【リベルダージ】農薬や種まき、除草剤・殺虫剤・融雪剤等の散布が可能な「農業散布ドローン」に関するサービスを提供開始

リベルダージ合同会社は、農薬や種まき、除草剤や殺虫剤、融雪剤等の散布が可能な「農薬散布ドローン」の機体販売とともに、操縦に必要な応用ドローンパイロット(農業)育成講習や機体サポート、操縦代行サービス等の関連サービスの提供を開始しました。農業用ドローンの特徴と、活用のメリット、費用などについてお伝えします。


ドローン

出典:リベルダージ合同会社
リベルダージ合同会社(本社:大阪府大阪市、以下、リベルダージ)は、農薬や種まきだけでなく除草剤や殺虫剤等の散布が可能な農業散布ドローン「FLIGHTS-AG」の販売および操縦に必要な応用ドローンパイロット(農業)育成講習や機体サポート、操縦代行サービス等の関連サービスを提供開始しました。

リベルダージ合同会社は、2018年3月にドローンビジネスのトータルサービスを提供するドローン専門のIT企業として設立すると同時に、国土交通省航空局が認定する無人航空機(ドローン)の管理団体・無人航空機操縦士養成協会に所属し、講習団体としてドローンの飛行許可申請に必要な技能証明書を発行するライセンススクールを大阪・広島・東京で展開しています。
また、日本で唯一ドローンビジネス向けのドローンスクール管理団体である「ドローンビジネスアカデミー」を有し、ドローンビジネスのリーディングカンパニーとしてオートパイロット(自動操縦)による運行管理や管制コントロール、業務プロセス管理の各システムを提供しています。

農業散布ドローンの必要性

農薬散布
出典:PIXTA
日本においては農業をはじめとする第一次産業は高齢化によって従事者の減少が懸念されていますが、その中でも農業散布業務は炎天下の中で何日も10kg以上の散布機を担いで散布をしなければならないという過酷な作業で、同時に身体的リスクとそれにともなう収穫リスクを包含(ほうがん)しています。
農業散布ドローンは作業を容易にするとともに、それらのリスクも取り除くことができるために非常に注目されています。

農業散布ドローン「FLIGHTS-AG」

FLIGHTS-AG
出典:リベルダージ合同会社
FLIGHTS-AGは農業散布ドローン未経験者の方でも安心して利用できるように安全に配慮した機能を搭載した農業散布ドローンです。農薬散布に必要とされる十分な機能を搭載、安全性能を追求しながらも、低価格での市場提供を実現。安心して使用できるニーズに応じたアフターサポートまでをそろえています。

ドローンの特性
出典:リベルダージ合同会社
農業散布ドローンサービス紹介URL:http://www.liberdade.co.jp/drone-services/agriculture-drone/

「FLIGHTS-AG」活用のメリット

農薬散布の作業時間を短縮

1haあたり約10分と、農薬散布の作業時間を大きく短縮。軽トラックはもちろん、軽自動車にも乗せられるコンパクトサイズで、 持ち運びが楽に行える点もFLIGHTS-AGの特長です。従来の防除作業と比べ、準備や片付けの所要時間を大幅に削減。 騒音も気にせず、まきたい時間に作業ができ、小回りの利く特性を活かして中山間部での散布も可能です。

リーズナブルな価格と維持費を実現

従来の農薬散布ドローンの機体価格は約120~350万円ほど。「ドローンを活用したいけれど、価格で断念。」といった農家の声に応え、本当に必要な機能の絞り込みや徹底したコスト削減により大幅に機体価格を低下させました。アフターフォローに関しても、利用者のニーズに合わせて選べるサポートプランが用意されています。

重労働からの解放

防除作業において一般的に利用されている噴霧器を使用した場合の身体的負荷は、噴霧器そのものの重量に薬剤の重さを加えると30~60gにも。また地域によっては40℃近くまで気温が上昇する真夏日の作業です。FLIGHTS-AGを活用することで重労働による身体的負荷の軽減が期待できます。

ビジネス向け講習管理団体「ドローンビジネスアカデミー(UBA)」によるサポート

産業用ドローンは一般の民生用ドローンと違って殺傷能力のある大型ドローンです。安心・安全のためには確実な操作スキルが求められます。「ドローンビジネスアカデミー(UBA)」では産業用ドローンにおける熟練インストラクターによる講習を開催。利用者が安心・安全に農業散布ドローンを操作できるようにしたり、リーズナブルな操縦代行サービスによって人手不足な農家の負担も軽減するようなサポート体制がとられています。

ドローン利用の流れ

Step1. 機体購入

機体および必要なアクセサリー類を購入。購入時に、機体およびユーザ登録が必要です。

Step2. 講習受講

農薬散布ドローンの運用経験に基づき、リベルダージまたはドローンビジネスアカデミーの主催する講習プログラムを受講します。

Step.3 各種申請・周知

航空法にかかる飛行申請を行います。リベルダージによる代行申請(有償)も可能。周辺の住人や学校、公共機関等へ周知します。

Step.4 農薬散布

実施計画に基づいて、農薬散布を行います。機体が正常に稼働するかについて、散布日前に余裕をもった事前確認を行いましょう。

Step.5 報告・点検

国土交通大臣への報告を行います。機体やバッテリーに関して、年1回以上の定期点検をすることが望ましいです。

気になる製品やサービスの価格をチェック!

紙に字を書いている手
出典:写真AC
ドローン本体や各種サービスの価格は、以下のとおりとなっています(2019年6月現在。価格は変更になることがあります)。
製品名 内容 価格(税別) 備考
FLIGHTS-AG 機体セット ・機体本体
・送信機
・バッテリー
・バッテリーチャージャー
78万円
基本操縦士&安全運行管理者講習 座学+実技
(2日間)
15万円
応用操縦士(農業)講習 座学+実技
(2日間)
15万円 基本操縦士資格保持が前提
機体サポートパック ・利用サポート
(メール・電話)
・事故機体の修理
・事故全損時の機体交換
・緊急時の代替機手配
・点検・整備/年1回
9.8~28万円/年 【サポートパック未加入の場合】
点検・整備費用:9.8万円/回

応用無人航空機操縦士(応用ドローンパイロット)育成コース

講習会の様子
出典:写真AC
農業散布ドローンは通常の民生用ドローンに比べて大型で操作が難しいため、事故に注意する必要があります。事前に必要な飛行形態での技能を習得し、飛行許可が取れていることは安心・安全なドローンの飛行においては絶対条件となります。

法人向けのドローンビジネスサポートを主体とするリベルダージのドローンライセンススクールでは、農業散布ドローンを安全に飛行させるために、専用の応用無人航空機操縦士(応用ドローンパイロット)の育成コースを用意しています。このコースでは機体のメンテナンスから操縦、自動飛行に至るまで習得することが可能。

実際に飛行させる際にはパイロットだけでなく安全運行管理者も必要となるため、最低でも2名は応用ドローンパイロットを現地で育成しておく必要があります。ドローンパイロットの育成が難しい場合は、散布作業の操縦代行サービスを活用することも可能です。また、飛行に必要な飛行許可の申請代行サービスもあります。

問い合わせ

リベルダージ合同会社 担当:松原晋啓
E-mail:info@liberdade.co.jp

関連する記事

ドローン
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。