おすすめの冷蔵庫用米びつをご紹介|お米をおいしく保存しよう

お米は冷蔵庫で保存した方が味が長持ちします。手軽に買うなら無印やニトリもおすすめですが、こだわりたいなら通販で探してみるのも手。そこで今回は、野菜室にすっぽりおさまるサイズの冷蔵庫用から冷蔵庫の横に置く大容量タイプまで、幅広く紹介します。


米びつを買うなら、冷蔵庫用!

出典:写真AC
お米、どこで保存していますか?戸棚の奥で袋のまま保存、米びつに入れて常温保存……ご家庭によってまちまちかと思います。いずれにせよ、できるだけおいしさが長持ちするように保存したいものですよね。実は、常温より断然「冷蔵庫用の米びつに入れて野菜室で保存」がおすすめなんです!虫の発生も防げて一石二鳥ですよ!この機に冷蔵庫用米びつに買い換えませんか?

お米の常温保存はNG?

撮影者:勝田愛
お米は常温保存よりも低い温度で保存したほうが、おいしく食べられる期間が延びるんです。常温でも腐ったりするわけではありませんが、2~3カ月で味が落ちてしまいます。特に気温の上がる夏場は要注意!ほぼ毎日食べる主食だからこそ、低温が保てる冷蔵庫での保存をおすすめします。

冷蔵庫用米びつがおすすめな理由

撮影者:勝田愛

虫が発生しにくい

お米から虫が発生してしまったら……考えただけでもゾワッとしますよね。虫の発生を防ぐには、きちんと密閉できる米びつに入れ、18℃以下の温度を保つことが肝心。冷蔵庫の野菜室に入れられる米びつは、この条件を揃えるのにちょうどいいんです。

安定した味をキープできる

開封後、どんどんお米の味は落ちてしまいます。でも、冷蔵庫で保存すれば、安定した味をキープできます!「食」にこだわる方であればあるほど、常温保存から冷蔵庫用の米びつでの保存に切り替えたいところ。

ニオイがつきにくい

台所は、家の中でもっとも汚れている場所……なんて言われています。あなたの台所の戸棚、かすかにニオってませんか?大事なお米にニオイを移したくないなら、冷蔵庫用の米びつに入れて、清潔に保存しましょう!

この商品をチェック!冷蔵庫用の米びつ

1. 桐米びつ 無地

冷蔵庫専用の桐製米びつです。他の素材ではなかなか出せない高級感が魅力!プラスチック製に比べるとお値段もお高めですが、桐は一定の湿度・温度を保つのに向いています。お米との相性抜群なんですよ。桐箪笥職人が作った、気密性の高いこだわりの商品です。
桐米びつ 無地
ITEM
桐米びつ 無地
・サイズ:横約17cm 高さ約30.5cm 奥行き約8cm
・容量:2kg
・参考価格:5,400円前後

2. 米スターの米ポット

冷蔵庫のドアポケットに入れられます!注ぎ口のポケットで1合分を測ってくれる優れもの。あとはスライドレバーですり切りをして、注ぐだけ。計量カップ不要で、お米をこぼすこともなく、とっても楽です。「お米マイスター」の肩書きを持ち、著書もある西島豊造氏との共同開発です。
米スターの米ポット
ITEM
米スターの米ポット
・サイズ:(約)幅9.5×全長31.5×高さ8cm
・容量:2kg
・参考価格:1,100~1,700円前後~
以前から使っていて重宝しているのを見て興味を持った姪にプレゼント 計量カップが本体に付いている物も有りますがこれは1合づつ擦りきりで量るのがとても楽くです 出典:Amazon

3. 野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ

定番人気の野田琺瑯のラウンドストッカーは、米びつとしても使えます。中ブタ付きなので、しっかりとお米を密閉できますよ。なんといっても、清潔感のある白いホーローは、おしゃれでGood!
野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ
ITEM
野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ
・サイズ:直径23.5×高さ21cm
・容量:7L
・参考価格:3,700~5,400円前後
前にこれより大きいサイズを購入して米びつにしてたので良さは分かってて、もうワンサイズ小さいサイズのアウトレット品があったから購入しました。白い所が少しだけ欠けてたりしただけなので、車のタッチペンで補修しました(笑)18センチのは3キロの米が丁度良い感じではいります。密封の蓋が有るので虫が入った事は1度も無いです。 出典:Amazon

4. トンボ 米びつ

7kgのお米が冷蔵庫に収納できます。フタはワイドに開くので、お米の入れ替えも楽々!1合分が計れる計量カップ付きです。残量が確認できるメモリは、買い足すタイミングの目安になりそうです。
トンボ 米びつ
ITEM
トンボ 米びつ
・サイズ:幅24×奥行33×高さ15cm
・容量:7kg
・参考価格:1,000~1,300円前後
システムキッチンの引き出しの奥の方に見えないでっぱりがあって近所のお店ではサイズが合わず、こちらの商品を購入しました。まあ、特に機能性を追求する商品でもないのでサイズがジャストなのでよかったです。 出典:Amazon

5. 新輝合成 冷蔵庫用米びつ

場所を取らずに保存できる、容量3kgの小さめな米びつです。「ひとり暮らしだから、あんまりお米は消費しないかも」「冷蔵庫で保存したいけど、ほかの物が入れられなくなりそうで気になる」という方に。プラスチックなので、丸洗いできて清潔!

新輝合成 冷蔵庫用米びつ
ITEM
新輝合成 冷蔵庫用米びつ
・サイズ:幅約23×奥行約17×高さ約12.5
・容量:3kg
・参考価格:600~1,200円前後

ひとり暮らしに!スリムな冷蔵庫用米びつ

1. アスベル 密閉米びつ

縦置き・横置きの両方に対応しているので、冷蔵庫のどこにでも入れられます。ドアポケットにも収納可能!ハンドル付きなので取り出しやすく、パッキン&ロック付きで密封性も充分。しかもとってもリーズナブル!コストパフォーマンスの良い、スリムな2kgサイズです。
アスベル 密閉米びつ
ITEM
アスベル 密閉米びつ
・サイズ:約16.7×11×29.3cm
・容量:2kg
・参考価格:500円前後
夫婦2人暮らし。今までは、購入したままの袋を輪ゴムで縛って冷蔵庫で保管していました。この商品のおかげで冷蔵庫内もスッキリ!2キロのお米の保管は、私たちの生活にピッタリでした。総合的に買い! 出典:Amazon

2. サンコープラスチック 日本製 米びつ

ひとり暮らしからご家族まで、何かと汎用性の高い容量5kgです。冷蔵庫の野菜室に入れられます。フタがワンタッチで開閉できて、毎日の食事の準備がスムーズに!
サンコープラスチック 日本製 米びつ
ITEM
サンコープラスチック 日本製 米びつ
・サイズ:約W226×D324×H152mm
・容量:5kg
・参考価格:670~1,000円前後
ホームセンターで見つけて以来、ずーっと同じ物を使っています。安いし丈夫で長持ちするし、ワンタッチで開閉できるのがとても使いやすいです。最初に買った物は10年もちました。今回のは猫の餌入れ用に使います。 出典:Amazon

大容量30kg!保冷機能付き米びつ

ここで紹介するのは「冷蔵庫に入れて使う米びつ」のではなく、「冷蔵機能のある米びつ」です。30kg袋で買ったお米は、さすがに冷蔵庫に保存しきれませんよね。そんなご家庭では、こんな保存方法も検討してみては?

1. 保冷米びつ 愛妻庫

超本格的!なんと30kgもお米が入れられ、お米の保存に適した15℃をキープしてくれます。電気代は1日たったの8円しかかかりません!移動用キャスターも付いています。
保冷米びつ 愛妻庫
ITEM
保冷米びつ 愛妻庫
・サイズ:巾300x奥行546x高さ625mm
・容量:30kg
・参考価格:49,000円前後

2. エムケー精工(MK精工) 保冷精米機

お米を冷やして保存してくれるだけでなく、精米までできちゃう優れもの!パーツを取り外して洗えば、ずっと清潔に使えます。保冷温度は約15℃。家電の横に並べて使いたい、スペシャルな製品!
エムケー精工(MK精工) 保冷精米機
ITEM
エムケー精工(MK精工) 保冷精米機
・サイズ:幅30×奥行57.5×高さ106cm
・容量:30kg
・参考価格:75,000円前後
使用している家庭用の精米機の調子が悪くなり、冷蔵機能付きの精米機を探していたところ、こちらでお安く購入できました。近くの電気屋ではどこも取り扱いがなく、ホームセンターで唯一1件だけ見つけましたがそちらより2000円程度は安く購入できました。嵩張りますし自宅配送で助かりました。精米の音も以前の小型タイプより静かな気がします。 出典:楽天市場

お米の保存は冷蔵庫用米びつで

撮影者:勝田愛
冷蔵庫用の米びつがあれば、衛生的で、虫も来なくて……非の打ちどころがありませんね!冷蔵庫の中を圧迫しない、スリムで安価な製品も豊富なので、ぜひ使ってみてくださいね。

紹介されたアイテム

桐米びつ 無地

桐米びつ 無地

¥879 税込

米スターの米ポット

米スターの米ポット

¥879 税込

野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ

野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ

¥879 税込

トンボ 米びつ

トンボ 米びつ

¥879 税込

新輝合成 冷蔵庫用米びつ

新輝合成 冷蔵庫用米びつ

¥879 税込

アスベル 密閉米びつ

アスベル 密閉米びつ

¥879 税込

サンコープラスチック 日本製 米びつ

サンコープラスチック 日本製 米びつ

¥879 税込

保冷米びつ 愛妻庫

保冷米びつ 愛妻庫

¥879 税込

エムケー精工(MK精工) 保冷精米機

エムケー精工(MK精工) 保冷精米機

¥879 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード