マンパワーのすごさ、人手不足の怖さ|ハッピーファミリーファーマー日記 No.9

休校のおかげで季節労働者を確保して、田んぼの作業も大幅時短に。人手があるってすごい!熊本での家族経営農家の大津愛梨さんの日常を、生き生きした写真とともに知れる貴重な連載。「家族農業」を通じて、子育てや環境、教育などの新たな考え方が発見できるかも!?


トラクターと田んぼ

提供:O2Farm
熊本の米農家の母ちゃんが、日々の農作業や生活だけでなく、農業を通じてできる持続可能な環境作りや子育て、家族のことなどを週一で発信します。
これまでの「ハッピーファミリーファーマー日記」

猫でもいいのに人の手!しかも熟練で体力あり!!

ハウスの支柱にぶら下がる少年たち
提供:O2Farm
休校中の子どもたちが手伝ってくれて助かる、という話は農家仲間の中でよく出ます。農家の常識とまではいませんが、猫の手も借りたい時期の「季節労働者」をいかに確保できるか、というのは多くの農家にとって共通の課題です。

今年は誰も予測できなかった緊急事態が全世界を襲い、家に突然「季節労働者」が現れました。
梅雨までは我が家にとって一番忙しい季節なので、これはもうラッキーというしかありません。しかも普段から私が「リトルファーマーズ」と呼んでいる熟練さんたちが、この1年ですっかり大きくなり、リトルではなくなっているんですから。

そういえば熊本地震のときも今回も、「これが冬じゃなくて良かったよ」とポジティブに考えたものでした。ウチは米農家なので冬は仕事が少ないし、阿蘇の冬はマイナス10℃にまでなる寒さなので、家にこもって換気も時々しかせずに家族6人密接していたことでしょう。

最短記録を更新!

家族総出の農作業
提供:O2Farm
家族6人に加えて女子大生2人。全員で力を合わせて作業にあたったところ、田んぼに肥料をまく作業も、苗箱に土を入れる作業も、最短記録を大幅に更新!
「足るを知る」をモットーに、お互いの顔が見える関係づくりができる範囲で産直をしている我が家。この記録更新は、大規模な農家で全部機械化していたら大したことではないかもしれないですが、約5ヘクタールの水田の規模では劇的なできごとなんです。「あれ?もう終わった!」って。

勢い余って、他産業のお手伝いまで

荷物を運ぶ少年たち
提供:O2Farm
一方、人手不足でお悩みなのが運送会社さん。不要不急の外出を控えるための買い物や贈り物の配達は増えているのに、子どもが家にいるために休まれている従業員さんがいたり、密接を避ける必要があったりで人員が減っているらしく、配達員の皆さんはてんてこまい。

O2Farm(オーツーファーム)のお米は月に一度、自分たちで精米して袋詰めして全国にお届けしており、精米の日は100箱を優に超える荷物があります。その量を見ただけでため息をついていた配達員さんの様子を見て、息子たちに荷積みを手伝わせたところ、えらく感謝されました。体力の有り余っているティーンエイジャーたちにとっては、なんてことない作業&量だったんですが、あれを全部1人で運ぶのは相当大変だったでしょう。喜んでいただけて良かったです。

月間連載のコラムも掲載中!

【毎月更新!】月間連載アーカイブ「農業なくして持続可能な社会なし」
【週間連載】家族経営農家の日常を配信「ハッピーファミリーファーマー日記」

大津 愛梨(おおつ えり)プロフィール
1974年ドイツ生まれ東京育ち。慶応大学環境情報学部卒業後、熊本出身の夫と結婚し、共にミュンヘン工科大学で修士号取得。2003年より夫の郷里である南阿蘇で農業後継者として就農し、有機肥料を使った無農薬・減農薬の米を栽培し、全国の一般家庭に産直販売している。
女性農家を中心としたNPO法人田舎のヒロインズ理事長を務めるほか、里山エナジー株式会社の代表取締役社長、一般社団法人GIAHSライフ阿蘇の理事長などを兼任。日経ウーマンの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」やオーライニッポン「ライフスタイル賞」のほか、2017年には国連の機関(FAO)から「模範農業者賞」を受賞した。農業、農村の価値や魅力について発信を続けている4児の母。
ブログ「o2farm’s blog」

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
大津 愛梨
大津 愛梨

慶応大学環境情報学部卒業後、夫と共にミュンヘン工科大学で修士号取得。2003年より夫の郷里の南阿蘇で農業後継者として就農、有機肥料を使った無農薬・減農薬の米を栽培している。女性農家を中心としたNPO法人田舎のヒロインズ理事長、里山エナジー(株)の代表取締役社長、一般社団法人GIAHSライフ阿蘇の理事長などを兼任。農業、農村の価値や魅力について発信を続ける4児の母。

育て方・病害虫を一発検索