FAO、2020年の「国際植物防疫年」を開始

国連食糧農業機関(FAO)は2019年12月2日、国連の国際植物防疫年(IYPH)2020 を立ち上げました。 この国際年は、植物防疫が飢餓撲滅、貧困削減、環境保護、そして経済発展の促進にどのように結びついているかについての世界的な認識を高めることを目指しており、すべての人の関心と行動を求めています。


FAO会議風景

提供:国際連合食糧農業期間(FAO)駐日連絡事務所
国連食糧農業機関(FAO)は2019年12月2日、国連の国際植物防疫年(IYPH)2020 を立ち上げました。 この国際年は、植物防疫が飢餓撲滅、貧困削減、環境保護、そして経済発展の促進にどのように結びついているかについての世界的な認識を高めることを目指しています。

食用作物の最大40%が植物病害虫によって失われている

植物は私たちの食物の80%を占め、私たちの呼吸する酸素の98%を生成します。 一方で、植物は絶えず病害虫の脅威にさらされています。

毎年、世界の食用作物の最大40%が植物病害虫によって失われています。 これにより、年間2200億ドルを超える農業貿易損失が発生し、何百万人もの人々が飢餓に直面、また貧困農村地域の主要な収入源である農業に深刻な損害を与えています。

このため、植物防疫を促進するための政策と行動は、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために欠かせません。

人間や動物と同じように、植物の健康にも予防が大事

植物の芽
出典:写真AC
「植物は地球上の生命の中心的な基盤を提供し、人間の摂り入れる栄養の最も重要な柱です。 しかし、健康な植物は当たり前のことではありません」とFAO理事会の会期中にこの国際年を開始した屈冬玉FAO事務局長は述べました。

気候変動と人間活動は、生態系の変化や生物多様性の減少をもたらし、害虫が繁殖しやすい状況を作り出しています。同時に、海外旅行と貿易は過去10年間で3倍になり、世界中の病害虫を急速に蔓延させ、在来の植物や環境に大きな損害を与えています。

「人間や動物の健康と同様に、植物の健康も治療よりも予防のほうが大事です」とFAO事務局長は強調しました。

植物を病害虫から防護することは、植物防疫上の緊急事態が本格的に発生してから対処するよりもはるかに費用効率が良くなります。 植物病害虫は、一度定着すると根絶することが不可能になることが多く、病害虫管理には時間と費用がかかります。また屈冬玉FAO事務局長は、迅速な行動を促し、植物防疫のためにすべきことが多々残っていることを指摘しました。

今後の10年で植物防疫への取り組みを強化

アントニオ・グテーレス 国連事務総長は、開始イベント中に読み上げられたメッセージの中で、「この国際年と持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための今後の『行動の10年』を通じて、必要な資金を投資し、植物防疫への取り組みを強化しましょう」と述べました。

このイベントでは、ニカラグア農業畜産大臣、アイルランド農林水産省国務大臣、フィンランド農林省事務次官、イギリス 環境・食料・農村地域省事務次官も登壇しました。

屈冬玉FAO事務局長は開会挨拶で、フィンランド政府が植物防疫に専念する国際年を率先して提案し、この国際年の宣言に向けて調整を進めてきたことを賞賛しました。

国際植物防疫年を通して

握手する外国人
出典:写真AC

国際植物防疫年の主な目的

FAOとFAOに事務局を置く国際植物防疫条約(IPPC)は、国際植物防疫年を成功に導くための活動を主導し、さらに2020年後も引き続き植物防疫を推進します。

国際植物防疫年では、予防と保護、そして植物防疫を確保・促進するために私たち一人ひとりが果たすことのできる役割を強調します。

国際植物防疫年の主な目的

持続可能な開発のための2030アジェンダ達成に向けて、健康な植物の重要性への意識を高める
・ 植物の健康が食料安全保障と生態系機能に及ぼす影響を周知する
・ 環境を保護しながら植物を健康に保つ方法に関する最良事例を共有する

植物を病害虫から守るために必要なこと

政府や農家、民間部門などの他の食料分野関係者は、害虫の拡散や新しい地域への侵入を防ぐことで、数十億ドルを節約し、質の高い食物へのアクセスを確保できます。

植物や植物製品を病害虫から保護することは、貿易を促進し、特に開発途上国の市場へのアクセスを確保することにも役立ちます。 このため、調和のとれた国際的な植物検疫の規制と基準への遵守を強化することが重要です。

病害虫に対処する際には、環境を保護しながら植物を健康に保つよう、農家は総合的病害虫管理などの環境に優しい方法を採用し、政策立案者はその使用を奨励すべきです。

政府と国会議員、政策立案者は、植物保護組織やその他の関連機関の能力を強化し、十分な人的・財政的資源を提供する必要があります。また、植物防疫に関連する研究と広報活動、そして革新的技術や実践にもさらなる投資が求められています。

目的達成のために関係するすべての人が連携を

FAO事務局長は、国際植物防疫年の目的を達成するためには、政府や学界、研究機関、市民社会、民間部門を含むすべての関係者との戦略的な連携も不可欠であると述べました。

FAOと国際植物防疫条約(IPPC)は、植物検疫措置のための国際基準が植物の健康維持のために策定され、各国がこの基準を幅広く適用することで利益を得られるように、すでに世界的な取り組みを主導しています。

急速に広がり作物を貪る害虫であるツマジロクサヨトウに関しては、FAOは管理・拡散抑制のための世界的な取り組みを調整しています。具体的には、この害虫の監視と早期警戒のための革新的技術の開発・推進や、政府と農家に害虫と戦うための最善の手段と知識の提供を行っています。

人々の関心と知識を高めるために

トランクを持って歩く人々
出典:写真AC
国際年の開始宣言に続いて、FAO本部で植物防疫に関するパネルディスカッションが行われました。
FAOは、一般の人々の関心を引き、植物防疫に関する知識を高めるために、写真コンテストを開始し、アマチュアおよびプロの写真家に健康な植物と不健康な植物の双方の写真を共有するよう求めました。

国際植物防疫年のウェブサイトには、植物防疫のために誰もができることについてのさまざまなヒントが掲載されています。
例えば、旅行者は植物や植物製品を持って移動する際には注意が必要です。小包は通常の植物検疫上の規制を簡単に回避できるため、一般市民は植物や植物製品をオンラインまたは郵便で注文する際には注意しなければなりません。

植物を保護するための方法を知り、私たちが一つずつ実践することが求められています。

国際植物防疫年ウェブサイト

この記事に関連するタグ

関連する記事

FAO会議風景
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。