レモンの苗木はどう選ぶ?育てやすい!おすすめ品種7選

いろいろな種類が売られているレモンの苗木。どれを買おうか迷ってしまいますよね。そこで、元気な苗の選び方やおすすめのレモンの品種、手に入れやすい通販で販売している、人気の苗木を紹介します!植え方や育て方のコツも紹介していますよ。


木の柵にレモンが数個並んでいる

出典:Pixabay
レモンの品種には、トゲが少ないものや寒さに強いもの、果実の大きいものや味がマイルドなものなど、さまざまな違いがあります。苗を手に入れる前に、特徴や育てやすさなどをしっかりチェックして、好みのレモンの木を見つけましょう!

庭いっぱいに広がるいい香り♪レモンの木を育てよう!

レモンの緑の葉と白い花
出典:Pixabay
レモンは実付きが良く、1本植えておくと重宝する果樹です。5月中旬~下旬ごろを中心に周年開花する花も特徴的で、つぼみは紫ですが開花すると白くなります。見た目がかわいいだけでなく、近くを通るだけで癒やされるとても良い香り。
柑橘類の中では耐寒性が弱めで、-3℃以下の低温になる地域では注意が必要ですが、気候さえ合えばしっかり元気に育ってくれます。

苗木の販売時期と選び方

苗木の販売はいつから?

苗木の販売シーズンは、秋~翌春ごろですが、1年中販売している販売店も増えてきています。楽天市場やAmazonなどのECモール、ホームセンターや種苗会社の公式サイトでは、ネット予約を受け付けている場合もあるので、欲しい品種がある人は、前もってチェックしておきましょう!

元気な苗木の選び方f

レモンの苗木を買うときは、次のようなものを選びましょう。

・色の濃い葉っぱがたくさん付いているもの
・主幹ががっしりと太く、枝も多いもの

枝分かれの少ない苗(棒苗)は安いですが、植え付けてから初めて収穫できるまでに時間がかかります。なので、できるだけ早く収穫を楽しみたいなら、枝分かれの進んでいる大苗がおすすめです。

おすすめの苗木はこれ!レモンの品種7選

リスボン|レモンの代表品種

レモンといえばこれ!日本での栽培数が一番多い品種です。レモンの中では寒さに強く、実もたくさん付けます。一つの実は130~150gくらい。果汁は多く、酸味も強いのが特徴です。
ITEM
リスボン 苗
とげなしリスボンレモンの2年生接ぎ木苗です。若木のころは、まったくトゲがないわけではありませんが、それでもトゲの長さは1.5cmほどと短め。成長するにつれてトゲがなくなっていきます。

・苗の高さ:90cm前後

璃の香(りのか)|これからの注目品種!

かいよう病に強く、寒さへの耐性もあるため、とても育てやすい璃の香。透明感のあるすっきりとした香りと、従来のレモンとはまた違ったまろやかな味わいが楽しめます。また、果実1個あたり200~250gと大きく、実もたくさん付きます。
ITEM
璃の香 苗
1年生の接ぎ木苗です。早生品種なので、11月下旬ごろから収穫できます。樹勢が弱めなので、庭のスペースを圧迫しにくいのも特徴。地植えはもちろん、鉢栽培にもおすすめです!

・サイズ:15cmポット

マイヤー|収穫までが短い

オレンジとの交配種であるマイヤーも、育てやすい品種です。苗を植えてから収穫までの期間が短いため、早めに収穫を楽しみたい人におすすめ!香りが強すぎず、えぐみがないのも特徴なので、料理に使うと食材の味をより活かすことができます。
ITEM
マイヤー 苗
リーズナブルな価格で購入できる、マイヤーレモンの苗です。小さめのポットに仮植えされた状態で届きます。

・内容:1年生接ぎ木苗
・苗の高さ:70~90cm前後

ピンクレモネード|スイカみたい!?果肉はピンク色



ほとんど種がないピンクレモネード。葉に斑が入っていて、果実にもスイカのような縦じまが入ります。果肉の色はピンクで、料理やデザートに添えるとかわいいです!ただ、寒さには弱く、温暖な地域向きなので、育てられる気候かどうか購入前に必ず確認しましょう。
ITEM
ピンクレモネード 苗
葉におしゃれな斑入りのピンクレモネード。小さめの苗なので、結実するまでに5年程度かかるといわれています。じっくり育てたい人向きです。

・サイズ:3号ポット

アレンユーレカ|四季なりレモン

四季なり性が強く、育てやすい品種です。トゲ、種、皮の苦みは少なめで、果汁が多め。リスボンより耐寒性は低く、ピンクレモネードと同じく温暖な地域向きです。
ITEM
アレンユーレカ 苗
とげなし2年生の接ぎ木苗です。アレンユーレカは実がたくさん収穫できる品種なので、栽培過程や収穫が楽しめますね!

・サイズ:15cmポット
・苗の高さ:0.8m前後(ポット含む)

クックユーレカ|種が少なく果肉たっぷり!

寒さに多少弱いですが結果が早く、香りも酸味もしっかりしていてジューシー!種は少なく、果実の見た目と味がリスボンと似ています。
ITEM
クックユーレカ 苗
早い時期から収穫を楽しみたい人におすすめなクックユーレカ。ポットに仮植えしてある状態なので、届いたらより大きな鉢か地面に植え替えましょう。トゲが短くて比較的管理しやすいのもGood!

・サイズ:15cmポット

レモンの苗木の植え方は?

地植えの木に、緑のレモンが2つなっている
出典:写真AC
苗木を手に入れたら、3~4月に植え付けましょう!鉢植え・地植えの方法と、水やりのタイミングについて紹介します。風が当たりにくく、たっぷり太陽の光を浴びられるところで育ててくださいね。

植え付けの手順

鉢植えの場合

直径30cm以上の大きめの鉢を用意します。鉢底ネットが隠れるくらいまで鉢底石を敷き、市販の園芸用土や、赤玉土と腐葉土を混ぜた土を使って植え付けましょう。
ずっと同じ鉢で育てていると、根詰まりを起こします。3~4年に1度、一回り大きな鉢へ植え替えるようにしてください。

地植えの場合

直径50cm、深さ50cmくらいの植え穴を掘ります。レモンはあまり土を選びませんが、有機物を多く含ませる&水もち水はけを良くするように土壌改良してから、植え付けてください。接ぎ木部分が埋まらないように、浅植えするのがポイントです。
苗が小さいうちは、支柱を1本立てて固定しておきます。寒さが心配な地域で育てる場合は、敷きわらやバーグチップなどでマルチングや霜よけを行ってください。


水やりのタイミングは?

じょうろ
出典:写真AC
鉢植えの場合、土の表面が白く乾いたらたっぷりと水やりしましょう。地植えしたレモンは基本的に水やり不要ですが、乾燥が続きなかなか雨が降らないときは、人の手で水やりを行います。

さらに詳しい育て方は、こちらの記事で紹介しています!

重視したいポイントをイメージしながら選ぼう

レモンの木に黄色のレモンがたくさんなっている
出典:Pixabay
苗選びの時は、苗木の状態や栽培のしやすさだけでなく、「果汁をメインで使いたいからリスボン」「おしゃれな見た目がいいからピンクレモネード」という風に、重視したいポイントのイメージも持っておくといいですよ。栽培可能な気温も重要なので、必ずチェックしてください。

この記事に関連するタグ

関連する記事

の柵にレモンが数個並んでいる
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。