この夏、絶対味わいたい!極甘とうもろこし品種12選

今注目の、とっても甘いとうもろこしの品種を集めました。糖度20度近い極甘コーンや白色、バイカラーなどのカラフル系、生食できる種類もご紹介します。さらに、とうもろこしの茹で方や電子レンジでの調理の仕方などおいしい食べ方も教えます。


出典:pixabay
進化し続ける野菜といえば、とうもろこし。「生でもおいしい!」「フルーツみたいな甘さ」・・・そんなキャッチフレーズの極甘とうもろこしが、毎年のように登場しています。お取り寄せや道の駅などでしか手に入らない、フレッシュな甘みのとうもろこしを、今年は家庭菜園で育ててみませんか?
絶対オススメの人気品種と、おいしさを逃さないゆで方のコツもご紹介します!

 

1. とうもろこし品種のマメ知識

出典:pixabay
とうもろこしの種類は、大きく分けて6種類あります。私たちがふだん、ゆでて食べる甘いとうもろこしは「スイートコーン」と呼ばれるタイプ。ほかには、乾燥させた粒を熱し、弾けさせて食べる「ポップコーン」、主に家畜の飼料などに利用する「デントコーン」、穀物として利用する「フラワーコーン」、デンプンが多くモチモチした食感の「ワキシーコーン」、硬粒種とも呼ばれ、主に加工用に利用される「フリントコーン」、粉に挽いて利用する「ソフトコーン」があります。
スイートコーン 出典:pixabay
ポップコーン 出典:pixabay
デントコーン 出典:pixabay
現在出回っているとうもろこしは、ほとんどがスイートコーンですが、昭和30年代ごろまでは「もちきび」「もちとうもろこし」と呼ばれるワキシーコーンや、「甲州とうもろこし」「八列とうもろこし」などのフリントコーンが多く栽培されていました。甘みはあまりないものの、独特の食感や力強い穀物の風味が楽しめる昔ながらの在来とうもろこしには、今もファンがいて、少量ですが全国各地で栽培されています。
ワキシーコーン(もちとうもろこし) 出典:楽天市場『黄糯玉米 黄もちとうもろこし』
現在主流のスイートコーンは、粒の色によってさらに3タイプに分けられています。すべての粒が濃い黄色の「ゴールデンコーン(黄粒種)」、粒が白く皮がやわらかい「シルバーコーン(白粒種)」、黄色と白の2色が混ざった「バイカラーコーン」があり、どれも甘みを売りにした品種が続々登場しています。
バイカラーコーン 出典:楽天市場『とうもろこし【カクテル】』
出典:Flickr(photo-by:John S. Quarterman)
ちなみにとうもろこしは、雌花(穂先から出る「ひげ」の部分が雌花です!)が咲いたときにほかの品種の花粉を受粉してしまうと、品種の特徴がうまく出ません。家庭菜園で栽培するときは、一つの品種に絞って栽培するか、いくつかの種類を育てる場合は、種まきの時期をずらして開花のタイミングが重ならないようにするのが、品種のおいしさを100%味わうコツです!

 

2. おすすめ!甘いとうもろこし品種12選!

出典:pixabay
ネーミングからして、いかにもスイートな品種がずらり!
品種選びは、糖度や食感、サイズなどのほかに、収穫するまでにかかる日数もチェックしてみてくださいね。一般に、日数が短いほど初心者向きです。


ゴールドコーン(黄粒種)

1. サニーショコラ88

甘さを追求して生まれた品種で、「フルーツコーン」の呼び名もあります。大きなものでは約500gと、ずっしりボリュームのある穂が収穫できます。

サニーショコラ88(種) 200粒
ITEM
サニーショコラ88(種) 200粒
・糖度:高いもので19度程度
・重さ:450〜500g
・栽培日数:87〜88日
ここ数年サニーショコラ88を毎年購入しています。茨城県鉾田市で家庭農園にて栽培。生でも甘く、ラップかけて電子レンジで数分暖めるとさらにおいしい。
30センチ間隔で直播で日の当たるとこらなら、問題なく収穫できるが、人口受精は必要。収穫近くなると色んな虫や鳥が食べに来るので要注意。 出典:楽天みんなのレビュー

2. ミルキースイーツ

粒皮が薄くてほとんど気にならず、口の中でプチッとはじけて甘みがジュワッと広がります。ゆで時間は2分半と短めでいただくのがオススメ!

ミルキースイーツ(種) 20ml
ITEM
ミルキースイーツ(種) 20ml
・糖度:15度程度
・重さ:370g程度
・栽培日数:84日前後
・内容:小袋 (20ml)
・参考価格:324円

3. みわくのコーン ゴールドラッシュ

先端までしっかり粒の入った穂がつきます。甘みの強さに定評のある品種で、とれたては生食もOK!

ゴールドラッシュ(種) 25ml
ITEM
ゴールドラッシュ(種) 25ml
・糖度:高いもので18度程度
・重さ:390g程度
・栽培日数:83〜84日
【参考価格】
・Amazon 791円
・楽天 388円
昨年初めて植えました。
とても甘くて、家族の評判が良かったです。
今年もこの品種を植えるつもりです。 出典:楽天みんなのレビュー

4. ミエルコーン

「ミエル」はフランス語ではちみつのこと。蜜のような濃厚な甘みと、シャキシャキしたさわやかな歯ごたえが同時に楽しめます。

とうもろこし ミエルコーン(種) 30ml
ITEM
とうもろこし ミエルコーン(種) 30ml
・糖度:17〜18度程度
・栽培日数:86日前後
・参考価格:378円

5. おひさまコーン7

ツヤツヤ光沢のある黄色い粒が、いかにもおいしそう!極甘とうもろこし「おひさまコーン」の改良種で、丈夫で家庭菜園でも育てやすいの品種です。

おひさまコーン7(種) 200粒
ITEM
おひさまコーン7(種) 200粒
・糖度:17〜18度
・重さ:400g程度
・栽培日数:86日前後
【参考価格】
・Amazon 640円
・楽天 645円
家庭菜園で毎年購入していますが、収穫もまずまずで満足しています。収穫量が多いときは、冷凍保存しています。 出典:Amazonカスタマーレビュー

6. シュガーマーケット

やや大きめの粒が穂の先端までしっかり入り、食べごたえたっぷり!もちろん甘みも格別で、風味豊かなとうもろこし。

シュガーマーケット(種) 200粒
ITEM
シュガーマーケット(種) 200粒
・重さ:380g程度
・栽培日数:84日前後
・参考価格:540円
何時もはホームセンターで種を購入していましたが、今回はこのお店で珍しい品種(シュガーマーケット)が見つかりましたので購入しました。
3月になったらビニール温室でポットへ種まきしてから畑に定植します。
病気と害虫に注意して育てます。
収穫が楽しみです。 出典:楽天みんなのレビュー

シルバーコーン(白粒種)

7. クリスピーホワイト

名前のとおり、サクッとクリスピーな食感が特徴で、甘さバツグン。収穫後、糖度が長持ちするのもうれしいポイントです。

クリスピーホワイト(種) 200粒
ITEM
クリスピーホワイト(種) 200粒
・糖度:16〜20度
・栽培日数:86日前後
【参考価格】
・Amazon 750円
・楽天 756円

8. ソフトクリン

純白の粒が美しく、ゆでたあともツヤツヤ。粒皮がやわらかで口当たりがよく、極上の甘さが楽しめます。

ソフトクリン(種) 小袋
ITEM
ソフトクリン(種) 小袋
・糖度:17度程度
・重さ:380g程度
・栽培日数:88日前後
・参考価格 346円

9. ロイシーコーン

かじった瞬間、口の中いっぱいに広がるミルキーな甘み!野菜ソムリエによる品評会では、北海道で栽培されたこの品種が3年連続で金賞を受賞しました。

ロイシーコーン(種) 200粒
ITEM
ロイシーコーン(種) 200粒
・糖度:17〜18度
・重さ:420g程度
・栽培日数:85日前後
・参考価格:690円

10. ホワイトショコラ

フルーティーで上品な甘みが人気で、その味わいは、まさに畑生まれのスイーツ!朝採りのとれたてを、ぜひ生で味わってみてください。

ホワイトショコラ(種) 200粒
ITEM
ホワイトショコラ(種) 200粒
・糖度:17度程度
・重さ:400g程度
・栽培日数:86日前後
・参考価格:720円

バイカラーコーン

11. スペリオルコーン グラビス

「ミエルコーン」と「ピュアホワイト」の2つをかけ合わせた新しい品種。どちらも甘みを重視した品種なので、これは期待できそう!濃い黄色と真っ白な粒のコントラストもきれいですね。

グラビス(種) 200粒
ITEM
グラビス(種) 200粒
・糖度:17〜18度
・重さ:400〜450g
・栽培日数:85日前後
・参考価格:570円

12. ドルチェヘブン

高いもので20度という超・高糖度!生でも、ゆでても、電子レンジでチンしても、格別の甘さが堪能できます。夏のヘルシーおやつとして味わいたいとうもろこしです。

ドルチェヘブン 出典:Amazon『ドルチェヘブン 種子』
・糖度:高いもので20度
・重さ:380〜400g
・栽培日数:85日前後

 

3. とれたてをすぐ調理がマスト!とうもろこしのおいしいゆで方

 width=
出典:写真AC
とうもろこしは鮮度が命!収穫してから時間が経つと、糖度がどんどん落ちてしまいます。畑でもいだら、すぐにゆでるか、電子レンジで調理しておいしさを逃さないようにしましょう。
一度に食べきれないときも、一度ゆでてから冷蔵するのがおすすめですが、時間がたつと水分が抜けてシワシワになってしまうのが難点・・・。そこで、とうもろこしの甘みを最大限に引き出しながら、みずみずしさもキープする調理のポイントをご紹介します!

水からゆでるのと、お湯からゆでるのでは食感も変わるので、どちらが好みか、食べ比べてみるのも楽しそうですね!

 

ゆで方1 水からゆでてジューシーに

出典:写真AC
一粒ひとつぶをふっくらジューシーに仕上げたいなら、水からゆでる方法がおすすめ!
塩はゆで上がってからふると、浸透圧で水分が出て、シワシワになるのを防ぐことができます。

1. ゆでる直前に外皮とひげを取り除き、鍋にとうもろこしと浸るくらいの水を入れ、火にかけます。
2. 沸騰したら、そのまま3~4分ゆでます。菜箸で転がしながら、全体にむらなく火を通しましょう。
3. とうもろこしの粒がふっくらしたら火を止め、ざるに上げて水を切り、お好みで塩をふります。

 

ゆで方2 お湯からゆででシャキシャキに

出典:写真AC
短時間で火を通し、シャキっと仕上げる方法です。水からのときと同じく、塩は最後にふりましょう。

1. 鍋にたっぷりめのお湯を沸かし、外皮とひげを取り除いたとうもろこしを入れます。
2. 菜箸で転がしながら、むらなく火を通し、3~4分たったら火を止め、ざるに上げます。お好みで塩をふります。

 

4. お手軽!電子レンジでチン!

出典:写真AC
最後は、「手間をかけずにとうもろこしが食べたい!」「大きな鍋がない!」そんな方におすすめの電子レンジ調理をご紹介します。
ちょっと手抜きっぽいですが、じつは、おいしさを逃さない優秀な調理法でもあるんです。

1. とうもろこしは薄皮1枚を残して外皮、ひげを取り除き、ぴっちりとラップで包みます。
2. 電子レンジ(600w)で4分半~5分を目安に加熱します。時間はとうもろこしの大きさによって調節してください。
3. 少し冷ましてから薄皮をむき、お好みで塩をふります。

夏になると絶対食べたくなるとうもろこし。今年は、品種選びと調理方法にこだわって、さらなるおいしさを追求してみませんか?




紹介されたアイテム

サニーショコラ88(種) 200粒

サニーショコラ88(種) 200粒

¥665 税込

ミルキースイーツ(種) 20ml

ミルキースイーツ(種) 20ml

¥324 税込

ゴールドラッシュ(種) 25ml

ゴールドラッシュ(種) 25ml

¥388 税込

とうもろこし ミエルコーン(種) 30ml

とうもろこし ミエルコーン(種) 30ml

¥378 税込

おひさまコーン7(種) 200粒

おひさまコーン7(種) 200粒

¥645 税込

シュガーマーケット(種) 200粒

シュガーマーケット(種) 200粒

¥540 税込

クリスピーホワイト(種) 200粒

クリスピーホワイト(種) 200粒

¥756 税込

ソフトクリン(種) 小袋

ソフトクリン(種) 小袋

¥346 税込

ロイシーコーン(種) 200粒

ロイシーコーン(種) 200粒

¥690 税込

ホワイトショコラ(種) 200粒

ホワイトショコラ(種) 200粒

¥720 税込

グラビス(種) 200粒

グラビス(種) 200粒

¥570 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード