農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農家の法務・基礎知識 > 農機や道具を考える!【後編】独自のカスタマイズでネギ生産者の農業経営はどう変わったのか?

農機や道具を考える!【後編】独自のカスタマイズでネギ生産者の農業経営はどう変わったのか?

農業機械や道具をより効果的、効率的に使うためには?後編では、農業機械のカスタマイズと廃番部品の修復を行いフルオーダーメイド対応をしている株式会社ロブストスの高垣達郎さんのお客さんの事例をご紹介。ネギを栽培する経営スタイルが異なる3名の機械や道具に対する考え方、使い方、カスタマイズ例は?


ネギ機械化

写真提供:高垣達郎
農機や道具を考える!ロブストス高垣達郎さんの「農業で使えるものづくりのための小さな5つのアドバイス」【前編】では、農業機械や道具を使うときに、「もっとこうしたい」のアイデアをもとに小さな工夫を重ねていくことで、より効率的・効果的に作業ができると説明してもらいました。

【後編】では、株式会社ロブストスの顧客であり仲間でもある生産者3名の事例を紹介します。3名は異なる経営スタイルでネギを生産しています。ネギ栽培を中心にどのような機械や道具を使用しているのか、またそれぞれ何を考え機械投資を行い、どのような工夫をほどこしながら機械を使っているのかについて話を聞きました。

ネギ栽培に必要な農機や道具は?

アジャスタブルスプレーヤ
写真提供:高垣達郎
ネギ栽培で使用される機械や道具の一例を紹介します。
作業内容(例)使用する農機・道具(例)
耕起、溝掘りなど歩行型の管理機、トラクターけん引式のプラウ(土壌耕起用作業機)など
肥料の施用歩行型やトラクターけん引式の肥料散布機など
植え付け全自動の苗移植機、チェーンポット苗移植機など
埋め戻しや土寄せなど歩行型の小型管理機や畝立て用の乗用管理機など
防除歩行型の防除機や乗用管理機、トラクターけん引式のブームスプレーヤ(液剤散布機)、動噴用アタッチメントアジャスタブルスプレーヤなど
収穫トラクターけん引式の掘取機、自走式・全自動ねぎ収穫機(自走しながら畝を崩し、根っこを切って土を落としながらネギを掘り上げる)、手作業(うね崩し→掘り取り→集束)など
出荷前の調整皮むき機や根切り機など

今回の案内人

高垣達郎
撮影:紀平真理子

株式会社ロブストス 代表取締役社長 高垣達郎
1984年アメリカ生まれ、東京都大田区育ち。2011年に群馬県太田市で株式会社ロブストスを創業。関東平野をフィールドに、農業機械の部品を中心としたカスタマイズと、廃番部品の修復などのオーダーメイド事業を行う。雑誌『農業経営者』で「ロブストス高垣の今日も一丁あがり♪」を連載中。
WEBページ:ロブストス


作業時間の短縮で利益を確保|露地野菜多品目栽培農家の事例

農機カスタマイズ
撮影:紀平真理子
加藤聖則さんは、群馬県伊勢崎市で100年以上の歴史をもつ加藤農園で、キャベツを中心にネギを含めた露地野菜を栽培しています。高垣さんが同志と言える存在だと話す加藤さんは、工夫しながら農機や道具の改造を繰り返し、より効率的により美しく作業をすることにこだわっています。

加藤農園 加藤聖則さん

ネギ機械化
撮影:紀平真理子

所在地:群馬県伊勢崎市
栽培品目:キャベツを中心に、ホウレンソウ・トウモロコシ・ナス・ネギ・ブロッコリーなど
栽培面積:約15ha
販路:主に加工用の契約栽培
従業員:家族4名、ベトナム人実習生3名

植物の特性を知り、農機や道具を最大限に生かすための設定を

加藤さんは、カスタマイズ以前に植物の特性を理解し、機械の設定を微調整することで作業効率が変わると言います。特に農業は除草作業に多くの時間を費やすという現状があるため、最適な時期に最適な方法で除草をすることが大切です。
加藤聖則さん
加藤聖則さん
雑草との戦い方は、埋めるか、抜くか、出芽前に殺すか、チョッパーで粉々にするかです。適切なタイミングで薬も活用します。雑草を機械で処理するとき草丈の高さも大事なので、特性を知り、機械を徹底的に設定して、畑の状態も見ながら、機械を深く入れるか浅く入れるかなども考えます。

天候に合わせてさまざまなオプションを持つ

加藤聖則
撮影:紀平真理子
加藤さんは、「新規就農者には真似するのは難しいかもしれない」と前置きしつつも、作業機部分をカスタマイズした機械類をトラクターに常設し、「専用機」として15台そろえることには意味があると言います。それは、機械の付け替えに時間がかからず、天候や雑草などの状態を見ながら、思い立ったらすぐに作業ができるからです。
加藤聖則さん
加藤聖則さん
天候や畑の状態などで想定していた作業ができない場合に、オプションを持っているかどうかで、結果が変わります。作業も機械も現場に合わせていくことが大事。だからといって、経営の実態に合っていない新品の機械をフルでそろえて、機械のために仕事をするようになってはいけません。機械はあくまでも経営や栽培をサポートしてくれるものです。

農機カスタマイズのきっかけは?

加藤さんが、農業機械をカスタマイズするようになったきっかけは、「時間がもったいない」からです。37年前に就農したときに比べ、野菜の販売単価は変わらないか下がっているにもかかわらず、肥料代、人件費、機械代などの経費は上がっています。

利益を確保するには、作業時間を短くして面積を拡大し、拡大してもなお作業時間を短縮していくしか方法はないと言います。就農時は2〜3haだった面積が、今では15haです。面積を広げていきながらも、「作業の目的は?」「どのような工程で作業をするのが一番早い?」「機械に本来の仕事をさせるためには?」などのポイントをおさえて、時間の制約がある中でも、機械をうまく使うためのカスタマイズに取り組んでいます。

加藤さんの農機カスタマイズ例

加藤さんは、農機カスタマイズのほとんどを自分のアイデアと手で実現させています。しかし、技術的に手間を要するもの、材料がそろわないもの、詳細な計測など手に負えないものについては、ロブストスに依頼しています。


チェーンポット苗移植機に運搬車を組み合わせる

ひっぱりくんカスタマイズ
写真提供:加藤聖則
チェーンポット管理移植機は、溝切り、植え付け、土寄せ、鎮圧の移植作業が同時に行え、ネギの定植に重用されています。加藤さんは、安価な中古の運搬機にネギの苗箱を設置できるように改造し、チェーンポット管理移植機も一緒にひっぱるようにカスタマイズしました。
加藤聖則さん
加藤聖則さん
畑の真ん中で、「定植苗が足りなくなった」と取りに戻っている場合ではありません。カスタマイズをする目的の一つに、工夫して歩く時間を削減したり、手間を1回で終わらせることがあります。

施肥、除草、培土(土寄せ)を同時に行うカスタマイズ田植え機

田植え機カスタマイズ
写真提供:高垣達郎
2〜3工程だった作業を1工程にするために、中古の田植え機をベースにして管理作業機にカスタマイズしました。キャベツやネギなどのさまざまなほ場管理で活用しています。

土寄せの管理作業と同時に、土を動かして小さい草を除草しながら肥料を落とせるようになりました。30aの作業に1日かかっていましたが、30分でできるようになりました。

加藤さんがカスタマイズした箇所
・除草機、中耕作業用土寄せ、肥料散布、マーカーを新たに設置
・後輪タイヤをトラクター用タイヤへ変更
・夏の暑さ対策でルーフを設置

加藤さんの困りごとの解決策をロブストスが形にさせてもらっていると同時に、多くのことを学ばせてもらっています。知れば知るほどすごい!加藤さんが不具合を感じ、一緒にカスタマイズして作り上げたものは、ほかの生産者にも必要とされることが多々あります。
高垣達郎さん
高垣達郎さん

農機をもっと使いやすく、もっと長く使うために|ネギ専業農家の事例

アジャスタブルスプレイヤ
撮影:紀平真理子
群馬県前橋市の南雲茂人さんは、5年前にネギ専業に転換しました。ネギ栽培を始めるにあたって、どんな機械に投資し、どの程度借入したのでしょうか。南雲さんは、機械や作業の改善点を見つけ、より使いやすくより長く使用するためにカスタマイズを続けます。

南雲茂人さん

南雲茂人
撮影:紀平真理子

所在地:群馬県前橋市
栽培品目:5年前からネギ専業。一部トウモロコシ栽培も開始。
栽培面積:2.5ha
販路:系統出荷
従業員:基本的に1名。調整作業は妻とアルバイト1名

ネギ栽培をはじめた経緯|5年前にコメ・ムギからの転作

コメとムギの農家だった祖父の手伝いのために農業をはじめた南雲さんですが、当時は2.5haで150万円程度の年収しかありませんでした。そのため、主に中古のトラクターなどの機械を改修して、フィリピンへ輸出する仕事で生計を立てていました。

その後、国内で中古機械が集まりにくくなってきたので、農業一本で行こうと心に決めましたが、コメとムギでは食べていけないため、ほかの作目を検討します。そのなかで、ネギ栽培がうまくいったので、5年前に完全に切り替えることにしました。

借入して必要な機械を一気にそろえた|5年で返済のめどが立つ

コメ、ムギとネギとでは使用する機械が異なるため、転作時にチェーンポット苗移植機、自走式・全自動ネギ収穫機、出荷前調整用の皮むきと根切り機、トラクターを含めた機械類を一度に購入しました。10年返済で2,500万円を農協から借入しましたが、5年経過した時点ですでに返済のめどはついたと話します。
南雲茂人さん
南雲茂人さん
完全に一人でやっているので、機械がないと20aもできません。例えば、皮むき機や根切りの機械のおかげで、1日に70箱ほど出荷できますが、手作業だと10〜15箱くらいですかね。そもそも、機械がないと始まりません。

南雲さんの農機カスタマイズ例

南雲さんは、機械類はメンテナンスをしてていねいに扱えば、長期間使用できると話します。もともと機械が好きなこともあり、もっと使いやすく改造したくなるそうです。ホームセンターでそろえられる部品を活用し、カスタマイズや部品の製作を実現しています。

ホームセンターで手に入る材料で乗用防除機を作る

散布機のカスタマイズ
撮影:紀平真理子
ホームセンターにある材料だけを使用し、乗用のネギの畝立機で農薬散布のための乗用防除機を作りました。タンクを積んで、ポンプでの組み上げ式にカスタマイズすることで作業の効率化が実現できたと言います。
南雲茂人さん
南雲茂人さん
ホームセンターにある電動工具とクランプ(金属)、木材を使って自分で作りました。

除草剤散布用のアジャスタブルスプレーヤも購入後すぐに南雲さん仕様に

農業機械改造事例
写真提供:高垣達郎
ロブストスの除草剤散布のための動噴用アタッチメント「アジャスタブルスプレーヤ」を購入してすぐに、使いやすいように自身でカスタマイズしました。ネギの株元にモグラの通り道ができ、タイヤがはまってしまったことがきっかけで、前輪タイヤを大きいものへ付け替えました。さらに、ノズルの変更、ビニール部分に短冊状に切れ目を入れるなどの改造をしています。
これこそが、ホームセンターでそろう材料で工夫する好例です。たいていのことは何でもできちゃうんです。あるものを活用して工夫する南雲さんの姿勢を多くの生産者に見習ってもらいたいです。
高垣達郎さん
高垣達郎さん

主要な作目でないからこそ作業効率向上と省力化を|イチゴ、ネギ農家の事例

肥料散布機改造
撮影:紀平真理子
群馬県前橋市で、ガラスハウス6棟でイチゴを栽培するSTRAWBERRYHOUSEセキグチの関口嘉久男さんは、3年前からイチゴの収入が少ない期間にも安定して給与を支払うためにネギ栽培を始めました。

STRAWBERRYHOUSEセキグチ 関口嘉久男さん

イチゴとネギ
撮影:紀平真理子
 

所在地:群馬県前橋市
栽培品目:主はイチゴ。イチゴの収入が少ない時期に従業員の給与を支払うために3年前からネギ栽培も開始。
栽培面積:40a(ネギ)
販路:ネギは系統出荷と、一部イチゴ販売をしている自前の直売所で販売。
従業員:主に家族5名、パート1名。直売者に1名。

ネギ栽培をはじめた経緯|イチゴの収入が少ない時期にも給料を支払うため

群馬ネギ
撮影:紀平真理子
お父さんの代からイチゴを施設で栽培する関口さんは、3年前から露地でのネギ栽培も始めました。その理由は、息子や娘夫婦も一緒に働くようになったので、イチゴに加えてネギも栽培し、イチゴの収入が少なくなる期間にも安定的に給料を支払うためです。露地でさまざまな作目を試し、検討した結果、収穫適期に幅があるなどの理由でネギ栽培にたどり着きました。

極力時間をかけず、正確に作業をするために機械類を購入

ネギを始めるタイミングで、農協や周囲に相談しながら800万円程度借入し、トラクター、根切り機、自走式・全自動ネギ収穫機、チェーンポット苗移植機などを一度にそろえました。関口さんは、様子見をせず、必要な機械は一気に導入して集中的に稼ぐことが大事だと言います。
関口嘉久男さん
関口嘉久男さん
主要な作目ではないからこそ、より作業スピードを速く、かつ正確に丁寧に作業ができるように機械に投資し、カスタマイズも続けています。

関口さんの農機カスタマイズ例

関口さんは、基本はメーカーの純正品でそろえますが、使っていく中で「もっとこうしたら作業が早くなる」と細かい工夫を取り入れます。

ローラーのカスタマイズで肥料散布の作業が往復から片道へ

肥料散布機ローラー
撮影:紀平真理子
クローラー式追肥機の肥料まきローラーの純正品(左)を使って追肥をしていましたが、作業にかかる時間をもっと短縮したいと考えるようになりました。そこで、往復で散布しているところを、肥料を2倍落とせば片道で作業を終えられると思い、肥料が入る容積が2倍で、作業効率も2倍になるローラー(右)をロブストスに依頼して製作しました。

管理機の爪軸の幅を広げて作業の効率化を図る

管理機の爪改造
写真提供:高垣達郎
管理機の爪軸の幅を広くとることで耕うん幅を広げ、作業の効率化を図りました。さらに、ネギの自走式・全自動ネギ収穫機の掘取り部を強化して、すき先の形を変えるなどのさまざまなカスタマイズに積極的に取り組んでいます。
関口さんはアイディア豊富で、時短と正確性を追求し続けています。いろいろなカスタマイズをさせてもらっていますし、関口さんご自身も機械を使い込んで改善点に気づけばすぐに手を加えています。いつもとても信頼のおけるアドバイスをもらっています。
高垣達郎さん
高垣達郎さん

農機や道具の改善点を拾い上げ、形にしていく

ネギ栽培
出典:Pixabay
機械や道具は、あくまでも作業や経営をサポートするためのものです。そして、農業機械の購入はスタートに過ぎず、畑の状態や作業のタイミング、やり方に合わせて微調整していく過程が重要です。さらに、使用するなかで「もう少しこの点を変えると作業性が上がるのに」などのニーズやアイデアを出し続けましょう。そのアイデアを自ら、または協力者に頼って形にしていけるか否かで、作業の効率や作物の品質に差が出てくるのではないでしょうか。

高垣さんは最後にこう締めくくります。「3名のように自ら改善点に気づきホームセンターなどで普通に手に入るものを使って工夫をすれば、だいたいの不具合は解消できます。ご自身でできることはご自身で、できないことはロブストスに!というのが基本的なスタンスです。ご自身で工夫してみたけれど、うまくいかなかったときには相談してください。プロの仕事でお応えします。」

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
紀平 真理子

オランダ大学院にて、開発学(農村部におけるイノベーション・コミュニケーション専攻)修士卒業。農業・食コミュニケーターとして、農業関連事業サポートやイベントコーディネートなどを行うmaru communicate代表。 食の6次産業化プロデュ ーサーレベル3認定。日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格。 農業専門誌など、他メディアでも執筆中。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農家の法務・基礎知識 > 農機や道具を考える!【後編】独自のカスタマイズでネギ生産者の農業経営はどう変わったのか?