【家庭菜園のプロ監修】薬味に大活躍!ミョウガの栽培方法

ミョウガの栽培方法を解説!お世話が簡単で、数年に渡り安定した収穫を楽しめるミョウガ(みょうが・茗荷)は家庭菜園初心者にはうってつけの野菜。家庭菜園のプロ福田俊先生に監修いただき、育て方を詳しく紹介します。


収穫したミョウガ

撮影:福田俊
スーパーで見ると、2~3個入って120円前後と、思いのほか「高級食材」なミョウガ。通年というわけにはいきませんが、夏~秋まで比較的長いあいだ、ベランダやお庭で食べたいときに収穫できる便利な香味野菜で、薬味好きの人はぜひチャレンジしてみてほしい作物です。

この記事では菜園家の福田俊先生にご監修いただき、ミョウガの栽培方法について徹底解剖しました!

ほかの香味野菜の栽培方法もチェック!


家庭菜園のプロ︕福⽥俊先⽣にミョウガの栽培法をうかがいました

福田先生
画像提供:福田俊
菜園家。ブルーベリー研究家。東京農業大学グリーンアカデミー専科野菜コース講師。「どうすればおいしい野菜がたくさん採れるか」「いかにラクで楽しい野菜づくりができるか」を追求し、「フクダ流」自然農的有機栽培を実践。16平米という限られたスペースの市民農園で、年間50品目以上の野菜を有機・無農薬で栽培しています。監修を務めた家庭菜園誌や著書も多数。

関連サイト
HP:http://www.fukuberry.com/
Youtube:https://www.youtube.com/user/f104ryo/featured
Instagram:https://www.instagram.com/fukuberry104/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/29da104
facebook:https://www.facebook.com/toshi.fukuda.73

著書
『市民農園1区画で年間50品目の野菜を育てる本』(学研プラス)
『フクダ流家庭菜園術』(誠文堂新光社)
『福田さんのラクラク大収穫!野菜づくり』(学研パブリッシング)

ミョウガ(みょうが・茗荷)栽培の特徴

ミョウガの蕾
出典:写真AC
ミョウガ(みょうが・茗荷)は古くから日本で栽培されてきた、日本生まれの野菜。そのため、気候や地質が合っており、非常に育てやすい野菜でもあります。日陰でも育つので一度植えたらほぼ放ったらかしで、毎年出てくるというから驚きですよね。

栽培カレンダー

ミョウガの栽培カレンダー
イラスト:rie

栽培適温

20~30℃

連作障害

土作りができていれば障害は起こりません。

植え⽅

 

栽培のポイント

栽培の際に特段気にすることはなく楽に育てられますが、乾燥に弱いので乾燥が激しい場合は水をあげるようにしましょう。

家庭菜園で栽培するミョウガの品種って?

ミョウガ畑
出典:PIXTA
ミョウガにはトマトやキュウリのように品種はありません。ホームセンターでも「ミョウガ」として地下茎が販売されています。食用としているのが日本だけであり、品種改良もそれほどされてきた野菜ではないからです。
品種として知られるものをあえて挙げるとすれば「陣田みょうが」(昭和初期に、現在の群馬県高崎市陣田地区に自生していたものを栽培し始めたもの)や、「早稲田みょうが」(明治以降栽培されていなかったが最近になって復活)などがありますが、いずれもレアもので地下茎をゲットするのは難しい品種です。

ミョウガの栽培⽅法|地植え・プランター

ミョウガの芽
出典:PIXTA

土づくり

・地植えの場合:無肥料でも大丈夫ですが、春に一度ボカシ肥料を適当に振るぐらいです。
・プランターの場合:水やりをかねてボカシ液肥をやればよいでしょう。

植え付け

地植えの場合

ミョウガは乾燥を嫌うので、日陰~半日陰の乾燥しづらい場所に植え付けるのがおすすめ。
植え付け後は腐葉土を数センチかけておくと良いでしょう。

プランターの場合

プランターではあまりやりませんが、60センチプランターで地下茎3個ぐらいを植え、土を3センチ程かける程度でOKです

必要な栽培スペースと植え付け方

ミョウガの植え方
図:AGRI PICK編集部
・A:畝の幅70cm
・B:株間30cm
※畝に高さは必要ありません


水やり

地植えの場合

余程乾燥しているとき以外は不要です。

プランターの場合

土が乾いたら行うようにしてください。

追肥

地植えの場合

不要です。

プランターの場合

水やりを兼ねて液肥を適宜行うと良いでしょう。

病害虫

病害虫は余程のことが無い限り見られることはありません。

収穫

撮影:福田俊
私たちが食べているものは、実はミョウガの蕾(つぼみ)。ミョウガは夏から花芽が出始めますが、白い花が開く寸前のつぼみを収穫します。

翌年の準備

ミョウガは地下茎が伸びているあいだは栽培し続けることができます。秋に落ち葉をのせておくぐらいで、翌年も元気に芽が出てきますよ。

植え替え

福田先生のミョウガ
撮影:福田俊
ミョウガは生命力が強く、地下茎はどんどん伸び続けます。そのため、常に新しい地下茎になっているので植え替えは不要です。
福田先生のミョウガは、なんと10年以上生え続けているそうです。

栽培したミョウガの保存⽅法

山盛りのミョウガ
出典:写真AC
野菜用保存袋に入れて冷蔵します。採れすぎてしまった場合は、袋に入れて冷凍してしまえばずっと保存できますよ。

栽培したミョウガのおいしい食べ方

野菜の漬物
出典:PIXTA
薬味にするのは一般的ですが、たくさん取れたときは煮て食べると意外とおいしいとのこと。お漬物にすれば、夏にぴったりな爽やかなおつまみに!

便利な薬味、ミョウガを栽培しよう

ミョウガは家庭菜園初心者でも比較的栽培しやすい野菜です。そうめんや冷奴など、夏の定番メニューに大活躍するミョウガをぜひ育ててみてくださいね。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索