どんどん収穫できるバジルを栽培!プランターや水耕栽培で育てるコツも

プランターや室内での水耕栽培や、キットでも簡単に栽培できて、次から次へと新しい葉を収穫できるバジル。おすすめの品種だけでなく、発芽しやすい栽培時期や育て方のポイントなど、バジル栽培の基本、害虫対策などをお伝えします。水耕栽培の具体的な方法も。


バジル栽培

出典:写真AC
ハーブの一種で爽やかな香りのバジル。葉はやわらかく、香り付けやバジルソースなど料理に使いやすいのも魅力です。病気や暑さにも強く、夏に栽培しやすいので家庭菜園でも人気で、プランターや水耕栽培としても楽しめますよ!

バリエーション豊か!家庭菜園におすすめのバジルの品種

バジル
出典:写真AC
シソ科のバジルは、ほかの品種と交雑してさまざまな種類が生まれています。一般的に知られているバジルや香りに特徴がある品種など、家庭菜園で栽培できるおすすめの品種を3種類紹介します。

バジルの王道「スイートバジル」

バジルの中でもっともポピュラーな品種といえばこれ!主にイタリア料理に利用され、さわやかな香りとクセのない味が特徴です。生育が旺盛なため家庭菜園で育てやすいですが、寒さには弱いため温度管理には注意しましょう。
ITEM
スイートバジル 種
・内容量:0.6g
・発芽率:70%以上

葉が小さく香りが強い「バジリコ・ナーノ」

南イタリアではスタンダードな、香りが強いバジルです。スイートバジルより葉が小さいのが特徴。プランターや鉢で育てると、こんもりと玉のような形になり、見た目にもかわいいですよ!
ITEM
バジリコ・ナーノ 種
・内容量:200粒

タイ料理にはこれ!「ホーリーバジル」

収穫の時期が6~10月と長く、葉、茎、花の全てを食用にできます。ミントとバジルの中間のようなすっきりとした味で、タイ料理のガパオライスや炒め物には欠かせません。インドでは不老不死の薬などといわれ、エッセンシャルオイルやハーブティーなどにも活用されています。
ITEM
ホーリーバジル 種
・内容量:約2400粒

押さえておきたい!失敗しないバジルの栽培のコツ

バジル
出典:写真AC
バジルは20℃以上で発芽するため、種から育てる場合は4~6月ごろが適期です。夏の時期は発芽しても直射日光で焼けてしまうなど、栽培の難易度が上がります。
発芽させるのに自信がない場合は、苗から育て始めると良いでしょう。ホームセンターや花屋さんでも、ポット苗なら気軽に購入することができますよ。栽培をスタートする前に、栽培時期と失敗しないコツを押さえましょう!

バジルの栽培カレンダー

バジルカレンダー
図:まつたかずき

栽培適温と連作障害

栽培適温:20~25℃
連作障害:1~2年

Point1. 保水力が高い土にしましょう

バジルは保水力が高く、有機物が多い土を好みます。培養土などをすき込んで、保水力を高めるようにしましょう。マルチシートを張るのも効果的ですよ!

Point2. 水切れや乾燥はNG!

バジルは水が大好きな植物です。水切れや乾燥が苦手なため、土壌が乾いたらたっぷりと水を与えましょう!ただし、プランター内は蒸れやすいので、加湿には注意してくださいね。

バジルの栽培方法|プランターでも地植えでもOK!

バジルのプランター栽培
出典:写真AC

Step1. 栽培の準備

バジルの種と、土作りや栽培に必要な道具を用意しましょう。

Step2. 苗づくり

バジルの芽が出る
出典:写真AC
1. 3.5号ポットを準備します。培養土を入れて、1~2cm開けて3点まきします。種を植えた直後は、種が流れたりしないように優しく水やりを行います。発芽には25~30℃が適温なので、室内で育苗するか、畑にビニールトンネルを作り育苗しましょう。
2. 本葉が2枚になるまで、土が乾いたときにたっぷりと水やりをするようにします。
3. 本葉が3枚のころ、育ちが悪い株を間引いて、1ポット2株にしましょう。ポットを使わず直まきする場合は、Step3.の土の準備をしてから、上記の方法と同様に種まきと間引きをして育苗します。

Step3. 植え付け前の土の準備

プランターと土
出典:写真AC

プランターの場合

1. プランターは深さ30cm、幅65cm、奥行き20cm以上の物を準備しましょう。
2. 根腐れを防止するため、鉢底石を底に敷き、有機質の高い培養土か野菜・ハーブ用の培養土を、縁から2cm下の高さまで入れます。

畑・地植えの場合

1. 培養土か、完熟堆肥と腐葉土を土に混ぜ込みます。
2. 高さ10~15cm、畝幅60~70cmの畝を作成します。

Step4. 苗の植え付け

本葉が4枚になったバジルの苗
出典:Pixabay
1. ポット内の苗の本葉が4枚になったころに、植え付けを行います。
2. 苗が入る程度の穴を株間が20cm程度あくように掘り、水をたっぷり注ぎます。
3. 穴の中の水が完全に引いたら、苗を穴に植えます。隙間なく土をかけて、軽く鎮圧します。苗の土と植えた土に高低差ができないように気を付けましょう。
4. しっかり土を鎮圧して、水をたっぷり与えます。

Step5. 水やり

バジルは乾燥が苦手なため、こまめに水をあげましょう。
水やりの時間は、朝の涼しいうちに行います。特に真夏のプランター栽培では、すぐに水切れを起こすため、朝と夕方ごろの1日2回、水をたっぷり与えましょう。ただし、プランター内は蒸れやすいので、加湿にならないよう、土の状態をみながら行ってくださいね。

Step6. 摘心

バジルの摘心
出典:写真AC
高さが15cmになったら、脇芽を増やすために摘心をおこないます。株元に4~6枚葉が残るように、茎の先端をはさみでカットします。
花ができると葉が硬くなるため、長く葉の収穫を楽しむには、花を咲かせないように切り戻しをしてあげることも効果的。7月初旬ごろ、花芽ができそうな長く伸びたバジルの茎を、半分くらいのところでカットしましょう。

Step7. 追肥

摘心を行った後、化成肥料をプランターには10g、畑や地植えには1平方メートルあたり20~30g追肥しましょう。生長の様子を見て、1カ月に1回追肥をします。

Step8. 収穫

たくさん育ったバジルの葉
出典:写真AC
高さが20cm前後になったら、大きくなった葉を採りましょう。次々に脇芽が出てくるので、どんどん収穫しましょう!採れ過ぎたバジルの保存方法もこのあと紹介しますよ。

キッチンや室内で栽培も!バジルの水耕栽培方法

バジルの水耕栽培
出典:写真AC
バジルは挿し木で、水だけでも栽培できます!まずは気軽に、食用として売られているバジルで試してみてくださいね。

水と容器だけで、水耕栽培してみよう!

用意するもの

・食用のバジル(店頭で売られているもの)
・コップやペットボトルなどのバジルを挿す容器
・水耕栽培用の液体肥料

発根・摘心・収穫

バジルの茎を10cmくらいの長さで切り、水を入れたコップに数本入れておきます。毎日水を交換すれば、1~2週間ほどで発根します。水に葉っぱの部分が触れると腐ってしまうので、下の方の余分な葉は取って、水につけるのは茎だけにしましょう。
茎や葉っぱが生長してきたら、摘心と収穫をどんどんしてくださいね!

水の交換・肥料

ハーブとコップの水
出典:写真AC
水は1~2日に1回交換します。特に夏は水が腐りやすいため、こまめに交換しましょう。
肥料は必須ではありませんが、水には栄養がほとんどないので、水耕栽培用の液体肥料を薄めて与えたほうが、生長スピードが早くなり元気に育ちます。頻度や濃度は、商品によって違うので使い方などの記載を参考にしてください。

置き場所

日当たりの良い窓辺などに置いておきます。25℃以上の暑さになると弱りやすいため、真夏は半日陰に移動させてください。

土を使ったお手軽栽培キットも!

陶器でできた卵の上を少し割ると、なんと中にはバジルの種と培養土が!水をあげるだけでバジル栽培が簡単にスタートできます。見た目もかわいいのでプレゼントにも喜ばれますね。
ITEM
エッグリング エコフレンドリーB/バジル
・サイズ:70×70×80mm
・内容:土と種入りたまご、予備種
・重量:70g

バジルの害虫対策

虫に食害されたバジルの葉
出典:PIXTA
バジルは害虫被害が比較的少ない植物ですが、ほったらかしにしておいたら、葉っぱがボロボロに食害されていた、ということもあります。きれいな葉を収穫するために、しっかり防虫ネットをかけて、侵入や卵を産み付けられないように予防しましょう。


アブラムシ

小さなアブラムシ
出典:写真AC
アブラムシは一度発生すると被害が拡大します。発見したら葉をカットして、通気性を良くしましょう。窒素肥料を与え過ぎたり、土の表面にまいたままにするのも発生の原因となるので、肥料は適量を土にしっかり混ぜ込んでください。


ヨトウムシ

ネットなどで対策をしても葉に食害が見られた場合、ヨトウムシが潜んでいる可能性が高いです。株元を掘って見つけたら捕殺しましょう。缶詰の空き缶に米ぬかを入れたトラップを、土に埋めて誘き寄せてから駆除するのも有効です。


収穫したバジルは保存して、便利な調味料に!

たくさん収穫したバジル
出典:写真AC
生育の勢いが良く初心者でも栽培しやすいバジル。採れたての香りと味をそのまま楽しむのはもちろんですが、バジルソースにしたり、冷凍や乾燥して保存するのもおすすめ!上手な保存方法は、以下の記事で詳しく紹介しています。


関連する記事

バジル栽培
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
まつたかずき
まつたかずき

市民農園のスタッフをしながらライターとして活動しています。野菜づくりを誰もが気軽に出来る趣味にすることを目標に、初心者の方でも興味を持っていただける記事を執筆していきます! facebook→https://www.facebook.com/kazuki.matsuta.18                         Twitter→https://twitter.com/matsuta__k