農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 就職・就農・求人 > 久松達央さんのジツロク農業論【第4回】直販を目指す新規就農者に伝えたいこと|直販生産者が息切れする三つの非効率

久松達央さんのジツロク農業論【第4回】直販を目指す新規就農者に伝えたいこと|直販生産者が息切れする三つの非効率


久松農園 久松達央さんによる「新規就農者が、豊かな農業者になる」ためのメッセージ、第二弾は「直販」です。「前編:トップランナーと考える直販の魅力と本音」、「後編:直販生産者に訪れる三つの壁」に分けてお伝えします。

AGRI PICKではアフィリエイト広告を利用しています。当サイトの記事で紹介された商品を購入すると、売上の一部がAGRI PICKに還元されることがあります。

Avatar photo ライター
紀平 真理子

オランダ大学院にて、開発学(農村部におけるイノベーション・コミュニケーション専攻)修士卒業。農業・食コミュニケーターとして、農業関連事業サポートやイベントコーディネートなどを行うmaru communicate代表。 食の6次産業化プロデュ ーサーレベル3認定。日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格。 農業専門誌など、他メディアでも執筆中。…続きを読む

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly


野菜セット

写真提供:久松達央
【新規就農者や、すでに営農しているもののつまずいてしまっている人へ】
株式会社久松農園 久松達央さんによる、豊かな農業者になるためのメッセージを伝える連載第4回。

第3回「トップランナーと考える直販の魅力と本音」では、直販トップランナーたちが信じる直販の魅力と現実を本音を紹介しました。

第4回も、直販についてです。直販は取り組みやすく、利益を得られやすいように見えます。しかし、実際には、直販は取り組みやすいゆえの限界点が存在し、三つの非効率との戦いを避けて通れません。簡単だからという理由ではなく、急勾配の坂道であることを認識したうえで取り組むことが大切です。新規就農時から一貫して消費者へ野菜セットを販売する「消費者直販」の形態をとっている久松さんに、直販について話を聞きました。
久松達央
写真提供:maru communicate 紀平真理子

プロフィール
株式会社 久松農園 代表 久松達央(ひさまつ たつおう)
1970年茨城県生まれ。1994年慶應義塾大学経済学部卒業後、帝人株式会社を経て、1998年に茨城県土浦市で脱サラ就農。年間100種類以上の野菜を有機栽培し、個人消費者や飲食店に直接販売。補助金や大組織に頼らない「小さくて強い農業」を模索している。さらに、他農場の経営サポートや自治体と連携した人材育成も行っている。著書に『キレイゴトぬきの農業論』(新潮新書)、『小さくて強い農業をつくる』(晶文社)

直販という急勾配の坂道を登った

坂道を登る
出典:Pixabay
有機・多品目栽培で、野菜セットを消費者に直販してきた久松さんは、「新規就農時には、直販は取り組みやすく見えた」と話します。しかし、実際は「急勾配の坂道を登ってきた感覚」だといいます。それはどういうことなのでしょうか。

久松さんが野菜セットを直販している理由

久松さんは、なぜ「直販」を選択されたのでしょうか。


RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 就職・就農・求人 > 久松達央さんのジツロク農業論【第4回】直販を目指す新規就農者に伝えたいこと|直販生産者が息切れする三つの非効率