即効性とコスパが魅力!除草剤「サンフーロン」で雑草を根絶やしに!!

除草剤の「サンフーロン」を徹底解剖!サンフーロンは、安価で比較的環境にやさしいと評判の「ジェネリック」の液剤です。効果や使い方を始め、ラウンドアップなどホームセンターで買えるようなほかの除草剤との比較も必見!安全性などもしっかりと解説していきます。


雑草

出典:写真AC
畑に限らず庭や駐車場など、土が少しでもあれば、どこにでも生えてきてしまう生命力の強い雑草。それを全て駆除するのはかなりの労力ですよね。今回は人気の除草剤「サンフーロン」の効果や使用方法、安全性などを詳しく説明していきます。

除草剤の種類に関しては下記の記事をチェックしてみてください!


サンフーロンってどんな除草剤?

サンフーロンは、茎葉から浸透し根まで枯らす液剤タイプ!

除草剤には、粒剤タイプやそのまま使える液剤など、たくさんの選択肢がありますが、「サンフーロン」は希釈して使う液剤タイプの除草剤です。すでに生えている雑草に直接散布することで、液剤が茎や根から浸透し、根までしっかり枯らします。晴天時なら6時間ほどで成分が吸収され、ほとんどの雑草は1週間ほどでカラカラに枯れてしまいます!

ジェネリック製品だから価格が安い!

サンフーロンは、グリホサート系除草剤の「ジェネリック製品」です。
グリホサート農薬の開発元である「ラウンドアップ」の特許が切れたため、ほかのメーカーもグリホサートを使用した除草剤を製造できるようになりました。ジェネリック製品は開発コストなどが大幅に削減できるため、サンフーロンはラウンドアップより安価になっているのです。

サンフーロンの成分

上記でも述べたように、サンフーロンは有効成分のグリホサート(グリホサートイソプロピルアミン塩)でできている除草剤です。グリホサートはアミノ酸であるグリシンとリン酸が結合したもので、植物にだけ作用するのが特徴です。茎葉から吸収されたグリホサートは根まで浸透し、植物全体を枯らします。

雨には強いの?

サンフーロンは土壌ではなく、雑草自体に散布する「茎葉処理型」。雑草の根まで完全に吸収されるには、約6時間ほどかかります。吸収される前に雨が降ってしまうと、せっかくの有効成分が流れてしまうため、散布は晴れの日に行いましょう!

サンフーロンのラインナップは?

サンフーロンは、散布場所の広さや使用頻度によって選べる4種類の容量が販売されています。

容量500ml

ITEM
サンフーロン 液剤 500ml
500mlの希釈するタイプの除草剤です。

庭のあちこちにどくだみが発生して困っていました。ネットで検索した薬品は高くて、ジェネリック製品のこちらが安価と知り、利用しました。刷毛で葉に塗ると、目的のどくだみにのみ効き、枯らすことに成功しました。根まで効いています。もちろん、草花がないところは通常に撒いても効果がバッチリでした。枯れたその後、通常に植物を植えても問題ありません。


容量2L

ITEM
サンフーロン 液剤 2L
2Lの希釈するタイプの除草剤です。

近隣で竹の被害に困っている人がいて購入。
竹にドリルを刺して穴を開け、本商品を原液を注入しました。
みるみるうちに竹が腐っていきます。
他の有名商品より格安なのでおすすめです。
コスパを考えれば、100円ショップで売ってる除草剤よりもはるかに安いです。


容量5L

ITEM
サンフーロン液剤 5L
5Lの希釈するタイプの除草剤です。

・多くの作物に農薬登録がある。
・ジェネリック農薬である。
比較的、環境や安全性のことを考えて作られているように思います。
が。正しい使い方や使用回数を守っての話だと思いますが。

自分は農家ですが、使う肥料はもちろん薬も
かなり気を付けて選ぶようにしています。


容量10L

ITEM
サンフーロン 液剤 10L
10Lの希釈するタイプの除草剤です。

良いです。
安いです。
液体除草剤は、ホームセンターで購入したことがありますが、そのまま散布のタイプなどは結構な金額しますが、このサンフーロンを希釈すると激安です。
液体除草剤の良いところは、樹木の根元に生えてくる雑草に使えるところです。
木を枯らさずに雑草のみ除草できる!
最高です。


容量20L

ITEM
サンフーロン 液剤 20L
20Lの希釈するタイプの除草剤です。

蓋はとても固いのでいつもパイプレンチで開けています。
値段も安く除草効果も高いのでお勧めです。


サンフーロンはホームセンターで買えるの?

サンフーロンは、各ホームセンターの仕入れ状況や地域によって、取り扱いのない場合があります。確実に手に入れたいならば、やはり通販がおすすめ。20Lの大容量タイプやまとめ買いをしたい場合も、自宅まで届けてくれるので楽ですよ!

サンフーロンの使い方

出典:写真AC
「除草剤ってどうやって散布すればいいんだろう?」と、初めての方は悩むこともあると思います。サンフーロンの使用方法や希釈倍率の目安と、散布する際に必要な道具を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

主な雑草別・希釈倍率目安と散布面積

まずは、除草したい場所にどんな種類の雑草が生えているかを確認し、それに見合った濃度に希釈しましょう。
 水量

一般的な雑草(100倍)

タンポポ、オオバコ、
スズメノカタビラなど

しつこい雑草(50倍)

セイタカアワダチソウ、ヨモギ
ドクダミ、ツユクサなど

 

強雑草(25~30倍)
使用例:スギナ、ササ

 

散布できる面積

(広さの目安)

 1L 10ml 20m 40ml 20平方メートル/6坪
 4L 40ml 80ml 160ml 8平方メートル/24坪
 5L 50ml 100ml 200ml 100平方メートル/30坪
 10L 100ml 200ml 400ml 200平方メートル/60坪
 20L 200ml 400ml 800ml 400平方メートル/120坪
 50L 500ml 1L 2L 1000平方メートル/300坪
 100L 1L 2L 4L 2000平方メートル/60坪
参考:株式会社アイ・エイチ・エス

散布前に確認!使用上の注意

農薬を使用する際に、植物に付着しやすくする展着剤(てんちゃくざい)というものがありますが、サンフーロンは展着剤を必要としない除草剤です。使用すると、逆に効果が薄れることがあるので注意しましょう。
また、作物や花など枯れさせたくない植物に、薬剤がかからないよう十分に気を付けてください。

散布のタイミングは、有効成分が雨で流れてしまうのを防ぐため、天気の良い日が最適。さらに、風の強い日は、周辺に薬液が飛散してしまう恐れがあるので散布を控えてください。

使用手順

Step1. 雑草の種類ごとに適した濃度になるよう、サンフーロンの原液を水で希釈します。
希釈には、きれいな水を使用しましょう。農業用水路の水は避けてください。

Step2. 希釈したサンフーロンを、散布用のスプレーや噴霧器、ジョウロに移します。

Step3. 雑草の葉全体がしっとりと濡れるぐらいになるまで、ムラなく散布します。

希釈から散布まで動画でチェック!

スプレーでの使い方

小範囲なら手動のスプレーを使うと簡単に散布できます。500mlスプレーなら、液剤20mlと水480mlで25倍液となり、ほとんどの雑草に効果抜群です。かかった雑草の根に移行して根まで枯らすので、薬剤がかからないよう注意すれば枯らしたい草だけ枯らすことができます。
ITEM
除草剤 散布機
軽くてコンパクトな、肩掛けタイプの散布用スプレー。

・容量:5L
・サイズ:本体 直径18×高さ43cm、ノズル長さ 50cm

ITEM
蓄圧式泡スプレー「ガーデンフォーミー」
除草剤を泡状に散布できるスプレー。白い泡で撒いた場所が分かりやすく、雑草にしっかり吸着するので効果もアップします。

・容量:1.5L


ジョウロでの使い方

ジョウロでも散布することができます。サンフーロンは、地面に落ちた液剤は自然に分解されるため安心です。除草剤が大量に出てしまわないように、ジョウロの口3分の2をガムテープ等で塞いで使うと無駄なく散布できますよ。土からは吸収されないので、草刈り跡や種まきの時期ではなく、雑草が育っている時期を狙いましょう。


サンフーロンはコスパ優良!その他グリホサート系除草剤との比較

有効成分が同じグリホサート系の除草剤4つを比較し、表にしてみました。全て希釈して使用するタイプで、内容量は5Lの物を比較しています。
除草剤 サンフーロン ラウンドアップ グリホエースPRO 枯れ太郎
 成分 グリホサート系 グリホサート系 グリホサート系 グリホサート系
 農地散布の不可 不可
 性質 即効性 即効性 遅効性 遅効性
 分解性 自然分解 自然分解 自然分解 自然分解
 参考価格 5,000円前後 8,000円前後 3,500円前後 3,000円前後
比較してみると農地にも使えて即効性もある「サンフーロン」が一番バランスが取れていると言えるのではないでしょうか。値段はラウンドアップより安価で、効果もほとんど一緒なので試しに使用してみる価値はあると思います!

散布後はどのくらいで効果が出るの?使える場所は?

枯れた雑草
出典:写真AC

散布してから効果が出るまで

サンフーロンは、葉から有効成分を吸収させ雑草を枯らします。薬剤がかかった雑草は早ければ翌日には変色し始めます。
雑草が枯れるまでの効果期間は、雑草の種類や散布時期などによって異なりますが、1週間もあればほとんどの雑草をきれいに駆除することができます。

残効期間

サンフーロンは茎葉処理型の除草剤なので、土壌処理のタイプの除草剤のように残効成分はなく、何カ月も雑草が生えてこないということはありません。そのため、これから作物を植える畑などの雑草の駆除にも使用することができます。

サンフーロンの使用に適した場所

サンフーロンは水田や休耕田、作物がある畑の外周、果樹園の下に生えた雑草など、農地にも適している除草剤です。その他駐車場などの空き地にも、もちろん使えます。サンフーロンは果樹園の下草、水田畦畔、水稲耕起前、お茶、小麦、大豆などの作物の農地登録をしてあります。

サンフーロンの安全性について|危険性はあるの?

出典:Adobe Stock

人や動物などへの影響は?

冒頭でも説明しましたが、「サンフーロン」の有効成分であるグリホサートは、アミノ酸のグリシンとリン酸を結合させた成分で、植物にあるシキミ酸経路に作用し植物全体を枯らします。人や動物にはこの経路がないので、毒性がないと言えます。

水や土壌への影響は

サンフーロンは、土に触れると主要な成分が速やかに分解されて効果がなくなるため、水や土壌を汚染しません。散布後も日数を置かずに作付けを行う事ができます。

安全性とコスパに優れたサンフーロンで、雑草対策を!

ガーデンテーブルのある庭
出典:写真AC
今回は除草剤「サンフーロン」について詳しく説明してみました。一番人気といわれているラウンドアップと効果がほとんど変わらないのに価格が安いサンフーロンは、広範囲の除草にもおすすめです。正しく使って、雑草とのいたちごっこにさよならしましょう!

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。