この夏、絶対食べたい枝豆品種10選!ゆで方もこれで完璧!

枝豆の栄養から、今人気の品種、おいしい食べ方までご紹介します!この夏絶対に食べたい、今注目の10品種をピックアップ。良く見る緑色の青豆だけでなく、茶豆や黒豆の枝豆にもチャレンジしてみませんか?さらに、採れたての枝豆を最高の状態で食べるためのおいしい茹で方や蒸し方も詳しく教えます。



食べ始めると、つい止まらなくなってしまう野菜といえば、やっぱり枝豆!
ほんのりした甘みとコクがあり、ビールとの相性バツグンですよね。
枝豆の品種は年々進化し、うまみたっぷりの茶豆、ホクホクした食感の黒豆など、多彩な枝豆が登場しています。家庭菜園で育てるなら、ぜひ品種選びからこだわってみましょう。
枝豆のおいしさを100%引き出す、とっておきの食べ方も紹介します!

1.枝豆の栄養価に注目!タンパク質にビタミン、女性にうれしいあの成分も!

枝豆と大豆は、じつは同じ野菜。豆が熟す前に収穫したものを「枝豆」と呼び、現在出回っているのは、枝豆として収穫するために改良された品種です。


大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほどタンパク質が豊富で、全体の30%以上を締めています。大豆タンパクは必須アミノ酸をバランスよく含み、コレステロールを下げ、肥満の防止に効果的と言われています。
そして枝豆は、タンパク質のほかに、大豆には含まれないベータカロテン、ビタミンC、糖質などを豊富に含んでいます。さらにうれしいことに、美容効果が高く女性の味方と言われる「大豆イソフラボン」も、しっかり摂取できます。
つまり、大豆の栄養と野菜としての栄養をダブルでとれるのが枝豆。おいしいだけでなく、私たちの健康づくりの強い味方でもあります。

2.青豆、茶豆、黒豆……枝豆品種はバラエティ豊富

枝豆のなかで最も一般的なのが「青豆」。さやも豆も鮮やかなグリーンのタイプをこう呼びます。千葉県、北海道などが主な産地で、ほぼ全国的に栽培されています。さっぱりとシンプルな味わいが特徴ですが、最近は、茶豆に似た香りや風味を持つ品種も人気が出てきました。

香りがよく大豆らしいコクが味わえる「茶豆」には諸説あり、豆の薄皮がやや黄味がかった品種、さやに茶色い産毛の生えた品種などが茶豆と呼ばれているようです。東北〜関東地方で多く栽培されていて、新潟県の「黒埼(くろさき)茶豆」など、ブランドとして定着しているものもあります。

「黒豆」は文字どおり、おせち料理などに使う黒豆を、枝豆として若いうちに収穫したもの。兵庫県の丹波地方が主な産地で、大粒で食べごたえがあり、風味のよさとホクホクした食感が人気ですが、出荷期間が短く、限られた時期にしか手に入らない希少な枝豆でもあります。これは、普通の枝豆が種まきから3か月ほどで収穫できるのに対して、黒豆は半年近くもかかるため。ただ、最近では、栽培期間が短い家庭菜園向きの品種も登場しています。

3.夏に食べたい!おすすめ枝豆10選

青豆、茶豆、黒豆、3種類の枝豆には、それぞれ違ったおいしさがあります。栽培期間も少しずつ違い、大まかに言うと、青豆、茶豆、黒豆の順に早く収穫できます。お好みの品種を数種類育てれば、長期間収穫が楽しめて、食べ比べする楽しみも広がりますよ。


▼青豆

湯あがり娘

さやも豆も鮮やかなグリーンですが、香りがよく、茶豆によく似た風味が味わえることで大人気です。

カネコ育成 えだまめ 湯あがり娘 約100粒 【郵送対応】
ITEM
カネコ育成 えだまめ 湯あがり娘 約100粒 【郵送対応】
・茶豆特有の芳香を持ち、食味の良さに特に影響するショ糖含量の多い食味抜群の品種です
・茶豆風味を有しますが、 エダマメ収穫時の子実色は鮮やかな緑色、完熟種子色は黄色です
・栽培日数85日タイプの中早生種で、幅広い作型に適します
リピート購入です。この品種の枝豆は美味しいです!直売所でもよく見かけます。甘いし風味が良いです。 出典:楽天みんなのレビュー


出典:楽天
 

味風香

濃厚なうまみと甘みが特徴。種まきから約80日と、短期間で収穫できるのも嬉しいポイント!

枝豆味風香 1L雪印種苗
ITEM
枝豆味風香 1L雪印種苗
・「サッポロミドリ」並みの熟期の早生品種
・ショ糖、遊離アラニンの含量が高いことから甘みが極めて強く、独特の旨み、香りがあり食味に優れる
おいしい枝豆も調べ この商品にたどり着きました近々に播く予定です 出典:楽天みんなのレビュー


出典:楽天
 

おつな姫

約80日で収穫でき、3粒入りのさやがたくさんつきます。香りがよく、茶豆風味が楽しめます。

サカタのタネ おつな姫 枝豆
ITEM
サカタのタネ おつな姫 枝豆


出典:楽天
 

秘伝

古くから栽培されている品種。種まきから収穫まで120日ほどかかりますが、そのぶん、味のよさとボリュームには定評アリ。

【人気商品】秘伝枝豆(えだまめ)(種:ウタネ)
ITEM
【人気商品】秘伝枝豆(えだまめ)(種:ウタネ)
・6月初旬の播種で、120~130日位で収穫期に達します。
こんな新芽見たことない!すごい立派で、只者ではない予感!育てるのに時間はかかりますが、この豆が成長したところを見てみたい、今はただそれだけです。 出典:楽天みんなのレビュー

▼茶豆

福成

風味豊かで栽培しやすい茶豆品種。背丈が低めで、栽培中に倒れたりしにくいのが特徴。

枝豆 種 『福成』 40ml
ITEM
枝豆 種 『福成』 40ml


夏の夕

味と香りのよさから、茶豆ファンに人気。4〜6月に種まきできるので、少しずつ時期をずらして長く楽しむのもおすすめです。

 

庄内5号茶豆

山形県庄内地方で受け継がれてきた伝統品種で、しっかりした甘みが味わえます。種まき時期は6月ごろと遅めで、9月ごろから収穫します。

▼黒豆

夏の装い

黒豆品種のなかでも、約82日と短期間で収穫できるタイプ。初心者にも挑戦しやすいのがうれしい!

枝豆種 夏の装い
ITEM
枝豆種 夏の装い
サカタのタネの夏の装いは、黒豆特有の風味と味を持つ枝豆の品種です。 早生種であるが6月上旬まで一般地露地で蒔くことが出来る優れた特徴を持つ品種です。 また、とても収量が獲れる早生の黒エダマメとして人気があります。 味が良いので直売店での販売や自家用におすすめです。


 

たんくろう

黒豆特有の風味と香りが楽しめて、最高の味わい。種まきから収穫までは80〜85日。

たんくろう 黒枝豆 1L
ITEM
たんくろう 黒枝豆 1L
・黒豆の系統で、枝豆に向く早生品種です。
・黒豆特有の芳香と甘味があり、食味は最高です。
・収穫までの日数は、適期播種で80~85日です。


 

めぐろ王

豆に黒い目のような模様のある「目黒大豆」を、枝豆として収穫。大粒で食べごたえ十分です。

 

 

4.これで決まり!枝豆のゆで方&おいしい食べ方

まるまる太った枝豆が収穫できたら、さっそく調理スタート!
枝豆は野菜の中でも味が落ちやすいと言われ、収穫から時間がたつとせっかくの甘みや香りがが減ってしまいます。一度に食べきれないときも、とりあえず収穫したてをゆでてしまうのがおすすめですよ。
基本のゆで枝豆以外にも、手軽でおいしい調理をご紹介します!


枝豆のおいしいゆで方


①さやを枝からはずし、水洗いして汚れを落とします。塩味をよくしみこませたいときは、さやの両端をキッチンばさみで切り取ります。

②枝豆の重さの約4倍量のお湯(枝豆250gなら1L)を沸かします。

③お湯の量に対して40%の塩(お湯1Lなら40g)を用意し、1/4くらいを枝豆にふりかけ、しっかりもんで塩味をしみこませます。

④お湯が沸いたら残りの塩を加え、枝豆の塩を洗い落とさずに入れて3〜5分を目安にゆでます。ゆですぎるとうまみが溶け出してしまうので、気持ち短めにするのがポイント。

⑤ゆで上がったらすぐにざるに上げ、そのまま冷まします。塩をたっぷりめに加えているので、そのままでちょうどいい塩加減に。

 

うまみを引き出す!蒸し枝豆

出典:PIXTA
洗って塩もみした枝豆をせいろに広げ、お湯を沸かした鍋にのせて5〜6分蒸します。ゆでたときよりもちょっと色が悪くなりますが、うまみがじっくりと引き出され、濃厚なおいしさに。

 

ゆで枝豆でもう一品!ニンニク炒め


フライパンにごま油、ニンニク、唐辛子を入れて火にかけ、ニンニクが色づいてきたら、塩ゆでした枝豆を入れて強火で1分ほど炒めます。仕上げにしょうゆをサッとかけ回し、全体にからんだら火を止めます。ニンニクの香りでいつもの枝豆が大変身しますよ。

 

 

5.知ってさらに深まる、枝豆の魅力


知れば知るほど興味深い、枝豆の世界。品種のセレクトや調理方法にこだわって、さらなるおいしさを追求してみてはいかがでしょうか!?

 

紹介されたアイテム

カネコ育成 えだまめ 湯あがり娘 約100粒 【郵送対応】

カネコ育成 えだまめ 湯あがり娘 約100粒 【郵送対応】

¥324 税込

枝豆味風香 1L雪印種苗

枝豆味風香 1L雪印種苗

¥3,500 税込

サカタのタネ おつな姫 枝豆

サカタのタネ おつな姫 枝豆

¥454 税込

【人気商品】秘伝枝豆(えだまめ)(種:ウタネ)

【人気商品】秘伝枝豆(えだまめ)(種:ウタネ)

¥216 税込

枝豆 種 『福成』 40ml

枝豆 種 『福成』 40ml

¥345 税込

枝豆種 夏の装い

枝豆種 夏の装い

¥410 税込

たんくろう 黒枝豆 1L

たんくろう 黒枝豆 1L

¥3,385 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード