状と原因が写真でわかる 庭木・花木・果樹の病害虫ハンドブック」(家の光協会)
「写真で見つける病害虫対策ブック」(NHK出版)
「人にもやさしい病害虫防除」(講談社)
「植物の病気と害虫 防ぎ方・なおし方」(主婦の友社)など多数。
現在、NHK「趣味の園芸」テキストで「今月気をつけたい病気と害虫」を連載中。初心者にも分かりやすい写真と解説に定評がある。

葉や茎に被害を及ぼす害虫

トウモロコシは太い茎がまっすぐ立ち、幅の広い葉が茎の節に1枚ずつ交互に違う方向につきます。第一葉が伸びてくる生育初期時点から害虫被害が及ぶこともあり、予防と対策が必要となります。ここではトウモロコシの葉を食害する害虫を紹介します。

ヨトウムシ類

アワノメイガの食害を受けるトウモロコシ葉
出典:Flickr (Photo by K-State Research and Extension)

【害虫名】
アワヨトウ、キタショウブヨトウ、ツマジロクサヨトウなど
【食害の様子】
「アワヨトウ」の幼虫は葉の周縁部から食害するのに対し、「キタショウブヨトウ」の幼虫は地面近くから茎内に食入して中心部の葉などを萎(しお)れさせます。
近年日本で初めて確認された「ツマジロクサヨトウ」については、若齢幼虫は葉の裏面から表皮を残して食べるので白い食害痕を残しますが、中齢幼虫は若い葉を食べて不定形な穴をあけます。さらに老齢幼虫では未展開の若い葉を食害するため、その後展開した葉には列状の穴があいたような痕が残ります。また、先端の葉を食べた後に茎内部に食入することもあり、一度内部に入られると防除が困難となります。
【予防と対策】
「ツマジロクサヨトウ」については2020年3月時点で登録農薬がまだありません。農薬を使用する際には、発生場所の都道府県の指導により防除する必要があります。


アブラムシ類

出典:Flickr (Photo by Scot Nelson)

【害虫名】
キビクビレアブラムシ、ムギクビレアブラムシなど
【食害の様子】
主に茎や葉に寄生して吸汁加害します。発生後に増殖して高密度になると、重なり合った葉の間などに集団で寄生します。また吸汁被害のみでなく、排泄物などの汚れにより商品価値を損なわせてしまいます。さらにウイルスを媒介してモザイク病を発生させることなどもあり、さまざまな被害の原因となります。発生を確認した際には速やかに対処しましょう。
【予防と対策】
アブラムシ類を防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「チェス顆粒水和剤」「モスピラン粒剤」はトウモロコシには使用できません

▼モザイク病のことならこちらをご覧ください。

葉・茎を食害するほかの注意すべき害虫

上記以外にも発生することがある害虫について紹介します。

ネキリムシ(カブラヤガ)

【食害の様子】
トウモロコシの幼苗期に幼虫が土壌中から出現して、地面に近い部分の葉や茎を食害します。茎が食害により切られると決定的な被害となります。除草が十分にできていない土地などで育苗した際に発生しやすい害虫です。
【予防と対策】
ネキリムシを防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「サンケイデナポン5%ベイト」はトウモロコシには使用できません


果実(子実)に被害を及ぼす害虫

トウモロコシの雄穂と雌穂
出典:写真AC
株の先端から出た花粉がトウモロコシの先端にあるヒゲに付いて受粉すると、内部の子実が実ります。トウモロコシ栽培では、この子実を食害する害虫が特に問題となっており、対策が不可欠となります。確実に予防と対策を行いましょう。

メイガ類

出典:Shutterstock (Photo by Tomasz Klejdysz)

【害虫名】
アワノメイガなど
【食害の様子】
「アワノメイガ」はトウモロコシの大害虫としてよく知られています。ふ化した幼虫は茎内部や子実部分まで侵入し、雌穂(しずい)部分や実を食い荒らします。一旦、茎などに入り込むと見つけるのが難しく、防除しにくいため早期の対策が重要となります。
【予防と対策】
雄穂(ゆうずい)と雌穂が開花して受粉が完全に終了したころ、倒伏や「アワノメイガ」などの食害を防ぐために、出穂した雄穂を切り落としましょう。


カメムシ類

トウモロコシに寄生するアオクサカメムシ
出典:Flickr (Photo by Sarah Zukoff)

【害虫名】
アオクサカメムシなど
【食害の様子】
収穫時期近くのトウモロコシに寄生し、皮の上から口を突き刺して中の子実を吸汁します。吸汁された子実は変形したり変色したりして商品価値を損わせます。
【予防と対策】
カメムシ類を防除する方法


オオタバコガ

出典:Flickr (Photo by Scot Nelson)

【害虫名】
オオタバコガ
【食害の様子】
幼虫が葉、子実、先端にあるヒゲ部分などを食害します。子実を食害する場合は、特に先端部分の子実を食べることが多いようです。一株に多発することは少ないのですが、齢数が上がるにつれて摂食量が多くなり、大きな被害を与えます。
【予防と対策】
オオタバコガを防除する方法
※上記リンク先の記事で紹介されている「ディアナSC」はトウモロコシには使用できません


果実(子実)を食害するほかの注意すべき害虫

上記以外にも発生することがある害虫について紹介します。

ヨトウガ類

【害虫名】
イネヨトウ(ダイメイチュウ)
【食害の様子】
本州中部以西に多く分布しており、「アワノメイガ」と同様に茎内や子実部分に食入します。「アワノメイガ」と同様の対策で防除を行うことが推奨されています。
【予防と対策】
茎に食入して、芯枯れや茎の折損を起こした株を見つけたら、被害部位を切り落とし、中の幼虫を捕殺します。


大害虫アワノメイガに要注意

出典:Wikimedia
受粉のために株の先端から出る雄穂の花粉が欠かせませんが、この部分を好んで害虫が侵入するため注意が必要です。中でも「アワノメイガ」の幼虫がトウモロコシ内部に侵入すると、雌穂などの柔らかい部分や、最終生産物である子実を加害するので、収穫量、品質共に大きな影響を与えます。「アワノメイガ」の生態に関する知見から有効な予防や防除方法があるので早期の対策を行いましょう。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
村田 康允
村田 康允

大阪府茨木市出身。大学院農学研究科で農業害虫を扱った研究に取り組み、博士号を取得。国際学会・ワークショップや応用研究プロジェクトなどに積極的に参加。 幼少期から持つ生物への興味とこれまでの経験を活かして、栽培・農薬・害虫などの記事編集を担当。 好きなことは音楽で遊ぶこと。

育て方・病害虫を一発検索