新顔野菜「カリフローレ」って知ってる!? おいしい食べ方から育て方まで教えます

最近はスーパーでも見かけるようになった新顔野菜「カリフローレ」を知っていますか?白い花のブーケのようなかわいらしい野菜カリフローレ。おすすめの食べ方から、プランターでの育て方や、畑での栽培方法まで詳しく解説します。種や栽培に必要なアイテムもご紹介します。


最近、スーパーでも見かけるようになった「カリフローレ」。カリフラワーによく似ていますが、いったいどんな違いがあるのでしょうか?
旬の時期からおいしい食べ方、そして家庭菜園での育て方まで詳しくお伝えします!

 

1. 便利でおいしい、スティックタイプのカリフラワー

すらりと長い軸に白い蕾のついたカリフローレは、まるで花束のようにかわいらしい野菜。歯ざわりのよい軸の部分と、ほんのり甘みのある蕾の部分の両方のおいしさが味わえるカリフラワーの改良品種で、調理のしやすさも人気のポイントです。
似ている仲間にスティックブロッコリー(茎ブロッコリー)がありますが、こちらは側花蕾(そっからい)と呼ばれるわき芽がたくさん伸びるタイプで、カリフローレは、株の真ん中につく頂花蕾(ちょうからい)の下の軸が長く伸びるという違いがあります。

カリフローレは、キャベツやブロッコリーと同じアブラナ科野菜で、涼しい気候を好みます。栽培する地域にもよりますが、初夏と秋から冬にかけて。ネット通販などで種も手軽に買えるので、自分で栽培する人も増えています。

 

2. どんな料理に使える?栄養価は?

食べ方

新鮮なカリフローレはくせがなく、生で食べてもおいしい野菜です。サクサクの歯ごたえと、ほんのりした甘みが楽しめ、削ったパルミジャーノ・チーズと合わせるだけで、おしゃれなサラダの完成!
サッとゆでると甘みがより強くなり、ほかの野菜と合わせてバーニャカウダにしたり、タルタルソースを添えたりと、しっかりした味つけをしても負けません。

栄養価

出典:pixabay
カリフローレの栄養価はカリフラワーとほとんど同じで、ビタミンCが100g中に81mgと豊富に含まれています。加熱しても壊れにくいのが特徴で、美肌や免疫力アップ、抗酸化作用などの効果が期待できます。ほかには、カリウムやビタミンB群、食物繊維なども多く含まれています。

 

3. カリフローレの育て方 ①苗づくり

まだお店に並ぶのはめずらしいカリフローレ。確実に食べたい!という方は、ぜひ自分で育ててみてはいかがでしょうか?
ポットに種をまいて丈夫な苗を育て、畑やプランターに植え付ける方法が、失敗が少なくおすすめです。
アブラナ科野菜は害虫に狙われやすいので、特に春から夏は、種まき後から害虫対策をしておくと安心です。


カリフローレの栽培カレンダー

出典:pixabay
種まき(苗作り):3月、8月
植えつけ:3〜4月、8〜9月
収穫:5〜6月、11〜12月

 

STEP1 用意するもの

カリフローレの種、ポリポット(3号)、鉢底ネット、野菜用培養土、移植ゴテ、ジョウロ

トキタ種苗 カリフローレ 50粒
ITEM
トキタ種苗 カリフローレ 50粒
・草勢極強、黒腐病等病害に対しても強く栽培容易。
・定植後80日(秋まき)、65日(春まき)目安で収穫可能。
・1株から数十本のカリフローレが収穫できる。

・Amazon 370円
・楽天 285円
育て方は普通のカリフラワーと同じです。すなわち、8月初旬に種をまき、9月中旬までに定植です。カリフラワー全般に言えることですが、苗になるまで防虫に気を付けること。葉が小さいうちに青虫に食われると致命的で定植できる苗になりません。定期的に殺虫剤散布でもよいのですが、べたがけシートや防虫網などを使って虫を寄せ付けないことが肝心です。 出典:Amazonカスタマーレビュー

STEP2 ポットの準備

ポリポットの底穴の上に鉢底ネットを敷き、縁から2〜3cm下まで培養土を入れます。

 

STEP3 種まき

深さ1cmのまき穴を等間隔に3カ所あけます。それぞれの穴に1粒ずつ種をまき、土をかぶせてたっぷり水やりします。日当たりのよい場所に置いて、土を乾かさないように水やりしながら育てます。

 

STEP4 間引き

発芽までは3〜7日。双葉がしっかり開いたら、形のよい芽をを2本残して、ほかを間引きます。本葉が2~3枚の頃にもう一度間引きをして、いちばん元気のよい株を残します。

 

STEP5 本葉5~6枚まで育てる

土が乾いたら水やりしながら、本葉5〜6枚まで育て、プランターや菜園に植えます。

 

4. カリフローレの育て方 ②プランターで育てる

苗が本葉5~6枚になったら、さっそく植えつけます。まずはプランターでの栽培方法から解説しましょう。日当たりのよい場所を確保して、たっぷり陽ざしを当てながら育ててくださいね。


STEP1 用意するもの

カリフローレの苗、プランター用の基本の道具を準備します。プランターは直径30cm程度の深型を選びましょう。春植えの場合は、防虫グッズも一緒に準備しておくと安心ですよ。
リッチェル 水ラク 丸プランター 30型 アイボリー
ITEM
リッチェル 水ラク 丸プランター 30型 アイボリー
・底面給水タイプで水やりが簡単。
・大容量の貯水ができる。
・余分な水をオーバーフローする仕組みで根腐れを防止。

・Amazon 1,025円
・楽天 720円


ガーデンバック
ITEM
ガーデンバック
・ベランダでの育成にの不織布が土の流出を防ぎ、鉢底石いらず。
・ポット全体から排水するため排水穴がなく、虫やナメクジ等の侵入の心配もない。
・厚手の不織布を使用しているので耐久性も抜群。
・必要のない時はコンパクト収納できる。

・Amazon LS Hyindoor ガーデン庭バック 999円
(直径45cm×高さ35cm)
・楽天 不織布ガーデンバック 30cm
(直径30cm×深さ30cm)


第一ビニール プランター用 すっぽり 虫よけ カバー 大
ITEM
第一ビニール プランター用 すっぽり 虫よけ カバー 大
・プランター栽培にかぶせるだけのカンタン設置!
・アオムシ(モンシロ蝶)、コナガ、アブラムシ、ヨトウムシなどの害虫の侵入防止に。

・サイズ:幅75cm×奥行40cm×高さ60cm
・プランター適合サイズ:幅70cm以内×奥行39cm以内×高さ32cm以内

・Amazon 1,600円
・楽天 999円
今年購入した家庭菜園グッズの中でも大当たりの商品です。
大きめのプランターにもすっぽりとかぶせることができ、今まで虫除けネットをかぶせてひもで結んで・・・と面倒だった作業がとても楽になりました。
地植えのスティックブロッコリーにも
マルチの上に)かぶせて、U字の支柱で押さえると隙間もぴったり埋まり、強風にも飛んでいきません。ちょっとしたトンネルの代用として使えます。 出典:楽天みんなのレビュー


 

STEP2 プランターの準備

プランターの底に鉢底ネット、鉢底石を敷きます。縁から2~3cm下まで野菜用培養土を入れて、表面を手でならします。

 

STEP3 苗の植えつけ

プランターの真ん中に、苗のポットと同じ大きさの穴を掘り、苗のポットをはずして植えます。すき間ができないように手で土を寄せて、軽く押さえましょう。 最後に、プランターの底から流れ出るくらいたっぷりと水やりします。

 

STEP4 害虫対策

アブラナ科野菜は、アオムシやアブラムシ、コナガの幼虫などがつきやすくなります。特に株の中心部を食べられるときれいな蕾ができないので、防虫ネットをかけて入り込まれないようにしましょう。水やりや肥料やりのあとも、忘れずにかけ直してくださいね。

 

STEP5 肥料

植えつけから3~4週間たつと、培養土の肥料がきれてきます。固形または液体の野菜用肥料を追加で与え、株を大きく育てましょう。肥料をまく量や回数は、製品のパッケージを参考にしてください。

 

STEP6 収穫

植えつけから2カ月ほどたつと、株の中心に白い蕾が見えてきます。すぐに収穫せずに、蕾の下の軸が伸びて枝分かれてしてくるまで待ちましょう。収穫は軸を長めにつけて包丁で切り取ります。

 

5.カリフローレの育て方 ③畑で育てる



畑でも、育て方の基本はプランターと同じです。たくさん収穫したいという方は、こちらがおすすめ!

 

STEP1 用意するもの

カリフローレの苗、菜園用の基本の道具、防虫グッズを準備します。

トンネル支柱 おてがる君 NEW防虫ネット
ITEM
トンネル支柱 おてがる君 NEW防虫ネット
・間口90cm×長さ420cm×高さ50cm
・トンネル支柱とシートが一体になっているので他に部材は必要なし。
・防虫ネット使用のため、無農薬で植物を栽培できる。
・アルミテープ入りでコナガやアブラムシなどの害虫を寄せ付けない。

・Amazon 4,622円
・楽天 4,980円


 

STEP2 土作り

土作りは、栽培を始める1〜2週間前に済ませておきましょう。栽培スペース全体に石灰をまき、クワで耕して土となじませ、土の酸度がpH6.0〜6.5になるように調整します。次に堆肥と肥料をまき、しっかり耕して土となじませます。

 

STEP3 苗の植えつけ

クワで土を10cmほど盛り上げて畝を立て、レーキなどで表面をならします。苗のポットと同じ大きさの植え穴を掘り30cm間隔で苗を植えつけます。植え終わったら、全体にたっぷり水やりします。

 

STEP4 害虫対策

苗を植え終わったら、トンネル用支柱を設置し、すき間ができないように防虫ネットをかけます。

 

STEP5 肥料

植えつけから2~3週間たったら、固形タイプまたは液体タイプの野菜用肥料を与えます。固形肥料の場合は、株の周りにまいて土と軽く混ぜ、液体肥料は、パッケージの記載通りに水で薄めて水やりと同じようにジョウロでかけます。肥料はその後も定期的に与えましょう。

 

STEP6 収穫

蕾の下の軸が伸びて、枝別れしてきたころが収穫のタイミング。軸を長めにつけて、包丁で切り取って収穫しましょう。

 

6.カリフローレは、毎日のおかずやお弁当にも大活躍

カリフローレはとれたてのほうが歯ごたえがよく、おいしいので、ぜひ収穫したてをサラダや温野菜で食べてみてください!
保存するときは、かためにゆでて冷凍しておけば、いつでも使えて便利です。
オリーブオイル炒めや中華風炒め、ベーコンや肉巻き、蒸し野菜など、いろいろな料理で活躍するカリフローレ。サイズもコンパクトで、お弁当のおかずにも重宝しそうですね!

 

紹介されたアイテム

トキタ種苗 カリフローレ 50粒

トキタ種苗 カリフローレ 50粒

¥285 税込

リッチェル 水ラク 丸プランター 30型 アイボリー

リッチェル 水ラク 丸プランター 30型 アイボリー

¥720 税込

ガーデンバック

ガーデンバック

¥464 税込

第一ビニール プランター用 すっぽり 虫よけ カバー 大

第一ビニール プランター用 すっぽり 虫よけ カバー 大

¥999 税込

トンネル支柱 おてがる君 NEW防虫ネット

トンネル支柱 おてがる君 NEW防虫ネット

¥3,580 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード