なめこを自宅で育てる方法!栽培キットでなめこ収穫しました

なめこ栽培キットで簡単自宅なめこ栽培の方法とは?おがくず菌床の購入から育成、収穫までをレポートします。なめこ栽培の時期や温度などの基礎知識も。


撮影:murasaki
「お家できのこを育ててみよう!」と思って調べると、ほとんどがしいたけ栽培。もちろんしいたけ栽培もいいけれど、ちょっと違うきのこも育てたい…そんな人はなめこを育ててみるのはいかがでしょうか?実際に育てたレポート、そして栽培基礎知識などをお伝えする、きのこ栽培シリーズ第3弾です。


なめこ栽培キットで育ててみた!栽培方法はとっても簡単

栽培キットを購入

森産業さんの栽培キット「なめこ農園」を購入。他のきのこも育てるため、3つセットを購入。好きなきのこを選べて一つ1,100円程度とお得。

ITEM
きのこ栽培キット
しいたけ、なめこ、えりんぎ、ぶなしめじ、えのき、ひらたけから好きなきのこ菌床を3つ選べるセット。

ナメコは、11/11に栽培を始めて、ちょうど3週間で、芽が出始めました。
芽が出てから、みるみる大きくなって、12/5に収穫しました。
本当は、前々日頃に収穫したかったのですが収穫できず、傘が開いて少し大きくなりすぎてしまいました。
お店で見るナメコよりも大粒のビックサイズ・ナメコで、お味噌汁に入れて、おいしくいただきました。採れたてナメコのシャキシャキのあの食感は、初めてでした。ナメコの香りも味も食感も、とてもおいしかったです。
今は2回目で休養しています。2回目も楽しみです。



なめこだけ育てるなら、こちらでOKです。

ITEM
なめこ農園
評判の高いなめこキット。自家製のなめこが育てられます。

しいたけがあまりにも楽しかったので、なめこにも挑戦。
レビューを見るとしいたけより面倒そうで、出て来ないこともあるのかなぁと一抹の不安はありますが、説明書通り育ててみようと思います。
始めたら追記します。期待を込めて☆4つで。
追記:1ヵ月位経ちましたが、よーやく出てきました。まだまだちっちゃくて、かーわいー♪初めは「なめこ?砂?」って見分けがつかない感じでしたが、ようやく家族もなめこと認める程度に育ちました。ちゃんと食べれるようになるかな~。楽しみ♪


到着

撮影:murasaki
注文の翌々日、早速きのこの菌床が届きました。なめことあわせて、ブナシメジ、エリンギにもチャレンジしたため、3つ入っています。

撮影:murasaki
なめこ栽培キットの内容は、菌床、赤玉土、栽培袋、説明書の4つ。菌床はおがくずなどになめこの菌を繁殖させたもので、原木より短期間で安定して育てることができます。

水や土をセットして栽培スタート!

撮影:murasaki
届いたら、芽を出すための作業をします。まずは栽培ブロックの袋を切り開きます。

撮影:murasaki
中のブロックはなめこの菌でいっぱい。特に表面は白く覆われています。水が染み込むように、この上の膜を書き取ります。

撮影:murasaki
そこに水を注ぎ、30分置いて十分に染み込ませます。水道水でOK。30分後、残っている水を捨てます。水に浸ける前より少し栽培ブロックが重くなっています。

撮影:murasaki
付属の赤玉土に水を入れて湿らせ、先程削った面を1~2cmの厚さに覆います。

撮影:murasaki
栽培用の袋に入れて準備完了。表面の土が乾いてきたら霧吹きで湿らせます。

なかなか芽が出ない…

撮影:murasaki
さて、毎日様子を見て湿らせていましたが、なかなか芽が出ません…。通常2~4週間で芽が出てくるとされていますが、1カ月近く経っても変化なし。しいたけやエリンギはあっという間に育ったので不安になってきます。何か失敗してしまった?

やっと芽が!

撮影:murasaki
が、セットして34日後、赤玉土の間から頭を出しているものが。待ち望んだなめこの芽が出てきました。

ぐんぐん成長

撮影:murasaki
芽が出ると、そこからの成長が早いのがきのこの特徴。翌日には数が増え…

撮影:murasaki
その翌日にはもう収穫できるほどの大きさに。

撮影:murasaki
こんなに大きくなりました。奥の方からはさらに新しいなめこも頭を出しています。

いよいよ収穫

撮影:murasaki
いよいよ収穫!ナイフで根本から切り取っていきます。まだ芽は残っているため、引き続き収穫できそう。

撮影:murasaki
今回の収穫では、大体1パック分くらいのなめこが採れました。赤玉土がくっついてしまっているので洗い流します。水に入れてやると、ほとんどの赤玉土は沈んでいくので簡単に取り除けます。ちなみになめこのぬるぬるには栄養が含まれるのであまり洗い過ぎない方がいいそうです。

自家製なめこのお味は?

出典:写真AC
自家製なめこ、気になるお味はどうなのでしょうか…?採れたなめこを早速食べてみました。味は市販のなめことほとんど変わりないですが、少し土っぽい感じ。新鮮なせいか、食感は普段食べているなめこよりシャキシャキとして食べ応えある感じ。おいしかったです。

栽培の基礎知識|栽培時期や期間

出典:写真AC
さて、やってみたくなってきた人のために、なめこ栽培の基礎知識を書いておきますね。

原木栽培と菌床栽培って何が違うの?

原木栽培では伐採した木などに直接なめこ菌を繁殖させます。一方、菌床栽培では気を細かくしておがくずにし、そこに栄養となる糠などを混ぜたものになめこ菌を繁殖させます。菌床栽培は菌の育つスピードが速く、かつ安定して栽培できます。一方で原木栽培のなめこはより風味が良いという利点があります。

栽培に向く時期・温度

なめこが自然に育つピークは10~11月。菌床栽培の場合も、秋~初春の涼しい時期があっています。芽を出すためには、10~15℃を確保でき、夜間の温度が10℃以下の環境が好ましいとされています。

栽培に必要な期間

出典:写真AC
栽培キットを使う場合、開始から通常2~4週間で芽が出て、芽が出てからは1週間程度で収穫できるとあります。ただし、適正な条件が揃わないと発芽せず、キットを育てた人の中には3カ月かかった人や、半年かかったという人も。

適した場所

直射日光が当たらない、涼しい場所が栽培に向いています。また、湿度は85%以上が好ましいため、乾燥しにくい場所に置きましょう。

参考

・森産業 『きのこ栽培塾』

・農文協『キノコ栽培全科』
ITEM
キノコ栽培全科

30種類ほどのきのこの栽培方法が載っています.ただし,詳しく載っているのはシイタケ,ヒラタケ,マイタケなどのメジャーな種で,ショウロ,ハナイグチなどは数ページ程度です.とはいうものの,栄養剤,光,二酸化炭素濃度の影響なども簡潔に記載があるので良いかもしれません.どちらかといえば大規模栽培を想定しているようです.


なめこはのんびり派にぴったり

しいたけやエリンギに比べ、なめこは発生までに時間がかかります。その分、一度収穫した後も続いて発生し長く楽しめるので、ワンシーズンしっかり楽しみたい人に向いていそう。収穫量や驚きはほかのきのこほどではありませんが、なんといっても見た目がかわいい!土の間から頭を出した姿は小さく透き通って愛らしいです。ペット感覚で育てられる、なめこ栽培に挑戦してみては?

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

murasaki

DIYなどのものつくりや植物系のガジェットが好き。 屋上で菜園をしたり、自作器具で水耕栽培をしたりしています。