農水産物の直接売買マーケットプレイス「OWL(アウル)」11月スタート

レッドホースコーポレーション株式会社は、地方自治体が推薦する優良生産者と消費者が農水産物を直接売買できる直接売買マーケットプレイス「OWL(アウル)」の提供を2019年11月に開始します。生産者は農水産物を無料で出品でき、消費者は安全・安心で高品質な農水産物を購入できます。


アウル概念図

提供:レッドホースコーポレーション株式会社
レッドホースコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区)は、地方自治体が推薦する優良生産者と消費者が農水産物を直接売買できるマーケットプレイス「OWL(アウル)」の提供を2019年11月に開始します。

農水産物の直接売買マーケットプレイス「OWL(アウル)」

アウル外見図2
提供:レッドホースコーポレーション株式会社

生産者はスマホで農水産物を出品

アウルはオンライン上で生産者が農水産物を消費者に直接販売できるウェブサービスです。

地方自治体が推薦する生産者

参加する生産者は全て地方自治体が推薦する生産者のため、消費者は安全・安心で高品質な農水産物を購入できます。

生産者と消費者の直接コミュニケーション

アウル内では生産者と消費者がチャットを通じて自由にやり取りできるため、生産者は自身が作った農水産物の良さをアピールでき、購入を希望する消費者の疑問を解消することも可能となります。

生産者が自由に価格を設定

生産者自身が自由に価格設定できるため、従来の販売ルートよりも高い収益率を実現することも可能です。

OWL(アウル)発足の背景

アウル携帯画面イメージ
提供:レッドホースコーポレーション株式会社
国内の生産者で生産される農水産物は、卸売市場、小売業者など複数の流通事業者を通して販売されるのが一般的です。この販売ルートで販売する際には、定められた流通規定に従う必要があるため、たとえ品質が優れていたとしても、規定の範囲に該当しない農水産物は全て従来の販売ルートで販売できないのが現状です。

複数の流通事業者を通じて販売するため、流通事業者の流通手数料が差し引かれた金額となる生産者の収益率は低く、また消費者の声も直接届きません。このような状況の中、最近では生産者自身で新たな販路開拓をする動きが見られますが、販路開拓を実現した生産者はごく一部に限られます。

一方、消費者の食品の安全性に対する意識は年々高まりを見せています。食品の安全・安心を求め、特に首都圏や大都市を中心に食材から吟味しこだわりの料理を提供したり、直接農家と契約したりする飲食店が増加しています。

農水産物の直接売買マーケットプレイス「アウル」は、ふるさと納税における自治体および事業者への多角的なサポートを展開するレッドホースコーポレーションが、約250の地方自治体と6000を超える生産者・事業者との契約・取引のノウハウを生かして運営します。

OWL(アウル)概要

サイトURL

https://info.owl-food.com/

提供開始

2019年11月頃

利用料等

生産者

出品料、ツール利用料 無料

消費者

農水産物の購入代金

問い合わせ

レッドホースコーポレーション株式会社
OWLプロジェクト 広報担当:山口
TEL:03-5144-5721(代表)
Email:owl-support@redhorse-corp.co.jp

農産物のネット通販サービスはほかにも。

この記事に関連するタグ

関連する記事

アウル概念図
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。