農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > シンボルツリーにもおすすめ!春を告げる花木4選【Garden Story連携企画】

シンボルツリーにもおすすめ!春を告げる花木4選【Garden Story連携企画】


ガーデニング・植物の魅力や、花・緑にまつわる暮らしの楽しみを紹介している「Garden Story」との連携企画!今月は、春を呼び込む花をピックアップ。かわいらしい花で、花壇をイメージチェンジしてみませんか?
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly


花木のある風景

提供:Garden Story

ガーデニング・植物の魅力や、花・緑にまつわる暮らしの楽しみを紹介している「Garden Story」。植物を取り入れたライフスタイルの発信とDIYや料理レシピなどの豊富なコンテンツが魅力的なサイトです。
AGRI PICKではGarden Storyとの連携企画として、毎月季節を彩る花をご紹介しています。
Garden Story×AGRI PICK連携企画 バックナンバーはこちら
GardenStoryロゴ

満開の花を咲かせ、春の訪れを告げる花木たち。美しい花はもちろん、爽やかな新緑や木陰、秋の紅葉など、一年を通じてさまざまな姿を見ることができます。シンボルツリーとしてガーデンに取り入れれば、季節が巡るのが待ち遠しくなるはず。樹種によっては、植木鉢でもコンパクトに栽培ができます。ここでは、春に花を咲かせるおすすめの庭木4種をご紹介します。

春に花を咲かせる樹木4選

花木のある庭
提供:Garden Story
樹木の中でも特にたくさんの花を咲かせる花木は、美しい花を満開に咲かせ、開花期には見事な姿を楽しむことができます。季節の移ろいを感じさせる花木の中から、今回ご紹介するのは、春を告げてくれる4つの樹木。ガーデンのシンボルツリーとして取り入れるのもおすすめです。

一見難しいと思われがちな花木ですが、じつは栽培しやすい丈夫なものが多く、一度根づけばほとんど手を掛けなくても育ってくれます。コンパクトに育つ樹種を選べば、鉢植えでも十分栽培可能。数年に一度の植え替えなどの手入れで、何年もの間、私たちの目を楽しませてくれます。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
美しく爽やかに季節を告げる木々 花木を育ててみませんか?

ミモザ(ギンヨウアカシア)

ミモザ
提供:Garden Story
春先に鮮やかな黄色のポンポン状の小さな花を咲かせるミモザ。銀色がかった葉とのコントラストも美しく、ブーケやスワッグなどの花材としても人気の高い花木です。花期は3~4月上旬、樹高5~10mほどに育ちます。マメ科なので成長が速く、比較的やせた土地でも育ちますが、寿命は短めです。本来ミモザはオジギソウなどの別の植物を指す名前でしたが、現在はギンヨウアカシアを表すことが多くなっています。

また、ギンヨウアカシアのほか、フサアカシアもミモザという名称で流通していることがあります。どちらも成長が速く大きく育つため、支柱を立てて支えるほか、花後には剪定を行います。翌年の花芽が7月頃には作られるので、花芽を落とさないよう、剪定は花の直後に行うとよいでしょう。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
【ミモザ】庭に春を呼ぶ!育てやすい種類と挿し木・タネ播き・育て方

ハナモモ

ハナモモ
提供:Garden Story
3月3日のひな祭りには欠かせないモモの花。日本では古くから愛されてきた花です。モモの中でも、特に花を観賞する花木として扱うものをハナモモと呼び、桃色の花のほか、白や鮮やかな赤などの可愛らしい花を枝いっぱいに咲かせます。

花期は3月中旬~4月中旬、樹高は2~5mほどになります。枝垂れ性やほうき立ち性、矮性など、樹形の種類も多いので、栽培スペースやガーデンデザインに合わせて選びましょう。基本的に風通しをよくし、土壌が過湿にならないよう心がけると元気に育ちます。8月以降には花芽がつくので、剪定は花後、新芽が伸び始める前の6月くらいに行うとよいでしょう。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
春を彩るピンクの花! 桃の花の特徴や品種・育て方などを徹底解説

マグノリア

マグノリア
提供:Garden Story
マグノリアはモクレン属の園芸品種の総称で、ふっくらとボリュームのある美しい花を一面に咲かせるハクモクレンや、紅紫色のよく似た花を咲かせるシモクレンなどがあります。

花期は4~5月、樹高は2~10m以上に成長します。基本的に大きく育つので、小スペースでの栽培なら、小型の園芸品種ガールマグノリアの系統がおすすめ。大木に育てれば、春の主役となるような見事な光景も楽しめますよ。日当たりと風通しのよい場所で管理します。寒さに強いため防寒対策は特に必要ありませんが、花弁は霜に弱く、霜に当たると褐色に変色してしまいます。気になる場合は霜に当てないよう注意しましょう。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
春を告げる純白の花! 憧れのハクモクレンの特徴を知って育ててみよう

ライラック

ライラック
提供:Garden Story
ヨーロッパ生まれのライラックは、美しいラベンダー色の花穂をたくさんつけ、辺り一面に芳香を漂わせる魅力的な花木。フランス語のリラという名前でも親しまれています。

花期は4~5月、樹高は1.5~6mほどに育ちます。寒さに強いので、寒冷地での庭木にぴったり。暖地で栽培する場合は、暑さに強い品種を選ぶとよいでしょう。近い仲間であるヒメライラックは、樹高が1m程度とコンパクトに育つので、鉢植えでの栽培におすすめです。鉢植えの場合は、2~3年に1度植え替えましょう。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
ライラック物語【写真家・松本路子のルーフバルコニー便り】

春を告げる花木を庭のシンボルツリーに!

ライラックのある庭
提供:Garden Story
毎年春が来るたびに、美しい花を咲かせ、私たちの目を楽しませてくれる花木。シンボルツリーとして庭に取り入れれば、季節の移ろいをより身近に感じられ、春が来るのが一層楽しみになることでしょう。ここでご紹介した4種以外にも、愛らしい花を咲かせる花木はたくさんあります。ぜひお気に入りの1本を、シンボルツリーとして迎えてみてはいかがでしょうか?

「Garden Story」には、日々を彩る花や植物の育て方、初心者から通まで楽しめるガーデニング情報がたくさん掲載されています。ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。
GardenStoryロゴ

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
この記事の筆者:
GardenStory

花・緑・庭がある暮らし方を提案するウェブマガジン。専門家とガーデニングに精通した編集者が、さまざまな視点から記事を発信。ガーデンで過ごすライフスタイル、自然に寄り添う暮らし方、植物の育て方などの情報を毎月新たに約60コンテンツという多彩な内容でお届けしています。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > シンボルツリーにもおすすめ!春を告げる花木4選【Garden Story連携企画】