農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農家の法務・基礎知識 > 【農福連携事例】障がい者を直接雇用し十分な戦力になるよう育成するこまつな菊ちゃんハウス

【農福連携事例】障がい者を直接雇用し十分な戦力になるよう育成するこまつな菊ちゃんハウス

障がい者を直接雇用して農福連携を行なっている事例を紹介します。富山県射水市のこまつな菊ちゃんハウスでは、20人の従業員のうち7人が障がい者です。実習を組みそれぞれに適した作業を見極め担当を決め、最低賃金を支払っても十分に戦力になるよう育成しています。採用プロセスや育成方法など必読。


こまつな菊ちゃんハウス

撮影:紀平真理子
農業と福祉のマッチングにより、それぞれを刺激しあい、よい相乗効果を生み出すことが期待できる「農福連携」にはさまざまな事例があります。

今回お話を聞いた富山県射水市のこまつな菊ちゃんハウスは、コマツナ栽培を中心に、ホウレンソウ、ナシ、大カブなどさまざまな作目を栽培しています。2010年から障がい者を直接雇用しており、現在では20人の従業員のうち7人が障がい者です。直接雇用する場合の採用プロセスや人材育成、適性を見極める方法などについて話を聞きました。

農福連携とは

お話を聞いた人

菊岡進
撮影:紀平真理子

菊岡進さんプロフィール
こまつな菊ちゃんハウス 代表
前職は自動車関連業。半年間のコマツナ栽培の研修を経て、2005年に53歳で新規就農。ハウス11棟を自分で建設しコマツナ栽培を開始。初年度からパート従業員を雇用している。

坂口いづみ

撮影:紀平真理子

坂口いづみさんプロフィール
こまつな菊ちゃんハウス 業務責任者
非農家出身。高校時代に障がい者と農業をするテレビ番組を見て感銘を受ける。大学は農学部に進学。卒業後は新潟県で農業に従事。実家がある富山県の障害者就業・生活支援センターでの臨時雇用中に菊岡さんと出会い、2012年にこまつな菊ちゃんハウスに就職。

こまつな菊ちゃんハウス
所在地:富山県射水市
栽培作目:コマツナ、ホウレンソウ(いずれもハウス)、大カブ、サトイモ、カボチャなど(いずれも露地)、ナシ
経営面積:ハウス36棟(65a)、梨園(40a)、露地(約40a)
従業員数:20名(パート従業員含)うち障がい者7名
販売:コマツナ(90%が地元市場、10%が直売所、給食、漬物加工)、ホウレンソウ(市場と直売所)、ナシ(ほぼ直販)、大カブ(ほぼ加工業者の契約栽培)

代表の菊岡さんは、2011年に事業のパートナーとして雇用した坂口いづみさんに今後は事業を継承していく予定です。

第三者農業経営継承について

障がい者を直接雇用をしたのは就業体験の受け入れがきっかけ

農福連携事例
撮影:紀平真理子
菊岡さんが障がい者の直接雇用を始めたのは、2010年に高岡障害者就業・生活支援センターから「障害者チャレンジトレーニング事業(短期の就業体験)」の依頼を受け、精神障がいの男性を1週間引き受けたことがきっかけです。1週間の就業体験の中で、「この人に仕事を教えればしっかりできるようになるのでは」と感じ受け入れ期間を延長しました。そして、十分に戦力になってくれるだろうと確信が持てたので直接雇用に至りました。
菊岡進さん
菊岡進さん
一人雇用したら、すぐに次の就業体験者が来ました。今では7人を直接雇用しています。長い人は10年で、8年以上働いている人が多いです。障がいうんぬんより戦力になってくれる人、仕事ができる人が来てくれたことがうれしいです。

こまつな菊ちゃんハウスでは、従業員20人のうち男性が7人、女性が13人で、健常者の男性は1人のみです。農業は力仕事も多く男性の力も必要ですが、射水市では企業が多く、農業に人が集まりにくいということもあり「障がい者の人たちに支えられている」と言います。

採用プロセス|給与が支払えるようになるまで育成する

障がい者直接雇用
撮影:紀平真理子
障がい者を直接雇用するときはどのように採用しているのでしょうか。こまつな菊ちゃんハウスの採用プロセスを教えてもらいました。


ハローワークや障害者就業・生活支援センターからの紹介

ハローワークや障害者就業・生活支援センターなどからの紹介で農園にやってきた人の中から「この人なら農場で戦力になってくれそうかな」と思うと、チャレンジトレーニングという短期(約1週間〜1カ月)の実習期間に実際の仕事を経験してもらいます。障害者トライアル雇用助成金や特定求職者雇用開発助成金を臨機応変に活用しながら、その間に農園での仕事ができるように育成します。

障害者トライアル雇用助成金

障害者トライアル雇用とは、継続雇用する労働者として雇用することを目的に、一定期間を定めて雇用することです。期間は身体、知的障がい者は原則3カ月、精神障がい者は原則6カ月です。

特定求職者雇用開発助成金

ハローワークなどの紹介で障がい者を雇用した場合に助成を受けられる制度です。「特定就職困難者コース」「発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース」などがあります。

参考:厚生労働省「障害者を雇い入れたい場合などの助成」

チャレンジ期間中に育成する

実習を通じて、助成がなくなっても給与がしっかり支払えるように育成しますが、中には途中で自らリタイアする人や、どうしても仕事が覚えられずお断りする場合もあると言います。チャレンジ期間中にお互いの相性を確認しながら、しっかりと戦力になってもらえるよう育成します。

それぞれの適性に合わせた仕事を見極め、任せる

障がい者雇用農業
撮影:紀平真理子
身体障がい2人、知的障がい2人、精神障がい3人の合計7人を雇用するこまつな菊ちゃんハウスでは、それぞれに合った作業を任せています。

どのような仕事を任せるか?

こまつな菊ちゃんハウスでは、障がい者もパート従業員とほぼ同じ仕事をしています。スピードスプレーヤやトラクターで作業する人、ハウス内のは種、施肥、耕うん作業を1人でする人もいます。農薬の散布も希釈倍率を出しておけば、自ら的確に散布をしてくれると言います。
菊岡進さん
菊岡進さん
覚えるまでに時間はかかるし、働き始めてすぐは休んだり帰ってしまったりと気分のムラがある人もいます。でも、こちらがその人に適していそうな仕事を中心に教え込み、いったん「これは自分の仕事」と理解すればしっかりやってくれます。しっかり見ていますし、もともと頭はいい人が多いと思いますよ。精神障がいのある人は多少浮き沈みもありますが、こちらが少しだけ対応すれば最低賃金を支払っても十分戦力になります。あと1人従業員が必要だとしたら、健常者より障がい者を選ぶと思います。


■障がい者が担当する主な作業
障がいの種類性別主な業務
身体男性ナシの栽培管理など
身体女性コマツナの袋詰めなど(短時間勤務)
知的男性コマツナの袋詰め、収穫作業の補佐、防除など
知的男性コマツナの袋詰め、収穫作業の補佐など
精神男性は種前の準備作業、は種など
精神男性コマツナの袋詰め、収穫作業の補佐、は種前準備作業など
精神男性は種前準備作業、収穫作業の補佐など

どのように適性を見るか?

こまつな菊ちゃんハウスでは、1年〜1年半かけて人材育成をしています。繁忙期は袋詰め作業が多いですが、余裕があるときはローテーションを組みさまざまな作業を経験してもらいます。その中で様子を見ながら、「この人はこの仕事ができそうだな」と思えば、少しずつ適性がありそうな仕事を試して、経験を積んでもらいます
菊岡進さん
菊岡進さん
たとえば、みんなで一緒に座って作業するのが苦手な人には露地を任せるなどの工夫をしています。作業内容だけでなく教え方もその人に合わせることが大切。持ち上げたほうがいい人も、たまには叱らないといけない人もいます。

メイン担当者とサブ担当者を作る

中には、どうしても気持ちにムラが出てしまう人もいます。その人にも仕事を任せ、戦力になってもらうためにそれぞれの作業にメイン担当者とサブ担当者を作り、最低でも2人が作業できるようにしています。そうすれば、何かあったときでも滞りなく作業ができます。

就業時間や時給などの条件は同じ

こまつな菊ちゃんハウスの就業時間は、基本的には8:00〜15:30です。15:00まで収穫などの作業をし30分で後片付けをします。ただし、繁忙期はもう少し長く働いてもらうなど無理のない程度にお願いします。

また、気分のムラや体調不良などで急な欠勤や早退をすることもあり得ます。それぞれの状況と作業の進捗状況をみながら臨機応変に対応しています。
菊岡進さん
菊岡進さん
「障がい者だから」と考えたことはありません。教えた仕事ができるようになれば、障がい者、健常者に関係なくやってもらった仕事の対価を支払うことは可能です。うちでは時給はみんな同じです。

性別も障がいも関係なくできることは何でもやる

農福連携事例
撮影:紀平真理子
10年近く障がい者を直接雇用しているこまつな菊ちゃんハウスですが、雇用をしたことで農園に起こった変化はあるのでしょうか。
特に大きく変えたことはありません。ただ、冬場は仕事が少ないのでパートさんにお休みしてもらうこともありましたが、冬場もお給料をお支払いできるように2017年からは露地栽培も始めました。
坂口いづみさん
坂口いづみさん
菊岡進さん
菊岡進さん
パート従業員と坂口さんが「露地をやりたい」というのでトラクターの乗り方も全部教えました。今では女性のパートさんを含む3人がトラクターに乗っています。坂口さんはは種でもトラクターの運転でもどんな作業でもやりますよ。でかいショベルで堆肥ひっくり返したり。ここでは性別も障がいも関係ないです。

農業と福祉が長く良好に関係を続けていくためには

農福連携ホウレンソウ
撮影:紀平真理子
菊岡さんと坂口さんは、障がい者の直接雇用を通じて、農業と福祉が長くよい関係を続けていくために必要なことについて日々試行錯誤しています。お二人の思いを聞きました。

障がい者を直接雇用をしている理由

農福連携には、直接雇用のほかに就労継続支援事業所を設立し、福祉事業所の作業として農業をする方法もあります。菊岡さんと坂口さんはほかの農福連携の形態も検討したことはあるのでしょうか。
菊岡進さん
菊岡進さん
農業経営体から就労継続支援A型事業所に変えれば、補助があるので経営的にはよくなるのではないかと考え、その方向へ動いたこともありました。でも、福祉を見てきた人たちからの反対の声も数多くありました。

ここで働いている人たちは、就職して働いている人たちですが、仮に事業所を立ち上げると福祉サービスの利用者になります。それは違うのかなと思いました。一方、事業所を立ち上げれば、就職が難しい障がい者の人たちをより多く支援できます。葛藤もありましたしいろいろ考えましたが、「今できる範囲でやっていきましょう」とこれまでの形を選択しました。
坂口いづみさん
坂口いづみさん


就労継続支援事業所の形態で農福連携に取り組む事例

障がいの有無でなくみんなが働きやすい場所を作っていく

菊岡さんも坂口さんも、雇用している人たちに対し終始「障がいの有無をまったく意識していない」と話します。
ここで働く前は「障がい者に対して何かしてあげなくては」と考えていましたが、実際に働いてみると、先輩なので教えてもらうことも多々ありました。今は、障がいの有無を意識することはほとんどありません。結局、障がい者も健常者も関係なくみんなが働きやすいところを作っていかないといけないと思っています。
坂口いづみさん
坂口いづみさん

農福連携は人材派遣ではない

農福連携が広がる中、菊岡さんは農業と福祉がお互いに勉強し歩み寄っていなかいといけないと言います。
菊岡進さん
菊岡進さん
農福連携については、就労継続支援事業所に頼んでも人が来ないと言う農家もいますが、農福連携は人材派遣ではありません。もちろん、農業をしていると忙しいときに助けてもらいたい気持ちはとてもよくわかりますが、農福連携ではそう都合よくいきません。農業も福祉も勉強して理解して、その違いをどうやって近づけていくかをお互いが考えていくしかありません。作業委託だけでなく、直接雇用もいいですよ。多くの人が想像しているよりよく働いてくれて助かります。

ひとつの農園に多様性がつまっている

こまつな菊ちゃんハウス
撮影:紀平真理子
直接雇用は大変なのではないか、農業側が思いだけで雇用しているのではないかという想像を覆すように、菊岡さんも坂口さんも終始「障がい者だということを意識しない、全員同じ」だと話していました。こまつな菊ちゃんハウスでは、障がいの有無だけでなく、性別も年齢も関係なくそれぞれに合った仕事を任されみんなが冗談を言い合いながら生き生きと働いている姿が印象的でした。

農福連携の関連記事

表示中の記事: 1/3ページ中

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
紀平 真理子

オランダ大学院にて、開発学(農村部におけるイノベーション・コミュニケーション専攻)修士卒業。農業・食コミュニケーターとして、農業関連事業サポートやイベントコーディネートなどを行うmaru communicate代表。 食の6次産業化プロデュ ーサーレベル3認定。日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格。 農業専門誌など、他メディアでも執筆中。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農家の法務・基礎知識 > 【農福連携事例】障がい者を直接雇用し十分な戦力になるよう育成するこまつな菊ちゃんハウス