農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 【カラーリーフ15選】日陰の花壇や冬の彩りに!寄せ植えのコツも紹介

【カラーリーフ15選】日陰の花壇や冬の彩りに!寄せ植えのコツも紹介


ガーデンを美しく彩るカラーリーフをあなたの庭にも飾ってみませんか?ここでは1年中色を楽しめる常緑品種や、視界を邪魔しない低木タイプ、日陰の花壇でも育つものや、冬場に強い耐寒性品種など多種多様なカラーリーフをご紹介。寄せ植えのポイントや図鑑情報もありますよ!
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly
Avatar photo ライター
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。…続きを読む


四季を通して楽しめるカラーリーフは、寄せ植えの定番。花が育ちにくい日陰や、冬の寂しい庭にも彩りを添えてくれます。育てやすい種類が多いので、初心者さんでも気軽に植えられますよ。ここではシェードガーデンや寒い冬でも楽しめる、おすすめのカラーリーフを15種類ご紹介します!

カラーリーフとは?

出典:Pixabay
カラーリーフとは、葉を観賞する植物の総称。シルバー、赤、紫、斑入りなど、さまざまな種類が存在します。チューリップやパンジーなど、ガーデニングで人気の植物はいろいろありますが、開花時期を過ぎると花壇が殺風景になってしまいますよね。ですがカラーリーフは花ではなく、葉の美しさを楽しむものなので、一年中観賞できるのが魅力です。草花と寄せ植えにしたり、カラーリーフ同士で色の組み合わせを楽しんだりと、活用方法は多岐にわたります。

ウィンターガーデンの彩りに!低木常緑のカラーリーフ6選

出典:Pixabay

1. 初心者さんにおすすめ!

セイヨウイワナンテン レインボー

初心者さんでも育てやすい丈夫なカラーリーフ。日陰でもよく育つので、庭木の下草など、グランドカバーにおすすめです。

・花期:4~5月
・草丈:60cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性 : 強
・日照:日向~日陰
・内容:5号ポット苗

2. 品種・季節ごとに変わる鮮やかなカラーがおしゃれ!

ヒューケラ(ツボサンゴ)ドルチェ

ヒューケラでもドルチェは品種によって色味や葉形が異なるだけでなく、それぞれの品種ごとに四季折々の葉色の変化を楽しめます。また、葉色は気温が低いときに濃く明るくなります。夏の暑い時期には、葉色に銀の光を帯びる傾向がありますが正常な状態です。凍結や乾燥にも強く丈夫。

・花期:晩春~夏
・草丈:20~40cm
・耐寒性:強
・耐暑性 : 中
・日照:やや半日陰
・内容:3号ポット苗
・品種:スウィートプリンセス、アップルシブースト、ブラックベリータルト、メープルファッジ、シルバーデューク、フローズンマスカット、チェリーコンポート、チョコミント、バタークリーム、ビターショコラ

3. 葉色のグラデーションが楽しめる

ロータス ブリムストーン

明るいクリームイエローの新葉が美しいカラーリーフプランツ。常緑で越冬し、初夏には花も楽しめます。

・花期:6~7月
・草丈:30~45cm
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:日向
・内容:2.5~3号ポット苗

4. 季節によって葉色が変化

バーベナ オフィシナリス バンプトン

晩秋から初春に掛けて、ダークグリーンの葉色が黒っぽい赤紫色に変化します。パープルピンクの花も咲かせる丈夫な植物です。

・花期:6月~10月
・草丈: 70~90cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:日向
・内容:3号ポット苗

5. ビビットな濃いピンクの花が咲く

チェリーセージ

ミントグリーンの葉が庭を明るく演出。コンパクトに仕立てるときれいです!濃いピンク色の花が咲きます。

・花期:6~8月(予想開花時期)
・草丈: 80cm前後
・耐寒性:普通
・耐暑性:やや弱い
・日照:反日陰、日向
・内容:3号ポット苗

6. ブルーやピンクの濃淡鮮やかなグラデーションが美しい

ペンステモン ヘブンリーブルー

ブルーやピンク、パープルのグラデーションがかかる、濃淡が鮮やかな色味の花弁が特徴の品種。宿根草のため、一度枯れてもまた発芽し長く楽しめます。

・花期:初夏
・草丈: 100cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:日向~やや半日陰
・内容:3~3.5cmポット苗

日陰の花壇でも育つおすすめカラーリーフ5選

1. グランドカバーに

アジュガ ディキシーチップ

ヨーロッパやアジア原産のシソ科で、とても丈夫な常緑多年草です。地植えにすれば這うようにどんどん広がるため、グランドカバーにおすすめ。
・花期:4~5月
・草丈:10~15cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:やや弱
・日照:日陰
・内容:3号ポット苗

2. 黄色い葉に赤い実がアクセント

クリスマスホーリー サニーフォスター

いわゆる「西洋ヒイラギ」の黄金葉品種。花は目立ちませんが、葉と実が観賞できる日陰に強い植物です。

・花期:3月
・草丈: 50~300cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:半日陰

3. 明るい葉色と大きな花が華やか!

斑入り平戸ツツジ

生け垣にしたり、丸く刈り込んだりして親しまれるツツジ。基本的には日当たりを好みますが、2~3時間の日照時間があれば育てることが可能です。

・花期:4~5月
・草丈: 100~200cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:日向~やや半日陰
・内容:4号ポット苗

4. 清楚な白花が魅力的

ビバーナム フレンチホワイト

育てやすく花付きのいい樹木です。かわいらしい白花は、ホワイトガーデンにもぴったり!

・花期:5~6月
・草丈: 120~180cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:強
・日照:日向~半日陰
・内容:5号ポット苗

5. 人気のクリスマスローズ

クリスマスローズ カラーリーフシリーズ

花もカラーリーフも楽しめる、原種系クリスマスローズです。冬から早春に咲く花の定番!

・花期:1月~3月
・草丈:20~60cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:普通
・日照:半日陰
・内容:3.5号ポット苗

クリスマスローズの関連記事はこちら!


冬も安心!寒さに強いカラーリーフ4選

1. 小さな花に濃い筋の入った花弁

ゲラニウム オーキッドブルー

丸みのある淡いブルーパープルの花弁に濃いブルーの筋が特徴の品種。直径2cmほどの小さな花がふんだんに咲きます。

・花期:4~5月
・草丈: 45cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:普通
・日照:半日陰
・内容:3~3.5号ポット苗

2. 寒冷地でも元気に育つ!

黒葉ビオラ ラブラドリカ

とても寒さに強いスミレです。寒冷地にもおすすめ!背が低く、ちょこんとした愛らしい姿です。グランドカバーにも最適です。

・花期:10月~5月
・草丈:10~20cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:普通
・日照:日向~日陰
・規格:3~3.5号ポット苗

3. シルバーリーフの定番

ダスティーミラー(シロタエギク)

粉雪を振り掛けたような美しい銀色の葉が、冬の庭にぴったり。寄せ植えにも欠かせない人気のカラーリーフです。

・花期:7~10月
・草丈:30~100cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:普通
・日照:日向
・内容:3~3.5号ポット苗×6

4. グラウンドカバーやハンギングに

リシマキア オーレア

小さく丸い葉がキュート!丈夫で寒さに強く、地面を這うように広がります。ハンギング、グラウンドカバーにもおすすめ。

・花期:4~8月
・草丈: 5~100cm前後
・耐寒性:強
・耐暑性:普通
・日照:日向~半日陰
・内容:3号ポット苗

カラーリーフ図鑑でお気に入りを見つけよう!

カラーリーフとひと口にいっても、その種類はさまざま。お気に入りを見つけたいなら、図鑑がおすすめです!カラーリーフ専門の本がいくつか出版されていますよ。

1. カラーリーフの組み合わせのコツが身につく!

カラーリーフ図鑑

葉の明度や高さなど、カラーリーフを上手に組み合わせるコツを解説。美しい庭の実例も紹介しています。幅広いテクニックが身に付く一冊です!

・著者:山本 規詔
・出版社:講談社

2. たっぷり547品目を掲載

カラーリーフプランツ

547品目ものカラーリーフが紹介されています!参考になるだけでなく、見ているだけでも楽しめますよ。

・著者:土橋 豊、椎野 昌宏
・出版社:誠文堂新光社

3. リーフコーディネイトの実例が満載!

リーフハンドブック

カラーリーフの組み合わせ方や栽培のポイントなどをくわしく解説。カラーリーフを使った庭の実例など、今すぐ実践したくなるアイデアが詰まった一冊です。

・監修:荻原範雄(おぎはら植物園)
・出版社:エフジー武蔵

カラーリーフを寄せ植えしてみよう!

出典:Pixabay
好みのカラーリーフを使って、寄せ植えにチャレンジしてみましょう!ここではカラーリーフを寄せ植えする際のポイントやコツをご紹介します。

寄せ植えのポイント

生育条件が似たものを選ぶ

同じ場所に寄せ植えする植物は、生育状況が似たものを選びましょう。「日陰に強い・弱い」「乾燥に強い・弱い」など、性質が似たもの同士を組み合わせると管理がしやすくなります。

草丈のバランスを意識する

高さがある植物は寄せ植えの一番奥に、低い植物は手前に植えるとバランスよく決まります。背丈の低いカラーリーフや、つる性の植物を手前にすると動きが出るのでおすすめ。全体の仕上がりをイメージして寄せ植えしましょう。

カラーバランスを意識する

濃い緑やシルバー、紫、斑入りなど、カラーリーフはバリエーション豊か。色合いを考えたうえで、さまざまな種類を取り入れて寄せ植えすると、華やかな印象に仕上がります。

日当たりをチェックして育てよう

カラーリーフ
出典:写真AC
おすすめのカラーリーフをご紹介してきました。カラーリーフは耐陰性に優れたものが多いですが、日に当てないと本来の美しい葉色が出ないこともあるので注意してください。また、斑入りの品種は葉焼けしやすい傾向があります。夏場の直射日光が心配なときは、木陰や明るめの日陰に置くようにしましょう。

編集部おすすめ記事


RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 【カラーリーフ15選】日陰の花壇や冬の彩りに!寄せ植えのコツも紹介