農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > > あしたば(明日葉)の食べ方|「おばあちゃんの知恵」に学ぶ、子どもにも人気の簡単おいしい養生ごはん

あしたば(明日葉)の食べ方|「おばあちゃんの知恵」に学ぶ、子どもにも人気の簡単おいしい養生ごはん

あしたばは独特の香りを持ち、青汁にも使われるほど栄養豊富な野菜です。あしたばの栄養と下処理方法(あく抜き・下ゆで)、和え物や炒め物などの簡単養生ごはんレシピやあしたば茶の作り方をご紹介します。生で食べられるかどうかも解説しています。あしたばは生命力が強いため、家庭菜園での栽培にも向いていますよ。


あしたば

出典:写真AC
あしたばは、青汁にも使われるほど栄養が豊富に含まれる野菜です。独特の風味があり好き嫌いが分かれますが、適切に下処理をしたり調理法を工夫したりすることで、おいしく食べることができます。そこで今回は、あしたばの栄養や下処理方法、あしたばを使った簡単養生ごはん、あしたば茶についてご紹介します。

あしたば(明日葉)ってどんな野菜?

あしたば
出典:写真AC
あしたばは、日本原産のセリ科の多年草です。生命力が強いことで知られており、葉を摘んでも翌日には葉が生えてくることからその名前が付いたとされています。

あしたばの旬は、3月~5月ごろ。スーパーなどではあまり見かけない野菜ですが、旬の時期になると直売所などに並んでいることもあります。あしたばが自生しているエリアは、房総半島や三浦半島、八丈島周辺、紀伊半島などです。その栄養価の高さから「不老長寿の野菜」とも呼ばれ、江戸時代の書物『大和本草』にも登場するほど古い歴史を持っています。

あしたばに含まれる栄養とは

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
あしたばには、β‐カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれており、青汁にもよく使われています。あしたばの青汁は、ケールを使ったものよりも飲みやすく、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれているのが特徴です。

あしたばを切った時に出てくる黄色の汁には「カルコン」という成分が含まれています。カルコンはフィトケミカル(ポリフェノール類)の一種であり、美容や健康に役立つ成分として昨今注目を集めています。
※参考:明日葉について(あしたば本舗ホームページ)
https://www.ashitaba.co.jp/ashitaba/

独特の苦みが和らぐ!あしたばの下処理方法

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
あしたばには独特の風味がありますが、下ゆですることで苦みや香りが和らぎます。あしたばはそのまま置いておくと、鮮度がどんどん失われてしまいます。あしたばを入手したら、新鮮なうちに下処理をしておくことをおすすめします。


あしたばの下処理方法(ゆで方)

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど

〈材料〉作りやすい分量
・あしたば 一束
・塩 少々


作り方

  1. あしたばは、葉と茎の部分に切り分けておく。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、1のあしたばを茎、葉の順に鍋に入れる。
  3. さっとゆでて、ザルにあげる。ボウルにあしたばを入れて水に浸し、5分程度おく。
  4. 5分ほど経ったら水気をしっかりと切る。適度な長さにカットし、保存容器に入れて冷蔵庫で保管する。

ポイント

  • 根元の部分は、筋張っていて硬い場合もあります。よく確認して、取り除いておくようにしましょう。
  • あしたばは火が通りやすいので、短時間で加熱するようにします。加熱し過ぎると、風味が損なわれてしまいます。

あしたばは生でも食べられる?

あしたばの緑はとても美しいので「生のまま(サラダなどで)食べたい」という方もいるかもしれません。ですが、あしたばはアクが強い野菜です。基本的には、下ゆでなどの処理によりアクを抜いてから食べることをおすすめします。

あしたばのいろいろな食べ方|簡単おいしい養生ごはん

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
実は、私自身あしたばが大好きなんです。過去には、紀伊半島で暮らす友人からあしたばの苗を分けてもらい、愛知県の自宅の庭で5年間ほど育てて収穫していました。個人的にはあしたばの大きな魅力は、山菜と香味野菜の中間のような爽やかな風味にあると感じています。今回は、我が家で試作した経験をもとに、あしたばの簡単でおいしい食べ方を紹介します。

あしたばの和え物

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
あしたばのおいしさをシンプルに味わいたい時には、和え物がおすすめです。写真は下ゆでしたあしたばを、マヨネーズといりぬか(またはすりごま)、少量のしょうゆで味付けしたもの。あしたばには山菜にも似た独特の苦みがありますが、マヨネーズと和えることで子どもにも食べやすくなります。大人用にはポン酢で和えるのも簡単でおすすめです。

いりぬかは、米ぬかを香ばしく煎ったものです。いりぬかの作り方や食べ方については、こちらの記事をご覧ください。

あしたばの炒め物

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
普段の炒め物にあしたばを少量加えると、爽やかな香りの一品に仕上がります。写真は、新わかめと下ゆでしたあしたばをさっと炒めて、ポン酢で味付けをしたものです。わかめの代わりに、新玉ねぎや春キャベツなどほかの野菜を組み合わせてもおいしいです。

あしたばの天ぷら

あしたばの天ぷら
出典:写真AC
あしたばは、天ぷらにするのもよく合います。天ぷらにする場合は、下ゆでをしないで、あしたばの生の葉に衣を付けて揚げます。油で揚げることで、アクが抜けて香りが和らぎ、食べやすくなります。あしたばの天ぷらは、そばにもよく合います。

あしたばのみそ汁

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
みそ汁にネギなどの香味野菜を添える感覚で、あしたばを使うのもおすすめです。仕上げに、下ゆでしたあしたばを加えてみましょう。食欲をそそる爽やかな香りの一品になります。写真は、新玉ねぎと油揚げにあしたばを加えた、春らしい香りのみそ汁です。

あしたばの混ぜごはん

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
あしたばの混ぜごはんは緑色が美しく、お弁当などにもぴったりです。炊きたてのごはんに、下ゆでしたあしたばと自然塩やしそのふりかけ、梅干しをたたいたものなどをお好みで混ぜて味付けします。子どもにも食べやすい一品です。

あしたば&納豆とろろ

あしたば
写真提供:養生キッチンふうど
納豆やとろろなどのネバネバ食材に、あしたばを組み合わせるのもよく合います。下ゆでしたあしたばがあれば、あとは皿に盛り付けるだけ!夏場はそばの上にのせてみてはいかがでしょうか。手軽に滋養のあるものを食べたい時にもぴったりです。

あしたばジュース

あしたばジュース
出典:写真AC
忙しい時の朝ごはんなどにおすすめなのが、あしたばジュースです。作り方は、下ゆでしたあしたばとりんごジュース(できればストレート)やお好みの果物、レモン汁少々をミキサーに入れて攪拌(かくはん)します。果物の甘さが加わることであしたばの独特の風味が和らぎ、あしたばが食べやすく「大変身」します。


長期保存したい!そんな時には、あしたば茶もおすすめ

あしたば
出典:写真AC
「あしたばが大量にあって、料理に使い切れない!」という時には、長期間保存できるあしたば茶を作ってみてはいかがでしょうか。旬を過ぎて夏ごろになるとあしたばは筋張ってしまいますが、あしたば茶は固くなったあしたばの活用法としてもおすすめです。

作り方は、根本から切ったあしたばを天日でカラカラになるまで乾燥するだけです。お好みで空煎りすれば、香ばしい風味が楽しめます。キッチンバサミなどで葉を適度な大きさに切って熱湯を注げば、おいしいあしたば茶のできあがりです。

栄養豊富なあしたばを、気軽においしく食べてみよう

あしたば
出典:写真AC
古い歴史を持ち、栄養豊富で爽やかな風味が楽しめるあしたば。下処理としてゆでておけば、アクが抜けて香りもマイルドになり食べやすくなります。好きな時に手軽に食べることができるので、野菜不足の解消にも役立ちます。あしたばが手に入ったら、和え物やいためもの、天ぷらなどの簡単おいしい養生ごはんや、長期保存したい時にはあしたば茶を作ってみてはいかがでしょうか。

また、あしたばは家庭菜園でも比較的育てやすいので、自分で栽培して味わってみるのもおすすめです。あしたばをおいしく食べて、健やかに過ごしたいですね。

おばあちゃんの知恵を活用しよう!バックナンバーはこちら

おばあちゃんの知恵

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
松橋 佳奈子

早稲田大学を卒業後、企業とNPOにてまちづくりの仕事に10年以上携わる。その間にバックパッカーとして35カ国を訪問・視察し、世界各地の風土と食文化について考察を深める。2014年に薬膳とおばあちゃんの知恵をベースに「養生キッチンふうど」を立ち上げる。現在は愛知県を拠点に、風土食をのこす・つくる・伝える活動をしている。主な資格は、国際薬膳師。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > > あしたば(明日葉)の食べ方|「おばあちゃんの知恵」に学ぶ、子どもにも人気の簡単おいしい養生ごはん