竹垣がある素敵な和風のお庭を!竹垣の種類・作り方・結び方を紹介

庭を和の雰囲気にしたいならおすすめなのが竹垣ファンス。ホームセンターでも売っている種類豊富な竹垣(竹垣根)ですが、天然竹垣・人工竹垣のメリット・デメリット、竹垣の種類別おすすめを紹介。さらに低価格で簡単DIYでできる竹垣フェンスの作り方、男結びなどひもの結び方も。


竹垣のある和風なお庭

出典:写真AC
竹垣のある和風なお庭、憧れますよね。実は種類ごとに、お寺や有名建築をもとにした細かい呼び名が存在していて、それぞれ特徴も異なります。好みのデザインを見つけて、風情ある庭を完成させましょう!自分でできるシンプルな「四つ目垣」の作り方もご紹介しています。

こんなにある!竹垣の種類

遮蔽垣(しゃへいがき)|外から中の様子が見えない

遮蔽垣は外から内側が透けて見えない竹垣です。ご家庭のプライバシーをしっかりと守ることができます。目隠し効果が高いので、お風呂場の生け垣としてもおすすめです。

建仁寺垣(けんにんじがき)

 建仁寺垣(けんにんじがき)
出典:写真AC
遮蔽垣の代表的な形です。京都の建仁寺で最初に使われたのが名前の由来といわれています。縦に竹をすき間なく並べ、横に4~5本の竹を寝かせるのが基本デザインです。

御簾垣(みすがき)

御簾垣(みすがき) 細くて細かい竹を密に並べた竹垣です。割らずに丸竹のまま使用するので、青味が長持ちします。風通しが良く、すだれに似ているのが名前の由来です。

網代垣(あじろがき)

 網代垣(あじろがき)
出典:写真AC
割った竹や細い竹を格子状に編んだ竹垣です。高級旅館や老舗料亭のような、格調高い雰囲気を演出します。

透かし垣(すかしがき)|風情ある仕切り

対する透かし垣は、読んで字のごとく向こう側が透けて見える竹垣です。遮蔽垣よりもざっくりしており、目隠しというよりも空間を広く見せながらも仕切りを設けたい場所におすすめ。

四つ目垣(よつめがき)

四つ目垣(よつめがき)
出典:写真AC
民家や神社で見かけることが多い、比較的簡単な作りの竹垣です。一定間隔で立てた竹に、寝かせた竹を十字にクロスさせ、マス目状に仕上げます。材料も少なく特別な作りではないので、専門的な知識がなくても手作りできますよ!DIYの方法や縄の縛り方は、記事の最後の方に紹介しています。

金閣寺垣(きんかくじがき)

金閣寺垣(きんかくじがき) 高さ50cmほどの低い竹垣で、極めて太い竹を使うのが特徴です。どっしりしており、威厳や落ち着きを感じさせます。

龍安寺垣(りょうあんじがき)

 龍安寺垣(りょうあんじがき)
出典:PIXTA
こちらも背が低い竹垣です。横に渡した竹と、斜めにクロスさせた格子状の竹が組み合わさっています。

天然竹垣と人口竹垣、どちらがいい?メリットとデメリット

天然竹

天然竹
出典:写真AC

メリット

何といっても自然な風合いが感じられることが天然の竹垣のメリットでしょう。竹の香りや手触りも、本物の竹ならでは。時間経過によってだんだん茶色く枯れていく、見た目の変化や雰囲気を楽しみたい人向けです。

デメリット

月日と共に土台や垣根自体が腐るなどすると、倒壊やけがの恐れなどがあって危険です。その場合には補修や新調が必要。自分で防腐剤や防蟻剤を塗ると長持ちします!

人工竹

人工竹
出典:写真AC

メリット

本物の竹に似せて作られたのが人工竹です。雨や日光に強く、「いずれ腐ってしまう」という天然竹最大のデメリットを克服しています。見た目の劣化が少ないので、長く美しさをキープしたいならおすすめです。

デメリット

人工とはいえかなりリアルですが、それでもやはり近付いたり触ったりすると、本物との差が感じられます。ただ、人工竹垣のきれいさも魅力の一つなので、見慣れてしまうとあまり気にならないかもしれません。

【遮蔽垣】風情ある目隠しに!おすすめの竹垣



石垣の上に建仁寺垣
出典:写真AC

建仁寺垣

ITEM
竹垣風フェンス T80
ブロック建て用で、補助柱付です。縄掛け位置にもこだわりがあり、和でありながらモダンですっきりとした雰囲気が魅力!

・サイズ:幅198×高さ80cm
・素材:アルミ

御簾垣

ITEM
仕切り竹垣 目かくし竹フェンス
風格のある天然竹と、渋く仕上げた渋材を組み合わせて作った竹垣です。目隠し効果が高く、リーズナブル!

・サイズ:幅165×奥行3.8×高さ120cm
・素材:天然竹

思った通りの商品が手に入りました。無粋なブロック塀が粋な竹垣に変身しました。


網代垣

ITEM
タカショー エバー 24型
お庭にアクセントを添える、デザイン性に優れた竹垣です。高品質で耐久性があり、設置当初の外見を長くキープします。

・サイズ:幅180×高さ90cm
・素材:特殊強化ASA樹脂

天然竹垣

ITEM
天然竹垣2連縦型
スリムで背の高い竹垣は、庭のちょっとした狭いスペースにも。天然竹と焼杉を使用しています。玄関脇や間仕切りにおすすめです!

・サイズ:幅60×高さ180cm
・素材:天然竹

製品の出来具合、値段からすれば納得のゆく、満足のゆくものでした。


【透かし垣】仕切っても空間広々!おすすめの竹垣

四つ目垣と日本の庭
出典:写真AC

四つ目垣

ITEM
プラスチック四つ目垣
杭を使って固定します。プラスチック製なので劣化が少なく、泥はねが付いてもタオルで拭けばOK!

・サイズ:幅90×高さ60cm
・素材:プラスチック

金閣寺垣

ITEM
金閣寺フェンスL型
太い竹による重厚感がたまらない!屋外用の特殊強化樹脂を使用しているので、雨や紫外線への耐性があります。
 
・サイズ:幅194×高さ60cm
・素材:特殊強化樹脂

竜安寺垣

ITEM
新ゴマ竹竜安寺垣フェンスL型
落ち着きある和風庭園にぴったり。竜安寺垣は、日本の盆栽や植木をより引き立ててくれます!

・サイズ:幅194×高さ60cm
・素材:特殊強化樹脂

天然竹玉袖垣

ITEM
天然竹玉袖垣
庭の目隠しや、アクセントにおすすめ!ひとつ置いただけでぐっと和の風情に。玄関脇や室外機横などに最適です。

・サイズ:幅55×奥行8×高さ160cm
・素材:天然竹

売れ筋!人工・天然の竹垣ランキング

人気の竹垣ランキング
ITEM
人気の竹垣ランキング

既製のパーツで簡単DIY!竹垣フェンスを作ろう

四つ目垣を手作りしよう!
出典:写真AC
既製品の竹垣を買っても、そのままポンと設置できるわけではありません。杭打ちや固定などの作業が必要です。いっそバラバラのパーツを購入して、自分で好きに組み立ててみてはいかがですか?自分でサイズやデザインを決められるのが魅力です!

竹垣フェンスの作り方

ここでは一番シンプルな四つ目垣の作り方をご紹介します。簡単な流れは以下の通り。
Step1. 地面に埋めて竹垣を支える支柱を用意します。防腐剤を塗った木材の先を削り、地面に刺さるようにすればOK。
Step2. 竹垣が倒れない間隔で、竹垣の設置場所に杭を打ち込みます。
Step3. 縦と横に組む竹を設置場所に合わせてカットし、紐(しゅろ縄)でマス目状に組み立てます。紐の結び方は、下でご紹介している「いぼ結び」で。

また、次のような竹垣用のパーツを利用すれば、四つ目垣以外のデザインにもチャレンジできますよ。

簡単!ボードを立てるだけ

ITEM
エバーバンブーボード EV-141
目隠し効果の高い竹垣作りにおすすめ!樹脂製の人工竹ボードです。好きな大きさにカットできます。

・サイズ:幅90×高さ180cm
・素材:樹脂

ハサミで 好きなサイズにカット出来るし 汚れたら 水で 洗えば落ちるから購入して よかったです。


より立体的に!

ITEM
エバーバンブーボード EV-05
より自由なデザインを可能にしてくれる、長さ200cmの人工竹です。横に渡したり、カットしたり、使い方はあなた次第!

・サイズ:幅5.5×高さ200cm
・素材:樹脂

いぼ結び(男結び)の結び方

竹と竹を結び付けるときは、組んだ竹の後ろへ斜めに紐を通しクロスさせる「いぼ結び」で!結び方はこちらの動画がとてもわかりやすいです!結ぶ前に、紐は水で濡らしておきましょう。


何かと便利!しゅろ縄

ITEM
自然作 しゅろ縄 2本出し
竹と竹を結ぶ紐はこれ!「しゅろ縄」と言います。名前の通りシュロから作られており、黒いのは染色してあるから。竹垣以外にも使えて何かと便利です。

・長さ:3mm×80m

ホームセンターの物よりも少し高いですがつなぎ目による引っ掛かりが少なく結束し易いと思います。
気に入った一番の理由は水で濡らしても色落ちが少なく手があまり汚れない事です。


しゅろ縄が結べなくてもOK!

ITEM
ワンタッチシュロ US-11
動画を見ても結び方がよくわからない?そんなときはこの「ワンタッチシュロ」が便利です!作業のスピードアップにも効果的。

天然竹?人工竹?理想の庭を作ろう!

天然竹の垣根の美しさ
出典」Pixabay
ホームセンターでは高額な竹垣も、Amazonや楽天市場なら意外と安く買えるので要チェックです。天然の竹垣にこだわるか、手入れしやすい人工竹を選ぶか…。悩ましいところですが、自分のお庭に合った、あなたならではの素敵な和の空間を作ってみてくださいね!

紹介されたアイテム

人気の竹垣ランキング

人気の竹垣ランキング

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
MitsuyaNao
MitsuyaNao

ブルーベリー畑やってます。農業、ガーデニング、アイテム紹介系中心のライター。