今年の5月は「母の月」。母の日を1カ月に分散して安全に

花き業界の9団体で構成される日本花き振興協議会は、買い手と生花店で働くスタッフ・花配送業者の安全を守るため、「母の日」を1日だけでなく、1カ月間に分散する「母の月」とすることへの理解を求めています。感謝の気持ちなどを花に託して贈りたいと考えている、一人ひとりの母親を想う気持ちにこたえられるように、店頭ポスターやPOP・SNSなどを通じ、周知をはかります。


今年の5月は「母の月」バナー

提供:日本花き振興協議会
花き業界の9団体で構成される日本花き振興協議会は、新型コロナウィルス感染予防の全国の緊急事態宣言を受けて、花き業界最大のイベントである「母の日」を、5月10日(通常母の日は5月第2日曜日)だけでなく、5月の1カ月間(5月1~31日)を通じて、お母さんに感謝の気持ちを伝えようと呼びかけ、5月を「母の月」として提案しています。

買い手・生花店・配送業者に考慮した取り組み「母の月」

提供:日本花き振興協議会
いま、生花店は安全に配慮しながら営業している店と、商業施設の休業などにともない休業中の店があります。5月6日以降、営業継続・営業再開をする生花店において、「母の日」にどのような対応をするべきか、花き業界全体の課題として協議してきました。

例年、「母の日」前の数日間および当日は、生花店の店頭が買い手で混み合い、遠方に住む母親に贈る宅配便での受注も多いため、配送業者も多忙を極める状況になります。そこで今年は、買い手と生花店で働くスタッフ・花配送業者の安全を守るため、生花店の店頭が「三密」の環境になり、配送業者にフラワーギフトが集中し混乱を招く事態を考慮して、「母の日」を1日だけでなく、1カ月間に分散する「母の月」とすることへの理解を求めることにしました。

気持ちを花に託して贈る気持ちを応援

新型コロナウィルス感染予防のため、自宅で過ごす時間が増える中、少しでも明るい気持ちで快適に暮らすために花やグリーンを求める方が多く、個人消費は伸びている傾向にあります。今年の「母の日」も、こういう時だからこそ、「日頃の感謝の気持ち」や「元気に過ごしてほしいと願う気持ち」をと花に託して贈りたい、考えている方が多いと思われます。一人ひとりの母親を想う気持ちにこたえられるように、花き業界は力を合わせて、店頭ポスターやPOP・SNSなどを通じ、周知をはかります。

また、5月の1カ月間に期間を延長することで、母の日の定番フラワーであるカーネーションに加え、5月中下旬に旬を迎える季節の切り花や鉢花も届けることができるため、いつもと違う花を贈り、贈られる楽しみが増えるメリットもあります。

母の日の参考に。5月が旬の花をチェック!

花の国日本協議会公式サイト:https://hananokuni.jp/

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索