縁側でひなたぼっこする猫

猫の日特集

2月22日は猫の日!愛猫と過ごすグリーンライフのご提案

2月22日は猫の日です!農家では昔からネズミ番として役立ってきた猫。今年はその功績をねぎらって愛猫にプレゼントなんていかがでしょうか。猫草だけでなくマタタビの木を育ててみるのも楽しそう。猫飼い憧れの猫ちぐらの手作りにも挑戦しちゃいます!

縁側でひなたぼっこする猫

出典:写真AC
2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で「猫の日」!猫好きなら必ずカレンダーでチェックしておきたいイベントデーです。コーヒーや輸入食品を扱うカルディコーヒーファームが毎年猫の日に販売する限定バッグは大人気だそう。

農家にとっても猫は昔から大事な存在。私の実家でも家畜の飼料庫のネズミ捕り番として活躍していました。
今年はいつもお世話になっている猫にプレゼントはいかがですか?(彼らはそんなこと気にしないでしょうが)

憧れの高級アイテム「猫ちぐら」づくりに挑戦!

「猫ちぐら(猫つぐら)」といえば、新潟や長野などの一部地域で作られる伝統工芸品。
数少ない職人さんによって手作りされるため、お値段数万円、しかも納品まで数カ月~半年かかるという庶民には手の届かない高級品です。
それならいっそ作っちゃおうというのがこの企画。猫さんの反応は?農閑期の副業にできるでしょうか?


キットで育てる猫草

花屋さんの店先などでも売られていますが、どうせ室内に置くならインテリアをじゃましないものがいい!無印のキットで猫草栽培に挑戦しました。


自家製のまたたびに猫まっしぐら!?

猫によって好き嫌いの分かれるまたたび。わが家の先代猫はあまり興味を示しませんでしたが、今いる猫は大好きです。またたびの果実酒は人間にも健康効果があるのだとか。

プレゼント(貢ぎ物?)で猫からもっと好かれよう

「ねこじゃすり」でうっとり♪毛づくろいされてるみたいな気持ちよさ

楽天やAmazonでも大人気の「ねこじゃすり」。人間にとっては「やすり」のようなざらざらした手触りですが、猫にとっては舌で毛づくろいされているときと同じ感覚と評判。わが家の猫は、ねこじゃすりを手に取っただけで走ってきますよ。

ITEM
ねこじゃすり
・カラー:グレイッシュピンク、ライトグレー
・サイズ 縦36mm×横210mm×厚み10mm

我が家の猫はブラシ好きですが、持っているブラシではなかなか顔回りなでるのは難しかった。でも、猫じゃすりを使うと鼻筋や口回り、耳の付け根などをこすってやると、ゴロゴロが止まらなくなる!毛が出てくるので、猫じゃすりとブラシの二刀流でこちらも癒されています。


アウトドア派の猫に!

外猫ハウスで夏の暑さや冬の寒さ対策

地域猫ファミリーの世話をしている方におすすめしたい大型のキャットハウス。暑い夏、寒い冬から猫を守ってあげましょう!ご近所とトラブルの原因になりがちな猫トイレを設置して。冬場は寝床に湯たんぽを入れてあげてもいいでしょう。

ITEM
ガーデンキャットハウス 800HDX
・サイズ:横幅81×奥行71×高さ84cm
・扉サイズ:縦54×横27cm

GPS

外猫の行動範囲は500m以内といいますが、意外と遠くまで行っていることも。トラブルを避けるためにも、なわばりを知っておきたいもの。もちろん外に出すなら去勢・避妊手術とワクチン接種、トイレのしつけはしっかりと。

ITEM
ペット犬猫のためのGPSデータレコーダ

猫好きが独断と偏見で選ぶおすすめ本

たくさんありますが、王道の3点を。

猫好きのバイブルといえばこれでしょう!

ITEM
100万回生きたねこ
・著者:佐野洋子
・出版社:講談社

「この猫、何回死ぬのー!?」と、子供には繰り返しの展開がウケたようです。
大人がこの話の内容を細かく説明してあげると、子供も、そうなのか!と納得してくれたように感じました。


「泣く子はいねが」夜廻り猫・遠藤があなたの心に寄り添います

ITEM
夜廻り猫(1)
・著者:深谷かほる
・出版社:講談社

作者が福島被災(故郷)でスランプに陥っていた時に描き始めたそうです。他人への思いやりを平蔵ネコに言わせているのがよくわかります。


思わず爆笑!ライオンは大きい猫だ!!

ITEM
ネコライオン
・写真:岩合 光昭
・出版社:クレヴィス

野生動物と猫をずっと撮り続けてきた岩合さんならではの企画だと思います。猫もライオンも同じネコ科の動物だと思える楽しい写真や、やっぱり違うなぁと思える発見もあったりと、1冊丸ごと堪能できました。


猫と植物を共存させるなら

どちらも大事な猫と植物。猫が苦手だというハーブを植えてみてはいかがでしょうか。



猫がいる生活は幸せそのもの!お互いが快適に暮らしたいものです。