農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 【連載第4回】スカウトが届く移住支援サービス「SMOUT」を紹介|移住支援員の移住のはなし

【連載第4回】スカウトが届く移住支援サービス「SMOUT」を紹介|移住支援員の移住のはなし

岡山県真庭市の移住支援員、藤本一志は2拠点居住の兼業農家。さらに真庭市への移住者でもあります。今回は移住の情報収集に役立つサービス、SMOUT(スマウト)を紹介します。自治体から”スカウト”が届く、ユニークなサービスの中身とは?


写真提供:真庭市交流定住センター▲ごみ拾いボランティア出発前の様子。筆者は左から3番目。
岡山県真庭市で移住支援員をしつつ、米農家・Webライターをしている藤本一志と申します。「地方移住」をテーマに連載をしています。第4回は、移住の情報収集に役立つサービス「SMOUT(スマウト)」を紹介します。

移住の情報収集については、前回の記事でも紹介しています!

SMOUTは移住【スカウト】サービス

SMOUTトップページ
画像提供:SMOUT
前回のコラムでは移住の情報収集の方法を紹介し、その中で「SMOUTというサービスがある」とお伝えしました。実は、ぼくはSMOUTで真庭市交流定住センターの求人を見つけたことで、真庭市への移住に踏み切ったのです。そんな便利なサービスをもっと知ってほしいと思い、今回のコラムで紹介します。

SMOUTとは、株式会社カヤックが運営する移住【スカウト】サービスです。具体的には、全国の自治体と移住希望者をマッチングさせます。登録自治体は、SMOUT上に移住情報や地域の取り組みを「プロジェクト」として掲載します。移住希望者は、その中から自分が興味のあるプロジェクトを選びます。このように自治体と移住希望者をマッチングさせて、移住をサポートするのです。

SMOUTの特徴

SMOUTの新着プロジェクト画面
画像提供:SMOUT▲トップページにはプロジェクトがたくさん掲載されている。

特徴1)自治体からスカウトが届く

SMOUT最大の特徴は、自治体からスカウトが届くことです。
ユーザーは興味のあるプロジェクトを見つけると「興味ある」と「応募したい」の2つのリアクションができます。すると、自治体から「うちのプロジェクトに参加しませんか?」とスカウトが届きます。例えば移住相談会のプロジェクトに「応募したい」とリアクションすると「こちらからお申込みください」と、具体的な参加方法の案内が届きます。

このように、移住先を「地域」で探すのではなく「興味関心」で探せるのです。

特徴2)移住の段階に応じた3種類のプロジェクト

SMOUTのプロジェクトは、移住の段階に応じて以下の3つにカテゴリーに分けられています。
  • 情報を集める:オンラインなどでの情報収集。例:オンライン移住相談、先輩移住者による体験談
  • 体験する:実際に地域に行ってプログラムを体験できる。例:移住体験、農業体験
  • 働く・住む:仕事や住まいの情報が掲載される。ハローワークなどに載らない、地域密着の仕事に出会えるチャンス。例:地域おこし協力隊の募集・マルチワーカーの募集
このほかにもシェアハウスの住人の募集やワーケーション体験などもあります。最近では行政職員の募集を掲載する自治体も多いですね。このように、移住の段階に合わせてプロジェクトを選べる仕組みとなっています。

特徴3)興味関心のあるプロジェクトの通知

SMOUTでは、ユーザー登録のときに自分の興味・仕事・好きなことを登録できます。すると、登録内容と近いプロジェクトがアップされると「あなたの条件とマッチしたプロジェクトが公開されました」と通知が届くのです。
「登録したけれど、プロジェクトが多くてどれを選べばいいか迷う」という人でも安心ですね。

SMOUTの使い方

農業をしているので、仕事や好きなことで農業にチェックを入れている
撮影:藤本一志▲ぼくは農業も仕事の1つなので、SMOUTのプロフィールには「農業」と書いています。

1)ユーザー登録

まずはユーザー登録をしましょう。メールアドレスで登録するか、Google・Facebook・LINEのアカウントで登録できます。登録した後は、情報を入力します。年齢や居住地などの基本情報だけでなく、職業・できること・興味のあることなど、さまざまな項目を設定できます。少し時間はかかりますが、真剣に移住を考えているならしっかりと書き込みましょう。

参考までに、ぼく(藤本一志)のプロフィールのリンクを掲載しておきますね。

2)移住の段階や興味関心に応じてプロジェクトを探す

登録できたら、プロジェクトを探しましょう。プロジェクトはたくさんあるので、以下の方法で探すのがおすすめです。
  • トップページの「今日のピックアップ」「人気急上昇」から探す
  • 目的・場所・タグを絞って検索する
  • 自分の興味のある内容で検索する

3)「応募したい」を押して自治体担当者とやり取りする

「参加したい」と思うプロジェクトが見つかったら「応募したい」をクリックしましょう。すると自治体から「参加方法はこちらです」と、具体的なアクションを促すメッセージが届きます。あとはメッセージを送ってくれた人とのやり取りになります。

SMOUTでの情報収集に向いているのはどんな人?

真庭市のプロジェクト
画像提供:真庭市交流定住センター▲真庭市のプロジェクトでは、一緒に地域を歩きながらごみ拾いをする仲間を募集しています。

どこの地域に移住したいか検討中の人

SMOUTは、興味関心を登録すればマッチするプロジェクトを知らせてくれます。プロフィールを見た自治体から「このプロジェクトに参加してみませんか?」とスカウトが届くこともあります。先ほど紹介したように、条件を絞った検索も可能です。

地域ではなく「興味関心」をベースに移住先を探せるので、どこの地域がいいかわからない人におすすめです。

移住前から地域の人とつながりたい

移住前から知り合いを作っておきたいという人は、ぜひSMOUTを活用してみましょう。移住体験や地域ツアーなどのプロジェクトをきっかけに、地域の人とつながるチャンスがあります。

地方では都市部に比べて人との関わりが濃くなります。移住前から人とつながっておくことで、移住に対する不安が和らぎ、スムーズに生活になじめるでしょう。

地域に関わりたいと考えている人

SMOUTには地域密着型の求人情報が掲載されることがあります。そのような情報はハローワークなどの求人サイトには掲載されないことが多いです。ぼくが見つけた真庭市交流定住センターの求人も、SMOUTにしか掲載されていませんでした。

「地域で何かしたい」「地域に関わる仕事がしたい」という人は、ぜひ「働く・住む」のカテゴリーで検索してみてください。

真庭市はSMOUTネット関係人口スコア第5位

真庭市はネット関係人口スコア第5位
画像提供:SMOUT
実は、岡山県真庭市は、SMOUTのネット関係人口スコアランキングが692自治体中第5位です。ありがたいことに多くの人に興味を持っていただいているため、5位という評価を受けています。

ちなみに、現在掲載している主なプロジェクトは以下の通りです。

気になるプロジェクトを探して地域と関わるきっかけを作ろう

真庭市は2019年度に最多プロジェクト賞を受賞しました
画像提供:真庭市交流定住センター▲真庭市は2019年度の最多プロジェクト賞に選ばれました!
SMOUTは地方移住を充実させるツールです。うまく活用すれば移住前から地域を知り、地域に深くかかわることができます。ぼくもSMOUTで仕事を見つけられたおかげで、地域のおもしろいことに関われて、移住ライフを満喫しています。移住について一歩を踏み出したい人は、ぜひSMOUTを活用してみてください。

バックナンバーはこちら

移住支援員の移住のはなし移住支援員の移住のはなし

藤本一志プロフィール
1994年岡山県岡山市生まれ。岡山大学環境生命科学研究科修了後、岡山市の企業に1年勤務した後、2020年3月に真庭市に移住。真庭市交流定住センターで移住支援員として情報発信に取り組みつつ、米農家、Webライターとしても活動中。活動のミッションは「今ある風景を次世代につなぐ」。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
藤本一志

1994年岡山県岡山市生まれ。岡山大学環境生命科学研究科修了後、岡山市の企業に1年勤務した後、2020年3月に真庭市に移住。真庭市交流定住センターで移住支援員として情報発信に取り組みつつ、米農家、Webライターとしても活動中。ライター活動の一環で、移住に関するブログ「赤トンボの田舎暮らし」を運営。活動のミッションは「今ある風景を次世代につなぐ」。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 【連載第4回】スカウトが届く移住支援サービス「SMOUT」を紹介|移住支援員の移住のはなし