農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 100均グッズでポトスタワーを自作!つるの這わせ方やヘゴ柱の代用アイデア、プロ直伝のおしゃれな支柱も紹介

100均グッズでポトスタワーを自作!つるの這わせ方やヘゴ柱の代用アイデア、プロ直伝のおしゃれな支柱も紹介

編集スタッフが、ポトスの支柱仕立て「ポトスタワー」作りに挑戦!100均グッズで支柱も自作しちゃいました。また、観葉植物のプロがヘゴ柱のおしゃれな代用テクニックも紹介!ポトスの支柱への這わせ方やポトスタワーの手入れ方法も要チェックです!!


ポトスの葉

出典:写真AC
つる性の観葉植物「ポトス」は、ハンギングスタイルで楽しむことが多いですが、実は支柱に這わせて育てるのもおすすめ!その存在感ある見た目から「ポトスタワー」とも呼ばれ、人気を集めています。
そんなポトスタワーは、自作することも可能!苗から育てれば、支柱を這って伸びていくポトスの生長過程も観察できますよ♪
そこで今回は、観葉植物のプロにアドバイスをもらい、編集スタッフがポトスタワー作りにチャレンジしました!果たしてうまくできるのか…?ぜひチェックしてみてくださいね。

ポトスの詳しい育て方はこちらの記事で!


ポトスの支柱仕立てについてアドバイスしてくれたのは

白田 仁さん

白田仁さん
撮影:AGRI PICK編集部
ボタニカルショップ「NEO GREEN 渋谷」オーナー。
NHK「趣味の園芸」テキストで、園芸ダイアリーの観葉植物を担当し、執筆・監修を2年間務める。そのほか、インテリアグリーンに関する本の監修も多数。店舗で扱う植物は、全て自身の目で厳選し、鉢合わせしたもの。植物とかわいらしいネコ達との暮らしが垣間見れるインスタグラムは必見!

HP:http://www.neogreen.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/neo_green/

NEO GREEN 渋谷

NEOGREEN渋谷
画像提供:白田仁
あわただしい現代生活を送る都市生活者に向け、グリーンポットを提供。観葉植物をよりインテリアに取り入れやすいよう、「景色をつくる」鉢合わせを追求しています。
「NEO GREEN 渋谷」では、ほっこりかわいらしい「どんぐりポット」から、マニアックな多肉・観葉植物まで、さまざまな植物に出合うことができます。

ADDRESS:東京都渋谷区神山町1番5号グリーンヒルズ神山 1階
OPEN:12:00-20:00
TEL/FAX:03-3467-0788
E-MAIL:shibuya@neogreen.co.jp
定休日:月曜日(祝祭日にあたる場合は火曜日)

白田さん監修・観葉植物の記事をチェック!

グリーンライフの提案

ポトスタワーの作り方のポイント|支柱の長さやツルの這わせ方など

ポトスの葉
出典:写真AC
まずは、ポトスタワー作りに大切なポイントをチェックしておきましょう!

Point1. ポトスの選び方

ポトスの葉の向き
撮影:AGRI PICK編集部
支柱仕立てにするためのポトスの苗は、できればまだつるが伸びていないものがベター。長く伸びたポトスでも使えますが、つるを垂らして育てていたものは、支柱にからめると葉が下を向いてしまったりと、バラバラな見た目になってしまいます。支柱にからめて育てていくうちに、少しずつ葉の向きがそろってはきますが、最初からきれいに見せたいのであれば、まだ短いポトスを使うか、親株から挿し芽(挿し木)にして育てていくのがおすすめです。

ポトスを挿し芽にする方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています!


Point2. 植え付けるポトスの株数

支柱仕立てにするためのポトスの株は、1株だけでも大丈夫です。しかし、株数が少ないと、フサフサのポトスタワーに育てるまでに時間がかかってしまいます。鉢の大きさにもよりますが、何株か植え付けたほうが効率良くポトスタワーが作れます。

Point3. 支柱の長さ

支柱の長さはお好みでOK。ただ、短いよりは長さのあるほうが、より存在感のあるポトスタワーになります。

Point4. 支柱の材質

ポトスは、自生地では気根を伸ばしてほかの樹木に張り付き、水分を吸収します。そのため、ポトスを這わせる支柱を選ぶときは、ヘゴ柱や流木など表面がザラザラとしていて、水分も保持できる材質のものがおすすめです。

Point5. 鉢の選び方

支柱の重みで倒れないように、適度な深さがある鉢を選びましょう。また、植え付ける株の数が多いのであれば、その分大きなサイズの鉢を使うようにしてください。

観葉植物の鉢選びはこちらの記事で!


Point6. 支柱への這わせ方

ポトスが支柱に活着するまで、ビニールタイや麻ひもなどで押さえておくようにします。ある程度つるが伸びて、気根がしっかりと張り付いたらひもは外しましょう。

ネットを支柱の代用に!100均アイテムでポトスタワーを作ってみました

それではさっそく、ポトスタワー作りに挑戦!ステップごとに作業内容をお伝えしていこうと思います。

用意した材料

ポトスタワーの材料
撮影:AGRI PICK編集部
家にあったのは、土と鉢底石、水ゴケ、はさみと土入れのみ。そのため、ほかに必要な材料は、100均ストアで購入しました。ヘゴ柱は残念ながら100均にはなかったため、園芸コーナーにあった鉢底ネットをアレンジして支柱を自作することに!

ポトス

ポトスの親株をカットして挿し芽にします。

深さのある7号鉢をチョイス。100均では、大きめの鉢はプラスチック製しかありませんでした。軽いのでちょっと心配ですが、深さがあるので大丈夫そうです。

鉢皿

室内に置くため、鉢皿も購入しました。

鉢底ネット

支柱の本体を作るために、目の間にポトスの気根が入り込みやすい鉢底ネットをチョイスしました。

ワイヤー入りビニールタイ

鉢底ネットを円筒形に固定するため、ビニールタイを使います。ワイヤー入りなので加工がしやすく、簡単に留めることができます。

水ゴケ

気根は水分を求めて伸びていきます。そのため、水分を含ませやすい水ゴケを支柱の芯材にすることにしました。

ポトスの土は、水はけの良いものが適しています。観葉植物用の土がベターではありますが、今回は手持ちの草花と野菜用の土に、赤玉土(小粒)を半分混ぜて排水性を高めることにしました。

鉢底石

水はけを良くするために、鉢の底に敷いて使います。

はさみ

ポトスをカットして、挿し芽をつくる際に使用。

土入れ

土を入れるときにあると作業がはかどります。

Step1. 挿し芽用にポトスをカットする

ポトスをカット
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスの挿し穂
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスをカットして、挿し穂を作ります。今回は6本用意しました。

Step2. 鉢底ネットで支柱を作る

鉢底ネットをカット

鉢底ネット
撮影:AGRI PICK編集部
ネットを切る
撮影:AGRI PICK編集部
鉢底ネットを適度な大きさにカットします。編集スタッフは、直径5cm×長さ50cmの支柱になるように切りました。ネットが丸まっているので、ちょうど良い感じです。

ビニールタイでネットを円筒形に固定

丸めて固定したネット
撮影:AGRI PICK編集部
丸めたネット
撮影:AGRI PICK編集部
鉢底ネットを丸い支柱にするために、ワイヤー入りのビニールタイで固定しました。見映えを良くするために、全て内側から留めたかったのですが、手が入らないためやむをえず外側からぐるりと巻くことに…。

Step3. 鉢底石を敷く

鉢底石を入れる
撮影:AGRI PICK編集部
鉢の底に鉢底石を敷き詰めます。

Step4. 支柱を立てて土を入れる

支柱を立てる
撮影:AGRI PICK編集部
鉢の真ん中に支柱を立て、周りに土を入れます。

Step5. 支柱に水ゴケを詰める

水苔を詰める
撮影:AGRI PICK編集部
割り箸で水苔を押し込む
撮影:AGRI PICK編集部
鉢底ネットで作った支柱の中に、軽く水を絞った水ゴケを詰めます。長いので、割り箸を使って下のほうまで押し込みました。

Step6. 割り箸で土に穴をあけ、ポトスを植え付ける

割り箸で土に穴をあける
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスの気根の向き
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスを植え付ける
撮影:AGRI PICK編集部
割り箸で土に穴をあけ、支柱の周りにポトスを植え付けます。気根が支柱のほうに向くように植えると、比較的早く、スムーズに巻き付いてくれます。支柱とポトスの間が離れ過ぎていると見映えが良くないため、近くに植え付けましょう。

Step7. 土を足す

土を足す
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスの挿し穂を手で押さえる
撮影:AGRI PICK編集部
挿し穂が安定するまで土を足し、手で軽く押さえます。

Step8. 水やりをしたら完成!

水を与える
撮影:AGRI PICK編集部
支柱仕立ての完成
撮影:AGRI PICK編集部
最後に、鉢土と支柱に詰めた水ゴケに水やりをしたら完成です!プラ鉢だと味気ないので、家にあったカゴを鉢カバーにしてみました。支柱は、土に埋めた分短くなってしまい、イメージしていたより低い感じに…。ポトスが伸びてきたら、ネットを継ぎ足してもっと長くしようと思います!

プロならではのアイデア!流木を使ったおしゃれな支柱仕立て

流木を使ったポトスの支柱仕立て
撮影:AGRI PICK編集部
観葉植物のプロ・白田さんが、流木を支柱にするとっておきのアイデアを教えてくれました!
流木のナチュラルな形を活かすことで、まるでアート作品のような雰囲気に。ポトスを巻き付けなくても、そのまま置くだけでも十分おしゃれですよね。
白田仁さん
白田仁さん
凹凸している流木は、ポトスの気根が入り込みやすく、水分も保てるので支柱にはぴったりなんですよ。流木以外にも、水が染み込むようなザラザラとした材質の木材もおすすめです。
流木は形や大きさなどによって印象が大きく変わるので、おしゃれに見えるかどうかは、自分のセンス次第!好みの形をぜひ見つけてみてくださいね。

流木を支柱にする方法

流木を使った支柱
撮影:AGRI PICK編集部
針金でつなぐ
撮影:AGRI PICK編集部
斜めにカット
撮影:AGRI PICK編集部
とってもおしゃれな支柱ですが、作り方は意外と簡単!流木と角材それぞれに、キリで穴をあけたら、太い針金でつないでボンドで固定するだけでOKなんです。
白田仁さん
白田仁さん
角材の先は、鉢底穴をふさいで水はけが悪くならないよう、斜めにカットします。

ポトスタワーにする方法

Step1. 鉢の中央に支柱を立てる

支柱を挿す
撮影:AGRI PICK編集部
支柱を中央に置いて手で押さえながら、支柱が自立する高さまで、鉢底用ゴロ土と培養土を一気に入れます。
白田仁さん
白田仁さん
鉢底用ゴロ土が大粒の赤玉土などの場合は、支柱を挿したときに粒が砕けてしまう可能性があります。先に支柱を置いてから、ゴロ土と培養土を入れましょう。

Step2. ポトスの挿し穂を植え付ける

ポトスを植える
撮影:AGRI PICK編集部
支柱が安定するまで土を足したら、ポトスの挿し穂を植え付けていきます。支柱の前面だけでなく、裏側にも植え付けると、どこから見ても見映えのするひと鉢になります。

Step3. ポトスを麻ひもで固定する

麻ひもで固定
撮影:AGRI PICK編集部
ポトスの気根が伸びて支柱に活着するまで、麻ひもで根元付近を軽く固定します。ある程度ポトスが伸びたら外しましょう。

ポトスタワーの手入れ方法

ポトス
出典:PIXTA
美しいポトスタワーに育てるため、日ごろの手入れは以下の点に注意してくださいね。

鉢の向きを変える

室内の同じ場所に鉢を置いていると、明るいほうに向かってポトスが伸びてしまい、バランスが悪くなります。まんべんなく葉を茂らせるためには、定期的に鉢の向きを変えるようにましょう。

水やり

水やりは、鉢土だけでなく、ヘゴ柱などの支柱にもたっぷり与えましょう。支柱に張り付いた気根が水分を吸収し、生き生きと育ちます。

支柱を使ってポトスタワーを自作してみよう!

ポトス
出典:PIXTA
ポトスを支柱に這わせて上へ上へと伸ばしていくと、葉もどんどん大きくなって、自生で生えているようなワイルドな姿になります。垂らしているときとは、また違ったポトスの姿を楽しむことができますよ!狭いスペースに観葉植物を置きたいという人にも、ポトスタワーはおすすめです。お好みの支柱を使って、ぜひ緑のタワーを作ってみてくださいね。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 100均グッズでポトスタワーを自作!つるの這わせ方やヘゴ柱の代用アイデア、プロ直伝のおしゃれな支柱も紹介