接ぎ木テープ「メデール」がすごい理由とは!?接ぎ木の時期と方法を徹底解説!

おすすめ接ぎ木テープ「ニュー メデール」を徹底解剖!接ぎ木の時期や仕方・方法も解説。接ぎ木・接ぎ木苗についても解説。バラ・みかん・サボテン・柿・梅・もみじ・トマトなどに使われます。接ぎ木の道具クリップ、ハサミ、ナイフ、小刀もご紹介します!


バラの苗木

出典:pixabay
バラやトマト、みかん、りんごのような果樹を増やしたり、より丈夫に育てるために接ぎ木という方法があります。例えばバラは綺麗な花を付ける反面病気にかかりやすくてうまく育たないと思われがちですが、正しく接ぎ木できれば丈夫に育てることができるのです。メリットや方法、時期などについて紹介するので、上手に利用してくださいね!

接ぎ木とは?接ぎ木の目的やメリットは?

接ぎ木とは

ニューメーデル 接ぎ木とは、2つ以上の異なる植物同士をつないで、一つの植物として育てる手法のことです。例えば、綺麗な花を付けるバラをある程度の大きさでカットし、土台となるノイバラのような病害に強いバラに切れ込みを入れて、差し込みテープでつなぎます。

相性の良い組み合わせだと融合して一つの植物のように育ち、病害に強い、綺麗な花を咲かせるバラになります!このとき、育てたい花側を「穂木(ほぎ)」といい、土台になる植物を「台木」と言います。この方法だと、本来穂木が持つ花の形質や果実の性質などを維持しつつ、台木からは、病害虫の耐性や花の付き具合などの性質を受け継ぐことができます。

接ぎ木のメリット・デメリット

接ぎ木のメリットをもっと詳しく挙げていくと、

1. 病害虫耐性の強い植物を作ることができる
2. 花の数の増加や品質向上
3. 若い台木で穂木の若返り
4. 台木が出来上がっているため生育スピードも早い

などがあり、いいことづくめのようですが、一方で、相性によっては双方が枯れてしまったり、穂木が台木に吸収されたり、また、挿し木と比べて台木を育てる分の手間がかかるなどのデメリットもあります。

デコポンに接ぎ木した例
出典:wikipedia
柑橘類の台木にデコポンを接ぎ木した例
(左は接ぎ木後に新たな葉が成長、右上は接ぎ木に失敗し枝が枯れる)

接ぎ木のコツはテープ!おすすめは「ニューメデール」

接ぎ木には様々な手法がありますが、成功率アップの一番の決め手となるのが「接ぎ木テープ」。穂木と台木を結びつけるテープには大きく分けて、塩ビテープ(塩化ビニール粘着テープ)と、専用の接ぎ木テープの2つがあります。その、テープに求められる性質として重要なのが、

1. 伸縮性があること
巻き付けの時に、でこぼこした木の表面に隙間なくしっかり合わせるため

2. 保湿性が高いこと
テープでぐるぐる巻きにされた内部が乾燥してしまわないようにするため

3. 成長を阻害しないこと
テープが食い込んで台木や穂木の成長を阻害しないため

の3つです。

塩ビテープでの代用は?

家庭菜園では塩ビテープで接ぎ木テープの代用をする人もいるようです。接ぎ木テープ程ではなくても、伸縮性のある塩ビテープもホームセンターには売っています。しっかりと隙間なく貼れば、乾燥は防げるかもしれません。ただし、塩ビテープだと穂木や台木が成長するにつれて台木に食い込んだり、穂木をつぶしたりしてしまうので、生育度合いを見ながら巻き直したり、活着後には取り外したりと手間が多く非常に大変です。

そこで、一番おすすめの接ぎ木テープ「ニューメデール」をご紹介します。

接ぎ木専用テープ「ニューメデール」のすごさ!

メーデルの使用例 「ニューメデール」の特徴は何といっても「芽が出る」こと。芽が出ようと押し広げる力で十分破ける、薄い特殊フィルムでできているので、切り開いたり、巻き直しをせずとも自然とテープを突き破って芽が出るのです。さらに自然劣化するので、その後の植物の成長を妨げず、取り外しの必要もなく手間なしで本当に楽です。

とても柔らかい素材で伸縮性が通常の塩ビテープの6倍!木に隙間なく貼り付き、保湿性も高いので、木を乾燥や病気からしっかりと守ってくれます。
ITEM
接木テープ(ニューメデール)
プロ農家も愛用する接ぎ木専用テープです。

・サイズ:25mm幅 30m巻き

いつも使っていますが、いい資材だと思います。



接ぎ木苗とは?

メロンの接ぎ木苗 接ぎ木苗とは、すでに台木に接いだ状態の苗のことです。普通の苗より病気に強く、草勢も良く、収穫高も良いことから、自根の苗よりも2~3倍の値にもかかわらずとても人気です。接ぎ木苗がよく利用されるのが、キュウリ、スイカ、メロンなどのウリ類と、ナス、トマト、ピーマンなどのナス科の植物です。

おすすめ接ぎ木道具!ハサミ・クリップ・ナイフ

剪定ばさみ
出典:pixabay

接ぎ木クリップ

メロンやきゅうりなどの接ぎ木には「接ぎ木クリップ」がおすすめ!
ITEM
接木クリップ 2号 200コ入
・メロンやきゅうりを接木するときに使う資材です。台木の大きさによりバネ操作強弱が変更できます。
・接木クリップの利点

1. 接木操作が簡単
2. 活着抜群
3. 接木労力を大幅に省力
4. 何回でも使用できる

接ぎ木用ハサミ

接ぎ木が一気に楽になる!プロ農家にもおすすめの接ぎ木用ハサミです。
ITEM
切り接ぎ職人DX
誰でも簡単にプロのような接ぎ木ができる!接ぎ木専用ハサミ!園芸を始めたばかりの方でもプロ顔負けの枝接ぎカットができるハサミです。台木と接ぎ穂を切り接ぎ職人DXでカットするだけで綺麗にはまる凹凸ができます。

台木及び接ぎ穂の太さに応じて刃を交換できるので幅広く利用できるところが気に入りました。


ITEM
HYSUNG専門 接ぎ木・枝接ぎ・剪定工具セット
立体刃で穂木と台木をピッタリカットできる接木ハサミ。3タイプ調節可能な替刃付きで、枝に合わせたカットが自分でできる。

・3~5mmの細い枝用 V型
・4~7mmの中太の枝用 U型
・6~8mmの太い枝用 Ω型

ロック機構など細部もしっかり作ってあるし、手にしっくりとくるサイズと重量感(重くない)ますます園芸にのめり込みそうです!!


接ぎ木用ナイフ・小刀

接木には欠かせない!接ぎ木ナイフ・小刀の紹介です!
ITEM
刃物専門店 美貴久接木切り出し
切り出し専門メーカー美貴久の接木用切り出し!
・刃巾:2.7cm

接ぎ木の仕方(方法)と時期!

接ぎ木の様子
出典:Flickr(photo-by:Malcolm Manners

接ぎ木の時期

苗の写真
接ぎ木は、台木の傷付いた部分を治そうと、カルス(癒傷組織)を形成することによって2つの植物がくっつきます。なのでカルスを作りやすい、木が活発に水分を吸い上げている時期ならいつでも大丈夫です。
育てる果樹にもよりますが、一般的には4~6月が接ぎ木に向いています。もしくは、少しくっつき具合は悪くなりますが、9~10月でも可能です。

接ぎ木の仕方

枝接ぎ、芽接ぎ、根接ぎ、呼び接ぎ、高接ぎ、刺し接ぎなど方法はいろいろありますが、主流は枝接ぎと芽接ぎ。その2つの手法とポイントについて紹介します。

枝接ぎ

枝接ぎは、ウメ、ツバキ、サクラ、ミカン、リンゴ、ブドウなどでよく行われ、幅広い種類に適したオーソドックスな方法です。芽を持った枝を穂木にして切り取り、台木に傷を付け穂木を挿入、テープでしっかり巻き付けます。このときのポイントは

1. 穂木・台木はまっすぐ綺麗に切断すること
2. 穂木と台木は隙間なくしっかりと巻き付けること

いずれも穂木と台木の間に隙間を作らず、密着させることが目的。隙間ができてしまうとうまくくっつきません!切断面は『綺麗にしっかり密着』が成功率アップのポイントです。

芽接ぎ

穂木から芽を中心に2cmほど鋭角に切る。台木は樹皮をT字に剥ぎ切り、切れ込みに穂木から切り取った芽を挿入。ここでもしっかりとテープで巻き付けることが重要です。芽接ぎの場合は、作業後に成否の判断がつきやすいこともポイントです。

まずはチャレンジしてみよう!

接ぎ木は植物を切ったり貼ったりするため、敷居が高そうに感じてしまいます。それでも慣れてくればほぼ失敗しなくなり、生育の難しい植物をバンバン増やすことができるようになります。同じ植物を補修する時にも使えるテクニックなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう