農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ロウバイの剪定方法|美しい樹形と花の香りを楽しむための適切な時期や仕方を図解付きで解説!

ロウバイの剪定方法|美しい樹形と花の香りを楽しむための適切な時期や仕方を図解付きで解説!

しなやかに伸びる幹と冬の花が美しいロウバイは、育て方が簡単で、上手な剪定方法を知れば、長きに渡って存在感のある庭木に。最適な剪定時期、ロウバイの木らしい樹形の維持や花付きを良くさせる剪定の仕方など、イラストの図解付きで解説します!


ロウバイ

出典:写真AC
冬に梅の花に似た黄色い花を咲かせ、甘い香りが楽しめるロウバイ。日除けや防寒対策など必要がなく管理も楽な庭木ですが、剪定(せんてい)を怠ってしまうと、美しい樹形がいつの間にか崩れてしまうことも。樹形を美しく保ち、花付きが良くなるロウバイの剪定の仕方についてまとめました!

ロウバイの剪定について教えてくれるのは、庭師の野添匠さん

野添匠さん
提供:みちのく庭園
青森県八戸市出身。2017年から2年半、カナダのトロントで造園を学び、2020年に株式会社みちのく庭園入社。生け花を通じて植栽のインスピレーションをもらうことも。趣味はサーフィン。
「庭職人としてのルーツは“洋”ですが、自分の中にある“和”とうまく融合させて、日本人の心ある庭を作庭するのが夢。また、街の緑を増やし、地球と人に優しい環境をつくっていきたいと思っています。」

みちのく庭園HP:https://michinoku-teien.com/
Instagram:https://www.instagram.com/nzetkm/

ロウバイの剪定は年に2回のペースで

ロウバイ
出典:写真AC
花の香りが強く、日本の四大香木の一つに数えられるロウバイ。秋に紅葉したあと、葉が一斉に落ちる落葉性の木で、冬に花を咲かせる品種や夏に咲く種類もあります。
剪定は年に2回のペースで、基本的には幹や枝葉が混みあっている箇所や背丈が高くなり過ぎた箇所を切るだけです。ロウバイはひこばえ(地面から生える幹)が出やすく、放置すると樹形が乱れ、見た目が悪くなります。

四大香木とは
香りが良く、古くから日本で親しまれているジンチョウゲ(沈丁花)、クチナシ(梔子)、キンモクセイ(金木犀)の3つ花木を「三大香木」と呼びます。そこにロウバイを加えた総称が「四大香木」です。

野添 匠さん
野添 匠さん
ロウバイの剪定をせず放置すると樹形が乱れ、太い幹を切り落とすような強剪定が必要になります。しかし、強剪定をすると枝が徒長してさらに枝が暴れるように伸びてしまうことになるので、定期的に剪定をすることが大切です。
また、別品種のクロバナロウバイは、ロウバイよりも生長スピードが遅く、剪定する頻度が少なくて楽です!

ロウバイの詳しい育て方はこちらの記事をチェック!


ロウバイの剪定時期は、3月と7月下旬〜8月

ロウバイ
出典:写真AC
ロウバイの剪定は、花が咲き終わって新芽が出るころの3月と、新芽の葉が出て硬くなるころの7月下〜8月にしましょう。花芽を形成し始める6〜7月に剪定をすると、花芽を切り落としてしまい花が咲かなくなります。
野添 匠さん
野添 匠さん
ロウバイの葉が出てから剪定すると、切る枝を選びやすいですよ。また、年2回が厳しい場合は、3月に剪定するだけでも、樹形は整いやすいです。

ロウバイの鑑賞や剪定などの手入れの時期

ロウバイ庭木カレンダー
イラスト:柴崎光一
  • 鑑賞期:10〜11月(紅葉)、12月中旬〜2月(花)
  • 結実期:9月
  • 植え付け、植え替え:2月中旬〜3月、11〜12月
  • 肥料:鉢植え/4〜7月、庭植え/4〜5月、9月上旬、寒肥/12月
  • 剪定:3月、7月下旬〜8月

花が咲くまでの数年間もしっかり剪定を

ロウバイ
出典:Flickr(Photo by kianon
ロウバイは土に植え付けてから、根付くまでのスピードが遅いため、花芽が付くのに約5〜8年はかかるといわれています。花が咲くまでの数年間は、幹やひこばえ、枝葉を定期的に剪定し、花芽がたくさん付きやすいように整えてあげましょう。
野添 匠さん
野添 匠さん
生長のスピードは、ロウバイが育つ地域や場所によって違いますが、地植えのロウバイを別の場所へ移植した場合は約2年後、鉢植えやポットで育った苗木を地面に移し替えた場合は約5年後から生長が早まり、花も咲きやすくなります!

美しい樹形と花の香りが楽しめる庭木に!ロウバイの剪定ポイント

ロウバイ
出典:Shutterstock
庭木に使われる木を大きく分けると、地面から出る幹が1本の「単幹樹形」と、幹が複数出てくる「株立ち樹形」と呼ばれる2種類があります。ロウバイは株立ち樹形で、細い幹が数十本と地面から伸び、株が扇状に広がります。

Point1. 株の上部の葉や枝を、光が差し込む程度に伸ばす

ロウバイ
出典:写真AC
幹の株元付近からも細い枝(胴吹き枝)がたくさん伸びるため、株の下部がこんもりとした姿になりやすいロウバイ。株元付近の細い枝を切り落とし、株の上部に枝葉が伸びるように仕立てると樹形は美しく、生長も良好になります。

Point2. 栄養が花芽にいくように、余分な幹を切る

ロウバイ
出典:Flickr(Photo by Johnny Jin
花や実の付きが良くなるように、幹から横に高く伸びた枝や、すでに開花した古い枝を切り落とします。樹高が2〜3m前後に収まるよう、できるだけコンパクトに仕立てましょう。そうすることで栄養が分散せず、花や実がたくさん付く木になりますよ!

図解付き!ロウバイの上手な剪定方法

ロウバイ
出典:Flickr(Photo by qooh88
枝葉を切るときは、切った面に水がたまって腐らないように、斜めに切ったり切り詰め過ぎたりしないように注意しましょう。

Step1. 株元からでるひこばえを切り落とす

ロウバイ剪定
イラスト:柴崎光一
まずは、地面や株元から生えるひこばえを付け根部分で、全て切り落としましょう。花が咲きにくくなった古い幹がある場合は、ひこばえを伸ばして株を新しく更新することもできます。

剪定のコツ|美しいロウバイにするために残す幹の数

  • 幹を5〜8本程度残す:自然樹形やすっきりとしたたたずまいの樹形に。
  • 幹を3〜5本程度残す:しなやかに伸びる美しい幹が際立つシンボルツリーに。

Step2. 株元に近い余分な枝(胴吹き枝)を切り落とす

ロウバイ剪定
イラスト:柴崎光一
幹の胴回りに生える余分な細い枝葉は、全て切り落としましょう。中途半端に枝を残してしまうと、そこからすぐに新しい枝葉がたくさん伸びて、樹形を乱すだけでなく枝葉が混み合って生長も悪くなります。

剪定のコツ|枝節の近くを切る

枝葉を切るときは、必ず枝分かれした節の数ミリ上で切ります。切る位置が幹に近いと傷口の治りも早くなりますよ!

Step3. 枯れた枝や古い枝を透かし剪定できれいに

ロウバイ剪定
撮影:柴崎光一
枯れた枝や古い枝を放置すると、新しい枝の生長を妨げたり、上から落ちてきてけがをする危険性もあったりするので、透かし剪定で間引くように切り落としましょう。枯れた枝や古い枝を切ることで木全体がすっきりして、剪定すべき枝を見つけやすいですよ。

剪定のコツ|根元や枝分かれしている箇所を切り落とす

枯れた枝は地面近くの根元から、古い枝は根元または新しい芽が出ている枝分かれした箇所から切り落とします。

Step4. 徒長した枝を切り戻す

ロウバイ剪定
イラスト:柴崎光一
幹から太く伸びる枝には、またさらに小さく伸びた枝葉がいくつも伸びています。勢いよく伸びた徒長枝(とちょうし)は、幹の枝分かれした箇所まで切り戻しましょう。
野添 匠さん
野添 匠さん
ロウバイの花芽は徒長した枝には付きにくく、同じ年に新しく伸びた短い枝に付きます。夏の剪定は徒長枝を切り落とし、花芽がついている枝はできるだけ残すようにして剪定すると良いですよ。

剪定のコツ|樹高が高過ぎるときは、幹を切り戻す

背が高くなり過ぎたロウバイは、上部の伸び過ぎた枝を好みの高さまで切り戻して剪定しましょう。幹の先端を切ることで、下部の枝に花芽や実が付きやすくなります。

Step5. 株の内側の枝葉が混み合っている箇所を切り落とす

ロウバイ剪定
イラスト:柴崎光一
株の内側の日当たりや風通しが良くなるように、

・平行に同じ方向へ伸びる枝
・地面に向かって伸びる逆さ枝
・枝同士が十字に交差するような枝
・中心の幹側(株の内側)に向かって伸びる枝

を、枝分かれしたところまで切り戻します。
できるだけ株の外側へ伸びる枝を残して剪定するようにすると、傘を広げたような見栄えの良い樹形になります。

剪定のコツ|全ての枝を切り詰めない

全ての枝を切り詰めてしまうと、そこから新しい芽が出て枝葉が多くなり、病害虫の被害にあったり、樹形を崩すように生長してしまったりすることもあるので注意しましょう!

剪定の種類や切るべき不要な枝についてはこちらの記事をチェック!


ロウバイの剪定後にするべきこと

ロウバイ
出典:Flickr(Photo by Real Jardín Botánico
ロウバイの剪定後、そのまま放置してしまうと、木が病気にかかって枯れてしまうこともあります。剪定で大きなストレスを受けたロウバイが、早く元気に生長するためにするべきことを知っておきましょう。

枝の切り口には癒合剤を塗っておこう!

切り口
出典:写真AC
ロウバイの剪定が終わった直後に、枝の切り口からウイルスが入らないよう、癒合剤を塗って殺菌とコーティングをしましょう。とくに太い枝や幹の切り口はウイルスが入りやすいので、癒合剤は必須!傷口の治りも早いですよ。

おすすめの癒合剤

ITEM
トップジンMペースト
殺菌剤を含んだ、使いやすいチューブタイプの癒合剤。

・内容量:100g

水やりと施肥は忘れずに

施肥
出典:Shutterstock
剪定後のロウバイは、新しい芽を出そうとします。その生長をサポートするために、水と肥料を適度に与えましょう。土の中に指を入れ、中まで乾燥しているようであれば、液体タイプの肥料を混ぜて水やりをします。ただし、水も肥料も与え過ぎると根腐れや生長不良を引き起こすことも。剪定後は、土の中の水分量や木の様子を観察して、与え過ぎに注意してくださいね。

日当たり・風通しを良くする

ロウバイ
出典:写真AC
ロウバイを鉢植えで育てている場合は、剪定が終わったら、風通しが良く日中の強い直射日光が当たらない半日陰に移動させます。ただし、湿気が多い場所ではカビが発生しやすく、病気にかかりやすいので避けましょう。

道具をそろえて安全に!ロウバイの剪定に必要なもの

剪定道具
出典:Shutterstock
ロウバイの剪定に必要、またはあるといい道具はこちら!作業中に株元に敷いておくと便利なブルーシートや、切った枝葉や幹を入れるゴミ袋も用意しておくといいですよ。

剪定ばさみ

剪定ばさみ
撮影:柴崎光一
剪定ばさみは、枝葉や幹を切るのに必要な道具です。グリップ部分がゴム製など、手から滑りにくいものがおすすめ!自分の手の形にフィットするような、使いやすいものを選んでくださいね。

詳しい剪定ばさみの選び方・使い方については、こちらをチェック!


ノコギリ

のこぎり
出典:写真AC
ひこばえなど、太く伸びた幹や枝を切るときは、ノコギリを使って切り落としましょう。枝の切り口の断面がきれいに切れ、水がたまりにくいです。

詳しいノコギリの選び方・使い方については、こちらをチェック!


手袋

剪定ばさみと手袋
撮影:柴崎光一
枝葉や幹を素手で触ると、ケガをする危険があります。事故防止のためにも、ロウバイの剪定をするときは、必ず手袋をして作業をしましょう。手のひらにクッションや滑り止めが付いているものが、太い枝などを握りやすくておすすめです。

おすすめの作業用手袋と選び方についてはこちらをチェック!


脚立

脚立
出典:写真AC
樹高が3mを超えるなど、大きめのロウバイの高さを調整するときは、脚立を使いましょう。脚立の上から木全体を見ながら剪定すると、バランスのとれた美しい樹形に。脚立は足掛けが4段ほどついた大き過ぎないものが、低木のロウバイとの高さがちょうど良く、作業がしやすいですよ。

おすすめの脚立と選び方についてはこちらをチェック!


剪定の時期を守り、ロウバイの冬の花と香りを楽しんで!

ロウバイ
出典:写真AC
ロウバイは、春と夏の適切な時期に剪定すると花芽が付きやすく、冬でも華やかな花と香りが楽しめる庭木になります。スタイリッシュで美しい樹形をイメージして、剪定してみてくださいね!

1

表示中の記事: 1/3ページ中

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
柴崎 光一

建築とインテリアのかぶれ者。植物が大好き過ぎて、大自然のカナダの田舎町で植物と戯れながら、野菜・果樹・草木を使ったガーデニングの世界を開拓しています。建築と造園の経験に加え、趣味のさまざまな植物やコケの収集、植物アート作りを生かして、みなさんに植物とガーデニングの楽しさをお届けします!

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ロウバイの剪定方法|美しい樹形と花の香りを楽しむための適切な時期や仕方を図解付きで解説!