レモンよりレモンなハーブ!?「レモンマートル」の育て方

レモンと同じ香り成分が含まれていて、アロマやハーブティーとして利用されるレモンマートル。常緑樹で室外でも室内でも育てることができ、夏には白くてかわいい花が咲きます。レモンマートルの植え付け、冬越しの方法など、育て方と生活への取り入れ方を紹介!


白い花がきれいなレモンマートル

出典:PIXTA
庭木や室内の緑化におすすめなのが、レモンマートルというハーブです。ハーブというと小さな草花のイメージかもしれませんが、レモンマートルは大きく生長する木で、フワフワの花もかわいいですよ!さわるだけでも良いレモンの香りがする葉は、ハーブティーにしたり、お菓子や料理の香りづけに使ったり、いろいろな方法で生活に取り入れることができます。

レモンマートルとは?

レモンマートルの葉とつぼみ
出典:PIXTA
レモンマートルとは、ティーツリーやユーカリと同じフトモモ科の常緑樹です。樹勢が強く、レモンマートルの原産地であるオーストラリアでは3m以上の高さに生長します。6~7月ごろに咲く白い花は、おしべが花びらから大きく飛び出すほど長いのが印象的。日本では庭木や観葉植物として育てられています。

なんといっても最大の特徴は、名前の通り、葉からレモンの香りがすること!摘み取った葉は乾燥させて、お茶にして飲んだり、香りをアロマとして楽しんだりできますよ。アイスクリームやチーズケーキといったお菓子、石鹸やシャンプーといった化粧品の香料・抗菌剤としても使われています。

花言葉

レモンマートルの花言葉は「愛」や「幸運」です。花だけでなく、アロマオイルを贈り物にしても喜ばれそうですね。

香りの秘密は「シトラール」

ハーブのアロマオイル
出典:Pixabay
レモンマートルには、リラックスやリフレッシュ効果があるといわれている「シトラール」という、レモンの香りがする成分が含まれています。含有量は本物のレモンよりもずっと多く、「レモンよりレモンの香りがする」「レモンハーブの女王」といわれることも。ちなみに、レモングラス、レモンバーベナ、メイチャンなども、シトラールを含んでいてレモンの香りがする植物です。

寒さに注意!レモンマートルの育て方

レモンマートルの花と葉
出典:PIXTA
レモンマートルを育ててみましょう!温度管理には注意する必要があるものの、育てるのはそう難しくありません。大きく生長する木なので、コンパクトに管理したいなら、肥料は与え過ぎないようにしてください。

栽培カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
開花
挿し木

植え付け

風通しが良い、広めのスペースを選んで植え付けます。冬に霜が降りる地域では、室内に取り込めるよう、鉢植えで育てるのが無難です。土はあまり選びませんが、地植えの場合、赤玉土・腐葉土・パーライトを配合します。鉢植えの場合、一般的な「花と野菜の培養土」でOK。室内で育てるなら、臭いが気になりにくい観葉植物用の土もおすすめです。

おすすめの苗

ITEM
レモンマートル 苗 テラコッタ陶器鉢付き
おしゃれなテラコッタの鉢に植えられたレモンマートルです!植え替えなしでそのまま飾れます。鉢底穴が付いているので、排水性が良く、根詰まりしていないか確認することもできます。受け皿を用意すれば室内にも置けますよ。

・サイズ(約):幅50cm(葉の広がりを含むおおよその寸法)
・苗の高さ:65~75cm前後


ITEM
レモンマートル 苗
地植えするなら、リーズナブルなポット苗がおすすめ。高さのある苗なので、大きめの状態から育て始めることができます。

・サイズ:10.5cmポット
・苗の高さ:45cm前後

ものすごくいい香りがします。写真のように花は咲いていませんが、葉だけでもレモンの香りがして爽やかです。大切に育てたいと思います。 




日当たり



観葉植物のあるベランダ
出典:写真AC
レモンマートルは日当たりのいい場所を好みます。熱帯出身の植物なので暑さにはとても強く、40℃くらいまで耐えてくれますよ。室内で育てるなら、明るい場所に置き、定期的に日光浴させてください。また、室内から外に出すときは、いきなり日当たりのいい場所に置かず、半日陰で何日か慣らしてから移動させましょう。

水やり

土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。土が乾いていないのに水やりすると、根腐れの原因になるので気を付けてください。室内で育てているときも同様に、鉢の表面が乾いてから水やりします。

肥料

もともと生長の早いレモンマートルですが、肥料を多く与えると、さらにぐんぐんと育ちます。コンパクトに管理したいなら肥料は与えなくても大丈夫です。
大きく育てたいなら、栄養を多く必要とする4~10月に、液体肥料を月に1回程度、水で希釈してあげてください。

葉の収穫

いつでも好きなときに、葉っぱを収穫して楽しめます。自家製ハーブティーや、レモンの香りがするお菓子や料理に使ってみましょう!

冬越し

レモンマートルの花と葉
出典:写真AC
高温で枯れる心配はほとんどない一方で、寒さへの耐性は低く、5℃以下になると枯れてしまうこともあります。冬は室内に取り込むと安心です。霜が降りない温暖な地域では、戸外での越冬も可能ですよ。

剪定

ある程度の木に生長し、葉や枝が混み合ってきたら、5~6月にしっかり剪定します。樹高を抑えたい場合は、まず木のてっぺんの枝を好みの高さまでカット。それから、混み合った部分や元気のない葉を間引くように切りましょう。自然樹形を活かした形に整えます。

植え替え

レモンマートルは生長の早い植物です。根がどんどん伸び、鉢の中で根詰まりしやすいので注意!鉢底穴から根が出ていたら、一回り大きな鉢に植え替えましょう。頻度は年に1回が目安です。

病害虫

レモンマートルは葉に抗菌成分があるためか、ほとんど病気の被害を受けません。カイガラムシなどの害虫も、風通しのいい場所で育てることで予防できます。

挿し木

きれいな緑の葉
出典:写真AC
レモンマートルは挿し木で増やせます。5~6月か9~10月ごろの、暑過ぎず寒過ぎない温暖な時期がおすすめです。枝を10~15cmの長さで、切り口が斜めになるように切り取ります。1~2時間ほど切り口を水に浸けたら、小粒の赤玉土やバーミキュライトといった無菌の土を湿らせて、そこに挿しておきましょう。根と葉っぱが伸びるまで、土が完全に乾かないよう注意して管理します。

おすすめの赤玉土や使い方はこちら!

レモンマートルの主な使い方|手軽に取り入れるには?

ハーブティでリラックスタイム
出典:写真AC

ハーブティー

定番の楽しみ方の一つがハーブティーです。いろいろな茶葉とブレンドしたものもありますが、まずはシンプルな、レモンマートルティーを味わってみてはいかが?
摘み取った葉っぱをそのまま使うこともできますが、電子レンジで数分加熱して乾燥させ細かく砕いておくと、保存も効いて便利。ポットに入れた茶葉に熱湯を注ぎ、味と香りを抽出して楽しみます。生の葉っぱは5~6分、乾燥させた葉っぱの場合は3分程度待ちましょう。

精油

レモンマートルの精油もたくさん販売されています。レモンに似た爽やかな香りで味・苦味の芳香は含んでいないため、よりフルーティーな甘さが際立ち、アロマディフューザーなどにおすすめ!精油は自作が難しいので、市販品で香りとの相性を試してみては。
ITEM
NAGOMI AROMA レモンマートル アロマオイル
すっきりとした爽やかな癒し系のアロマオイル。 水蒸気蒸留法で作られていて、合成香料は不使用。植物本来のナチュラルな香りがします。

すっごく、良い香りで 心がリフレッシュされました


お菓子や料理

おいしそうなクッキー
出典:Pixabay
電子レンジで数分間乾燥させたレモンマートルの葉を細かくして、クッキーやシフォンケーキなどの手作りお菓子に混ぜると、さわやかなレモンの香りに!レモン汁と違って酸味は加わらないため、香りだけをプラスしたいときに便利ですよ。同じように料理への香り付けにも使えます。

鉢植えで育てるのがおすすめ!植え替えも忘れずに

観葉植物のある明るい部屋
出典:写真AC
レモンマートルは低温に当てないよう注意して育てるのがコツです。温暖な地域以外では、室内に取り込める鉢植えで育てましょう。根詰まりに注意し、年に1回くらいの頻度で植え替えするのを忘れずに!

関連する記事

白い花がきれいなレモンマートル
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。