畑の土壌改良に最適!【自家製くん炭】で土をふかふかに! 

昔からタマネギ育苗にはくん炭が使われてきました。くん炭は、排水性が高くネギ類との相性も抜群!他にも酸度の中和効果もあり、使い方も土に混ぜるだけ。ドラム缶や市販のくん炭器で自作可能です。今回はもみ殻くん炭の作り方、効果、販売場所などをご紹介します!


出典:PIXTA
お米を作る過程で産業廃棄物として排出されるもみ殻は、貴重な土壌改良剤になるって皆さん知っていましたか?ここでは、畑にまくとさまざな恩恵を与えてくれるもみ殻くん炭の効果や使い方、簡単な自作方法などをご紹介します。

土壌を元気にするくん炭とは?

出典:PIXTA

くん炭とは何か?

もみ殻(お米を精米するときに取れる外側の皮)や木くずを、400度以下の低温でじっくりと蒸し焼きにして作るくん炭は、農業や家庭菜園では土壌改良剤として大活躍します。
高温で焼かれることにより、腐生性微生物の餌となる有機物を一切含まず、細菌やかびの繁殖を抑えることができるくん炭。それ以外にも、保水性・排水性・通気性の向上や消臭効果などさまざまなメリットがありますよ。

くん炭の原材料は?

もみ殻を使う場合が多いですが、木くずでも作ることが可能。田んぼの真ん中に大きなもみ殻の山を作り、そこでくん炭を作る農家が多いです。

酸性?アルカリ性?くん炭のpHや成分を知る!

もみ殻くん炭のpHは、約8~10程度のアルカリ性です。土壌成分に近いケイ酸や植物の3大栄養素の1つである炭素を約90%以上含みます。
栄養価が高い一方、窒素成分は1%にも満たないので、他の肥料と化学反応を起こす心配もありません。カルシウムやマンガンなど野菜の健全な生育に必要な微量要素も含んでいます。

酸度調整だけじゃない!くん炭の驚くべき効果とは?

出典:写真AC

酸性に傾いた土壌を中和する!

酸性雨が多い日本は、畑の土も多くの植物が苦手とする酸性に傾きがち。もみ殻くん炭に含まれる、炭酸カリウムや炭酸ナトリウムは、水に溶けると強いアルカリ性になります。この性質を活かして畑の酸度を中和し、植物が育ちやすい環境を作るのです。

畑の排水性を高める

表面に細かい穴があることで排水性・通気性が高まり、土をふかふかにする効果が期待できます。

消臭や雑菌を抑える効果が期待できる

くん炭が持つ無数の微細な穴に、臭いの成分が付着することで消臭効果が生まれます。そのため腐葉土や有機肥料を使用した土に混ぜ込むと、嫌な臭いを軽減してくれる効果が期待できるのです。

害虫の忌避が期待できる

アブラムシやダニといった害虫は、くん炭の臭いを嫌うため害虫忌避効果も期待できます。

ピートモスと併用でコンポストにも!

もみ殻くん炭は畑にまくだけの資材ではありません。もみ殻くん炭とピートモスを併用して、コンポストの土として利用できます。

くん炭の上手な使い方

出典:写真AC

一般的な使い方は、畑の土に混ぜる!

もみ殻をそのまま畑の土に混ぜると、微生物が分解する際に窒素成分を取られてしまい作物が窒素不足に。しかし、くん炭は窒素成分が少ないため、混ぜ込んだ直後に種まきや定植が可能です。

育苗で使う

特に根張りが難しい玊ネギや長ネギの苗床にくん炭を使うと、定植後の活着率が良くなります。
くん炭に空いた小さな穴に植物の根が吸い寄せられ、さらに肥料を染み込ませると、寄って来た植物の根が効率良く栄養を吸収できるのです。

プランター栽培でも活躍

プランター野菜としても人気のバジルなどは、アブラムシが付きやすい植物。プランターの土にくん炭を混ぜ込んでおくと害虫忌避効果が期待できます。無農薬の場合は、防虫ネットと併用しましょう。

自作にチャレンジ!失敗しないくん炭の作り方

出典:PIXTA

くん炭作りを始める前に!注意点を知ろう

煙や匂いが出るので、住宅密集地などは避ける

煙や臭いが、周辺住宅の洗濯物や臭いに敏感な方の迷惑となる場合があるので、住宅密集地などでの利用は避けましょう。

 

風のない日に行う

強風の日は火の粉が舞い火事の恐れがあるので厳禁です。必ず無風の日に行ってください。

 

スケジュールには余裕をもつ

完成までに早くて半日、大量のもみ殻を作る場合は丸一日要する場合もあるので、スケジュールは余裕を持って組むように。当然ですが火を使っている間は、絶対に火元を離れないでくださいね。

 

水をしっかりかけて火や熱を消してから保管する

炭化したもみ殻は、長靴を溶かすほどの高温なので、熱が残った状態で袋に保存すると発火する恐れが。水を掛けて、熱がしっかりと下がってから保存するようにしましょう。

くん炭器を使えば、驚くほど簡単にくん炭が作れる!

Step1. もみ殻を集める

稲作農家さんから譲ってもらうか、農協のライスセンターがおすすめ。自分で軽トラに積み込めば無料という場所があるので、近くのセンターに問い合わせを。

 

Step2. 火をおこす

地面に新聞紙を置き、ライターなどで着火し、その上にわら束を乗せ火を大きくします。

 

Step3. くん炭器をセットする

わら束に火が付いたら、くん炭器を上から被せます。ドラム缶の中にくん炭器を入れても良いでしょう。

 

Step4. くん炭器の周りに、もみ殻の山を作る

くん炭器の周りに、厚さが均等になるようもみ殻を積み上げます。

 

Step5. もみ殻を攪拌しながら蒸し焼きにする

もみ殻が燃えて灰にならないよう、注意しながら攪拌(かくはん)します。もみ殻が白くなってしまったら、灰になっている証拠なので、熱を調整して必ず黒く仕上げましょう。攪拌にはアルミ製のスコップを使うのがおすすめ。

 

Step6. もみ殻がまんべんなく黒くなったら完成

全体に水を掛けて完璧に冷やし、熱が下がったことを確認してから袋詰めをしてください。

くん炭作りにかかせない!お役立ちアイテム

安くてベーシックなくん炭器

ITEM
ホンマ製作所 くん炭器 E-460T 2-1
価格を抑えてくん炭器を買いたい方におすすめ。畑仕事の合間に3~4回もみ殻をかき混ぜて均等に焼くだけなので、手間もかかりません。

・材質:亜鉛めっき鋼板

7時間程できれいな薫炭が出来ました。3時間ほど経過したら黒くなってきた部分をスコップで切り返し全体が黒くなったら十分に水をかけて完成です。
初めての薫炭作りでしたがとても簡単に良いものができました。


さびに強く長持ち!ステンレス製のくん炭器

ITEM
ホンマ製作所 ステンレス くん炭器 E-460S
雨に濡れてもさびない頑丈なステンレス製。口コミでは「200L以上のもみ殻が3時間程度で簡単にくん炭になるので使い勝手が良い」と高評価のコメントが。

・材質:ステンレス

自作の籾殻薫炭器を使っていたのですが、たまたまこれを見つけました。ステンレスでさびないからか、見た目も奇麗で満足な商品です。


火の粉の飛び散りを防止するから安心!容器型くん炭器

ITEM
ホンマ製作所 燻炭工房(容器型燻炭器)
火の粉が飛び散らない安全性に優れた容器型くん炭器。ふた付きなので雨が降っていていも火が消える心配がありません。

・材質:本体 めっき鋼板、煙突 ステンレス



大量のくん炭保存にはコンバイン袋

ITEM
コンバインメッシュ袋 もみ元気
コンバイン袋は口元を絞れて、持ち手も付いているので運搬に便利。大量のもみ殻が保管でき、繰り返し使用も可能なため経済的です。

・サイズ:縦80cm×横58cm


くん炭の小分け保存にはガラ袋

ITEM
ウイングエース PPガラ袋 PP-205
ビニール袋の場合、袋が破けてせっかく作ったくん炭が散乱する可能性が。ガラ袋なら丈夫なので、繰り返し使用しても破ける心配がありません!

・サイズ:縦90×横60cm
・内容:25枚入り


くん炭の撹拌におすすめ!角型スコップ

ITEM
朱鷺 アルミ角スコップ
もみ殻を攪拌するときに便利な角スコップ。角型のため、地面のくん炭を無駄なくすくい取ることができます。軽量かつくん炭の熱にも屈しないアルミ製です。

アルミなので軽い。女性でも使えると思います。見栄えもなかなか良い。


くん炭を袋に入れるなら「てみ」が便利!

ITEM
アロン化成 てみ 小
水をかけて冷えたくん炭を、ガラ袋やコンバイン袋に入れるときに使いましょう!

もみ殻くん炭を購入したい!どこで販売しているの?

マンションや都心に住んでいると、くん炭の自作は難しいのが現状。カインズやコメリなどのホームセンターや最寄りの道の駅で販売している商品を使いましょう。

通販なら運ぶ手間がなくて便利!

ITEM
もみ殻くん炭
焼き方にこだわった良質のもみ殻くん炭。

・内容量:2L

多肉の土に混ぜて使っています。100均のものとは違い、炭の大きさもそろっていて扱いやすかったです。あっという間になくなりましたのでまた購入したいと思っています。


くん炭器を使えば失敗なくできる!もみ殻を有効活用しよう

出典:写真AC
くん炭を使用することで、土に含まれる酸度を中和したり排水性が向上したりと、さまざまなメリットが期待できます。よい野菜作りは良い土づくりから。自作のもみ殻くん炭でふかふかの土を目指してくださいね。

<構成>こぐま農場
→こぐま農場やさいひろば:https://koguma.theshop.jp/

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Nana
Nana

AGRI PICK編集部でライター業務を担当しています。プロ農家~家庭菜園初心者さんまで、幅広い方々に読んでもらえる記事を発信していきます!