自家製ルッコラの簡単栽培のコツとは?香りとおいしい苦みを堪能しよう

サラダや料理のアクセントなど便利に使えるルッコラを、家庭で栽培しませんか?土作りや種まき、間引き方法や収穫の仕方など、畑編・プランター編でそれぞれ詳しく紹介します!柔らかくておいしい葉を収穫するコツや室内でできる水耕栽培についても。


ルッコラがまな板にのっている

出典:写真AC
ルッコラは病気が少なく、1年通じて栽培できるので、畑のあいた場所に何を植えるか悩んでいる方や、家庭菜園の初心者の方にもおすすめの野菜。種まきや間引き方法など、ルッコラの育て方を詳しく紹介します!

料理のアクセントに!ルッコラとは?

ルッコラがカゴにのっている
出典:写真AC
ルッコラはイタリア料理などに使われる、アブラナ科の一種のハーブです。ゴマの香りに似たほろ苦い味が特徴で、パスタやサラダ、ピザといった料理のアクセントによく使われています。

ルッコラの別名とは?

ルッコラは、別名「ロケット」や「オデッセイ」ともいいます。ルッコラの種を購入する場合は、パッケージに別名で記載されていることもあるので、覚えておくと便利です。和名は「キバナスズシロ」といいます。

ルッコラの栽培時期

栽培カレンダー

ルッコラの栽培カレンダー
図:matsuta

連作障害について

あり

栽培適温

15~25℃

【畑編】ルッコラの栽培方法

ルッコラの芽が生えてくる
出典:写真AC
ルッコラは、日当たりが良い場所であれば、比較的失敗なく栽培が可能です。

Step1. 用意するもの

ルッコラの種と、土作りや栽培に必要な道具を用意しましょう。

日本人好みのルッコラ

サカタのタネから発売されているルッコラの種は、種まきの適期も長いため、年間通して栽培できます。ベビーリーフのうちからサラダとして食べたり、香り付けでピザに乗せるとピリッとした良い苦みが楽しめます。
ITEM
ルッコラ 種
・内容量:2ml

Step2. 土作り

1. 種まきの2週間前までに、1平方メートルあたり100gの苦土石灰をまき、土に混ぜ込みます。
2. 種まきの1週間前までに、1平方メートルあたり2kgの堆肥と100gの化成肥料をまき、土に混ぜ込みます。
3. 高さ10~15cm、畝幅60~70cmの畝を作りましょう。

Step3. 種まき

1. 畝の横幅と平行に、支柱などを利用して深さ1cmの溝を作ります。
2. 15cm間隔で同様の溝を作っていきます。
3. 溝に沿って、種を1cm間隔ですじまきします。
4. まき終わったら、土を薄めにかけます。
5. ジョウロを使い、たっぷりと水やりをしましょう。

Step4. 防虫ネットを張る

種まきをしたら、すぐに防虫ネットをかぶせましょう。暑い時期は虫の活動も活発なため、植えた直後に主軸を食べられてしまうことも多々あります。種まきして間髪入れずに、防虫ネットまで設置して作業を終えるのがポイントです。

Step5. 間引きと追肥

1. 本葉が1枚出たら、近くの生育が悪い芽を中心に、4~5cm間隔で間引きをします。
2. 1回目の間引き後は、株元の土を寄せます。本葉まで埋めないようにしましょう。
3. 草丈が5~6cmになったら、隣同士の株の葉が重ならないような間隔で、2回目の間引きをします。間引きしたルッコラは、ベビーリーフとして食べられますよ!
4. 2回目の間引き後も、株元の土を寄せておきます。
5. 草丈が10cmになったら、1平方メートルあたり10gの追肥を行いましょう。

Step6. 収穫

高さ20cmくらいになってきたころから、収穫をしていきます。
春まきの場合:気温が高くなるとトウ立ちしてしまうため、根元から引き抜きましょう。
秋まきの場合:外葉からはさみでカットすると何度も収穫できるため、根元から抜かないように注意しましょう。

【プランター編】ルッコラの栽培方法

ルッコラのプランター栽培
出典:写真AC
ルッコラはプランターでも簡単に栽培できます。日当たりが良い場所を好み、高湿度の場所は苦手。室外機の横など、湿度が高い場所には置かないように注意しましょう。ベランダで育てる場合は、通気性にも注意してください。

Step1. 用意するもの

ルッコラの種と、土作りや栽培に必要な道具を用意しましょう。

プランター栽培にぴったり!「ベビーロケット」

ベビーロケットはサイズが小さなルッコラで、プランター栽培に向いています。根元を残して収穫すれば、また育って何度も食べられるのが嬉しい!
ITEM
ベビーロケット 種
・内容量:2ml

Step2. プランターと土を準備する

1. プランターは、深さ20~30cm、幅60cm以上の物を用意しましょう。
2. 根腐れを防止するため、鉢底石を底に敷き、野菜用培養土を縁から2cm下の高さまで入れます。
3.プランターの下にすのこなどを敷き、風通しと日当たりが良い場所に置きましょう。

Step3. 種まき

プランター栽培での種まきの説明イラスト
図:matsuta
1. 10cm間隔で同様の溝を作っていきます。
2. 溝に沿って、種を1cm間隔ですじまきします。
3. まき終わったら、薄く土をかけて軽く鎮圧します。
4. ジョウロを使い、たっぷりと水やりをしましょう。

Step4. 防虫ネットを張る

種まきをしたら、すぐに防虫ネットをかぶせましょう。暑い時期は虫の活動も活発なため、植えた直後に主軸を食べられてしまうことも多々あります。種まきして間髪入れずに、防虫ネットまで設置して作業を終えるのがポイントです。

Step5. 間引きと追肥

1. 本葉が1枚出たら、近くの生育が悪い芽を中心に、4~5cm間隔で間引きをします。
2. 1回目の間引き後は、株元の土を寄せます。本葉まで埋めないようにしましょう。
3. 草丈が5~6cmになったら、隣同士の株の葉が重ならないような間隔で、2回目の間引きをします。間引きしたルッコラは、ベビーリーフとして食べられますよ!
4. 2回目の間引き後も、株元の土を寄せておきます。
5. 草丈が10cmになったら、1平方メートルあたり10gの追肥を行いましょう。

Step6. 収穫

高さ20cmくらいになってきたころから、収穫をしていきます。
春まきの場合:気温が高くなるとトウ立ちしてしまうため、根元から引き抜きましょう。
秋まきの場合:外葉からはさみでカットすると何度も収穫できるため、根元から抜かないように注意しましょう。

ルッコラを室内で水耕栽培する



室内でルッコラの水耕栽培をする
出典:写真AC
ルッコラは、水耕栽培でも簡単にできます。畑を借りたり、プランターを設置するのが難しい方にもおすすめです!湿度が低く通気性が良い場所で育てましょう。

すぐに始められる!水耕栽培キット

自宅で水耕栽培するために必要な、道具や液肥までがワンセットになっています。種も2回分入っているので、長く楽しめます!
ITEM
ミニ水耕栽培キットBR
・サイズ:幅20×奥行13×高さ6cm
・セット内容:育成ケース1個、育苗トレイ2個、培地シートM/スリット付2枚2回分、液体肥料30cc、ネームプレート1枚、ベビールッコラ種/約2回分、ピンセット1個、ガイドブック

ルッコラの害虫対策

葉が害虫に食べられた様子
出典:写真AC
ルッコラは春まきと秋まきができるため、年間通じて栽培する方も多いですが、暖かくなると虫が増えるため、害虫対策が必要です。防虫ネットなどでしっかり対策しましょう。

防虫ネットについて詳しくはこちら

アブラムシ

プランター栽培は特に、湿度が高くなりアブラムシの発生につながります。間引きを定期的に行い、通気性をできるだけ良くしてください。

アブラムシの撃退ポイントはこちら

ヨトウムシ

ほかの葉物野菜と同様で、土の中にヨトウムシが潜んでいると食害を受けることも。土づくりの際や、葉などに被害がある時は、株元などをチェックして、見つけたら駆除しましょう。

ヨトウムシの撃退ポイントはこちら

ルッコラ栽培のコツは摘蕾(てきらい)

ルッコラのてきらいのイラスト
図:matsuta
ルッコラは、寒い時期から暖かい時期にかけてつぼみができます。そのまま放置するとかわいい白い花が咲きますが、同時に葉が固くなり、苦みが出てきます。つぼみができたらすぐにカットしましょう。つぼみは、スープなどの汁物に入れるのがおすすめです。

採れたてルッコラの香りを、存分に楽しもう!

ピザの上にルッコラがのってる
出典:写真AC
ルッコラはしっかり間引きを行えば、初心者の方でも収穫までこぎつけられるでしょう。家庭菜園で収穫する魅力は、香りが強いまま食せること!栽培のコツを知ったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連する記事

ルッコラがまな板にのっている
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜つくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆して行きます!