【常温・冷蔵・冷凍】人参を長くおいしく楽しめる保存方法大公開!

畑や家庭菜園で大量に採れた人参の保存期間は、土つきで常温・冷蔵庫・冷凍など保存方法によってさまざまです。そこで今回は、人参の保存方法と長持ちするための保存レシピ、おすすめのアイテムを紹介します。


出典:写真AC
農業や家庭菜園でとれすぎてしまった人参、買い貯めした人参を上手に保存しましょう!カレーに煮物、野菜炒め、スープ…さまざまな料理に使える人参は、手軽に彩りを加えることができる食卓の必需品。上手に保存&常備しておきたい、魅力いっぱいの根菜です!

人参を保存するときのポイント

出典:Pixabay

Point1. 最適温度は0~5℃

根菜というと、なんとなく「いつも常温で大丈夫!」なんて思ってしまいますよね。けれど、人参を保存するときの最適温度は0~5℃。室温はもちろん0~5℃以上ありますから、冷蔵庫で保存するのがベストなのです。ただし、冬場なら冷蔵庫に入れなくてもOK!

Point2. 水分が苦手

人参は水分や湿気が苦手なので、常温や冷蔵庫で保存するときは、新聞紙やキッチンペーパー、ラップなどでくるんで保存するのがベターです。

Point3. 葉は切り落とす

スーパーではあまり見かけませんが、直売所やマルシェ、オーガニックスーパーなどで販売している人参には葉付きのものもありますよね。また、畑で自分で育てた人参ももちろん葉付き。葉は収穫したらすぐに切り落とし、根とは別々に保存しましょう。

人参を常温で保存する方法・期間

出典:Pixabay

保存方法

袋入りの人参は袋から出し、湿気がこもらないよう新聞紙でくるみ、直射日光の当たらない、涼しい場所に置いておきましょう。箱入りのものなどは箱に入れたままで大丈夫です。

保存期間

寒い時期なら常温保存で約1週間もちます。ただし、人参の常温保存をおすすめするのは冬場のみ。それ以外の季節、特に夏場は冷蔵庫での保存に切り替えましょう。

人参を冷蔵保存する方法・期間

出典:Pixabay

保存方法

前述した通り、人参は湿気が嫌いです。冷蔵庫に入れる前は、表面に水気がないか確認してください。水が付いているようならキッチンペーパーで拭きます。特に畑からとってきたばかりのときは入念にチェックを。天候によっては湿った土がそのまま付いてしまう場合もあります。また、常温保存と同様、袋入りのものは袋から出し、新聞紙などでくるみ保存用袋やポリ袋に入れて冷蔵庫で保管します。

保存期間

人参の冷蔵保存期間は約2週間。葉物野菜などと比べると長いですが「冷蔵庫の空気に触れて味が落ちる」「冷蔵庫のニオイがうつる…」といったリスクを避けたいなら、一週間以内に使い切るのがベター。

人参を冷凍保存する方法・期間

出典:Pixabay

保存方法

基本的には食べやすい大きさに切ってから、保存袋(ジップロック等)に入れるだけでOK。冷えやすい金属トレイにのせて冷凍すれば、より短時間で凍らせることができます。冷凍完了後は、金属トレイから保存袋に移してください。
また、熱処理をすることをブランチングと言います。ブランチングすることで冷凍による組織変化を抑えられるので、よりおいしく食べたいならぜひ実践してみてください。熱を通す時間は30~40秒ほど。電子レンジでチンすればいいだけなので、お湯を沸かさなくても大丈夫です。熱を通したあとはキッチンペーパーなどで水分をとってから、保存袋に入れて冷凍します。

自然解凍はダメ!冷凍した人参の解凍方法

ついつい自然解凍のほうが味を損なわずに済むと思いがち。でも、徐々に人参から水分が染み出していき、同時に旨味や栄養も流れ出てしまいます。食感もぐにゃぐにゃになるので、自然解凍はおすすめできません。
冷凍保存した人参は、基本的にはお味噌汁やスープにするのが基本。電子レンジの解凍モードで軽く温めると調理時間を短縮できるのでおすすめです。ただし、加熱しすぎると旨味が逃げてしまうので、様子を伺いながら低温で熱を加えていきましょう。

保存期間

冷凍すれば1カ月ほどの保存が可能です。冷凍保存は味が落ちますが、長期保存したい場合はおすすめです。

土付きのままでいい?畑や家庭菜園の人参を保存する方法

出典:PIXTA

洗う必要はある?

畑や家庭菜園で収穫した人参は、洗わずに土付きのまま保存しましょう。人参は湿度に弱い野菜ですが、同時に、乾燥にも強いわけではありません。そのため、土や泥についた水分がほどよく乾燥を防いでくれます。また、水洗いしてしまうと、そのあとにしっかりと拭き取る作業が発生します。拭き取りが甘いと痛む要因となるため、洗わずにそのまま保存してしまいましょう。

新聞紙で包み、常温保存する

人参の収穫時期は旬を迎える冬。常温でも十分保存することができる季節です。土付きの人参は新聞紙でくるんだら、お部屋が汚れないよう紙袋や箱に入れ、涼しいところに置きましょう。もちろん、ハウス栽培で夏に収穫した場合は常温ではなく、冷蔵庫で保存してください。

人参の葉は冷蔵か冷凍保存がおすすめ

出典:PIXTA
スーパーだとあまりお目にかかれませんが、農家さんからの直販や自家栽培で、葉付きの人参が手に入ることもあります。人参の葉には、免疫力を向上に期待できるカロチンや抗酸化力の強いビタミンEが豊富に含まれています。ぜひ葉っぱも保存し、料理に利用してみましょう。

冷凍保存がおすすめ

前途した通り、人参は根の部分と葉の部分は別々に保存するのが基本です。そのまま冷蔵庫に入れるとすぐにシナシナになってしまうので、冷凍保存がおすすめ。冷凍すると葉がパラパラと手で崩せるようになるので、そのまま料理に混ぜて使うことが可能。また、生の葉をレンチンすると簡単に乾燥させることができるので、ハーブのように使用するのもおすすめです。

人参の保存に使えるおすすめのアイテム

保存容器

ITEM
OXO(オクソー) 野菜保存容器 グリーンセーバー フードキーパー 4.0L
キッチンツールを中心に商品を展開する海外メーカー「オクソー」の保存容器です。鮮度が落ちる原因のエチレンガスを活性炭リフィルが吸収します。ざる付きなので水分に触れにくく、人参をフレッシュな状態で保存可能。

・参考価格:3,240~5,180円前後

レタスを入れておくと全く痛みません。機能性の高さには大満足です。
但し大きいので、野菜室での占有率がハンパない。。。
購入する際には高さを大きさを見てご自宅の冷蔵庫に場所を確保できるか確認することをオススメします。


ステンレストレー

ITEM
ナガオ 下ごしらえ用ステンレストレー 3枚セット
保存料理の下ごしらえや、冷凍保存に。ステンレス素材の料理用トレーです。充実の3枚セット。人参料理はもちろん、天ぷら、からあげ、お菓子など、いろいろな調理に使えて便利です。

・内容:3枚セット
・サイズ:215x150x15mm
・参考価格:832〜1,270円前後

本当はもう少し深さがあると良かったけれど、使いやすくて便利です。この位のサイズが欲しかったので、質もいいし、満足してます。じゃまになりません。急速冷凍にも使えるので小家族ならオススメします。私は刻んだチャーハンの具を仮置きしたり、餃子作りや塩降り粉降りに使ってます。深さがないので、漬け込みやフライの溶き卵には浅いです。同じシリーズのサイズ違いがあったら欲しいです。


保存袋

ITEM
ジップロック イージージッパー L 32枚入
保存袋の定番「ジップロック」。スライド式ジッパーなので、開け閉めがより簡単です。冷凍や電子レンジもOK。日付を書き込むスペースがあり、鮮度の管理に役立ちます。

・サイズ:287×126×76mm
・参考価格:870円前後

普通の指で押さえるファスナーだとキッチリ閉めることができなかったり、開けるときに破けてしまったりしたので、イージージッパーを買いました。開け閉め楽でいいです!Lサイズはなかなか近所に売ってなくAmazonさんで取り扱いがあってよかったです。子供とお出かけをする際のシャボン玉セットやオムツ、着替えをそれぞれ分けて入れています。濡れたりしても安心です。


保存瓶

ITEM
Le Parfait(ル・パルフェ) ガラス ボーカルジャー 0.5L
人参料理の作り置き、ピクルスの保存におすすめな瓶です。普通の保存タッパーでもいいのですが、おしゃれな瓶を使うことで、より料理が楽しくなります!

・要領:0.5L
・参考価格:770~860円前後

100均のと比べてはいけませんが、、開閉は断然スムースです。
お手ごとプライスでこちらで買ってよかったです。
長い1000mlを購入するか検討中、、(どこかのカフェカウンターでビスコッティを入れているのがお洒落でした)


つくりおき(保存食)で人参を長期・大量保存!

人参ピクルス

出典:写真AC
作り方が簡単で、ちょっとしたおつまみやおかずにサッと出せるピクルス。保存期間は1カ月と長く、時間が経つほど味が濃くなり、味変も楽しめるのが魅力です。人参だけでなくきゅうりなどほかの野菜と一緒に漬けてもカラフルでかわいいですよ♪

材料

人参…1~2本(サイズにより異なる)
酢…200cc
水…150cc
粗糖…50g
塩…4g
ローリエ…1枚
マスタードシード…適量

作り方

人参を好きな形に切って、瓶に詰める。人参以外の材料を鍋に入れ温めて、沸騰したら人参を入れた瓶に注ぐ。

保存期間

1カ月
引用:『農家が教える 野菜の収穫・保存・料理』

人参ジャム

出典:PIXTA
ヨーグルトにかけたり、バケットに乗せたり…と日常的に食べるメニューに応用が効くジャム。人参嫌いなお子さんにもおすすめの保存食です。スパイスを入れるとちょっぴり大人な味わいに変身!

材料

人参…5本
粗糖…人参の重さの50%
シナモン…少々
レモン汁…少々

作り方

人参は5mm程度に輪切りをし、たっぷりの水でやわらかくなるまで煮る。やわらかくなった人参を引き上げて、茹でた人参と粗糖と水(最初に使ったものとは別)を鍋に入れ、30分程煮込む。再び人参を鍋から引き上げて、ミキサーでペースト状にし、レモン汁とシナモンを加える。ペースト状の人参を鍋に入れ、沸騰したらできあがり!
粗熱がとれたら保存用の瓶に移して冷蔵庫で保管する。

保存期間

1カ月
引用:『農家が教える 野菜の収穫・保存・料理』

キャロットラペ(保存期間:冷蔵 約1週間)

出典:写真AC
キャロットラペとは、人参だけでできるフランスの家庭料理。オリーブオイルやドレッシングであえるだけなので、かんたんです。忙しい朝や、もう1品欲しいときに役立ちます。今回は本格的なレシピをご紹介♪

材料

にんじん…小2本(約400g)
りんご…1/2個
くるみ、ドライクランベリー(あれば)…各適量

■ドレッシング
ディジョンマスタード…小さじ2
はちみつ…小さじ1/2
塩…小さじ1
白ワインビネガー…大さじ2
エクストラバージンオリーブオイル…120ml
クミンパウダー…少々

作り方

人参の皮を剥き、チーズクレーターの粗いほうでおろします(チーズクレーターが無ければスライサーや包丁で細切りにしても)。薄すぎず厚すぎず切るのがおいしく作るポイントです!りんごは芯を取って皮付きのまま細切りにします。

ドレッシングは、ボウルにマスタード、はちみつ、塩を入れて、白ワインビネガーを少しずつ混ぜながら加えます。泡だて器で混ぜながらオリーブオイルを少しずつ加え、仕上げにクミンを加え混ぜる。
ボウルに軽く絞った人参とりんご、砕いたくるみ、クランベリー、ドレッシングを入れ、ざっくり和えたら完成!

保存期間

1週間程度

人参を保存して活用しよう

出典:Pixabay
人参をたくさん購入したときや家庭菜園や農業で収穫しすぎてしまったときも、保存方法さえ知っておけば安心です。人参は保存できる期間が長く、冬なら常温でも大丈夫。また、葉つきの人参を手に入れたら、捨てずに余すところなく保存&活用しましょう!

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

ブルーベリー畑やってます。農業、ガーデニング、アイテム紹介系中心のライター。