植物の活力アップ!木酢液の効果と使い方|蜂などの虫除けやイボや水虫にも効く!?

木酢液は、園芸シーンでのアブラムシなどの虫除け、病害予防、植物の活力アップ、土壌改善、蜂や猫対策にも使われますが、イボ、水イボ、水虫、アトピー改善にも効果が高く入浴剤としてもおすすめです!木酢液の効能や用途別の使い方、作り方(希釈方法)なども解説します。


木酢液を植物に散布する

出典:PIXTA
作物の虫除けや畑の殺菌、肌質改善など、木酢液はとても多用途な天然由来のエキスです。肥料でも農薬でもなく、自然の力で植物を育てることができるので、「できるだけ化成肥料や殺虫剤を使いたくない」という方におすすめ!農業、畜産、養魚などの分野で活躍している木酢液ですが、ここでは園芸での利用シーンを中心に、木酢液の効果と使い方について紹介します。

木酢液とは?

木炭を作るときに発生する煙を冷やして木酢液を作る
出典:Pixabay
木酢液(もくさくえき)とは、木炭を作るときに発生する煙を冷やして液体にしたものです。3カ月以上静置し、上部の油分と下部のタール分を除去した後、製品として販売されます。木の有効成分が凝縮されていて、ガーデニングや農業では作物の品質向上、虫や動物除けなどにも使うことができます。

木酢液として認められる基準

平成17年2月から「木竹酢液認証制度」により、pHや比重などの品質、製造装置、精製方法などの規格が定められました。詳しい木酢液の規格は下記のページで確認できます。
木酢液・竹酢液の規格

原料

広葉樹、針葉樹など、いろいろな木材が使われています。

木酢液の色・匂い

赤褐色、または黄褐色をしています。匂いは焦げたような感じで、「薫製(くんせい)の香り」とも例えられます。

木酢液の効果!蜂対策や虫除け・猫除けにも使える

葉に散布して、植物の元気アップ

木酢液で植物を元気に
出典:Pixabay
水で薄めて葉の表面にスプレーすると、葉緑素が増え、光合成が活発に行われるようになります。これにより、葉の色つやが良くなり、食味・甘味・品質の向上が期待できます!

虫除け・病害予防に効果的!

木酢液で害虫予防
出典:Pixabay
植物にまくことで、カメムシ、コバエ、アリ、アブラムシといった虫を寄せ付けない効果も。また、抗菌・抗カビ作用があり、灰色かび病、黒斑病、うどんこ病などに効果的です。

堆肥や土壌の活性・殺菌にも

木酢液は、土壌の活性にも効果的
出典:Pixabay
堆肥を作るときに混ぜると、発酵を促進させる効果があります。また、植え付け前の畑や花壇に撒くと、土壌の微生物が活性化し、さらに殺菌効果も得ることができますよ。

蜂対策に使える?

木酢液を蜂除けに
出典:Pixabay
蜂は木酢液の匂いが苦手。嗅覚が優れているため、木酢液の燻製のような匂いを山火事だと勘違いして、寄ってこなくなるといわれているんです。水と木酢液を1:1で混ぜ、置いておくか、スプレーしましょう。

猫やネズミ、犬にも

畑への猫糞の被害を防ぐ木酢液
出典:Pixabay
動物の糞害に困っているなら、その場所に木酢液を散布してみましょう。害のない忌避剤になります。ただし2~3日で効果はなくなってしまうので、繰り返しまく必要があります。

【用途別】木酢液の使い方・作り方(希釈の割合)・散布方法・頻度など


植物の元気アップ

木酢液で植物の活力アップ
出典:Pixabay

希釈の割合・注意点

500~1000倍で希釈します。濃過ぎると薬害が発生することもあるので、薄めの量から試すのがいいでしょう。

 

散布の仕方・頻度

水やり後、葉の表と裏にスプレーします。時期は収穫の2週間前くらいがおすすめ。変色の恐れがあるので、花には掛けないようにしてください。再度散布するまでに、10~15日の間隔を空けましょう。

虫除け・病害予防

害虫に木酢液が効く
出典:Pixabay

希釈の割合・注意点

200~300倍に希釈します。アルカリ性の農薬と混用しないでください。

 

散布の仕方・頻度

水やりをしてから、葉面や土壌にスプレーします。1カ月に2~3回が好ましいです。

土壌活性・殺菌

木酢液を使ったら土の中から元気な芽が
出典:Pixabay

希釈の割合・注意点

50~100倍に希釈します。木酢液は肥料ではないので、元肥や追肥は木酢液と別に必要です。

 

散布の仕方・頻度

植え付け約2週間前の土壌に、希釈した木酢液を1平方メートルあたり5~6L散布し、よく耕します。植え付け前に使うのが基本です。

生ゴミから堆肥を作る

生ゴミに木酢液をかけて堆肥を作る
出典:Pixabay

希釈の割合・注意点

50~100倍くらいに希釈します。濃度が濃過ぎると、殺菌効果が強過ぎて堆肥の微生物が減ってしまいますので、薄めの濃度から始めて、様子を見ながら足していくのがいいでしょう。

 

散布の仕方・頻度

堆肥作りに使う水と混ぜて使います。堆肥を積みこむとき、切返しをするとき、完成した堆肥を土にすき込むとき、いずれのタイミングでもOKです。

動物除けに使う

猫がくる道に木酢液をかける
出典:Pixabay

希釈の割合・注意点

60倍くらいに希釈します。

 

散布の仕方・頻度

ゴミ置き場や猫の通り道など、動物が発生して困っている場所に、2~3日ごとに散布します。木酢液には匂いがあるので、近隣近所の迷惑にならないよう、頻度などは調整してください。

木酢液の選び方

良い木酢液を選ぶ
出典:Pixabay
ホームセンターや、ダイソーをはじめとした100均でも安価に購入できる木酢液。赤褐色もしくは黄褐色をしていて、透明なものを選びましょう。濁っていたり、ゴミのようなものが交じっていたりする木酢液は不良品です。また、建築廃材で作った木酢液は、防虫剤や防腐剤などが混じって炭化されている可能性があります。

木酢液の用途別おすすめアイテム7選


園芸の虫除けにおすすめ

農薬不使用の第一歩に

ITEM
無農薬への道
病害虫が発生した場所に、そのままスプレー!ユニークな商品名通り、農薬・殺虫剤を使用しない園芸の第一歩におすすめです。詰め替え用1L、大容量4Lタイプも販売されています。

・容量:500ml

アボカドの種を、ペットボトルやソースのキャップに水を張って数週間置いておいたら芽が出て来ました。相当大きくなったので鉢に土を入れ数週間で10cm以上に茎が伸び、葉が芽吹いて来ましたが、どこからかアブラムシがやって来て柔らかい部分を吸い尽くします。新しい葉がクシャクシャになって来たので購入し数日で消えました。その後予防にも使っていて50cm位の立派な葉が育ち、観葉植物らしくなって来ました。なお、実を付けるのは1万本に1本位なので、飽くまでも観葉植物です。相当な効果があって木酢なので土を汚しません。


手間と時間をたっぷり!

ITEM
紀州備長炭木酢液
日本一の紀州備長炭の里、南部川村の契約炭焼きさんから直接仕入れしたものを精製。疲れた時の足湯や入浴剤にも使えます!

・容量:1,000ml

木酢液は無農薬栽培には必需品です。
紀州備長炭 木酢液の効果の程、とても良いと思います。
次回も是非購入したいです。


植物の生育アップに

安さが嬉しい

ITEM
家庭菜園用 木酢液 100倍希釈タイプ
堆肥作り、動物除け、家畜糞尿の脱臭、土壌改良、切り花の栄養補給などにもおすすめです。昔ながらの土釜製法による熟成木酢液で、人にも植物にも家畜にも優しく使いやすい!

・容量:1,580ml

薄めて散布してみたところ、野菜たちが少し元気になりました。安心して使えます。


製造・原材料、すべて国産!

ITEM
天然木酢液 赤ラベル
日本で生産された原材料をもとに、製造もすべて国内で行っているのが特徴です。無農薬栽培におすすめ!

・容量:1,500ml

バラを育てているので、木酢液を使用していますが、以前はそのまま使用するタイプだったので、量も少なく、すぐ無くなってのが難点でした。水で薄めるタイプのほうが断然お得です。
多少の殺菌作用はあっても、殺虫や病気を治す効果はないので化学農薬は必要ですが、植物が元気になり抵抗力が強くなるようで、薬剤散布の回数が確実に減りますよ。


堆肥や土壌に混ぜる

岩手県のナラを使用

ITEM
岩手産 業務用 木酢液
岩手県北で伐採した広葉樹のナラを主材に、黒炭窯で丁寧に作られた木酢液。土壌散布や堆肥作りなどに効果を発揮します!

・容量:2,000ml

人気の国産品

ITEM
純粋木酢液
少しだけ使ってみたいなら、こちらがおすすめ。園芸などの土壌改良だけでなく、入浴剤や洗濯などにもマルチに使えます!

・容量:320ml

田舎の一軒家でゴキブリが飛んできて家に入り込むがこれを家の台所の隅や生ごみに噴霧したら虫類がほぼ来なくなった。
少し燻製ぽい臭いが気になるが虫に来られるより断然良い。一年中使用でき手放せない。流しも壁面に噴霧すると垢が付かなくキレイ。


動物除けに



ITEM
トヨチュー 備長炭 木酢液スプレー
猫が出る畑や庭に、植物の活性化に、生ゴミの消臭にそのままスプレーするだけの手軽で使いやすいタイプ。樹木の持っている様々な有効成分が効きます!

・容量:900ml

虫や蜂対策に悩みホームセンターで同類の物を購入するも、量が足りなく不安でした。こちらは薄める必要もなく量もあります。何回か撒いてみたら虫や蜂が減った気がします。天然なので安心ですね。


イボ治療や水虫、アトピーにも効く!?肌改善に使える木酢液

イボ・水イボのケアに

ITEM
木酢液クリア
丁寧にろ過されたほぼ透明な木酢液で、成分は日本食品分析センターで検査済みで安心です。お風呂の入浴剤として使ったり、イボ治療に効果的という声も!少量ずつ使いやすい容器付き。

・容量:100ml

子どもの足のイボに購入。ここ数年、週1弱のペースで病院に通っていました。
ウンザリしていた所で、この木酢液クリアを発見。
本当に治るのか、正直、半信半疑でしたが購入。
小さく切ったガーゼを液に浸し、絆創膏でくっつけました。
2週間程続けたところ、7個あったイボが、なんと2個まで減りました。
もっと早く知りたかった…。疑ってごめんなさい。
あと少し、頑張ります。


水虫ケアや足の消臭に

ITEM
エチケット21
直接吹き掛けても安心の木酢液で、かゆい水虫、足のニオイに効果的です。消臭、抗菌作用があるので、足のケアにおすすめ!

・容量:250ml

効果ありました。
足の指の間がすぐ汗をかいてしまい臭いが気になっていました。
朝に足の指の間にひと吹きすれば、一日中靴を履きっぱなしで蒸れても臭わなくなりました。

金額の割には量もありますし、おススメです。


入浴剤に

ITEM
木酢入浴液
木酢液の入浴剤です。炭焼き小屋のような香りでリラックスしながら、かゆみや体臭の軽減効果も期待できます!

・容量:1000ml

この入浴剤を使うととてもリラックスできます。
個人的には香りが好きです。
(焚火のような香りなので、そういう香りが嫌いな人は苦手かもしれません)

とても温まるので、お勧めです。


木酢液を保管するときのポイント

木酢液は、キッチンの収納庫に保管
出典:Pixabay

直射日光に当たらない冷暗所へ

キッチンの戸棚や靴箱など、直射日光に当たらない涼しい場所で保管します。冷蔵庫の中もおすすめです。

子供やペットの誤飲に注意

小さなお子さまの手が届かないところ、ペットが倒して舐めてしまわない場所かどうかも確認してください。

変質を防ぐために、蓋を閉めること

開封後の木酢液は必ず蓋をしっかり閉めて保管しましょう。空気に触れたままにしておくと、変質の恐れがあります。

【作り方】木酢液の虫除けスプレーを作ろう!

ニンニクと唐辛子を使って強い木酢液を作る
出典:Pixabay
木酢液は手作りできますが、炭の煙を集めて冷やす…となると、素人には難しいですよね。ここでは一から作るのではなく、市販の木酢液を強化する方法をご紹介します。もちろん市販品をそのまま使っても効果は得られますが、思った効果が出ないなど「もっと効果を高めたい!」というときに試してみてください。

用意するもの

・木酢液
・唐辛子(量は木酢液の10分の1くらい)
・にんにく(量は木酢液の10分の1くらい)
・ストッキング
・霧吹き(100均のものでOK)

作り方

Step1. にんにくと唐辛子をすり潰すかスライスして、ストッキングに入れます。
Step2. 木酢液の原液に、1を浸けて、2カ月間置いておきます。
Step3. 2カ月経ったらストッキングを取り出して、約300倍に希釈してから霧吹きに詰め替えます。虫を寄せ付けたくない葉面や土壌にスプレーしましょう。

手作りスプレーの注意点

完成したスプレーは保管せず、1回で使い切ってください。

木酢液の発ガン性について

建築資材などを利用して作られた木酢液には、シックハウス症候群の原因やガンの原因になる「ホルムアルデヒド」という物質が含まれていることがあります。ですがこのことを踏まえて、発ガン性の検査を行ってから販売されている安全な商品もあります。全ての商品に発ガン性があるわけではありませんが、安全のためにも、不純物が少なくどのように作られたか明記されている商品をおすすめします。

家庭に常備しておくと便利!いろいろ使える木酢液

家庭菜園の虫除けから土壌改良、堆肥作りや身体のケアまで、さまざまな用途に使える木酢液。常備しておくと便利な天然由来の木酢液をフル活用して、より快適な生活をしてみてくださいね!

 

編集部おすすめ記事


関連する記事

木酢液を植物に散布する
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

ブルーベリー畑やってます。農業、ガーデニング、アイテム紹介系中心のライター。