農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ヤマボウシ(落葉・常緑)の剪定方法|美しい樹形のための適切な時期、車枝の切り方、失敗しないコツ

ヤマボウシ(落葉・常緑)の剪定方法|美しい樹形のための適切な時期、車枝の切り方、失敗しないコツ


ヤマボウシの剪定方法はシンプルで育て方も簡単!剪定の時期は、5月を避けた6月下旬〜7月下旬が最適です。花芽を切り過ぎず、透かすように枝を間引くのが失敗しない剪定のコツ。車枝の切り方、高さの押さえ方、芯止めの方法、常緑性の剪定時期など詳しく紹介。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly


ヤマボウシ

出典:Shutterstock
5〜7月ごろに風ぐるまのような白い花が咲いた後、秋に赤い実や紅葉が鑑賞できるヤマボウシ。枝葉や幹が自然に整いやすく、初心者でも剪定(せんてい)がしやすい庭木です。樹形を美しく保ち、花や実の付きが良くなるヤマボウシの剪定の仕方についてまとめました!

ヤマボウシの剪定について教えてくれるのは、庭師の野添匠さん

野添匠さん
提供:みちのく庭園
青森県八戸市出身。2017年から2年半、カナダのトロントで造園を学び、2020年に株式会社みちのく庭園入社。生け花を通じて植栽のインスピレーションをもらうことも。趣味はサーフィン。
「庭職人としてのルーツは“洋”ですが、自分の中にある“和”とうまく融合させて、日本人の心ある庭を作庭するのが夢。また、街の緑を増やし、地球と人に優しい環境をつくっていきたいと思っています。」

みちのく庭園HP:https://michinoku-teien.com/
Instagram:https://www.instagram.com/nzetkm/

2年に1回のペースで!ヤマボウシの剪定の特徴

剪定
出典:Shutterstock
生長速度がやや早いヤマボウシは、地面から出る幹が1本の「単幹樹形」と、幹が複数出てくる「株立ち樹形」と呼ばれる両方の種類があります。基本的に、ヤマボウシの剪定は2年に1回のペースで行いますが、単幹樹形のものは、株立ち樹形のものよりも生長速度が速くなりやすいです。背丈が高くなり過ぎたときや、枝葉が混み合ったりしたときにも剪定しましょう。

ヤマボウシの剪定の特徴|自然樹形で仕立てる

ヤマボウシ
出典:Flickr(Photo by K8 Notman
基本的には、混み合っている枝葉、色が黒ずんだ古い枝葉、枯れた枝、不要な枝を間引くように透かしながら、自然樹形になるように剪定します。強剪定には弱いので、必要以上に枝をたくさん切り落としたり、切るのにノコギリが必要になるほどの太い幹を切るのは控えましょう。
野添 匠さん
野添 匠さん
不要な枝を間引くような透かし剪定をすることで、ヤマボウシはたたずまいの美しい自然樹形に仕立てられます。枝葉をたくさん切り詰め過ぎてしまうと、徒長しやすいので注意しましょう。

ヤマボウシの詳しい育て方はこちらの記事をチェック!


ヤマボウシの最適な剪定時期は、6月下旬〜7月下旬と11〜3月

ヤマボウシ
出典:Flickr(Photo by snowshoe hare*
ヤマボウシの剪定は、花が咲き終わる6月下旬〜7月下旬と、葉や実が落ちた11〜3月にしましょう。8月の真夏は、ヤマボウシに大きなストレスを与えます。また、5月以降の梅雨の時期は、湿気によって病気が発生しやすいので、できるだけ避けてくださいね!
野添 匠さん
野添 匠さん
ヤマボウシの剪定は、花が咲き終わった後に行うと失敗が少なく、翌年の花や実の付きが良くなります。晩秋以降の場合は、すでに形成された花芽を落とさないように剪定することが大事です。

ヤマボウシの鑑賞や剪定などの手入れの時期

ヤマボウシの栽培カレンダー
イラスト:柴崎光一
    • 鑑賞期:5月下旬〜7月中旬(花)、10〜11月(紅葉)
    • 結実期:8〜10月
    • 植え付け、植え替え:12〜3月
    • 肥料:寒肥/2〜3月
    • 剪定:6月下旬〜7月下旬、11〜3月

常緑ヤマボウシの剪定時期は、11〜3月がベスト

ヤマボウシの冬芽
出典:写真AC
日本に自生するヤマボウシ(コウサ)は、冬に葉を一斉に落とす落葉性の樹木ですが、中国に自生するヤマボウシ(月光やウルフアイ)の中には一年中葉をつけた常緑性のものもあります。常緑ヤマボウシの剪定時期は、花が咲き終わった後ではなく、生長の活動が緩やかになる11〜3月に行うと、病害虫の被害にあいにくく、枯れる心配がありません。

ヤマボウシの失敗しない剪定方法とコツ

ヤマボウシ
出典:Flickr(Photo by K8 Notman
個体によって単幹や株立ちの樹形があるヤマボウシ。落葉性のヤマボウシは単幹で伸びるものが比較的多く、常緑性のヤマボウシは、株立ちで伸びるものが多い傾向にあるようです。株上部の剪定の仕方は同じですが、単幹樹形のものは、株元近くの幹から生える細い枝葉を取り除き、株立ち樹形のものは、幹の数を3本や5本になるようにひこばえ(地面から生える幹)を間引くと、たたずまいが美しくなりますよ!
野添 匠さん
野添 匠さん
ヤマボウシの木は、樹皮から樹液がにじみ出やすく、幹や枝葉を剪定すると樹液がこぼれやすいです。樹脂(ヤニ)がコンクリートやタイルに付着してしまうと、黒く変色して取れなくなってしまうこともあります。作業前にはビニールシートなどで、地面をカバーするといいですよ。

Step1. 株元に近い余分な枝(胴吹き枝、ひこばえ)を切り落とす

ヤマボウシの胴吹き枝
撮影:柴崎光一
株元近くの幹の胴回りに生える胴吹き枝や、ひこばえは付け根部分で全て切り落としましょう。中途半端に枝を残してしまうと、そこからすぐに新しい枝葉がたくさん伸び、樹形が乱れて見た目が悪くなります。

剪定のコツ|付け根近くを切る

胴吹き枝やひこばえを切るときは、必ず付け根の数ミリ上で切ります。切る位置が幹に近いと傷口の治りも早くなりますよ!

Step2. 株上部の古い枝や枯れ枝を切り落とす

ヤマボウシの枯れ枝
撮影:柴崎光一
中心の幹に近い枝葉には、古くなった枝や枯れた枝が多いので、付け根から切り落とします。古い枝や枯れた枝は、樹皮にシワが寄っていたり、黒ずんでいたりするので見分けやすいです!

Step3. 不要な枝を切り落とす

ヤマボウシの立ち枝
撮影:柴崎光一
花や実の付きが悪くならないように、以下のような枝を、枝分かれしたところまで切り戻しましょう。放置したり、枝の途中で切ったりすると太くて強い枝になってしまい、樹形を乱すこともあります。

・絡み枝|太い枝に絡みつように伸びる枝
・立ち枝|横に伸びる太い枝に対して、上に真っ直ぐ伸びる枝
・逆さ枝|地面に向かって伸びる逆さ枝


剪定のコツ|枝分かれした節目の数ミリ上で切り落とす

ヤマボウシの剪定
撮影:柴崎光一
不要な枝が出ている枝分かれした節目の数ミリ上で切り落とすと、新しい枝葉が暴れずに済みます。

Step4. 枝先に生える車枝を間引く

ヤマボウシの車枝
撮影:柴崎光一
ヤマボウシの枝先は、節目からいくつもの細い枝(車枝)が伸びることもあります。放置してしまうと、株の内側の日当たりや風通しが悪くなってしまうので、真っ直ぐ伸びる枝や斜め上に伸びる枝を3本程度残すようにして、余分な枝を切り落としましょう。

Step5. 枝葉が過密になっている箇所を透かす

ヤマボウシの剪定
撮影:柴崎光一
陰が多くできてしまうような枝葉が重なり過ぎているような箇所は、枝分かれしている箇所から切り落としましょう。枝を切るときは、写真のように上に向かって伸びる枝葉を残し、下の内側の枝葉を切ると、切った箇所が隠れ、より自然な形になりやすいです。

剪定のコツ|全ての枝を切り詰めない

ヤマボウシの葉
撮影:柴崎光一
全ての枝を切り詰めてしまうと、そこから新しい芽が出て枝葉が多くなり、病害虫の被害にあったり、樹形を崩すように生長してしまったりすることもあるので注意しましょう!

ヤマボウシの高さを調整するときは、冬の剪定で芯止め

ヤマボウシの芯止め
撮影:柴崎光一
大きくなると樹高が10m以上にもなる高木のヤマボウシ。高さをおさえたいときは、木の中心にある太い幹を切り落とす「芯止め」をします。好みの高さの位置にある節目から、数ミリ上を切り戻しましょう。不自然な樹形にならないよう、ドーム型になるようにイメージしながら、全体のバランスを整えてくださいね!

芯止めとは
樹木の中心にある主幹(主軸となる幹)の先端を切って、上に伸びようとする生長を止めることです。先端を切ることで、切った箇所のすぐ下の幹や枝に養分が流れるようになり、樹形を横に広げる役割があります。


剪定の種類や切るべき不要な枝、剪定ばさみなど関連記事をチェック!


ヤマボウシの剪定後にするべきこと

ヤマボウシ
出典:Shutterstock
ヤマボウシの剪定後、そのまま放置してしまうと、木が病気にかかって枯れてしまうこともあります。剪定で大きなストレスを受けたヤマボウシが、早く元気に生長するためにするべきことを知っておきましょう。

枝の切り口には癒合剤を塗っておこう!

切り口
出典:写真AC
ヤマボウシの剪定が終わった直後に、枝の切り口からウイルスが入らないよう、癒合剤を塗って殺菌とコーティングをしましょう。特に太い幹を切るような芯止めをしたときは、癒合剤は必須!傷口の治りも早いですよ。

おすすめの癒合剤

ITEM
トップジンMペースト
殺菌剤を含んだ、使いやすいチューブタイプの癒合剤。

・内容量:100g

長く庭に植えてあったカエデがカミキリムシか何かの被害にあい縦に穴が・・・。
穴のない所まで切り取った。
梅雨前だったので腐ったりしたら嫌なので急遽こちらの商品を購入。
お陰様で梅雨も難なく乗り切り、今の所切り口がどうのとかはなっていない。
頼りになる奴だ。


水やりと施肥は忘れずに

施肥
出典:Shutterstock
剪定後のヤマボウシは、新しい芽を出そうとします。その生長をサポートするために、水と肥料を適度に与えましょう。土の中に指を入れ、中まで乾燥しているようであれば、液体タイプの肥料を混ぜて水やりをします。ただし、水も肥料も与え過ぎると根腐れや生長不良を引き起こすことも。剪定後は、土の中の水分量や木の様子を観察して、与え過ぎに注意してくださいね。

鉢植えのヤマボウシを剪定した場合|日当たりと風通しを良くする

ハナミズキ
撮影:柴崎光一
ヤマボウシを鉢植えで育てている場合は、剪定が終わったら、風通しが良く日中の強い直射日光が当たらない半日陰に移動させます。ただし、湿気が多い場所ではカビが発生しやすく、病気にかかりやすいので避けましょう。

道具をそろえて安全に!ヤマボウシの剪定に必要なもの

剪定道具
出典:Shutterstock
ヤマボウシの剪定や刈り込みに必要、またはあるといい道具はこちら!作業中に株元に敷いておくと便利なブルーシートや、切った枝葉や幹を入れるゴミ袋も用意しておくといいですよ。

剪定ばさみ

剪定ばさみ
撮影:柴崎光一
剪定ばさみは、枝葉や幹を切るのに必要な道具です。グリップ部分がゴム製など、滑りにくいものがおすすめ!自分の手の形にフィットするような、使いやすいものを選んでくださいね。

詳しい剪定ばさみの選び方・使い方については、こちらをチェック!


手袋

剪定ばさみと手袋
撮影:柴崎光一
枝葉や幹を素手で触ると、ケガをする危険があります。事故防止のためにも、ヤマボウシの剪定をするときは、必ず手袋をして作業をしましょう。手のひらにクッションや滑り止めが付いているものが、太い枝などを握りやすくておすすめです。

おすすめの作業用手袋と選び方についてはこちらをチェック!


脚立

脚立
出典:写真AC
樹高が3mを超えるなど、大きめのヤマボウシの高さを調整するときは、脚立を使いましょう。脚立の上から木全体を見ながら剪定すると、バランスのとれた美しい樹形に。脚立は足掛けが5〜8段ほどついた大きなものが、高木のヤマボウシとの高さがちょうど良く、作業がしやすいですよ。

おすすめの脚立と選び方についてはこちらをチェック!


ヤマボウシの剪定の時期と方法やコツを知って、樹形の美しい庭木やシンボルツリーに!

ヤマボウシ
出典:Shutterstock
ヤマボウシは2年に1度、花が咲き終わった後か、葉や実が落ちた後に剪定すると、翌年に花や実を楽しめます。樹形の美しい庭のシンボルツリーになるようにイメージして剪定してみてくださいね!

紹介されたアイテム

トップジンMペースト

表示中の記事: 1/3ページ中

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
この記事の筆者:
柴﨑 光一

建築・インテリア学科卒の元造園士。植物が大好き過ぎて、大自然のカナダの田舎町で植物と戯れながら、野菜・果樹・草木を使ったガーデニングの世界を開拓しています。建築と造園の経験に加え、趣味のさまざまな植物やコケの収集、植物アート作りを生かして、みなさんに植物とガーデニングの楽しさをお届けします!

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ヤマボウシ(落葉・常緑)の剪定方法|美しい樹形のための適切な時期、車枝の切り方、失敗しないコツ