【ブランド野菜】鎌倉野菜とは?直売所や地産地消レストランがおすすめ

その味の濃さや種類の豊富さから、近年、ブランド野菜として注目を集める「鎌倉野菜」。人気の理由やレシピ、直売所、市場、通信販売などでの購入方法、鎌倉野菜のランチなどが楽しめるおすすめのレストランを紹介。


産直市場に並ぶ鎌倉野菜

撮影:AGRI PICK編集部
自然の豊かな鎌倉で育つ野菜は「鎌倉野菜」と呼ばれ、近年ブランド野菜として注目を集めています。そこで今回は、今注目の鎌倉野菜の人気の理由やレシピ、購入方法をご紹介します。鎌倉野菜が楽しめるおすすめのレストランも紹介するので、ぜひご覧ください。

鎌倉野菜とは?

江ノ電
撮影:AGRI PICK編集部
鎌倉野菜は、神奈川県鎌倉市とその周辺で生産されている野菜のことをいいます。その味の濃さや、農薬の使用を抑えて栽培するなどの品質のこだわりが人気の理由です。また、そのほとんどが卸売市場に出回らず、直売所で販売されているという特別感も多くのファンを惹き付けています。
鎌倉の夏は海からの風により暑くなりにくく、冬も積雪が少ない恵まれた気候で、農閑期が短いのが特徴です。そのため、夏野菜も冬野菜もよく育ちます。現在、数多くの農家が鎌倉野菜の栽培に力を入れています。

鎌倉野菜は種類も豊富

種類豊富な鎌倉野菜
撮影:AGRI PICK編集部
鎌倉では1年を通して途切れず出荷できるように「少量多品目栽培」を行っています。一つの畑にさまざまな種類の野菜が育つ様子は「七色畑」と呼ばれるほどです。そのため鎌倉野菜には数多くの種類があり、普段スーパーでは見かけない珍しい野菜も多くあります。
中でも、とりわけ個性的な3つの鎌倉野菜をご紹介します。

白ナス

白ナス
出典:Adobe Stock
ナスといえば紫色のものが一般的ですが、鎌倉野菜の一つ「白ナス」は、その名の通り薄い白色が特徴のナスです。
皮はやや硬めですが、種子が充実するのが遅いため果肉は柔らかく口当たりが良いのが特徴です。アクが少ないので手軽に調理ができるほか、食物繊維が多いので便秘解消にも効果があるといわれています。
熱を入れると甘くトロリとするので、揚げ物や煮物、汁物、炒め物などの加熱調理がおすすめです。

白ナスを使ったレシピ「トースターで簡単!焼き白ナス」

材料(2人前) 白ナス2本、すりおろし生姜適量、かつお節適量

1. 白ナスのヘタとガクを取り、皮目に縦に2cm間隔の切り込みを入れます。
2. トースターにアルミホイルを敷いて裏と表を約10分ずつ焼きます。
3. 焼けたらしばらく放置して粗熱を取ったあと皮をむきます。
4. 仕上げにすりおろし生姜、かつお節を合わせて盛り付ければ完成です。お好みでみょうがや大葉、小ねぎなどでアレンジを加えてもいいですね。

白ナスの魅力であるトロリとした柔らかい口当たりを楽しめる料理です。

四角豆

四角豆
出典:Adobe Stock
「四角豆」は熱帯アジア原産の野菜です。日本では主に沖縄で栽培されていますが、近年品種改良が進み鎌倉でも栽培が盛んになりました。
なんといってもその特徴は、四方にひだの付いた個性的な形です。輪切りにするとアルファベットの「X」のような断面が現れ、料理に加えた時の見た目のインパクトは抜群です。四角豆にはカロテンやビタミンCが多く含まれていることから、抗酸化作用があり生活習慣病予防に最適といわれています。
基本的に生では食べず、火を通して食べることが多いです。

四角豆を使ったレシピ「四角豆のチャンプルー」

材料(2人前) 四角豆3本、豚ロース肉120g、薄力粉20g、木綿豆腐1丁、卵2個、ごま油大さじ1、だしの素小さじ1、しょうゆ小さじ2

1. まず、四角豆は約2分下ゆでし、食べやすい大きさに切ります。豆腐と豚ロース肉も食べやすい大きさに切り、豚ロースには薄力粉をまぶします。
2. ごま油で豆腐と豚ロース肉を炒め、少し火が通ったところで四角豆を入れます。
3. 全体に火が通ったら調味料を混ぜ合わせたものを投入し、味をなじませます。
4. 最後に溶き卵を回し入れ、中火で軽く炒めたら完成です。

沖縄で栽培が盛んな四角豆は、沖縄料理のチャンプルーとも相性抜群です。ゴーヤの苦みが嫌いな人にもおすすめです。

コリンキー

コリンキー
出典:Adobe Stock
「コリンキー」は完熟する前に収穫することで、生で食べられることが特徴のカボチャの一種。皮も柔らかいので、簡単にスライスしてそのまま食べることができます。コリコリっとした食感と味わいが癖になるという人も多いようです。
βカロテンが豊富でお肌の調子を整えてくれるほか、抗酸化作用があるためアンチエイジング対策にも取り入れられることが多い野菜です。生の食感を生かしたサラダなどに使われます。

コリンキーを使ったレシピ「コリンキーと彩り野菜のバーニャカウダ」

材料(2名分) コリンキー、アスパラガス、スナップエンドウ、きゅうり、にんじんほか季節の野菜適量、ディップソースの素(にんにく20g、アンチョビペースト10g、オリーブオイル50g、マヨネーズ大さじ2)

1. コリンキー、きゅうり、にんじんはスティック状に切ります。アスパラガス、スナップエンドウはゆでておきます。
2. ディップソースの素をミキサーにかけ、耐熱皿に移してレンジで温めます。
3. 野菜とディップソースをそれぞれ盛り付けたら完成です。

コリンキーをはじめとした色とりどりの野菜たちを自家製のディップソースで楽しむバーニャカウダは、ホームパーティなどで大活躍です。

鎌倉野菜を購入するには?

鎌倉市農協連即売所
撮影:AGRI PICK編集部
鎌倉野菜は大量生産を行わないため、普通のスーパーにはめったに出回っていません。主な入手方法は、鎌倉に足を運んで手に入れる方法、現地から直接取り寄せる方法です。以下で詳しく説明します。

直売所

鎌倉野菜を手に入れる手段のひとつが、農家の近くに併設されている「直売所」です。
直売所のひとつ「かん太村」では、野菜を販売するだけではなく、地域の人と触れ合えるお祭りやバーベキューなどのイベント、福祉施設と連携した体験プロジェクトなども行なっています。単に野菜を販売する場所ではなく、人々のつながりを生み出すコミュニティとしても直売所が活用されているのです。
直接足を運び、農家さんの人柄に触れて野菜へのこだわりや想いを知ることで、よりいっそう鎌倉野菜のおいしさを感じられるはずです。
鎌倉野菜市場「かん太村」

朝市

鎌倉野菜を手に入れるためには市場もおすすめです。鎌倉では「鎌倉市農協連即売所(通称レンバイ)」と呼ばれる市場が有名です。昭和3年から続く歴史ある市場で、年始以外は土日を含め朝8:00ごろから日没ごろまで毎日営業しています。市場の近くにはスイーツ店やパン屋さんなども並んでいるので、野菜以外のショッピングも楽しめます。
鎌倉野菜は農家さんによって栽培方法や力を入れている品種が違います。市場にはさまざまな農家の野菜が並ぶので「この野菜を買うならここ、あの野菜はここ」と自分好みに選んでいける楽しさがあります。野菜の味を食べ比べしたり、ショッピングを楽しんだりしたいという人は、市場に足を運んでみると良いでしょう。
「鎌倉市農協連即売所」

ネット販売

直売所も朝市もそれぞれの魅力がありますが、どちらも現地へ赴く必要があります。鎌倉から離れた人や毎日鎌倉野菜を食べたい人におすすめなのが「ネット販売」です。
野菜は鮮度が命です。鎌倉野菜の定期便「かまベジ」では、旬の鎌倉野菜をネットで注文することができ、収穫から最短1日の新鮮な野菜が自宅に届きます。さらに品目数、配達頻度、配達時間帯などがアレンジできるため、自分に合ったペースで鎌倉野菜を手に入れることができます。
鎌倉野菜の定期便「かまベジ」

地産地消レストランで鎌倉野菜を味わう

鎌倉野菜のバーニャカウダ
撮影:AGRI PICK編集部
素材の良さを十二分に味わうためには、地元のものを地元で食べるのが一番です。鎌倉には、鎌倉野菜の絶品料理が楽しめる地産地消レストランが数多くあります。次に、鎌倉に行ったらぜひ立ち寄りたい、おすすめレストランを3つご紹介します。

Osteria Gioia(オステリア ジョイア)

イタリアンレストラン「Osteria Gioia(オステリア ジョイア)」では、オーナー自ら自家農園を営み、丹念に育てた鎌倉野菜を提供しています。野菜のおいしさは育てた人が一番理解しています。こちらのレストランでは、オーナーが愛情込めて育てた野菜を、おいしさを存分に引き出す調理方法で味わうことができます。
「オステリア ジョイア」

鎌倉野菜カレー「かん太くん」

「かん太くん」は、直売所「かん太村」と同じオーナーが運営しているレストラン。看板メニューはチキンカレーです。厳選された鎌倉野菜の素揚げが竹ざるに山盛りで出てくるため、それぞれの野菜をじっくり味わうことができます。カレーは老若男女愛される料理なので、家族で立ち寄る際などにはぴったりのお店です。
食べログ「鎌倉野菜カレー かん太くん」

Rans kamakura

鎌倉野菜のパスタ
撮影:AGRI PICK編集部
「Rans kamakura」は地産地消にこだわったイタリアンレストランです。鎌倉野菜だけではなく、湘南で育てられた「みやじ豚」や近くの相模湾で捕れた新鮮な魚なども料理に使われています。同じ土地で育った食材のハーモニーを楽しむことができ、鎌倉の食を存分に楽しみたいという人におすすめです。
「Rans kamakura」

人気の野菜ブランド「鎌倉野菜」をおいしく楽しもう

産直市場に並ぶ鎌倉野菜
撮影:AGRI PICK編集部
鎌倉野菜は、豊富な品種や少量栽培で育てられる質の高さが魅力です。普段スーパーではお目にかかれない、鮮やかな色彩や個性的な形も人気を集めています。
新鮮な鎌倉野菜を手に入れるには、農家さんと直接コミュニケーションが取れる直売所朝市のほか、通販の定期便などもあります。鎌倉野菜をプロの料理で堪能するなら、地産地消レストランがおすすめです。
今話題の鎌倉野菜を自分なりの方法で味わってみてくださいね。

RELATED TAGS関連するタグ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索